人のつながりから、予想外の展開が広がっています

新保 昭さん・ヒロ子さんご夫婦(神奈川県→Iターン)

■移住支援サイトを通して準備を開始

以前から、「いずれ70歳になったら仕事をやめ、移住しようか」と話し合っていた新保さんご夫妻。ご主人の昭さんは転勤の多いお仕事の都合で日本各地に居住経験があり、金沢にも2年間住んだことがありました。そうした経験も踏まえ、移住先はどこがいいか思いを巡らせ、石川県は移住先の有力候補にあがってはいましたが、まだ先の話と考えていたそうです。

そんな頃、たまたまフェイスブックで、加賀白山エリアで移住支援の活動が行われていることを知ります。連絡をとり、その時に案内された直近の移住フェアは仕事の都合で行けなかったもののやりとりを続け、お台場の東京ビッグサイトを会場に全国規模の移住フェアが開催される際に参加。直接面談で相談をすることができました。さらに続けて2018年3月にも、東京での石川移住セミナーに参加。当初に思い描いていた退職後の移住ではなく、「少し早めに移住しようか」という気持ちがご夫婦の中に高まっていきました。

移住後の第二の人生でもいろんなことに楽しくチャレンジしたい。そう考えると、「どうせ移住するのなら、早いほうがよい」と、その年の12月を目標に移住することを決断。勤め先にもその旨を伝えて、移住に向けた本格的な準備に入りました。

家探しで、空き家を見学

■暮らし体験の家等に滞在しながら、家探しの日々

それからは、神奈川から何度も石川を訪れ、家探しを進めていきます。加賀市にある「暮らし体験の家」や小松市のホテル、白山市のお宿等に泊まりながら、あちこちの物件を見て回りました。鶴来商工会の事務局長さんのご紹介で空き家を拝見させていただいたこともありました。県の移住サイトの不動産情報に基づき、いくつかの不動産会社さんにも電話で問い合わせた際には、「60代では年齢が高いので、本人名義ではなく息子さんの名義であれば借りられますよ」という話もいただきました。

そんなこともあって住まいはなかなか決まらず、有名な白山比め神社にお詣りに行った帰り道にも、借家の看板が目に入ると車を停めて、外観を眺めたりしていました。その後、定期的にチェックしていたハトマークサイトを開くと、あの時に帰り道で見ていた物件が載っているのを見つけ、さっそく不動産会社に電話。移住してすぐは賃貸が希望という気持ちを伝えたところご理解いただき、とんとん拍子で翌週には見せてもらえることに。改めて現地を再度訪ねることにしました。

そこからは速やかに話が進み、2018年9月に新しいお住まいが決定。白山市鶴来町の市街地にも近く、落ち着いた雰囲気の漂う通り沿いの一軒家で、12月から新生活をスタートすることになりました。

運よく巡り合い、借りられることになった家

■移住決定の段階で、ご近所さんに挨拶回り

ご近所の皆さんには、移住が決まった段階でご挨拶に回りました。転勤族だった経験から、引っ越し前に事前にご近所に顔を出しておくと、受け入れる側の地域の方々の不安を少しでも解消しておけると、よく分かっていました。地域の皆さんにとって、どんな人が越してくるのかは関心事かつ心配事。先にご挨拶にうかがっておくことは、移住後の生活がスムーズになるためにも、とても大切なのです。

移住する側もまた、ご近所にどのような方がいらっしゃるのかを先に知っておくことができて、安心感を得られます。

■人のつながりで、暮らしの幅が広がっている

移住後は、周りの皆さんとスムーズに親しくなれました。引っ越してきたすぐの時にも、「まだ何もないんでしょう?」と近所の方が野菜を持ってきてくださいました。山菜採りも経験しました。近所の方が連れて行ってくださり、アサツキが一面に生えている所にも案内してもらいました。

その後、「自分で畑もしてみたいな」と考えていたら、近所で借りることができました。そのきっかけは、コーヒーを飲みに行ったこと。近くの火曜日限定営業のお店にコーヒーを飲みに通っていたら、お店のママが他のお客さんを紹介してくださり、そのご縁で畑を借りられるようになりました。

ドライブも楽しみで、きれいな景色を求めてあちこち出かけたり、地域の行事にも顔を出しています。山すその地域の暮らしを満喫しています。

畑のご近所さんからおすそ分け

■ご夫婦とも仕事を始めた

奥様は、ご主人が転勤族になってからはずっと専業主婦でしたが、移住して少し落ち着いた春頃から、ご近所の方からの紹介で、障害者施設のお手伝いに行き始めました。利用者さんにお茶を出したり、食堂やトイレの掃除のほか、時間があれば作業の手伝いをしたり、トイレサポートなどもします。週2回までのお仕事です。

ご主人も、奥様が仕事を始めた後、シルバー人材センターに登録。仕事の希望を伝えておいたらほどなく紹介があり、10月から隔週で地元の中学校の校務員さんをすることになりました。朝早くにカギを開け、職員室でコーヒーの準備をしたり、お茶を沸かしたり。それが一通り終われば、外に出て校庭の花に水をやったり、植え替えたりの作業を行ったりと、お二人ともすっかり地域の一員になっています。

■スポーツジムに毎日通って健康づくり

新保さんご夫妻が昔から続けている習慣が、毎日のスポーツジム通いです。野々市市の施設に毎日通ってお風呂に入り、週に2~3回はトレーニングをしています。サウナもプールもあるので、利用しやすいとお気に入りです。班長さんから、「夜はいつも家にいないみたいだけど、どこに行ってるの?」と聞かれたこともあるくらい。「戻ってくるのが夜10時頃になることも多いから、毎晩いないみたいだったんだね」と笑います。

ジム通いは、体力維持のために続けている習慣です。

■サロン開設の夢ができました

まだ移住の思いがぼんやりしていた頃から、「移住先で、その地域社会の役に立つようなことができたら」と考えていました。だんだんイメージが形になり、いま思い描いている夢は、地域の皆さんが気軽に集まれる場をつくり、そこでみんなで一緒に昼食も食べられるような食堂風サロンを開くこと。

そのために、サロンとしても利用しやすい物件探しを改めてスタートし、今も探し続けています。運がよければ、ぴったりな情報がまた舞い込んでくるのではないかと期待しています。

近所の人々とのつながりを大切にすることで、畑ができるようになり、仕事もするようになりました。「今のつながりを大切にしながら、新しいことに着手できる日がそのうち訪れるといいな」と、移住後の新生活の日々を楽しんでいます。

菜園で、収穫する大根を選ぶ。
「それ、いいんじゃない?」