2020年6月19日、政府の方針により都道府県をまたぐ移動の自粛が全国で緩和されました。

それを受けて、「移住体験の受け入れ」を全面再開いたします。(※首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)からの受入れも可能です。)

移住体験の際は、引き続き新型コロナウイルス感染防止対策をした上で、対応させていただきます。ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

●「移住相談」について
加賀白山定住機構では、引き続き移住のご相談を承ります。これまでのメールや電話等で対応に加えて「オンライン移住相談(予約制)」もはじめました。まずは、お問合せフォームからのご連絡をおすすめしています。お気軽にご利用ください。

●「暮らし体験の家」新型コロナウイルス感染症対策ルールについて
新型コロナウイルス感染防止を目的として、当機構がご案内する「暮らし体験の家」の利用方法を以下の様に定めます。
不自由に感じることもあるかもしれませんが、いらっしゃる方と地域の皆さんの健康を守るのため、ご理解とご協力をお願いいたします。

(1)以下の症状のある方は、利用をお断りさせて頂きます。
   ① 37.5 度以上の熱がある方
   ② 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある方
   ③ 咳、痰、胸部不快感のある方、味覚異常がある方
   ④ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
   ⑤ その他新型コロナウイルス感染可能性の症状がある方
   ⑥ 過去1ケ月以内に海外渡航歴のある方

(2)滞在中は、以下のことにご協力ください。
   ① 到着されましたら、健康状態チェックシートにご記入をお願いいたします
   ② 滞在中は毎朝検温を行い、所定の記録シートにご記入をお願いいたします
   ③ 発熱がある、体調が悪くなった場合は、移住コーディネーターにお申し出ください
   ④ 移住コーディネーターや地域住民とご一緒いただく際、マスクの着用と咳エチケットにご留意ください
   ⑤ お話しするときには、「ソーシャルディスタンス」をとっていただくようお願いいたします

(3)お帰りになった後に。
   ① 万が一、体調不良になり、新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、移住コーディネーターまでご連絡をお願いいたします