◆東日本大震災関連情報◆〜ピックアップ〜

東日本大震災関連情報ピックアップのトップ |  2019年3月分 | 2月分 | 1月分 | 2018年12月分 | 11月分 | 10月分 | 9月分 | 8月分 | 7月分 | 6月分 | 5月分 | 4月分 | 3月分 | 2月分 | 1月分 | 2017年12月分 | 11月分 | 10月分 | 9月分 | 8月分 | 7月分 | 6月分 | 5月分 | 4月分 | 3月分 | 2月分 | 1月分 | 2016年12月分 | 11月分 | 10月分 | 9月分 | 8月分 | 7月分 | 6月分 | 5月分 | 4月分 | 3月分 | 2月分 | 1月分 | 2015年12月分 | 11月分 | 10月分 | 9月分 | 8月分 | 7月分 | 6月分 | 5月分 | 4月分 | 3月分 | 2月分 | 1月分 | 2014年12月分 | 11月分 | 10月分 | 9月分 | 8月分 | 7月分 | 6月分 | 5月分 | 4月分 | 3月分 | 2月分 | 1月分 | 2013年12月分 | 2013年11月分 | 10月分 | 9月分 | 8月分 | 7月分 | 6月分 | 5月分 | 4月分 | 3月分 | 2月分 | 1月分 | 2012年12月分 | 11月分 | 10月分 | 9月分 | 8月分 | 7月分 | 6月分 | 5月分 | 4月分 | 3月分 | 2月分 | 2012年1月分 | 12月分 | 11月分 | 10月分 | 9月分 | 8月分 | 7月分 | 6月分 | 5月分 | 4月分 | 2011年3月分 |

2019年【3月分】
3月31日 シーズン幕開け!福島・花見山周辺 『桃源郷』4月上旬見ごろ 福島民友
3月31日 循環器疾患リスク低減の可能性 金山の天然炭酸温泉 福島民報
3月31日 福島の3自治体、避難者支援節目に出先機関閉鎖 河北新報
3月31日 <阿武隈川物語>(41)水質日本一 古里の宝 河北新報
3月31日 ジオパークの絶景間近に 栗駒山麓ビジターセンターあす開館 河北新報
3月31日 被災者総合支援法、新年度に試案 関西学院大、現行法制を一本化し住宅再建の選択肢拡充 河北新報

3月30日 太陽光発電+独自送電網 葛尾新電力、村内にお金循環 中山間地初の試み 河北新報
3月30日 石巻市の佐藤副市長退任 市政運営「横断的な議論が不足」苦言呈す 河北新報
3月30日 <栗原市>乗り合いデマンド交通発進 来月から市内全地域に対応 河北新報

3月29日 鳴子漆器の技次代に 大崎・地域おこし隊員2人が職人修業終え独立へ 河北新報
3月29日 <東日本大震災 復興人>震災、医師の道へ導く 阪神と東北重ね歩む 河北新報
3月29日 <見えないハンディと共に>不寛容社会を生きる(下)発達障害/夢へマイペースに勉強 河北新報

3月28日 2次交通で交流拡大へ いわき・官民がカーシェア実証 主要駅などに9台配備 河北新報
3月28日 <見えないハンディと共に>不寛容社会を生きる(中)後縦靱帯骨化症/難病の悩み 分かち合う 河北新報
3月28日 津波に耐えた樹木、伐採へ 繁殖力強い外来種と判明、住民が県に申し入れ 気仙沼・内湾地区 河北新報
3月28日 シイタケの効率栽培探る 宮城・南三陸 東北の生産者視察 河北新報

3月27日 「福島応援店」約2500店に 増加数年間目標の4倍 福島民報
3月27日 <福島第1原発事故>大熊の2地区、来月10日避難解除 国、町、県が合意 河北新報
3月27日 「被災地の力に」思い全う 南三陸町派遣 長崎・南島原市職員佐藤さん 今月末、任期終了 河北新報
3月27日 <見えないハンディと共に>不寛容社会を生きる(上)HSP 感覚過敏共感が励みに 河北新報

3月25日 小水力発電所が完成 すりかみ浄水場、放流水を活用 福島民友
3月26日 <東北電>東急世田谷線に水力・地熱電力を供給 再生エネ100%の電車 河北新報
3月26日 <仙台塩釜港>冷凍サバ輸出額最高に 缶詰ブームで今後も高騰? 河北新報
3月26日 遠野に西海岸の風 米から移住の夫妻、カフェ開業1年 河北新報

3月25日 「農泊」施設完成 福島・飯舘で4月開所へ、農村暮らし体験 福島民友
3月25日 南三陸・福興市活況 旬のワカメ 釜ゆで堪能 河北新報
3月25日 <女川復幸祭>有終 8年間感謝 1000人で乾杯 河北新報
3月25日 復興照らした光に感謝 石巻で聖火台返還セレモニー 市民800人 最後の点灯見届け 河北新報
3月25日 鍵引き渡し「やっと春」 東松島・宮城最後の災害公営住宅 住まい再建節目 河北新報

3月24日 「古民家」改装...交流拠点プレオープン 1階にレストランなど 福島民友
3月24日 ギンザケふっくら輝く 宮城・女川魚市場に初水揚げ 河北新報
3月24日 <リアス線開業>「鉄路がつながり新たなドラマ生まれる」 のんさんも祝福、宮古で記念式典 河北新報
3月24日 <リアス線開業>地域の足、三鉄と守る タクシー会社3代目「笑顔でお客さんを出迎えたい」 河北新報
3月24日 <リアス線開業>岩手沿岸、復興への軌道 三セク最長163キロに 河北新報

3月23日 東京・丸の内で被災3県の味をPR きょうまで催し 河北新報
3月23日 <三鉄リアス線23日開業・つながる鉄路>(5完)中村社長に聞く/沿岸の相互交流促す 河北新報
3月23日 「旧門脇小の保存方法再考を」石巻の住民団体、市長に要望書提出 河北新報
3月23日 <局面断面>災害型リバースモーゲージローン 自治体、返済支援の動き 河北新報

3月22日 今年は「豊作」 磐梯神社で舟引き祭り 福島民報
3月22日 いわきの将来像交流など語る 福島県がフォーラム 福島民報
3月22日 <震災8年>お帰り 亡き妻の腕時計 山元の亀井さん「メッセージ感じる」 河北新報
3月22日 <三鉄リアス線23日開業・つながる鉄路>(4)地域とともに/観光戦略 官民で練る 河北新報
3月22日 <三陸道>岩手・宮城県境開通 交流人口拡大に期待 河北新報

3月21日 <福島県津波浸水想定>復興まちづくりに影響も 河北新報
3月21日 <北限のオリーブ>石巻復興の象徴 植樹から4年半、初めてオイルに 試食会で特産品の誕生祝う 河北新報
3月21日 十割そばで大河原に活力 企業関係者が団体を結成 河北新報
3月21日 若手就農者ら夢語る 仙台であぐりどんと祭 河北新報

3月20日 <三鉄リアス線23日開業・つながる鉄路>(2)震災を超えて/防災 復興の姿伝える 河北新報
3月20日 震災伝承を核に地域づくり 陸前高田の住民ら疑似体験プログラムを企画、全国から交流人口拡大へ 河北新報
3月20日 別離の悲哀を幸せに 仙台で里親フォーラム 河北新報
3月20日 会津若松市 福島県 JR東 観光、地域振興で連携 25日協定締結 福島民報
3月20日 佐土原由美さん(会津美里町)楢葉離れ運転手に 子どもと夢乗せて 福島民報

3月19日 <鳴子野菜>仙台に直送 大崎NPO「地域支援型農業」活用 河北新報
3月19日 <福島第1>ALPS処理水100万トン超 タンク上限迫る 河北新報
3月19日 <震災8年>福島の避難区域 休業3割 うち5割が廃業検討 河北新報

3月18日 震災で損壊・浪江の初発神社、にぎわい戻る 改修終え報告祭 河北新報
3月18日 <この人このまち>廃校 地域支え合う場に 河北新報
3月18日 <震災8年>名取・美田園仮設で「同窓会」 仲間の再会に笑顔 河北新報
3月18日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第3部 インフラ 土地区画整理/空き地解消 地域で格差 河北新報

3月17日 なみえ創成小中校歌完成 「集い」で児童生徒ら披露 福島民報
3月17日 <三陸鉄道>大槌駅、賢治ファンを詩碑でお出迎え リアス線23日開業 河北新報
3月17日 <震災8年>閖上さいかい市場7年に感謝、最後の祭り 年内で営業終了 河北新報
3月17日 <311次世代塾>修了式で1年振り返り「備えの大切さ伝える」「学んだこと共有する」 河北新報
3月17日 <311次世代塾>第2期73人が修了、震災伝承の担い手として決意新た 河北新報
3月17日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第3部 インフラ 水道/給水量減 迫られる選択 河北新報

3月16日 郡山の空きビル...『愛される居場所』へ カフェや事務所に改装 福島民友
3月16日 <震災8年>被災3県観光業、なお回復せず 訪日客の沿岸波及が鍵 河北新報
3月16日 とみやの夜そぞろ歩き 宮城・富谷で「十宮夜市」 河北新報
3月16日 そばの道 打ち込み 栄冠輝く「宮城手打ちそば研究会」東日本大会団体戦V 河北新報

3月15日 津波桜の子孫、古里へ 震災前と同じ、女川駅前で植樹 河北新報
3月15日 <古里からのバトン>地元をもっといい街に 河北新報
3月15日 <福島産農産物>輸出、地域で明暗 東南アジアでコメ、モモが人気 東アジアは負の印象が定着 河北新報
3月15日 被災企業で就業体験 学生9人が成果発表 河北新報

3月14日 倉本聰さん...富岡・夜の森の桜と再会 住民帰還待つ『原風景』 福島民友
3月14日 復興に向け意見交換 地域経済活性化シンポ 福島民報
3月14日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第3部 インフラ 地域の足(2)BRT/増えぬ利用客 減便懸念 河北新報
3月14日 <古里からのバトン>海生かした新事業探る 河北新報
3月14日 たくましく浪江中の3人巣立つ「笑顔も友も増え自信に」 避難先の二本松で卒業式 河北新報
3月14日 <岩手・大槌>さよなら仮設ホテル 5年間の営業に幕、運営のまちづくり会社解散へ 河北新報
3月14日 <震災8年>電力の地産地消と地域活性化目標に「自治体新電力」の設立、東北でも相次ぐ 河北新報

3月13日 最強バドミントン部へ『絆』応援旗 猪苗代中が富岡一中に感謝 福島民友
3月13日 登山届受理システム「コンパス」 山岳遭難に備え、県警が活用開始 河北新報
3月13日 再生の故郷を彩り豊かに 女川出身の絵本作家が作品展示、構想始動 河北新報
3月13日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第3部 インフラ 地域の足(1)鉄道/鉄路持続 交流拡大が鍵 河北新報

3月12日 鎮魂、復興前へ 福島県が祈念式 東日本大震災8年 福島民報
3月12日 東日本大震災から「8年」 ひたむきな福島県民...悲しみ今なお 福島民友
3月12日 <震災8年>思い空へ 仙台・遺構「荒浜小」で犠牲者しのぶイベント 河北新報
3月12日 <震災8年>娘は常に心の中に 石巻・大川小慰霊法要 河北新報
3月12日 <震災8年>幸せの残像抱き生きる 長男一家失った仙台の山田さん夫婦慰霊碑へ 河北新報

3月11日 悲劇忘れず古里・浪江尽くす...佐藤さん「みんなの心を繋げる」 福島民友
3月11日 <震災8年ネット調査>暮らしに即した施策が急務 河北新報
3月11日 <気仙沼震災遺構>当時高1の佐藤仁さん 母校巡る思い新た 昨春から市職員「人の役に」 河北新報
3月11日 <震災8年ネット調査>担い手確保に悲観広がる 沿岸被災者は人口維持「不安」48% 河北新報
3月11日 愛するあなたへ涙雨 仙台で遺族ら墓参 河北新報
3月11日 <震災8年>あの恐怖知らぬ君へ 岩沼南小・当時6年生が体験談 校庭の地割れ拡大 津波避難中に渋滞 河北新報

3月10日 犠牲者しのび復興に決意 福島県立博物館で追悼祈念行事 福島民報
3月10日 福島の子どもたち「笑顔の傘」咲く 東京・増上寺で応援イベント 福島民友
3月10日 <サンドウィッチマン>被災遺児を支援 920万円を岩手の基金へ寄付 河北新報
3月10日 <あの日を力に>子どもたちの選択[5完]子どもの心サポート 河北新報
3月10日 津波の記憶 20代がつなぐ 南三陸語り部バスに2新人 「災害はわがこと」訴え 河北新報
3月10日 <震災8年>「廃炉まだ遠い」 大熊町民が見た福島第1原発 作業安全性 不安消えず 河北新報

3月9日 東京で温泉総選挙表彰式 高湯(福島)などたたえる 福島民報
3月9日 <あの日を力に>子どもたちの選択[4]地元に貢献、道を探す 河北新報
3月9日 <震災8年>「逃げろ」の思い届ける 災害情報「NERV」運営・石巻出身の石森さん 河北新報
3月9日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第2部 生活・保育(2)高校/唯一の受け皿存続危機 河北新報

3月8日 林英哲さんが市長訪問 白河戊辰150周年事業の新作楽劇 福島民報
3月8日 <震災8年>福島・原発被災12市町村 児童生徒数、震災前の9.6% 学校存続の危機浮き彫り 河北新報
3月8日 <JR常磐線>富岡−浪江駅間、鉄道復旧へ準備着々 年内の試運転目指す 河北新報
3月8日 <震災8年>海底さらい車や漁船引き揚げ 大船渡 河北新報

3月7日 モモからうまれた「桃カレー」 福島県庁食堂で好評販売中 河北新報
3月7日 <震災8年>祈り支えるハーモニー 合唱連盟有志、仙台市追悼式のステージで披露 河北新報
3月7日 <県知事賞・みちのく玉手箱>仙台白百合学園高生が販売「自慢の弁当ぜひ食べて」 河北新報
3月7日 青い衝撃米せんべい 宮城・東松島「めぐいーと」初の自社商品 河北新報

3月6日 <震災8年>救助の最前線に立った消防士の葛藤つづる、横浜で企画展 河北新報
3月6日 <震災8年>気仙沼のレストラン、神戸牛メニューで恩返し 復興支援の灘の商店街に感謝 河北新報
3月6日 <震災8年>転居先が遠いほど高ストレス、古里離れ孤立し体調悪化か 石巻で東北大が調査 河北新報

3月5日 あだたら万遊博多彩に 二本松の岳温泉、5日まで 福島民報
3月5日 ふぞろいの野菜 首都圏へ 福島の農業法人、東京の企業と提携 取引額年1億円目指す 河北新報
3月5日 <再生の針路>若い世代の定住を促進/山元町 斎藤俊夫町長 河北新報
3月5日 開業2年 にぎわい感謝 宮城・南三陸「さんさん商店街」 多彩なイベントでおもてなし 河北新報
3月5日 原発ゼロへ転換の好機 女川再稼働 住民は声を 小泉元首相インタビュー 河北新報
3月5日 受けた恩 次の被災地へ 石巻→熊本、岡山 カーシェア 生活再建支え 河北新報

3月4日 古里勤務...念願の『永久出向』 鈴木さん、警視庁から福島県警 福島民友
3月4日 <仙台いやすこ歩き>(96)サバ・メシ/食を通して防災考えて 河北新報
3月4日 <仙台満店>健康を気遣う素材の力/洋菓子 miroku みろく(青葉区) 河北新報

3月3日 「津波は来ないは幻想」 亘理・荒浜で碑文除幕式 河北新報
3月3日 山形の中心部を学生街に 東北芸工大と山形大・空き家などをシェアハウスに改装、「寮」として仲介へ 河北新報
3月3日 <岩手・大槌旧庁舎解体終了>伝承の理念具体化へ/平野町長に聞く 河北新報

3月2日 奥会津の逸品一堂に 福島で「フェア」 福島民報
3月2日 <気仙沼震災遺構・伝承館>古里の記憶、国内外へ発信 父亡くした小野寺さん、スタッフに 河北新報
3月2日 <震災8年>気仙沼震災遺構・伝承館、10日開館 津波の教訓、映像で残す 河北新報
3月2日 <震災8年>不明者の帰り願う「かえりびな」仙台で展示 河北新報

3月1日 古関裕而さんNHK朝ドラに 地元福島要望実る タイトル「エール」 福島民報
3月1日 <西日本豪雨>姉妹都市の復興を応援!仙台でフェア、宇和島市長が特産のかんきつ類PR 河北新報
3月1日 <311次世代塾>第2期 第14回講座 「災害法制の課題」「保険を中心とした民間支援の仕組み」を考える 河北新報
3月1日 仙台・荒町商店街、歴史語り将来描く 記録映画を東北学院大生と制作、2日上映会 河北新報

2019年【2月分】
2月28日 福島県産米が2年連続『日本一』 4銘柄特A!食味ランキング 福島民友
2月28日 <除染土再利用>市民の会、南相馬市に3000人分の反対署名 河北新報
2月28日 <東松島市>被災跡地の活用を模索 「空き地カルテ」今春にもHPで公開へ 河北新報
2月28日 <震災8年>「震災の記憶を次世代につないでいきたい」元AKB岩田さん、東松島を訪問 河北新報
2月28日 <震災8年>岩手・野田村と岩泉町、3.11式典見送りを決定 河北新報

2月27日 <<トップに聞く>東北誘客 仕掛けたい 復興の過程も観光資源に/日本旅行・堀坂明弘社長 河北新報
2月27日 <再生の針路>閖上のにぎわい 具現化/名取 山田司郎市長 河北新報
2月27日 志津川の津波 忘れない 南三陸町など 到達高示す標柱設置 防災意識向上目指す 河北新報
2月27日 <震災8年>八戸の児童が船内で被災 体験を絵本に 海洋機構職員が製作、出版へ 河北新報

2月26日 「ふくしまカレーバーグ」PR 知事にテクノアカデミー会津 福島民友
2月26日 ふるさとと心を守る友の会 復興の光大賞に 福島民報
2月26日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第1部 なりわい・林業/浜の災禍 森をむしばむ 河北新報
2月26日 <再生の針路>仙台直結の利点生かす/気仙沼 菅原茂市長 河北新報
2月26日 <石巻・雄勝法印神楽>津波被害から復活、新たな担い手 地元の若者2人、保存会加入目指す 河北新報

2月25日 寄り添いに感謝...「陛下のお言葉今も力に」 在位30年記念式典 河北新報
2月25日 帰還後の母の思いつづる 福島・伊達の原発自主避難経験者ら冊子作製 河北新報
2月25日 表現豊かに 気仙沼で「こども芸術祭」 河北新報
2月25日 石巻の集団移転団地、コミュニティー再生着々 あゆみ野に初の町内会 河北新報
2月25日 震災伝承の意義考える 語り部ら意見交換 宮城・南三陸 河北新報

2月24日 被災3県の津波情報図・震災版を作成 2管本部がHPで公開 河北新報
2月24日 <塩釜deひなめぐり>ひな人形を見ながら街歩き楽しんで 河北新報
2月24日 <再生の針路>交流人口200万人目指す/石巻市 亀山紘市長 河北新報
2月24日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第1部 なりわい・農業/情報技術やAIに活路 河北新報

2月23日 福魂祭に中学生バックダンサー登場 小柳ゆきさんらライブに花 福島民友
2月23日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第1部 なりわい・養殖/企業参入 消えぬ警戒感 河北新報
2月23日 <双葉町>「戻りたい」10.8%で横ばい 戻らない理由「医療環境に不安」が最多 住民意向調査 河北新報
2月23日 <再生の針路>中心部にも伝承拠点を/仙台市 郡和子市長 河北新報
2月23日 <いわて春夏秋冬>一枚一枚に願い込め/成島和紙(花巻市) 河北新報

2月22日 健康増進へ37団体・企業の知見結集 福島県方針、3月に新組織 福島民友
2月22日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第1部 なりわい・水産加工業/人手不足で増産二の足 河北新報
2月22日 古民家を大人の遊び場に 花巻・東和で所有者と住民グループが改修開始 河北新報
2月22日 次の400年も見守って 被災した南相馬「泉の一葉マツ」後継苗木を植樹 河北新報
2月22日 亡き友のTシャツがお守りに 東松島の社会人ランナーがレースに持参 河北新報

2月21日 小名浜で「バイヤーツアー」 福島県水産物の安全性PR 福島民報
2月21日 <縮小の先へ 被災地と人口減>第1部 なりわい・漁業/日本人船員 確保難しく 河北新報
2月21日 <みやぎで働く!>プレスアートが19年版情報誌を発行 掲載企業訪問バスツアーも 河北新報
2月21日 <いちおし土産>かわいい足跡大人気 栄泉堂(丸森町)の生どら焼き「猫神様が通る」 河北新報

2月20日 超低コスト小水力発電 秋田の企業が共同開発 プリウスモーターなど再利用 河北新報
2月20日 鳴子温泉に「大人の隠れ家」 大崎・「風雅」4月開業「吟の庄」改修 河北新報
2月20日 <震災8年>被災地の人口推計 沿岸部 減少幅大きく 河北新報
2月20日 <震災8年>人口減少 想定以上 市町村4割 展望見直し 河北新報

2月19日 東北の中小に ネットで新風 宮城・南三陸「ヤマウチ」専務が制作会社設立 河北新報
2月19日 農業女子 山形を元気に 就農促進へ「ネットワーク」設立 共同で勉強会 河北新報
2月19日 遠洋マグロ漁 魅力知って 若手漁師4人トークショー 気仙沼向洋高生に体験紹介 河北新報
2月19日 <震災遺構>「全体保存を」83.8% 石巻・旧門脇小住民アンケート中間発表 河北新報
2月19日 登米市「勤務中は全面禁煙」 職員複数頻繁に喫煙 地方公務員法に違反も 河北新報

2月18日 浪江の神社で「安波祭」 鮮やか衣装、優美に「請戸の田植踊」 福島民友
2月18日 生活習慣病の指導強化 福島県、市町村にデータ提供 福島民報
2月18日 地方移住し子育てへ 東京でフェア、10県知事ら「共同宣言」 福島民友
2月18日 <いわてWalker>県が全国発売へ 地元企業の魅力やイベント情報満載、U・Iターン増狙う 河北新報
2月18日 仙台市の人口、自然減拡大 出生数が死亡数を506人下回る 減少幅前年の5.3倍に 河北新報
2月18日 「3.11忘れない」灯籠並べ前夜の誓い 岩沼市、3月10日に追悼行事 河北新報
2月18日 色鮮やかワイン寿司 味ワイやいかに 河北新報

2月17日 バスと電車乗り放題「ふくしま三湯物語」 福島・3温泉地巡る 福島民友
2月17日 <阿武隈川物語>(31)不毛の地で特攻訓練 河北新報
2月17日 震災思い出し涙もろく、住民集うイベント希望 傾聴の会、仙台や名取など4市町災害住宅調査 河北新報
2月17日 <三陸沿岸道>産業振興後押し、救急搬送円滑に 「通過点」懸念も 気仙沼、南三陸で期待と不安の声 河北新報
2月17日 <三陸沿岸道>気仙沼と仙台直結、交流加速 歌津−小泉海岸、本吉津谷−大谷海岸の2区間開通 河北新報

2月16日 成功事例を冊子に 被災地の企業紹介 福島民報
2月16日 「いわきFCステーション」オープン 料理で体づくりサポート 福島民友
2月16日 <日本野鳥の会>探鳥地の楽しみ方指南 宮城県支部がガイド本刊行、おすすめコースや生息地紹介 河北新報
2月16日 <阿武隈川物語>(30)農民救済 置き去りに 河北新報
2月16日 <横手かまくら>「入ってたんせ」子どもたち甘酒や焼き餅振る舞う きょうまで開催 河北新報
2月16日 長崎に渡った仙台市電、66年の運行経て終着へ 最後の現役車両、老朽化進み3月引退「さよなら運行」きょう受け付け 河北新報

2月15日 人材紹介業参入へ 東邦銀が企業の人手不足に対応 福島民報
2月15日 <阿武隈川物語>(29)殖産興業のモデルに 河北新報
2月15日 仙台で中古住宅リノベ活況 解体・新築より低費用、立地も良く需要伸びる 河北新報
2月15日 良縁祈願の布 雪染める鮮やかな赤 遠野・卯子酉神社 河北新報

2月14日 <阿武隈川物語>(28)人権とは 福島で問う 河北新報
2月14日 <災害公営住宅>自治会担い手不足、深刻な現状 河北新報
2月14日 <女川原発再稼動>住民投票条例案 知事意見に自民は一定の理解、野党は反発 河北新報
2月14日 <女川原発再稼動>にじむ消極姿勢 静岡・新潟との違い浮き彫り 河北新報

2月13日 広報誌で産業賞2社紹介 地元就職に期待 只見 福島民報
2月13日 17日、400年ぶり狼煙 二本松の小浜・宮森城跡 福島民報
2月13日 <われら平成元年組>(7)シングルモルト宮城峡/豊かな自然が風味育む 河北新報
2月13日 陸前高田に女性だけの建設会社誕生 育児との両立目指し人手不足に備える 河北新報
2月13日 <山形市野草園>短いスキーで自由に散策 スノーハイク人気上昇中 河北新報
2月13日 <女川再稼働是非>村井知事、住民投票の課題指摘 賛否は明示せず 河北新報

2月12日 芦ノ牧温泉「光通信サービス」開始 快適なインターネット環境 福島民友
2月12日 教育旅行の誘致強化へ 南会津4町村が協定 福島民友
2月12日 被災地の今、台湾に伝える 留学中の日本人学生、宮城訪問 復興状況を確認 河北新報
2月12日 <われら平成元年組>(6)東北学院大教養学部/新時代創る若い力育成 河北新報

2月11日 「東北のファンになって」知事ら魅力紹介 東京で応援・復興フォーラム 福島民報
2月11日 民俗芸能 市民も担い手に 後継者不足の北上の団体 児童らが参加続々と体験会 河北新報
2月11日 ビッグデータで寿命革命 弘前大の取り組みに内閣総理大臣賞 河北新報
2月11日 大わらじ担いで家内安全 福島で暁まいり 河北新報
2月11日 秋田と外国人 共生探る 全国最速で人口減が進行 国際教養大提言へ 河北新報
2月11日 被災地で無料学習会開くNPO 子ども支援、地元も力を 賛同企業、個人募る 河北新報
2月11日 <あなたに伝えたい>親孝行は僕に任せて 河北新報

2月10日 <只見ふるさとの雪まつり>北海道地震からの復興の願い「赤れんが庁舎」の大雪像 河北新報
2月10日 甘くてホカホカ「つぼ焼き芋」で被災地を元気に 陸前高田に移住の萩原さんが販売 河北新報
2月10日 <震災7年11ヵ月>被災地の「今」考える 東北学院大生が暮らしぶりを取材、報告書に 河北新報
2月10日 <震災7年11ヵ月>津波で全壊の産直「やまもと夢いちごの郷」グランドオープン 河北新報
2月10日 <震災7年11ヵ月>鳴き砂「キュッ」震災前と変わらぬ音を確認 東松島・竹浜 河北新報

2月9日 揺らめく炎「百花繚乱」 会津絵ろうそくまつり、城下町彩る 福島民友
2月9日 地域再生大賞 福島県内2団体に栄誉 東京で表彰式 福島民報
2月9日 <柴灯まつり>「泣く子はいねが」「悪い子はいねが」ナマハゲ、勇壮に舞う 河北新報
2月9日 浪江の請戸小を震災遺構に 福島県内では初、交流の場へ検討委答申 河北新報
2月9日 震災前の大川地区の姿「つぶやき」で伝える 石巻の団体が記録集 河北新報
2月9日 <文化審答申>御田植祭(福島会津地方)重要民俗文化財指定へ 河北新報

2月8日 「国定」編入へ調査 只見柳津県立自然公園 2019年度 福島民報
2月8日 <福島第1原発2号機>事故後初 13日にデブリ接触調査 河北新報
2月8日 政府、森林環境税を24年度創設 住民税に年千円上乗せ 河北新報
2月8日 ふるさと納税規制を閣議決定 返礼品、寄付額の30%以下 河北新報
2月8日 志津川湾でヒジキ養殖 宮城県漁協支部の青年部が新たな収入源目指す 河北新報

2月7日 <いわてを考える>住民と意義共有不可欠 河北新報
2月7日 農家ら喜びひとしお 宮城・山元「夢いちごの郷」待望の再建 河北新報
2月7日 宮城・山元「夢いちごの郷」活気戻る 9日オープン住民らにお披露目 河北新報
2月7日 東北の特産缶詰全国へ 9信金が冊子3000部共同作成、販路開拓と観光後押し 河北新報

2月6日 <福島県>健康指標改善へ「健康づくり推進課」新年度設置 河北新報
2月6日 <われら平成元年組>(3)仙台はなもく七三会/朝の講義で異業種交流 河北新報
2月6日 「石巻別街道」の味巡ろう 仙台で物産展、4市町の地場産品並ぶ 河北新報
2月6日 気仙沼・大島の観光拠点、完成遅れ来年3月にずれ込み 河北新報
2月6日 南相馬市と東大が協定 ドローン産業・人材育成で 福島民報

2月5日 石巻の地域情報紙「ゆくゆく輪」被災者つなぎ大団円 4年半の発行「役割果たせた」3月最終号 河北新報
2月5日 そば一筋の人生に悔いなし 震災も耐えた宮城・南三陸「大朝日」30年超の歴史に幕 河北新報
2月5日 診療所と医師マッチング 福島県「医業承継バンク」開設、後継者不足解消目指す 河北新報
2月5日 <南三陸・防潮堤設計ミス>あってはならないこと 南三陸町長 河北新報
2月5日 <陸前高田市長選>5票差の決着 現職「復興完遂を」vs新人「次の段階を」有権者の判断真っ二つ 河北新報

2月4日 福島県産酒100銘柄超飲み比べ 福島で「楽しむ夕べ」 福島民報
2月4日 <この人このまち>ハバネロ加工、村元気に 河北新報
2月4日 村田・姥ケ懐は「鬼も内」 地域の伝説を踏まえ豆まき 河北新報
2月4日 松島かき祭り 海のミルクに長蛇の列 河北新報

2月3日 『健康改善』...悩む自治体 59市町村調査、住民意識向上に課題 福島民友
2月3日 奥会津 雪まつり各地で盛況 3日まで柳津で冬まつり 福島民報
2月3日 <むすび塾>高知市中心部商店街で避難誘導検証 高知新聞社と共催 河北新報
2月3日 <問う論じる 改憲の行方>権力の勝手許さぬ誇り/漫画家 ちばてつやさん 河北新報
2月3日 <奇習・カセ鳥>「カッカッカー」上山の伝統行事、今年で復活60年 河北新報
2月3日 <あんぽ柿>拡販へ新戦略 パッケージ開発、スイーツ路線に 河北新報
2月3日 「夢を語れば無料」女川の復興、ラーメンで応援 河北新報

2月2日 福島県民健康セミナー 16日、福島で食と腰痛テーマ  福島民報
2月2日 医業承継へ「バンク」 開業医と勤務医を仲介 福島県と県医師会  福島民報
2月2日 <陰る原子力 アメリカリポート>(中)傾注/国策に踊らされる地元 河北新報
2月2日 <東日本大震災>慰霊碑500基、思い伝える 自らも震災経験の東北芸工大院生が記録、分析 河北新報
2月2日 <東日本大震災>全盲のマッサージ師、被災者の心身ほぐし8年「今も不安抱える人癒やしたい」 河北新報

2月1日 <脱メタボ>あと1500歩、楽しく歩こう!宮城県がアプリ開発 90コース 地図に市町村キャラ 河北新報
2月1日 <女川再稼働住民投票>有効署名11万1743人 河北新報
2月1日 海辺の自然環境保全を 震災後の影響説明 宮城・南三陸 河北新報

2019年【1月分】
1月31日 福島県のCM・動画「健康づくりをはじめっぺ♪」 福島民報
1月31日 <没後70年 朝河貫一の問い掛け>(下)高校生に聞く/相互理解の意義 現代に 河北新報
1月31日 <大槌旧役場庁舎>解体差し止め訴訟 原告、控訴断念を表明 河北新報
1月31日 <東北電>再生エネ200万キロワット開発へ 風力軸「主力電源化」にらむ 河北新報

1月30日 古里の復興願い交流 福島県ゆかり首都圏在住者、都内で懇談会 福島民友
1月30日 <没後70年 朝河貫一の問い掛け>(中)地元関係者に聞く/福島での18年間が原点 河北新報
1月30日 いわきの中山間地、高齢者ら無償輸送へ 市貸与のEV使い住民が運転ボランティア 河北新報
1月30日 <ガソリンスタンド>過疎地増に危機感 石油元売り大手も対策急ぐ 河北新報

1月29日 「小高の皆さんへ恩返し」 松菱商事、ガソリンスタンド3月再開 福島民友
1月29日 香港の来県宿泊2670人(前年比2.5倍) 福島県、風評打開へ 福島民報
1月29日 湯通しワカメずっしり!気仙沼で収穫本格化 河北新報
1月29日 繰り返す巨大津波知って 弥生中期の砂層、山元町資料館で展示 東日本大震災と同規模 河北新報
1月29日 津波被災した伝説のブルワリー、閖上で復活へ 新工場8月完成予定 河北新報
1月29日 <トヨタ>全面改良「ヴィッツ」岩手で製造へ 東北のメーカーに好機 河北新報

1月28日 新鮮マダラぴっちぴち 宮古で冬の産直まつり 河北新報
1月28日 いわきの廃校、割り箸工場で再生 「磐城高箸」全工程を移転、見学OK交流にも一役 河北新報
1月28日 旬のカキ、ワカメたらふく 南三陸でまつり 河北新報
1月28日 <この人このまち>熟練の技で伝統に新風 岩谷堂箪笥職人 河北新報

1月27日 <東北の本棚>沿岸の歴史 丹念に踏査 河北新報
1月27日 <安住の灯 震災列島に生きる>第1部 8度目の冬(7完)郷愁の念 寄る辺求め 河北新報
1月27日 遊び心満載、鉄道を描写 宮城・美里のJR小牛田駅で写真展 河北新報
1月27日 コクガンの生態学ぶ 志津川湾で観察会 河北新報
1月27日 <安住の灯>建設型仮設 被災者には過酷な環境/宮城孝氏に聞く 河北新報
1月27日 地域再生大賞・優秀賞に元気アップつちゆ、TATAKIAGE Japan 福島民友
1月27日 <未来遺産>気仙沼の団体を登録 被災文化財の再建に高評価 河北新報
1月27日 <むのたけじ賞>北陸朝日放送の黒崎氏に第1回大賞 河北新報
1月27日 <福島のマタギ>イノシシ狙い雪山へ 狩猟に同行 河北新報
1月27日 <福島のマタギ>山を守る、自然と生きる 鉄砲担ぎ40年「共生の志」体現 河北新報
1月27日 <安住の灯 震災列島に生きる>第1部 8度目の冬(7完)郷愁の念 寄る辺求め 河北新報

1月26日 <安住の灯 震災列島に生きる>第1部 8度目の冬(6)木造仮設 重ねた歳月 河北新報
1月26日 <東北福祉大・仙台駅東口キャンパス>整備完了、グランドオープン 芹沢美術工芸館が移転、学食も開業 河北新報
1月26日 日本酒で世界を酔わす!米沢・小嶋総本店で米国人スミスさん初めての醸造 河北新報

1月25日 3月3日から「万遊博」 二本松岳温泉 福島民報
1月25日 福島県産品ネット販売 販売事務委託25日開始 福島民報
1月25日 <安住の灯 震災列島に生きる>第1部 8度目の冬(5)やっぱり戻る 閖上へ 河北新報
1月25日 津軽名物「地吹雪体験」始まる マレーシアの旅行会社社員が冬体感 河北新報
1月25日 <陸前高田市長選>復興の先、どうする財政運営 公共施設再建、将来の負担に懸念も 河北新報

1月24日 脱原発訴える 小泉元首相が二本松で講演 福島民報
1月24日 <原発ADR>東電拒否で打ち切り相次ぐ 住民批判「賠償の仕組み崩壊させる」 河北新報
1月24日 「大熊のナシ」地元で継承 避難先で亡くなった農家の苗木、ふたば未来高生が移植 河北新報
1月24日 <水産改革>宮城県と県漁協が石巻で説明会 漁業者らなお懸念 河北新報
1月24日 <週刊せんだい>杜の都の漫画家(3)単行本出し順調デビュー/保谷伸さん、オイカワマコさん 河北新報

1月23日 会津の地酒や食味わい交流 東京で移住希望者相談会 福島民友
1月23日 <阿武隈川物語>(24)支配の拠点 川沿いに 河北新報
1月23日 <女川2号機再稼動 施策を問う>(4完)住民投票/民意反映する試金石  河北新報
1月23日 <安住の灯 震災列島に生きる>第1部 8度目の冬(3)子が成長 窮屈さ増す  河北新報

1月22日 <女川2号機再稼動 施策を問う>(3)避難計画/想定不足実効性なし  河北新報
1月22日 <安住の灯 震災列島に生きる>第1部8度目の冬(2)漆黒の闇寂しさ募る  河北新報
1月22日 真冬が作るしみ豆腐 青森・酸ヶ湯温泉2300丁仕込む  河北新報
1月22日 <気仙沼大島大橋>開通での宿泊客減懸念、大島観光夜空に光明 旅館関係者ら星の観察会など企画  河北新報

1月21日 歌手・さだまさしさんが飯舘村民にエール 名曲の数々で応援歌  福島民友
1月21日 <この人このまち>指先磨き、みんな笑顔に 移住先の富谷でネイルサロンを起業した女性  河北新報
1月21日 <アングル福島>自ら確認、現状発信 風評一掃 22歳の挑戦  河北新報
1月21日 <安住の灯 震災列島に生きる>わが家へ かなわぬ夢  河北新報

1月20日 飯舘の魅力語り合う 風とロックCARAVAN福島  福島民報
1月20日 <上山市>高速環状線の利便性訴え、かみのやま温泉IC産業団地への立地企業募集  河北新報
1月20日 化女沼の保全へ思い新たに ラムサール登録10周年を記念し大崎でイベント  河北新報
1月20日 <大槌町旧庁舎>本体解体工事始まる、跡地は防災用空き地に  河北新報

1月19日 福島県内企業...若手採用に意欲的 ユースエール認定数全国2位  福島民友
1月19日 災害時の迅速対応を学ぶ 志津川高生が避難所設営の訓練  河北新報
1月19日 気仙沼の震災遺構 語り部ら視察「教訓を後世へ 私の使命」  河北新報
1月19日 清流と寒風がソバに磨き 川崎で「寒ざらし」仕込み  河北新報
1月19日 宮城県、被災者生活再建「加算支援金」の申請 来年4月まで再々延長  河北新報

1月18日 古民家を交流拠点に いわきの田人 移住促し活気  福島民報
1月18日 <震災メモリアル拠点>基本構想を20年度に策定 仙台市、検討委設置へ  河北新報
1月18日 <阪神大震災24年>地域防災への決意新た 陸前高田で市民が黙とう  河北新報
1月18日 宮城の企業「従業員足りない」7割 帝国データ調査 河北新報
1月18日 <大槌町旧庁舎>「遺族に申し訳ない」 原告側落胆隠せず 河北新報

1月17日 温泉プールでSUPを体験 岩手・西和賀児童ら参加 河北新報
1月17日 <東北の道しるべ>いのちの山河つくろう/「東北食べる通信」編集長 高橋博之氏 河北新報
1月17日 <阪神大震災24年>二つの被災地、歌でつなぐ 「しあわせ運べるように」福島の子たち歌い継ぐ 河北新報

1月16日 「すごく甘い」口いっぱいに真っ赤な実 相馬・イチゴ狩り始まる 河北新報
1月16日 奇習「たらじがね」継承に奮闘 震災で中断、大船渡・崎浜集落の子育て世代支える 河北新報
1月16日 ユネスコ遺産「スネカ」荒ぶる 大船渡 河北新報
1月16日 新成人に聞きました 仙台に若者定着の鍵は? やりたい仕事や働きたい企業「地元にあれば残る」 河北新報

1月15日 浪江の農業再生、学生が探る 東京農大と町が連携、AIやSNS活用…アイデア次々 河北新報
1月15日 <私の元年>新時代に誓う(11完)故郷への感謝を力に 河北新報
1月15日 <哲学者の梅原猛さん死去>「震災は文明災」と持論 東北への思い深く 河北新報

1月14日 森林資源活用策探る 北塩原で機構の設立記念講演 福島民報
1月14日 福島県独自の地酒へ「酒米開発」最終段階 今冬醸造の出来が鍵 福島民友
1月14日 <この人このまち>ハッカ復活 高擶を爽快に 地域盛り上げるプロジェクトリーダー 河北新報
1月14日 <成人式>将来的に町へ帰りたい/福島・富岡 河北新報
1月14日 <成人式>未来へ、復興へ 二十歳の門出 東北各地で成人式 河北新報
1月14日 <成人式>大川小で被災の鈴木さん、悲劇胸に野球続ける「みんなに胸を張れる自分でいたい」 河北新報

1月13日 <つながる 気仙沼大島大橋>(4完)不安/防犯や観光 課題山積 河北新報
1月13日 <奥羽の義 戊辰150年>(34)新政府兵に発砲領主切腹 河北新報
1月13日 武家屋敷で宿泊体験を あす受け入れ開始 河北新報
1月13日 <東日本大震災>岩手復興新たな道筋 三陸沿岸道・大槌−山田南が開通 河北新報

1月12日 福島・葛尾村で7年10カ月ぶり生乳出荷再開 安全な製品目指し検査重ねる 河北新報
1月12日 <私の元年>新時代に誓う(9)/受験生をゆるく応援 河北新報
1月12日 <つながる 気仙沼大島大橋>(3)使命/孤立解消、復興の象徴 河北新報
1月12日 東松島・震災ガイドの女子大学生 10代卒業しても「伝える」 河北新報

1月11日 今春にも復興祭 福島の土湯温泉 福島民報
1月11日 <再エネ発電>南相馬「快晴」本年度発電量 市の5割相当 来春にも中間目標超え 河北新報
1月11日 <女川原発>再稼働是非・住民投票請求 11.4万人分署名を本提出 河北新報
1月11日 外国語110番「心配ノー」 南三陸でベトナム人実習生が通報訓練 河北新報
1月11日 <あなたに伝えたい>感謝胸に未来へ歩む 河北新報

1月10日 「只見線観光」魅力アップ 5町村がDMO設立へ、19年度に準備会 福島民友
1月10日 東京駅で会津フェア 地酒や名物料理提供 15日から開催 福島民報
1月10日 <大槌町旧庁舎>15日解体準備 岩手・大槌町長、差し止め訴訟判決前に 河北新報
1月10日 <私の元年>新時代に誓う(8)絆確かめ合う場守る 河北新報
1月10日 <住みたい田舎>栗原市が東北1位、全国でも9位 移住本19年版ランキング、育児支援や自然評価 河北新報

1月9日 避難続く町民の健康増進 大熊町 生活習慣病予防へ運動教室 福島民報
1月9日 <森は海の恋人>コーセーが活動支援 「雪肌精」売り上げ一部寄付 河北新報
1月9日 <アサヒHD>語り部活動支援「震災の風化防止に役立てて」 気仙沼市に300万円寄付 河北新報
1月9日 兼高かおるさんが死去 紀行番組「世界の旅」で案内役 河北新報

1月8日 「新大原綜合病院」300人目の赤ちゃん 母と子に優しい病院へ 福島民友
1月8日 <山形・肘折温泉>息災祈り「さんげさんげ」 河北新報
1月8日 震災教訓、災害に向き合う「ミュージアムの使命」語ろう あす塩釜・杉村惇美術館で催し 河北新報
1月8日 <南三陸町>移動図書館、笑顔届ける 4月実施へ試験運行開始 河北新報
1月8日 <私の元年>新時代に誓う(6)伝統野菜 価値高める 河北新報

1月7日 東京で福島を語ろう 2月4日若者サミット  福島民報
1月7日 <雪と生きる>(6完)只見ふるさとの雪まつり(福島県只見町)/厄介者で幻想世界 河北新報
1月7日 輝く黒、香り良し 塩釜神社・乾のり品評会 河北新報
1月7日 <私の元年>新時代に誓う(5)異文化理解地方から 河北新報
1月7日 仙台市「杜の都」ブランド強化 新年度、街路樹管理・利活用へ新方針 河北新報

1月6日 「マイぐい呑み」制作 二本松 2月の酒まつりで使用 福島民報
1月6日 『3人娘』地域おこし!リンドウで染め物 理想色求め試行錯誤 福島民友
1月6日 <ナマハゲ>ユネスコ無形遺産登録で活気づく 男鹿の施設来館者数2倍、休止地域で復活も 河北新報
1月6日 <雪と生きる>(5)ふかうら雪人参(青森県深浦町)/甘みとうま味凝縮 河北新報
1月6日 <日本刀打ち初め>火花散り、刀に魂 大崎・松山の刀匠「修業に終わりなし」 河北新報
1月6日 <カフェ・デ・モンク>傾聴で支え合う社会を 栗原の金田住職が出版、被災者との接し方収める 河北新報
1月6日 原発被災地、児童生徒数の減少顕著 福島県内5町村の小中学校、来春は2割減に 河北新報

1月5日 <年頭会見>福島知事 復興創生へ猪突猛進 環境回復などに注力 河北新報
1月5日 <雪と生きる>(4)雪国文化研究所(岩手県西和賀町)/かんじき文化残す 河北新報
1月5日 <気仙沼大島大橋>開通日発表に住民歓喜「夢が現実に」 河北新報

1月4日 【人生100年時代】内堀知事に聞く(1) 65歳から高齢者、今は昔 福島民友
1月4日 「福島ならでは」追求を 西田敏行さん、本社新春インタビュー 福島民報
1月4日 <春祈祷>無病息災願い獅子舞ガブリ 石巻・針岡 河北新報
1月4日 双葉復興 20歳の願い 避難の38人がいわきで成人式 河北新報
1月4日 福舞う 栗原・双林寺で元旦餅まき 河北新報
1月4日 奇跡の湿地 再生へ 東松島市、野蒜の洲崎を環境教育に活用 河北新報

1月3日 大漁旗掲げ出港 浪江・請戸漁港で漁船出初め式 福島民報
1月3日 <人口移動>「仙台回帰」始まる?富谷市、大和町など北部から転入超過に 河北新報
1月3日 <人口移動>北部から仙台市への転入、20〜40代で顕著 住宅事情や東西線開業など背景か 河北新報
1月3日 <私の元年>新時代に誓う(2)再生する町 桜も共に 河北新報

1月1日 【人生100年時代】五木寛之さんに聞く(1) 50代から収穫期 福島民友
1月1日 今年刷新の「福島わらじまつり」 渡辺あやさん脚本担当 福島民報
1月1日 ASAKAMAI887あま酒発売 4日まで郡山 福島民報
1月1日 <女川原発2号機>再稼働是非の住民投票請求 宮城全域で署名終了 河北新報
1月1日 賢治の思想、詩碑で発信 岩手・大槌の町民団体、建立費確保へCF 河北新報
1月1日 <なまはげ>集落に雄たけび、良い年願う 男鹿・ユネスコ登録後初 河北新報

2018年【12月分】
12月31日 同世代の交流楽しむ 郡山で「30歳の大同窓会」、古里の魅力再認識 福島民友
12月31日 古里再興思いはせ 平成最後の大みそか 福島民報
12月31日 若い力新時代開く 県、UIターン促進へ初の「同窓会」 福島民報
12月31日 <東日本大震災>石巻「お茶っこバス」在宅被災者つなぎ7年目 サロン巡回、車内で親睦 河北新報
12月31日 貝毒深刻、三陸ホタテ危機 水揚げ「史上最悪」の昨年比6割に 河北新報
12月31日 <震災から8度目の大みそか>新時代 命尊び 光願う 河北新報
12月31日 亡き夫との夢、初売りで実現「福袋」の絵本制作 河北新報
12月31日 <福島第1原発>デブリ取り出しへ重要工程 19年の廃炉作業 河北新報

12月30日 福島県産「吟醸酒」4年連続出荷量増 6年連続日本一が後押し 福島民友
12月30日 フォークシンガー山崎ハコさん 20日、福島テルサでライブ 福島民報
12月30日 <アートで拓く>花巻・光林会とるんびにい美術館(3)興す/互いに敬意持てる場に 河北新報
12月30日 <おすばでまつり福興市>タコやアワビなど海の幸ずらり 宮城・南三陸 河北新報
12月30日 <東北の初日の出>一番乗りは塩屋埼灯台、午前6時48分 2管本部が計算 河北新報
12月30日 亡き人を思う「漂流ポスト」「風の電話」役割広がる 被災者以外にも救い 河北新報

12月29日 復興活動を発表して学習意欲を高め合う 福島・ふたば未来高生が実践 河北新報
12月29日 全国ワースト3位...福島県メタボ率「悪化」 健康指標改善進まず 福島民友
12月29日 星野リゾート磐梯山温泉ホテル 外国人客10倍に 福島民報
12月29日 コクガン飛来217羽 40ヵ所観測調査、昨年とほぼ同数 河北新報
12月29日 港町の誇りまぶしく 大船渡・漁火イルミネーション 河北新報
12月29日 <18年魚市場水揚げ>気仙沼、女川サンマ大幅増、石巻はカツオ低調 河北新報
12月29日 <18みやぎ回顧>(12完)合戦原遺跡の線刻壁画公開(山元) 町の宝生かす誘客期待 河北新報

12月28日 かしまの一本松...未来へ 拾い集めた種を育てた『希望の苗木』 福嶋民友
12月28日 「健康」で地域づくり 59市町村と連携強化 来年から福島民報社 福嶋民報
12月28日 <揺らぐ原発城下町>宮城・女川からの報告(下)声なき声 震災を経て空気変わる 河北新報
12月28日 「置くとパス(オクトパス)」するタコグッズ 受験生の「多幸」願う詰め合わせ販売 河北新報
12月28日 年の瀬寒波、白い街 宮城県内でスリップ事故相次ぐ 河北新報

12月27日 指定弁護士、大津波「予見できた」 東電強制起訴禁錮5年求刑 福島民友
12月27日 「素泊まり基本」新しい宿開業 土湯温泉、震災廃業の旅館改装 福島民友
12月27日 <18みやぎ回顧>(10)志津川湾のラムサール条約登録/町民と連携し活用策を 河北新報
12月27日 馬と森と人優しさ循環 宮城・加美町、町有林整備に「馬搬」導入 河北新報
12月27日 <仙台金時>被災農地でサツマイモ栽培、希望の初出荷 「本場徳島産に負けないブランドに」 河北新報
12月27日 <招福のタコ、うま味凝縮 宮城・南三陸29日「おすばでまつり福興市」 河北新報

12月26日 <福島・被災地の伝統芸能>進む風化 つながり守る 河北新報
12月26日 <暮れゆく平成>(7)正月の神棚飾り配布(宮城・南三陸町)/苦難乗り越える祈り 河北新報
12月26日 障害者グッズ 完成度で勝負 仙台の就労施設 開発に奮闘 河北新報

12月25日 8年ぶり「暮市」復活 広野の駅前通り 年末の風物詩 福島民報
12月25日 『自然』生かした新たな誘客 福島県が「グリーン復興」着手へ 福島民友
12月25日 <西日本豪雨>愛媛・宇和島の復興を観光で応援 伊達武将隊と巡るツアー参加者を募集 河北新報
12月25日 <ホッキガイ漁>宮城・山元で始まる 新式の漁具で水揚げ回復に期待 河北新報
12月25日 復興祝う神事に協力を 名取・熊野那智神社で20年ぶり「お浜降り」 CFで経費募る 河北新報
12月25日 <東北地銀>出向行員「現場」学ぶ 店頭販売や製造を体験、コンサルタント機能強化へ 河北新報

12月24日 ふたば未来最優秀賞に 秋田で東北高校演劇 福島民報
12月24日 冬の味覚こりっこり 南三陸・歌津で「あわび祭り」 河北新報
12月24日 豊作祈って「ヨイサ」 福島で「金沢の羽山ごもり」 河北新報
12月24日 移住者用や災害公営住宅に…進む仮設住宅再利用 福島県、無償譲渡で促進 河北新報

12月23日 活性化へ連携「協力会」結成 昭和の地域おこし協力隊 福島民報
12月23日 <女川町>総合計画策定へ公開討論 「若者戻る環境を」 河北新報
12月23日 22事業で復興発信 「三陸プロジェクト」運営計画決定 音楽や味覚、防災シンポ 来夏・岩手沿岸 河北新報
12月23日 <わたしの道しるべ>デザインで宮城元気に 河北新報
12月23日 <あなたに伝えたい>2人のようになる見守って 河北新報
12月23日 <奥羽の義 戊辰150年>(31)鳥海の頂越えて奇襲作戦 河北新報

12月22日 福島県を旅行して経験したいこと 福大が連携5カ国大学生調査  福島民報
12月22日 固い氷を一撃粉砕 「割るぞうくん」人気 盛岡・吉田研磨工業  河北新報
12月22日 <いわぬまひつじ村1周年>人気スポットへ成長 住民手作り 被災者に好評  河北新報
12月22日 <19年度予算案決定>福島再生に重点配分  河北新報
12月22日 <受動喫煙防止>東北初、山形県議会で条例成立  河北新報

12月21日 健康寿命「お達者度」福島県伸び低調 男性0.78年、女性0.63年  福島民友
12月21日 <暮れゆく平成>(2)避難住民 最後のXマス会(福島・飯舘村)/これからも集まろう  河北新報
12月21日 宮城・山元「コダナリエ」でチャリティーイベント 西日本豪雨被災の広島・福山へ 復興支援に音返し  河北新報
12月21日 <IWC脱退>石巻地方、歓迎と危惧「経済効果に期待」「国際的な理解を」 河北新報

12月20日 大七酒造の「宝暦大七」 仏ワイン誌特集で4位 福島民報
12月20日 「関係人口」拡大推進 将来的な定住増へ 復興庁 福島民報
12月20日 <福島市>新たに「花観光振興計画」策定 花見スポット連携や情報発信強化へ 河北新報
12月20日 「雪国育ちのバナナ」で地域おこし 山形・戸沢で温泉熱活用し栽培 来春出荷目指す 河北新報
12月20日 <暮れゆく平成>(1)復興進む内湾地区の夜景(気仙沼市)/人戻り 水面に光再び 河北新報
12月20日 <東日本大震災>名取駅前に複合ビル完成 デッキで駅に直結、被災図書館や公民館など入居 河北新報
12月20日 仙台市の人口、山形県を抜く 東北の仙台一極集中傾向強まる 河北新報

12月19日 東洋大生らこんにゃく作り 塙でモニターツアー、農泊交流協議会 福島民友
12月19日 食農復興へ講座開設 福島大と福島県が連携協定 河北新報
12月19日 <女川2号機審査>重大事故対策 あす会合再開 河北新報
12月19日 「田んぼ豚」放牧のびのび 休耕田で30匹、冬の大地を駆け回る 河北新報

12月18日 ふくしま地産地消大賞に合同会社ねっか(只見) 福島民報
12月18日 南相馬に若者呼び込め 市民企画ツアー第1弾、竹飯ごうに挑戦 河北新報
12月18日 食農復興へ講座開設 福島大と福島県が連携協定 河北新報
12月18日 <金ニラ>「産金の町」涌谷の名物に 本格栽培へCFで協力金募る 河北新報
12月18日 被ばく後の乳がんリスク低下 ラット、妊娠・出産経験で 河北新報

12月17日 金谷俊一郎さん「経営者は歴史学んで」 戊辰、明治期の経済界語る 福島民友
12月17日 戊辰150年/第四章〜北の新天地〜(56) 無念物語る過去帳 福島民報
12月17日 <スプリングバレー>2コース滑走可能に ゲレンデさっそうと 河北新報
12月17日 <この人このまち>作刀の技 包丁に込める 伝統受け継ぐ8代目鍛冶職人 河北新報
12月17日 <三陸アワビ>不漁に参った 津波で稚貝激減、「磯焼け」深刻化…来年度以降も続く可能性 河北新報

12月16日 楽しんで健康立県 16日までフェスタ 福島民報
12月16日 <気仙沼・男山本店>「客座敷」改修 試飲や工程紹介、震災伝える場に 河北新報
12月16日 <東日本大震災>福島からの県外避難者 実態把握に難しさも 河北新報
12月16日 <東日本大震災>福島から宮城、避難なお増 復興進み近県移住か 河北新報
12月16日 亡き妻胸に、震災7年半で店再開「またラーメン屋、やっているよ」 河北新報

12月15日  仕事おこしネット発足 中小企業の相談体制構築 全国214信金 福島民報
12月15日 <オニコウベスキー場>安全祈願祭で無事故祈る 積雪少なく、オープンは先送り 河北新報
12月15日 農村の生活向上に尽力 松田甚次郎の思い後世に 新庄で企画展 河北新報
12月15日 <杜の都のチャレン人>仏の道 謙虚に誠実に 河北新報

12月14日 「福島」認知度は『東北1位』 アジアで29.6%、欧米豪25.2% 福島民友
12月14日 福島県産「海産物」...抵抗薄れる トリチウムなどへ理解不足も 福島民友
12月14日 県内外国人宿泊 前年比15%増 1〜9月7万7520人 福島民報
12月14日 <姫かりふ>手のひらサイズカリフラワー 岩手大が被災地で栽培 河北新報
12月14日 <鳴子温泉郷>湯ったり読書楽しんで「なるこ湯よみ文庫」続々開設 河北新報
12月14日 <吉浜乾鮑>冬の陽光の恵み 黄金色の輝き 干しアワビ作り最盛期 河北新報
12月14日 <福島県大熊町>新庁舎は「着々」でも…新卒採用「ゼロ」応募者3人、内定者も辞退 社会人対象に募集へ 河北新報

12月13日 「しゅくだいカフェ」会津若松にオープン 学習指導やゲーム 福島民友
12月13日 ふくしま健民検定2月6日開始 食や運動の習慣、改善へ 福島民報
12月13日 <戊辰戦争150年>横手に残る「耳取合戦記」 民衆が見た戊辰逸話を講演会で紹介 河北新報
12月13日 女川再稼働是非・住民投票請求 11.3万人署名を選管に提出 河北新報
12月13日 げんちゃんハウス復活へ 震災後、東松島・宮戸の味提供 来春目標 オルレ観光受け皿に 河北新報
12月13日 <伯楽星>22歳女性杜氏、酒蔵に新風 「新沢醸造店」渡部さん 国際コンクールで最高賞 河北新報

12月12日 「八幡屋」2年連続の総合2位 プロが選ぶホテル・旅館100選 福島民友
12月12日 <岩手県復興祈念公園>津波伝承館 3年は県直営 来年整備 教訓や復興の現状発信 河北新報
12月12日 <震災7年9カ月>石をかき分け手掛かり求め 南三陸・歌津で行方不明者捜索 河北新報
12月12日 福招き仲間呼ぶ 双葉ダルマ作り大詰め 福島・いわきで来月販売 河北新報
12月12日 <東日本大震災>「やっと妻も成仏できる」 身元判明の遺骨戻る 捜し続けた日々、今は涙 河北新報
12月12日 災害公営住宅に優しい光 いわき勿来工高生が飾り付け 河北新報

12月11日 「わらじまつり」に新しい伝統 大友さん、由来踏まえシナリオ 福島民友
12月11日 <東日本大震災 復興人>水産業活性化後押し 最適解見つけ高みへ 河北新報
12月11日 復興の知恵を難民キャンプに 宮城・女川にパレスチナから訪問団 河北新報

12月10日 「福島赤十字病院」福島市民対象に内覧会 命と健康守る新拠点 福島民友
12月10日 『クリスマスカラー』でランウエー 郡山でファッションショー 福島民友
12月10日 福島の酒蔵巡る「女子旅バスツアー」 首都圏の女性が魅力体感 福島民友

12月9日 ふたば未来高インパクト賞 楽天の地域課題解決発表会 福島民報
12月9日 <宮城県>人口3年連続減、マイナス0.38% 大衡、仙台、名取は増 河北新報
12月9日 <あなたに伝えたい>一緒に選んだ振り袖 娘にも 河北新報
12月9日 <鳴子温泉>新聞バッグ、美と機能競う 高知のNPO法人主催、復興支援が縁 河北新報
12月9日 遊休農地に漆の苗木植樹を 二戸市、増産目指し呼び掛け 河北新報
12月9日 <岩手の鮭まつり>三陸の海産物ずらり 年越しへ品定め 河北新報

12月8日 東洋大理事長に安斎隆氏 二本松出身、東京福島県人会長 福島民友
12月8日 世界に発信「福島の今」 県と外務省、駐日大使ら招きPR 福島民友
12月8日 <水産改革法参院委可決>「海の何が分かるのか」漁業者に懸念や戸惑い 河北新報
12月8日 「生薬の里」薬膳でPR 秋田・八峰で地元女性ら考案、副知事試食し高評価 河北新報
12月8日 イヌワシの森、再び 宮城・南三陸の企業と東北森林管理局、繁殖地再生目指し連携 河北新報

12月7日 感謝され、そっと 南相馬・小高の仮設店舗「東町エンガワ商店」、3年余の営業に幕 河北新報
12月7日 <せんだい東部復興市民会議解散>新たな連携の在り方を模索 河北新報
12月7日 仙台のNPOが空き家改装し、シェアハウス運営 河北新報
12月7日 大郷町がモニター募り生活習慣改善へ 専門チームが指導 河北新報

12月6日 健康寿命、飲酒量は改善 第2次健康ふくしま21計画・中間報告 福島民友
12月6日 県の健康経営優良事業所を表彰 知事賞に大槻電設工業 福島民報
12月6日 <熊本地震>二つの被災地を芋煮でつなぐ 多賀城から移住の防災士が熊本で交流会 河北新報
12月6日 <鳴子温泉>「泊食分離」で地域活性化 地元手料理届けるケータリング事業続々 河北新報
12月6日 <水曜日郵便局>見知らぬ人と不思議な手紙の交流、5349通演出し閉局 河北新報

12月5日 「憩いの場」に別れ 南相馬・仮設店舗、エンガワ商店5日閉店 福島民友
12月5日 漫画で本県の風評払拭 無料アプリ、LINEで配信 復興庁 福島民報
12月5日 <木幡の幡祭り>初冬の山里5色に彩る 河北新報
12月5日 宮城県大和町、2年連続不交付団体の見通し 町内立地企業好調で税収増 河北新報
12月5日 <亘理・山元ウイーク>復興、デーツでエール 支援続けるイスラエル系女性産直で販売 交流人口拡大へ 河北新報
12月5日 <亘理・さつき会>花笠音頭を練習 来月地区で披露 河北新報

12月4日 県の起業支援スタート 地域おこし協力隊 福島民報
12月4日 <亘理・山元ウイーク>撮ラベル/香り爽やか冬彩る黄 逢隈のユズ畑 河北新報
12月4日 <亘理・山元ウイーク>被災ハーレー、津波伝える 産直施設で展示へ 河北新報
12月4日 <自動運転>福島・浪江で公道試験 復興へ実用化探る 河北新報
12月4日 <スターダスト・ページェント>幻想の光 女川照らす海ぼたる 河北新報

12月3日 山里の青空翻る『カラフル』 日本三大旗祭り「木幡の幡祭り」 福島民友
12月3日 <この人このまち>ギネス挑戦 自信芽生え 河北新報
12月3日 <震災関連文書>保存「配慮せず」57% 年限満了後「廃棄」33% 河北新報
12月3日 <大川小訴訟シンポ>「長男 夢で笑ってる」「防災 競ってほしい」遺族悲しみ吐露 河北新報
12月3日 <大川小訴訟シンポ>「命守る学校防災を」仙台で遺族ら初の討論会 河北新報
12月3日 <女川原発再稼働>是非問う住民投票請求 署名集め終了 8万人超 河北新報

12月2日 <震災遺構ネットワーク>慰霊碑やモニュメント…「伝承ロード」の構成施設、3日から東北整備局募集 河北新報
12月2日 <とうほくドローンeye>宮城・亘理/電照イチゴ 赤く甘く輝きを増す 河北新報
12月2日 <奥羽の義 戊辰150年>(29)庄内藩、新政府軍挟み撃ち 河北新報
12月2日 <水曜日郵便局>5日閉局、心のやりとり最後まで 見知らぬ人と手紙交換「不思議なつながり実感」 河北新報

12月1日 変革の温泉街...新スタイルの宿続々 福島県で低価格や相部屋など 福島民友
12月1日 生分解性プラ製品出展 仏リヨンで小松さん(いわき)  福島民報
12月1日 <杜の都のチャレン人>自然療法 笑顔届ける 河北新報
12月1日 <戊辰戦争150年>土方歳三や東郷平八郎も参戦「宮古港海戦」歴史掘り起こす 旧幕府軍艦乗組員の子孫ら活動 河北新報
12月1日 <市民の力 NPO法20年>(1)復興/震災7年 運営の岐路 河北新報
12月1日 VRで認知症を疑似体験「列車で自分の現在地不明に」「居間に不審者の幻視」当事者の不安学ぶ 河北新報

2018年【11月分】
11月30日 「阿久津曲がりねぎ」収穫最盛期 柔らかさと甘味増した伝統野菜 福島民友
11月30日 気仙沼に残る銭湯「友の湯」から街に活気を 市内移住の若者ら奮闘、施設丸ごと使いイベント 河北新報
11月30日 <南相馬・鷺内遺跡>縄文期のクルミが入ったかご、ほぼ完全な状態で出土 全国初、貴重な資料に 河北新報
11月30日 <来訪神・無形遺産決定>吉浜のスネカ 観光化より伝承を 河北新報
11月30日 <来訪神・無形遺産決定>男鹿のナマハゲ 先祖や郷土に感謝 河北新報
11月30日 野生キツネ「餌やり」原因で皮膚病発症か 危惧されていた病気感染が現実に 河北新報

11月29日 帰還住民の被ばく線量「管理」 帰還困難区域・放射線防護対策 福島民友
11月29日 県産ノリ味わい豊か、広がる香り 首都圏のシェフら七ケ浜訪問 河北新報
11月29日 <東日本大震災>被災の毘沙門天再降臨 東松島の神社の秘仏修復 河北新報
11月29日 <福島第1>廃炉資料館あす開館 事故の経過と作業の進行紹介 河北新報
11月29日 <登米無双>「登米師」の世界を体感 弟子入りツアー 河北新報

11月28日 ADR決裂...浪江町民109人が提訴 13億1890万円支払い求め 福島民友
11月28日 「中通り会」新設へ 首都圏在住者が初の集い 福島民報
11月28日 <女川子どもレストラン>豊かな海産物をイタリアンに プロのシェフが小学校で料理指導 河北新報
11月28日 <スマート和食>東北に浸透中 花王が弁当開発、低脂質食材で内臓脂肪減らす 河北新報
11月28日 <秋サケ漁>不振にあえぐ岩手、今年も苦戦 南部は深刻、不漁の昨年をさらに下回る 河北新報
11月28日 <311次世代塾>破壊と静寂、双葉の今 修了生ら福島原発視察「廃棄物、大きな問題」 河北新報

11月27日 湯沢・道の駅に「木育」ボールプール登場 地元の秋田木工製作、県の補助金活用 河北新報
11月27日 宮城・南三陸で海の親サケ採卵開始 種卵の人工ふ化放流事業不足分確保へ 河北新報
11月27日 <山形大>スマホで楽々運転代行予約 村上和隆さんアプリ開発、米沢で来春運用開始目指す 河北新報
11月27日 <福島産米>県外取り扱い1000店超え 県職員らのPR奏功 河北新報
11月27日 <津波災害警戒区域>山形県が遊佐など3市町指定へ 東北で初、避難体制を強化 河北新報

11月26日 福島・自主夜間中学の校歌完成 大友良英さん作曲、生徒と歌う 福島民友
11月26日 ほっと一息復興発信 福島・浪江駅前にカフェオープン 河北新報
11月26日 <東日本大震災>緑の杜へ2300本植樹 宮城・井土の海岸公園 河北新報
11月26日 <宮城県>事業所増加率が全国1位 沿岸部の伸び目立つ 16年 河北新報
11月26日 <カゲロウプロジェクト>人気クリエイター「じん」さん図書館ライブ 修学旅行の取材が縁 宮城・多賀城中 河北新報
11月26日 笑顔で皮むき「甘くなあれ」 白石・園児が干し柿作り 河北新報

11月25日 <あなたに伝えたい>親になり2人の偉大さ知る 河北新報
11月25日 <東北コットンプロジェクト>ふわふわ綿花 復興後押し 東松島で収穫祭 河北新報
11月25日 名取市職員制作、手作りFM番組が100回到達 山形のFMとコラボ、記念収録で食レポ対決 河北新報
11月25日 <仙石線>暮らし支えて90年 石巻駅で記念式典 河北新報
11月25日 <東京五輪>IOCバッハ会長、あづま球場訪問「福島開催 復興に貢献」 河北新報

11月24日 福島県、再生エネ『先駆けの地』へ いわきでシンポ、産官民連携 福島民友
11月24日 海と山の幸、車いっぱい 塩釜神社「初穂曳」 河北新報
11月24日 海と山の幸、車いっぱい 塩釜神社「初穂曳」 河北新報
11月24日 和太鼓の重厚感を楽しむ 加美・賀美石小で仙台の団体が公演 河北新報
11月24日 <伝統継承へ「百矢納め」白石・小原中生、神事を体験学習 河北新報
11月24日 気品ある姿、志津川湾に 宮城・南三陸にコクガン飛来 河北新報
11月24日 <東日本大震災>被災要介護者を故郷に 弘前の社会福祉法人が支援事業 河北新報
11月24日 <JR山田線>新リアス線、誕生に期待 宮古−釜石間で復旧駅舎の見学会 河北新報
11月24日 荒浜カレイ 食べに来て にぎわい回廊商店街、あすフェス 宮城・亘理 河北新報
11月24日 志津川のサケ 五感で学ぶ 南三陸の小学生12人参加 つかみ取りや調理体験 河北新報
11月24日 イノシシ対策 悩むJR 山形・列車と衝突続出 柵設置も効果期待薄? 河北新報

11月23日 陸前高田市、来年度以降窓口など民間委託へ 「復興後」へ経費削減 河北新報
11月23日 <季節ハタハタ漁>初漁日は来月2日ごろ開始 小型魚の割合多めか 河北新報
11月23日 道の駅おおさと改装 きょう開店、集客増に期待 河北新報

11月22日 若手経営者が討論 郡山で地方創生フォーラム 福島民報
11月22日 <世界少年野球>来夏福島で開催 王さん「子どもたちが元気にプレーする姿伝え風評払拭を」 河北新報
11月22日 <女川原発>再稼動問う住民投票条例請求へ 必要署名4万人達成 河北新報
11月22日 <99.9>人気ドラマの小道具で復興後押し アフロなこけしとホヤぼーや、ネット上で反響 河北新報

11月21日 JR浪江駅前に初、カフェ「もんぺるん」あすオープン 帰還住民らの憩いの場に 河北新報
11月21日 津波で犠牲になった児童が育てたアサガオの種、新米先生へ 震災の記憶受け継ぐ 河北新報
11月21日 <とうほくドローンeye>気仙沼/冬を告げる気嵐 航跡追い舞い上がる 河北新報
11月21日 <カツオ水揚げ>気仙沼漁港 22年連続日本一 アニサキスの影響で価格は低迷 河北新報
11月21日 <福島第1原発事故>葛尾・野行で復興拠点着工 福島6町村全て整備開始 河北新報

11月20日 「死の淵を見た男」映画化 佐藤浩市さんら出演、原発事故描く 福島民友
11月20日 心身の健康づくり実践 取り組み不十分7割 福島民報
11月20日 福島の味と技人気 英国で日本文化発信イベント 福島民報
11月20日 豪雨の被災地 絵画通じ応援 仙台のウエノさん 河北新報
11月20日 柿たわわ 笑顔の実り 丸森・耕野小児童が畑で収穫 河北新報

11月19日 田人の食、文化発信 ほっこり祭 福島民報
11月19日 震災の記憶刺しゅうに 38人がつないで残す 仙台のNPOが講座 河北新報
11月19日 <アングル岩手>奇祭の継承、連綿と 一関・室根神社1300年特別大祭 河北新報
11月19日 <東日本大震災>被災地のプラごみ回収し玩具に 民間団体など連携、環境保全のまちづくり支援 河北新報
11月19日 東北でダム人気 水位上昇中!催し、カレー、カードと新たな観光資源期待大 河北新報
11月19日 <この人このまち>補助金頼らずコメ作り 農家の自立を目指す親子 河北新報

11月18日 和合亮一さん、吉増剛造さん対談 猪苗代 福島民報
11月18日 <311次世代塾>遺族の声に耳傾ける 被災地視察やケア活動学ぶ 河北新報
11月18日 <食旅フェスタ>自慢の食そろえて地域の魅力アピール 地震被害の南北海道など出店 河北新報
11月18日 <伝統は流されない>山元・中浜神楽の今(上)共に 二つの保存会、心一つに 河北新報

11月17日 <東日本大震災>被災中小無利子貸し付けの返済本格化 宮城の水産加工業者苦境、猶予の延長訴え 河北新報
11月17日 <杜の都のチャレン人>絵を通じ人と人連結 鉄道復興を支援する「描き鉄」 河北新報
11月17日 <金のいぶき>甘こうじに加工 宮城・涌谷町が試作、発売へ寄付呼び掛け 河北新報
11月17日 閉校した富野小で地区文化祭、住民の力作展示 河北新報
11月17日 福島で牡蠣奉行!出張カキ小屋 福島県初開催、格安価格で提供 福島民友
11月17日 <阿武隈川物語>(21)天蚕 原発事故を超え 河北新報
11月17日 全国どこにでも行きます!漆増産へ発想を大転換 岩手でプロジェクト始動、生産量4倍目指す 河北新報
11月17日 かき小屋、三陸の冬の味覚堪能 岩手・山田で営業始まる 河北新報
11月17日 <東日本大震災>被災中小無利子貸し付けの返済本格化 宮城の水産加工業者苦境、猶予の延長訴え 河北新報

11月16日 二本松の提灯祭り 来年から10月第1土〜月 福島民報
11月16日 今年のお中元「笹かま」最多 仙台市民調査 河北新報
11月16日 <東日本大震災>手作りかりんとうは復興の味 主婦や高校生ら販売 河北新報

11月15日 津波被災で解体「共徳丸」巨大画で再び 宮城の画家制作「海に戻る姿見て」 河北新報
11月15日 <核のごみ 漂流する処分策>幌延深地層研究センター 近づく実験期限 河北新報
11月15日 <核のごみ 漂流する処分策>NUMOの科学的特性マップ説明会 東北で懸念や反発相次ぐ 河北新報

11月14日 県内移住、過去最多194世帯 昨年度、首都圏窓口など積極PR 福島民友
11月14日 <大谷選手新人王>地元歓喜「偉大な先輩」「すごいの一言」 河北新報
11月14日 <金足農>ナイン見たい!県民栄誉章授与式に希望者1万人超「金農旋風も落ち着いたと思っていたが…」 河北新報
11月14日 「支援継続を」福島県知事が復興相に要請 河北新報
11月14日 カレー香辛料化合物、がんを抑制 秋田大や東北大の研究グループ解明「機能性食品になり得る」 河北新報

11月13日 要援護者1万3600人の仙台市 町内会主体で「個別計画」態勢づくり 河北新報
11月13日 <震災7年8ヵ月>亘理・復興マラソン 鳥の海から号砲 再生の街駆ける 河北新報
11月13日 <金華山・ごみ不法投棄>「イメージ低下」地元、観光へ影響懸念 河北新報

11月11日 【健康長寿・禁煙(1)】まさかの依存症診断 医療の力借りてみた 福島民報
11月11日 <あなたに伝えたい>防災に努め胸張って再会を 河北新報
11月11日 <健康経営>元気な従業員、企業も元気に 宮城・女川で実践広がる 河北新報
11月11日 <高校生のシゴト力>LED使い野菜栽培/福島工高 新しい農業の形模索 河北新報
11月11日 <わたしの道しるべ>岩沼係長イラストで地元をPR 河北新報
11月11日 被災者集団移転先 戸別訪問、つながり保つ 高齢者孤立防止へ住民組織がボランティア 河北新報
11月11日 <東日本大震災 復興人>人づくり、南三陸支援 町と若者をつなぐ力に 河北新報

11月10日 >「まちの駅」で地域活性化 若松 10日まで全国大会  福島民報
11月10日 <震災7年8ヵ月>家族のために「諦めず捜索」南三陸・戸倉の海岸 河北新報
11月10日 「戦友」にありがとう 名取・閖上の佐々直旧工場、解体始まる 河北新報
11月10日 <震災7年8ヵ月>姿消す閖上の象徴 佐々直、被災した旧工場解体に着手 河北新報

11月9日 <障害者施設>皆で作った豆腐、日本一 「蔵王すずしろ」が製造販売 河北新報
11月9日 <原発事故>発生直後の記録生々しく 福島県原子力センター初公開 河北新報
11月9日 <カイゼン>気仙沼マグロ漁に導入 漁を効率化、船員の確保図る 河北新報
11月9日 <地域史探訪>ぶらり連坊 商店主らが街歩き講座 河北新報

11月8日 自然魅せられ「マタギ」弟子入り 八須さん、金山で狩猟始める 福島民友
11月8日 <行くぜ、東北。>松岡茉優さんら冬の旅PR「東北で自分にご褒美を」 河北新報
11月8日 <ホップ薫るまちの挑戦>街に、企業に、成果着々 河北新報
11月8日 <宮城県北汚染廃 それぞれの選択>(上)焼却/訴訟、他圏域に影響も 河北新報
11月8日 <フリーペーパー>クリエーターの遊び心と熱気詰め込んで 20周年祝い復刊 河北新報
11月7日 地方の観光創造議論 全国商議所振興大会 福島民報
11月7日 <ホップ薫るまちの挑戦>先進地に学び高度化 河北新報
11月7日 故むのたけじさん発行の週刊新聞「たいまつ」全780号復刻版刊行へ 横手図書館がデータ提供成 河北新報
11月7日 青春の苦難と希望テーマに復興の物語 83年平工高球児の人生描く、いわき舞台の映画完成 河北新報

11月6日 グローバルGAP取得へ 会津農林高で公開審査 福島民報
11月6日 <ホップ薫るまちの挑戦>クラフト市場に活路 河北新報
11月6日 石巻復興きずな新聞7年 被災者と共にこれからも 手渡し配達で見守り 河北新報
11月6日 松島の防災マップ10年ぶり刷新 最大規模の津波想定 観光客向けも初作製 河北新報
11月6日 「飼い主に会わせたい」 京都の男性が宮城・南三陸で被災犬の写真展 河北新報
11月6日 田植踊伝承10年 実り豊か 仙台・湯元小、10日発表会 秋保の文化保護に一役 河北新報

11月5日 この人このまち>山菜の宝庫戸沢をPR ワラビの根っこ掘りW杯を開く集落支援員 河北新報
11月5日 <ふくしま植樹祭>海老蔵さんら3000人、防災林の再生願い植樹 河北新報
11月5日 炊飯器で手軽に甘酒造り「「こうじは日本食の基礎」 岩手・花巻で講習会 河北新報
11月5日 <大川小>津波襲来、地震発生から45〜46分後か 東北大が解析、5〜6分推定早まる 河北新報

11月4日 100年ぶり慰霊祭 二本松 戊辰150年 福島民報
11月4日 市街地の歴史学ぶ 地方創生アイデア日本一の福大付小生2人 福島民報
11月4日 アワビ漁解禁 初冬の風物詩、浜に活気 南三陸・戸倉 河北新報
11月4日 <美馬森Japan>馬が合う商品見つけて 11日東松島でマルシェ、牧場移転後初の企画 河北新報
11月4日 <東北の本棚>言葉の力が生きる力に 河北新報
11月4日 新鮮野菜はいかが 女川に毎月お届け 涌谷・産直の会、要望に応え 河北新報

11月3日 二本松の菊人形魅力発信 10、11日新宿御苑で 福島民報
11月3日 若者のUIターン促進 12月30日郡山でイベント 福島民報
11月3日 <廃炉の課題 女川原発1号機>(上)廃棄物/行き場なしに現実味 河北新報
11月3日 <鳴子峡>大深沢橋、秋の夜に輝く ライトアップ試験点灯 河北新報
11月3日 南海トラフ地震備え大規模訓練 海上火災も想定、三重 河北新報
11月3日 <秋田・美郷町>役場や道の駅など全ての町有施設禁煙へ 県内初 河北新報

11月2日 人を笑顔にできる作品を 亘理出身・渡部さんフラワー装飾で技能五輪へ 河北新報
11月2日 <宮城県南へウエルカム>長期滞在型へ 資源を磨く 河北新報
11月2日 <石巻・のぞみ野 ゼロからの出発>災害住宅の孤立化懸念 河北新報

11月1日 福島・葛尾で養鶏再開 7年7ヵ月ぶり「良い鶏育てたい」 河北新報
11月1日 <仮設商店街>気仙沼、最後の4ヵ所が退去期限 店主、感謝の陰に不安 河北新報
11月1日 鳥インフル備え演習 埋却手順を確認 南三陸 河北新報
11月1日 「宿泊税」巡り賛否 沿岸部施設が懸念の声 河北新報

2018年【10月分】
10月31日 <宮城県南へウエルカム>進まぬ連携 積年の課題に 河北新報
10月31日 宮城・女川で津波防災シンポ「生きた言葉や物語が学びに」 河北新報
10月31日 <仮設商店街>気仙沼、最後の4ヵ所が退去期限 店主、感謝の陰に不安 河北新報

10月30日 <いのち育む海の森>志津川湾ラムサール登録(下)活用のビジョン 河北新報
10月30日 学生援農、山形で広がる 収穫ボランティアを仙台圏から受け入れ 河北新報
10月30日 <福島知事選>91%の衝撃(上)圧勝の余波 河北新報
10月30日 気仙沼の魅力全国に 児童らチャリティー年賀状をデザイン 河北新報

10月29日 <いのち育む海の森>志津川湾ラムサール登録(中)自然との共生 河北新報
10月29日 <アングル宮城>栗原・花山の佐藤旅館再開へ 住民ら準備に協力 河北新報
10月29日 勇壮にマツリバ行事 1300年時つなぐ 一関・室根神社 河北新報
10月29日 <福島知事選>内堀氏再選 復興施策継続訴え大差 河北新報
10月29日 人口減時代の仙台像描く 中心部活性化や若者流出抑制焦点 市、次期総合計画着手へ 河北新報

10月28日 住民語り部準備着々 気仙沼・階上の震災遺構来春公開 各地視察ノウハウ学ぶ 河北新報
10月28日 <あなたに伝えたい>原釜の神楽 見てほしかった 河北新報
10月28日 <東北の本棚>苦難乗り越える姿追う 河北新報
10月28日 <東北の本棚>終戦工作に動いた武人 河北新報
10月28日 <県南へウエルカム>体験や文化 足元にヒント 河北新報
10月28日 <奥羽の義 戊辰150年>(25)籠城戦1カ月 力尽き降伏 河北新報
10月28日 古里の夢語り合う 泉崎・風とロックキャラバン 福島民報
10月28日 作家・椎名誠さん『只見線の魅力』語る 「沿線の自然大事に」 福島民友

10月27日 「アイヅライス」発売 ブランド強化、築地で試食会 福島民友
10月27日 特産ユズ使って新商品 福島・楢葉の中学生開発 ケーキなど販売へ 河北新報
10月27日 東北のオオカミ信仰知って 宮城・村田でお札や像など資料展示 河北新報
10月27日 <戊辰戦争150年>東北の幕末史網羅 仙台市博物館で藩主建言書など230点展示 河北新報

10月26日 霊山からの眺め...大自然の『万華鏡』 登山客ら紅葉狩り楽しむ 福島民友
10月26日 <女川原発1号機廃炉>脱原発活動に長年関わる2人「その先は」不安視 河北新報
10月26日 宿場町の廃校宿に再生 七ヶ宿・体験交流館「街道Hostelおたて」来月3日から本格営業 河北新報
10月26日 沿岸15市町「みやぎ復興まちづくりカード」第2弾 活気戻る街並みを紹介 29日から配布 河北新報
10月26日 自然豊かな新浜を再び 復興の思い 苗に託す 仙台・岡田小児童が植栽活動 河北新報

10月25日 地域再生へ絆紡ぐ いいたて秋祭り  福島民報
10月25日 「来訪神」ユネスコ遺産登録勧告 東北の関係者から喜びの声  河北新報
10月25日 <週刊せんだい>心を整える方法(4完)座禅/ただ静かに無我の境地 肩肘張らぬイベントも  河北新報
10月25日 女川原発1号機廃炉に 東北電力が方針固める 運転開始から35年目  河北新報

10月24日 <福島知事選 課題の現場>透析治療患者ら消耗 双葉郡→いわき市へ長距離通院  河北新報
10月24日 鳴子のコメ作り 漫画に 国交省制作がウェブで公開 NPOの取り組み紹介  河北新報
10月24日 <かしまの一本松>表札に再生 よりどころに 福島の広告業者が製作協力  河北新報

10月23日 若者が求める定住化政策 「働く場所づくり」最多 県内10代有権者アンケート  福島民報
10月23日 <のりあい・つばめ>燕沢地区「住民の足」出発 乗り合い交通試験運行「ぜひ成功を」  河北新報
10月23日 被災者のケア支援継続検討 復興相、宮城を視察  河北新報
10月23日 <八戸前沖さば>「38」DAYS「サバ」ずくめ!26日からイベント展開  河北新報
10月23日 <福島知事選 課題の現場>会津地域、深刻な高齢化と人口減 地域の再生へ地道な努力、埋没危惧  河北新報
10月23日 宮城産ホヤ販路拡大、九州に活路 東松島市が福岡・豊前市と連携 試食7割「おいしい」  河北新報

10月22日 注目!「農業アート」 猪苗代に作品、稲干しには美しさがある  福島民友
10月22日 ブナ林保全へ「宣言」 全国フォーラム 只見から発信  福島民報
10月22日 <福島知事選 揺れる一票>さまよう県外避難者(1)被災者忘れず支えて 河北新報
10月22日 ブナ林保護と活用の両立考える 福島・只見でフォーラム 河北新報
10月22日 <いしのまき大漁まつり>ヤリイカや金華サバ競り体験 市場白熱 河北新報
10月22日 <汚染廃>黒川の試験焼却 最終6回目 あすから 河北新報
10月22日 戸倉の母ちゃん、家庭料理でおもてなし 南三陸で食の文化祭  河北新報

10月21日 歴史学者・朝河貫一「希望の外交」 東京で没後70年記念シンポ  福島民友
10月21日 秋の湖畔満喫 天栄で羽鳥湖高原健康ウオーク  福島民報
10月21日 西会津の自然堪能 ふくしま緑の百景歩こう会  福島民報
10月21日 <奥羽の義 戊辰150年>(24)「早合点の自刃」通説覆る  河北新報
10月21日 <女川駅前「シンボル空間」にグッドデザイン賞 海を生かした街並み評価  河北新報
10月21日 <山田大名行列>3年に1度の舞 色鮮やかなはんてん姿、威勢良く  河北新報

10月20日 <南部鉄器>3D技術で変身 鉄プレッソ、ドクロ鉄瓶…若者にアピール  河北新報
10月20日 <志津川湾ラムサール登録>南三陸町役場にお祝いの横断幕  河北新報
10月20日 秋空彩る熱気球 一関・バルーンフェス開幕  河北新報

10月19日 宝の山黄葉色めく 磐梯山ゴールドライン  福島民報
10月19日 <志津川湾ラムサール登録>海藻藻場で国内初 宮城・南三陸  河北新報
10月19日 <志津川湾ラムサール登録>自然保護へ決意新た 地元、観光振興も期待  河北新報
10月19日 <石巻かき丼>国際認証受けた自慢のカキ、味わって!21日から6店で提供  河北新報
10月19日 新そば召し上がれ 山形各地でまつり開催  河北新報
10月19日 車いすダンス 華麗に 機敏に 21日に仙台でフェス  河北新報

10月18日 伝統「合わせ網漁」公開 楢葉・木戸川のサケ漁が本格化  福島民報
10月18日 「竹パウダー農法」実感 塙で体験ツアー、東京から参加者  福島民友
10月18日 <東日本大震災>石巻・半島部復興に弾み 雄勝と鮎川浜に拠点施設着工  河北新報
10月18日 <仙台市>ゴミ出しルール見て覚えて 外国人向けDVD配布  河北新報

10月17日 名産マダコ、一足早く 南三陸で今季初水揚げ  河北新報
10月17日 <汚染廃>最終処分場への焼却灰搬入始まる 宮城・大崎  河北新報
10月17日 津波の恐ろしさ人形劇で伝える 宮城農高生、仙台・岡田小で「命の授業」  河北新報
10月17日 <まちのたからばこ>客と触れ合い商店主らが講座 栗原  河北新報

10月16日 果樹直売所...売り上げ『ため息』 吾妻山「警戒レベル2」1カ月  福島民友
10月16日 <かなえのタイヤ>小5の震災学習(上)家族の願い 自分の夢を貫いて  河北新報
10月16日 創業200年、秋田の老舗「弥助そばや」後継者なく事業譲渡 飲食チェーン「ドリームリンク」に  河北新報
10月16日 <気仙沼のほぼ日>来年11月閉鎖へ 糸井重里さん「人と人との関係は続く」  河北新報

10月15日 <この人このまち>富岡こそ可能性探せる  河北新報
10月15日 宮城と薩摩の絆を劇に 仙台・大日さん逸話交え脚本 「石に刻んだ赤心」3都県で11月から上演  河北新報
10月15日 <災害型リバースモーゲージローン>被災住宅の修繕後押し 死後に売却・清算、毎月の返済利息のみ  河北新報

10月14日 歴史再び...老舗割烹「一平」再開へ 1日1組限定こだわり料理  福島民友
10月14日 【福島県知事選・最前線ルポ】会津 人口減対策が鍵、将来像必要  福島民友
10月14日 秋色のコキア見頃 猪苗代ハーブ園  福島民報
10月14日 会津伝統の人参堪能 若松などでツアー  福島民報
10月14日 電源は湯沢の温泉と沢水!温度差利用し発電実用化試験 まずは照明、将来はWi−Fiに活用  河北新報
10月14日 <わたしの道しるべ>地場産品直売に手応え  河北新報
10月14日 <あなたに伝えたい>新居に埋めた形見、心の支え  河北新報
10月14日 <仙台市>ごみ分別のルール映像で覚えて ベトナムなど5ヵ国語のレクチャーDVD制作  河北新報
10月14日 <光のページェント>SOS!資金難で6日短縮 実行委「短くするか電球を減らすか苦渋の選択」  河北新報
10月14日 <どうする登米の医療>(中)医師の苦悩 昼夜問わぬ勤務限界  河北新報

10月13日 「新しい東北」の創生決議 郡山で東北経営者大会  福島民報
10月13日 <秋の味覚>収穫ピーク 大粒のナシ輝く  河北新報
10月13日 <どうする登米の医療>(上)診療所休診 患者1000人超、他病院へ  河北新報
10月13日 <杜の都のチャレン人>困窮する家庭の子ども 肯定し頑張る力養う  河北新報

10月12日 防災ラジオと連動、テレビや照明起動 岩手大生が開発 早期避難へ実用化目指す  河北新報
10月12日 常磐線の新駅は「Jヴィレッジ駅」JR東が発表 「復興のシンボルに」  河北新報
10月12日 <小動物と暮らす>チンチラ編(1)湿度の高い環境苦手  河北新報

10月11日 <ふるさと納税>宮城・南三陸町、返礼見直し 寄付額の3割以下に  河北新報
10月11日 <東日本大震災 復興人>命守る防災の種まく 亡き娘との約束胸に  河北新報
10月11日 痩せたウニ、養殖し商品化 付加価値高め海外輸出へ 岩手・洋野に新会社  河北新報

10月10日 紅葉のブナ林散策 福島・土湯峠、絶景ハイキング  福島民友
10月10日 迫力!ライブペイント 二本松で小松美羽さん個展、50点展示  福島民友
10月10日 <家庭ごみ>震災以降住宅再建や転居で右肩上がり…南三陸町が有料化検討  河北新報
10月10日 <震災7年7ヵ月>福島から原発事故で北海道移住 2度目の被災、それでも奮闘  河北新報
10月10日 <JR東日本>鉄路の安全、心に刻む 研修用「事故の歴史展示館」拡充  河北新報
10月10日 <三陸塩竈ひがしもの>鮮度ヨシ、色ヨシ、脂ヨシ!極上マグロ、仙台市中央卸売市場で試食会  河北新報

10月9日 白石で「夏の陣」激突 鬼小十郎まつり 河北新報
10月9日 リアル野球盤が地域をつなぐ 福祉事業所×町内会×学生 世代を超え全力プレー 仙台・南中山  河北新報
10月9日 和牛繁殖を遠隔管理 飯舘でICT使い実証実験、スマホで効率化  福島民友

10月8日 見えない所に魅力あり 気仙沼洞窟探索を住民ら体験  河北新報
10月8日 漁業の魅力、まず体験 青森県が担い手確保に向け新事業  河北新報
10月8日 起業・創業を強力に支援 富谷・黒川地域で商工会プロジェクト始動  河北新報
10月8日 <北海道地震>支援通じ防災力強化 若手県職員も被災地派遣、先輩のノウハウ学ぶ場に  河北新報
10月8日 海を見ながら「はらこめし」 宮城・亘理の水産まつりにぎわう  河北新報

10月7日 じっと待つ!土湯温泉で「エビ釣り」没頭 熱水利用しエビ養殖  福島民友
10月7日 絵画など関連資料展示 二本松で戊辰150年企画展  福島民報
10月7日 <奥羽の義 戊辰150年>(22)手薄突き新政府軍 一気に  河北新報
10月7日 <インバウンド>東北に導け 来月松島で「全国善意通訳の集い」  河北新報
10月7日 和服で明治の街巡り 「とよま町中ミュージアム」始まる  河北新報

10月6日 会津の夜は はしご酒を 観光団体が企画  河北新報
10月6日 復興への道 出発進行 大船渡出身・伊藤さん、三陸鉄道運転士に  河北新報
10月6日 渡辺復興相、岩手・宮城知事と会談 現場主義の徹底を強調  河北新報
10月6日 <北海道地震1ヵ月>札幌の液状化、復旧見通せず 宮城の造成地、対策を  河北新報

10月5日 「二本松の提灯祭り」開幕 7町の太鼓台、秋の城下町の夜彩る  福島民友
10月5日 安達太良山『紅葉のじゅうたん』見ごろ 赤や黄色...鮮やか彩る  福島民友
10月5日 <気仙沼・防潮堤ミス>「造り直し」議論先送り 住民団体が対応協議 責任明確化など要求へ  河北新報
10月5日 震災で行方不明、瀬尾さん家族提供のタイヤ遊具…感謝の思い劇に 大船渡・越喜来小5年生「事実語り継ぐ」  河北新報
10月5日 スマホで認知症患者見守り むつ市が「ミマモリオ」東北初導入へ タグ身に着けアプリで位置情報把握  河北新報

10月4日 観光分野で地域振興を 東経連郡山でフォーラム  福島民報
10月4日<東日本大震災>東松島市、応援職員に実践研修 初動対応やがれき処理…教訓を広く伝承へ  河北新報
10月4日 女川を日本酒で盛り上げよう 全国各地の100種類飲み比べ 6、7日開催  河北新報
10月4日 空き家を民泊に活用 仙台初、不動産会社が2物件開業 自ら運営しノウハウ蓄積へ  河北新報

10月3日 <ラムサール条約>志津川湾の豊かな自然「復興の象徴」 地元関係者期待高まる  河北新報
10月3日 <内閣改造>東北の3閣僚退任 復興、防災の要職こなす  河北新報
10月3日 <女川原発>再稼働是非問う住民投票条例の署名開始  河北新報

10月2日 <台風24号>落果、倒木相次ぐ 建物被害、休校も多数  河北新報
10月2日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>知事一問一答 造り直し「提示良くなかった」  河北新報
10月2日 <防潮堤施工ミス>宮城知事謝罪 気仙沼訪問 工事再開理解求める  河北新報

10月1日 サルナシつなぐ全国の輪 玉川で「サミット」にぎわう  福島民報
10月1日 学習支援1年 生徒感謝 広野・ふたば未来学園高  河北新報
10月1日 希望の丘 駆け抜けよう 岩沼市がレンタサイクル事業開始 「フリーパワー」も導入  河北新報
10月1日 海の恵みに舌鼓 サンマ熱々 長蛇の列 女川  河北新報

2018年【9月分】
9月30日 <あなたに伝えたい>高台の新居 近くで見守って  河北新報
9月30日 <福島知事選 課題の現場>避難者の困窮 深刻、ストレスで浪費 賠償金使い果たした例も  河北新報
9月30日 <東日本大震災>庁舎再建 復興の節目 宮城・女川町と宮古市、今秋開庁 地域再生へ弾み  河北新報
9月30日 <地デジ>東北山間部 住民共同建築の設備が老朽化 国の支援なく費用負担に悲鳴  河北新報

9月29日 <太陽光>東北電管内の発電比率 一時50%超  河北新報
9月29日 <岩手・宮城内陸地震10年>被災で休業の佐藤旅館 秘湯再開へ一歩ずつ  河北新報
9月29日 「森のイスキア」主宰 故佐藤初女さんの歩みに光 弘前で展示会  河北新報
9月29日 <18年水稲>東北の作付面積 主食用「目安」上回る  河北新報

9月28日 「巣蜜」を小泉元首相が称賛! 二本松の渡辺養蜂場  福島民報
9月28日 <福島・飯舘村>村外の仮設を災害公営住宅に再利用「時間短縮、帰還に有効」  河北新報
9月28日 <南三陸米>甘みと香り上々 気仙沼で新米出発式  河北新報
9月28日 <むすび塾>宮城・富谷の児童、備えの要点を体感 被災状況聞き教訓学ぶ  河北新報
9月28日 <小中校エアコン>気仙沼市は設置せず「仙台より気温低い」 やませで度々冷夏も  河北新報

9月27日 仮設店舗・とよマルシェ9月末で営業終了 人口戻らず復興岐路に  福島民友
9月27日 健康経営35事業所認定 県が新制度  福島民報
9月27日 <原発事故避難者集団訴訟>福島地裁裁判官ら、浪江・津島地区で現地検証  河北新報
9月27日 <女川原発1号機廃炉検討>自治体反応さまざま 石巻「歓迎」宮城・女川は静観  河北新報
9月27日 <女川原発1号機廃炉検討>2号機再稼働 理解狙う  河北新報
9月27日 <女川原発1号機廃炉検討>運転35年目迎え、延長経費など考慮し判断  河北新報

9月26日 陸前高田「津波伝承館」具体像見えず 開館まで1年弱も展示・運営未定  河北新報
9月26日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>県と住民の溝埋まらず 議論平行線、対立深まる  河北新報
9月26日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>住民「知事あまりに乱暴」高さ不変に猛反発  河北新報
9月26日 <金農パンケーキ>ローソン、販売エリアを東北6県に拡大  河北新報
9月26日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>知事、造り直しに応じず 安全確保を重視  河北新報

9月25日 「伝説のライダー」登場 二本松で復興支援・福島モトフェス  福島民友
9月25日 <被災地 最後の一人まで>伴走型支援の今(下)ケース会議 再建プラン戸別に練る  河北新報
9月25日 険しい道一歩一歩 気仙沼・羽田神社で「お山がけ」  河北新報
9月25日 3.11を希望語る日に 若者の思い、動画で発信へ  河北新報

9月24日 歌手・泉谷しげるさんら1300人『圧倒』 騎馬武者ロックフェス  福島民友
9月24日 二人の八重「笑顔」 会津藩公行列 綾瀬さん、鈴木さん参加  福島民報
9月24日 <気仙沼ストリートライブフェス>港町のロック 再生の響き  河北新報
9月24日 <被災地 最後の一人まで>伴走型支援の今(中)カルテ 窮状データ共有し連携 河北新報
9月24日 <被災地 最後の一人まで>伴走型支援の今(上)生活再建支援員継続訪問 課題引き出す 河北新報
9月24日 「バルーングロー」希望がふわり 閖上で復興支援プロジェクト 河北新報

9月23日 綾瀬はるかさん「八重の桜は宝物」 戊辰150年式典・トークショー 福島民報
9月23日 いわき 大漁旗コンペ作品並ぶ 国際環境芸術祭が開幕 福島民報
9月23日 アユ香ばしく笑顔膨らむ 山形・白鷹で祭り始まる 河北新報
9月23日 <奥羽の義 戊辰150年>(20)要衝失い仙台藩崖っぷち 河北新報
9月23日 <戊辰戦争150年>悼む心に敵味方なし 鶴ヶ城近くで慰霊の集い 河北新報
9月23日 <戊辰戦争150年>先人顕彰、平和を次代へ 会津若松市、6項目の記念宣言 河北新報

9月22日 樺細工 新商品に活路 第1弾ブローチ タイルも 低落傾向に危機感 河北新報
9月22日 <気仙沼・防潮堤ミス>かさ上げ工事開始 気仙沼市、背後地に土搬入 河北新報
9月22日 停電OK「消えない信号機」 整備率、宮城が全国一 震災教訓着々整備 河北新報

9月21日 綾瀬はるかさんらトークショー 会津若松・戊辰150周年記念式典 福島民友
9月21日 東京“よい仕事おこし”フェア 西日本豪雨災害復興チャリティー 福島民報
9月21日 希望のカヌー楢葉で進水 秋田に避難した福島の被災者が製作 河北新報
9月21日 <戊辰戦争150年>会津藩の抗戦振り返る 鶴ケ城の博物館で企画展 河北新報
9月21日 生カキ出荷29日解禁 県漁協 河北新報
9月21日 色とりどり秋の花畑 加美・やくらいガーデン 河北新報

9月20日 福島県全域230企画 ふくしま秋・冬観光キャンペーン 福島民報
9月20日 21日に健康経営セミナー コラッセふくしま 福島民報
9月20日 “仕事おこし”英知結集 20日まで東京でフェア 福島民報
9月20日 映画「願いと揺らぎ」白石で22日に上映会 南三陸・被災漁村の再生追う 河北新報
9月20日 津波被災の島に初の野菜生産者グループ 「鹽とうがらし」特産に 宮城・塩釜 河北新報
9月20日 <週刊せんだい>里親家庭健やかな育ちの場(3)巣立ち 応援する社会に 河北新報
9月20日 歌と踊り「希望」発信 気仙沼・うを座20周年公演 河北新報

9月19日 福島県内地価、いわき市が首位外れる 被災者の移転需要減 福島民友
9月19日 福島・広野町が「みなし居住率」公表 現在147%、廃炉・復興で滞在者増 河北新報
9月19日 TSUNAMIの猛威 胸に刻む クルーズ船乗客、「語り部バス」で南三陸を見学 河北新報
9月19日 <女川原発>再稼働の是非「県民投票で」市民団体、条例制定目指し署名集めへ 河北新報
9月19日 <住民投票直接請求>可決の壁高く 原発事故後全国で6回、全て否決 河北新報

9月18日 米沢・ホットな交流スタジオでカフェ開業へ腕試し 安さ手軽さ、女性に人気 河北新報
9月18日 西田敏行さんに福島県民栄誉賞 農産物、風評払拭に尽力 河北新報
9月18日 「宮城県ゆずり葉の会」心支え30年 介護者高齢化で「家族亡き後」課題 河北新報
9月18日 <恋する灯台>石巻・大須埼、宮城県内初の認定 震災乗り越える姿評価 河北新報

9月17日 被災からの再生、7度目の収穫 マスクメロン甘さ十分 岩沼で収穫始まる 河北新報
9月17日 多賀城のマンホールカード人気 穴が観光の穴場に 河北新報
9月17日 <ツール・ド・東北>歌津のエイドステーションがデビュー「来年も来てけらいん!」 河北新報

9月16日 <震災7年半>検証・復興関連予算(5完)創造の理念/緩む財政 かすむ針路 河北新報
9月16日 <ツール・ド・東北>きょう、最長210キロ「気仙沼フォンド」などに3500人が参加 河北新報
9月16日 <ツール・ド・東北>応援熱く縁をつなぐ 石巻専修大で食やトークなど催し多彩 河北新報
9月16日 <ツール・ド・東北>仙台発コース、自転車積み込み松島湾遊覧 被災地の今を実感 河北新報

9月15日 <東日本大震災 復興人>妻子と帰村 酪農再開 牛引く手に迷いなし 河北新報
9月15日 <震災7年半>検証・復興関連予算(4)遅れる計画/調整が難航 影響連鎖 河北新報
9月15日 <ツール・ド・東北>きょう開幕 2日間で約4000人が出場 河北新報

9月14日 21日福島「健康経営セミナー」 福島民報
9月14日 「三陸塩竈ひがしもの」全国へ 塩釜で初出荷 河北新報
9月14日 東北のサンマ 水揚げぱたり きょう以降の入港に期待 河北新報
9月14日 <北海道地震>亘理から移住のイチゴ農家 疲れ出る時期焦らずに 河北新報

9月13日 <戊辰戦争150年>会津藩の思いに心寄せ 福島県立博物館、史料200点展示 河北新報
9月13日 鮮やか「飛来一閑張」京都の家元と原発避難女性、仙台で作品展 河北新報
9月13日 <いちおし土産>形はたい焼き、味お好み焼き メリケンコ本舗(仙台市太白区)のどんどん焼 河北新報

9月12日 経済活性化へ森林整備 三島町「木の駅事業」、間伐材提供に商品券 福島民友
9月12日 <震災7年半>私の復興・幸せのかたち その後(下) 河北新報
9月12日 <震災7年半>震災語り継ぐ努力実感 復興推進委が石巻、南三陸を視察 河北新報
9月12日 <震災7年半>災害公営住宅の入居者、6割に睡眠障害の疑い 河北新報
9月12日 <北海道地震>ブラックアウト東北は? 東北電「震災時のような停電は起こりにくい」 河北新報

9月11日 福島・楢葉のホテル計画が頓挫 事業会社破産町、新たに誘致へ 河北新報
9月11日 <震災7年半>被災跡地をハーブの庭に 神社周辺に来春植栽 河北新報
9月11日 <東日本大震災>宮城の水産加工品、カジノに売り込め 米企業と商談会 河北新報
9月11日 <震災7年半>途切れた橋 つながる橋 気仙沼 河北新報

9月10日 <北海道地震>石巻赤十字病院のDMAT隊員帰還 河北新報
9月10日 <震災7年半>元岩手県職員 漁業女子が奮闘「浜の再生へ共に」 河北新報
9月10日 <北海道地震>段ボールベッド提供次々 震災機に発案「避難生活を改善」 河北新報

9月9日 10月から体感ツアー 浜通り中通り4ルート10コース 福島民報
9月9日 沖出しルール策定難航 作業の煩雑さと責任回避の心理がネック 河北新報
9月9日 <北海道地震>日常奪う自然の脅威、再確認 河北新報
9月9日 7年半ぶり笑顔戻る 福島・大熊の住民ら80人交流図る 河北新報

9月8日 <風力発電>青森10年連続首位 宮城除く東北5県で増、全国の3分の1占める 河北新報
9月8日 <白神山地>巨大ブナ「マザーツリー」台風21号の強風で真っ二つ 河北新報
9月8日 <ツール・ド・東北>「弱虫ペダル」東北を快走 コラボポスター、都心や仙台駅に掲示へ 河北新報
9月8日 <北海道地震>人、モノ、車両 支援満載で被災地へ 6月に就航の宮古―室蘭フェリーフル回転 河北新報

9月7日 長井の3風味をビールで 地元出身の現代アーティストら醸造 河北新報
9月7日 <汚染廃>栗駒で市民説明会 堆肥化、反対相次ぐ 河北新報
9月7日 <北海道地震>「震災支援の恩返し」宮城県内自治体 続々派遣 河北新報
9月7日 <北海道地震>支援へ 東北から続々 河北新報

9月6日 再生可能エネルギー導入30.3% 福島県指針1年前倒しで達成 福島民友
9月6日 「福島に関わり続ける」 巨大像撤去、作者のヤノベさん 福島民報
9月6日 <モニュメント問題>作者ヤノベさん「取りこぼした声聞きたい」 市民との対話望む意向 河北新報
9月6日 山元・被災の「田所食品」が観光農園開設 ブドウ狩りスタート 河北新報
9月6日 <台風21号>果樹落果相次ぐ 山形県内・ナシ農家「残念」 河北新報
9月6日 河北新報社に新聞協会賞 編集部門「止まった刻 検証・大川小事故」 河北新報

9月5日 楢葉・竜田駅前「武ちゃん食堂」再開 佐藤さん夫婦の奮闘続く 福島民友
9月5日 「慎重議論を」強まる声 トリチウム水の処分 福島民報
9月5日 <福島第1事故>肺がん初の労災認定 死亡例も初 河北新報
9月5日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>宮城県の経過公開「住民の名誉回復」気仙沼市長が評価 意思決定は別問題 河北新報
9月5日 東京の学生が見た南三陸 大正大生有志が写真展、被災地での発見や思い切り取る 河北新報

9月4日 <仙台市人口初の自然減>産業創出、若者定住に力を 問われる都市の総力戦 河北新報
9月4日 目撃じわじわ増加 イノシシ警戒 気仙沼・大島のクマに続き情報相次ぐ 市、駆除隊員を倍増 河北新報
9月4日 仙台市人口が初の自然減 17年統計、終戦直後以来 河北新報

9月3日 二本松「千輪咲」が海外へ シンガポールの人気植物園で試験展示 福島民友
9月3日 39自治体115人で最多 地域おこし協力隊員数 福島民報
9月3日 <日本一の芋煮会>「3代目鍋太郎」真夜中の行進 16日、山形でフェス 河北新報
9月3日 ひんやり塩釜 食べ歩き JR東が1冊1300円のクーポンを販売 ジェラートに日本酒も 河北新報

9月2日 大内宿に『水のアーチ』出現! かやぶき屋根の街並み守る放水 福島民友
9月2日 <あなたに伝えたい>試験に合格 前を向き頑張る 河北新報
9月2日 <震災遺構>石巻・旧門脇小保存設計案説明会 観察棟や展示一部変更 河北新報
9月2日 <汚染廃棄物>堆肥化処理で牧草保管農家にアンケート発送 宮城・栗原 河北新報
9月2日 <奥羽の義 戊辰150年>(18)新政府軍上陸堅城守れず 河北新報
9月2日 <パンダライオン>「I.N.K」制作・発信 栗原市が感謝状 河北新報

9月1日 <福島第1>トリチウム水処分 科学的説明果たさず 河北新報
9月1日 <戊辰戦争150年>東北の視点で経緯再考 福島県立博物館できょうから企画展 河北新報
9月1日 こけ玉作り 自然のインテリア楽しむ 大衡で教室 河北新報
9月1日 難民に服送ろう 富谷高生が児童と交流授業 河北新報

2018年【8月分】
8月31日 菊シンガポールへ 二本松産の「千輪咲」 福島民報
8月31日 海洋放出 反対が大勢 第一原発トリチウム水 福島民報
8月31日 <福島第1>トリチウム水、海洋放出大半が反対 福島・富岡で初の公聴会 河北新報
8月31日 <福島第1>トリチウム水公聴会に批判続出「なぜ平日に」「広く聴取を」陸上保管継続求める声も 河北新報
8月31日 <311次世代塾>第2期 第6回講座 「考える」テーマに震災のメカニズムなど解説 河北新報
8月31日 中高生のネット依存93万人 「病的」5年で倍増、女子が高率 河北新報

8月30日 <会津鉄道>貨客混載9月導入 温泉街に採れたて野菜 河北新報
8月30日 <モニュメント問題>福島市の判断、設置も撤去も「拙速」 専門家ら批判 河北新報
8月30日 富谷と名取がパン対決 特産品使い独自「食」 河北新報

8月29日 浪江駅前にカフェ まちづくりなみえ、今秋復興発信へ開設 福島民報
8月29日 秋の味覚が躍る夏 宮城・女川でサンマ初水揚げ 河北新報
8月29日 宮城と山形・女将が交流 県境越えインバウンドの誘致など協力 河北新報
8月29日 大ぶりサンマ銀の輝き 気仙沼で初水揚げ「今年は期待できる」 河北新報
8月29日 <モニュメント問題>福島市長が早期撤去の方針表明 「賛否割れ、復興の象徴としての設置継続困難」 河北新報

8月28日 <福島県>富岡、浪江、葛尾、飯舘の仮設住宅20年3月末終了へ 河北新報
8月28日 宮古市が10年ぶりハザードマップ更新 津波や豪雨浸水で見直し 河北新報
8月28日 秋 ひと足早くコスモス見頃に 河北新報
8月28日 映画「寝ても覚めても」浜口監督 公開前にロケ地・閖上を訪問 河北新報

8月27日 華麗な盆踊り披露 ゆかたコンテスト、二本松・岳温泉 福島民友
8月27日 福島再生へ創作神楽 詩人・和合亮一さんら奉納 河北新報
8月27日 閖上名物さんま祭り 大ぶりの2000匹炭火で堪能 河北新報
8月27日 <女川原発>再稼働審査大詰め 東北電、申請から4年8ヵ月 来春「合格」の可能性 河北新報
8月27日 時を超えわらじ股旅 七ケ宿の旧街道を歩く 河北新報

8月26日 岳温泉に「踊りの輪」 やぐら囲み仮装盆踊り、行く夏惜しむ 福島民友
8月26日 相馬の夢語り合う 風とロックCARAVAN福島 福島民報
8月26日 再生願い神楽奉納 福島で未来の祀り 福島民報
8月26日 静電気ビリッ 身近な鉄に興味持って 仙台市科学館で実験教室 河北新報
8月26日 <南三陸さんさん商店街>新たなモアイが仲間入り 気軽に触って、インスタ映えも 河北新報


8月25日 3日からランチバイキング 東山温泉の御宿東鳳 福島民報
8月25日 <チャイム再び 福島・富岡小中の1学期>(4完)ウエルカム/出会いの場 成長促す 河北新報
8月25日 <浜再生の道 検証・水産業復興特区>(下)針路/衰退歯止めへ模索続く 河北新報
8月25日 <地ビール全国フェス>杯重ねて広がる輪 一関・26日まで 河北新報
8月25日 <サムライ体験>道場で真剣居合術 訪日客に好評 河北新報
8月25日 新校舎 地域と歩む 気仙沼向洋高入校式 河北新報

8月24日 外国人絶賛!特別賞「至福の桃ソルベ」 おもてなしセレクション 福島民友
8月24日 外国人の視点 誘客生かす 観光協会職員に採用 河北新報
8月24日 武ちゃん食堂 本拠地で復活 駅前にぎわい再び 福島・楢葉 河北新報
8月24日 <浜再生の道 検証・水産業復興特区>(中)対立/漁業者自治の崩壊懸念 河北新報
8月24日 <南海トラフ地震への備え>地域愛持ち連携強化を 河北新報
8月24日 <金農パンケーキ>秋田限定再発売 ローソンで完売 河北新報

8月23日 福島市長「復興の象徴」 サン・チャイルド問題で理解を求める 福島民友
8月23日 福島の味アピール 東京でアグリEXPO 福島民報
8月23日 脚本家・倉本聰さん「地球の原風景だ」 富良野自然塾・裏磐梯校 福島民友
8月23日 <金農パンケーキ>再登板、ローソン秋田できょう発売 甲子園快進撃で要望相次ぐ 河北新報
8月23日 <金足農準V>機長「ひたむきな姿に感動」アナウンスで称賛 河北新報
8月23日 <金足農準V>ナインが笑顔の帰郷 ファン歓呼、偉業たたえる 河北新報

8月22日 倉本聰さん、自然の尊さ強調 福島でトークショー、現代社会に警鐘 福島民友
8月22日 <金足農準V>地域一丸、熱戦に感謝 足跡残したシンボルカラー紫の風 河北新報
8月22日 <金足農準V>東北の悲願かなわず 高校野球の原点体現 河北新報
8月22日 <金足農準V>9人の絆、大輪に 支え合い粘りの野球 河北新報

8月21日 【健康長寿・過信(5)】病気予防1000人健診 ビッグデータ活用 福島民友
8月21日 栗原紹介のアレンジ曲「I.N.K.」人気 地元出身のミュージシャンら動画制作、ネット再生117万回超 河北新報
8月21日 <盆踊り>被災越え仲間集う 気仙沼の集団移転団地で初開催 河北新報
8月21日 <気仙沼防潮堤ミス>かさ上げ案「理解を」 知事、協議会に見解文書 河北新報
8月21日 <福島・富岡小中の1学期>複式学級指導手探り 河北新報
8月21日 <モニュメント問題>「線量000」に意見40件 福島市が展示施設アンケート開始 河北新報

8月20日 「二本松の菊人形」伝統継承へ 霞ケ城公園で『菊着け体験』 河北新報
8月20日 <気仙沼←→宮崎 カツオ漁と震災支援がご縁、食と産業の交流深まる 河北新報
8月20日 <「いのぐ」プロジェクト>「被災地に学べ」高知と宮城、交流継続 大川小視察や語り部招待 河北新報
8月20日 奥松島オルレと再興歩む 東松島宮戸島ガイド・木島さん、被災後たった1軒残った自宅でコース開設待つ 河北新報

8月19日 楢葉で「きぼうの桜サミット」 福島民報
8月19日 <秋田・羽後 西馬音内盆踊り>妖艶に 編みがさ目深 優美な舞い 河北新報
8月19日 <あなたに伝えたい>同じ畜産の仕事挑戦したい 河北新報
8月19日 <再訪Miyagi1951>(3)旧野蒜駅前(東松島)海水浴客渡ったつり橋 河北新報
8月19日 仙台・荒浜で8年ぶり 宵の灯籠 思い出ともす 河北新報

8月18日 ブナ林の恵み未来へ 10月に「全国フォーラム」 只見 福島民報
8月18日 県内移住 最多194世帯 2017年度県調査 福島民報
8月18日 災害時EVを電源に カーシェア協会と石巻市が協定 河北新報
8月18日 <FDA>「銀河のしずく」岩手収穫ツアー 名古屋発着で募集 河北新報
8月18日 港の小旗にサンマ大漁を誓う 気仙沼から一斉に出港 河北新報

8月17日 燃え盛るたいまつに誓う 福島・富岡で8年ぶり「麓山の火祭り」 河北新報
8月17日 <戊辰戦争150年>会津まつり・藩公行列に綾瀬はるかさん5年連続、鈴木梨央さんも初参加 河北新報
8月17日 Q「女川 これからも住みたい」中学生9割YES 復興通じ、郷土愛育つ 河北新報
8月17日 1人暮らしの高齢者と世代間交流 宮城・美里の児童ら「暮らしの手伝い隊」に任命 河北新報
8月17日 人のため「さすがヒーロー」2歳児救助の尾畠さん、東日本大震災後も宮城・南三陸で支援に尽力 河北新報

8月16日 <涼を求めて>材木岩氷室 冷気導く先人の知恵(白石) 河北新報
8月16日 <縮む浜>三陸・大船渡から(下)定置網の不振/サケ漁獲減 経営に打撃 河北新報
8月16日 <火薬工場の学徒たち>柴田・船岡の記憶(下)迎えた終戦/放心 絶望 交錯した感情 河北新報
8月16日 小惑星探査用ロボット落下 地上軟着陸に成功 南相馬で宇宙エレベーター実験 河北新報

8月15日 南三陸の自然アートで表現 「町民憲章」題材 住民団体が作品募集 河北新報
8月15日 盆踊り歌津つなぐ 宮城・南三陸「ハマーレ」で初開催 河北新報
8月15日 <受動喫煙対策>屋外喫煙所も見直し次々 改正健康増進法成立 河北新報
8月15日 古里を伝えるよすがに 福島・双葉帰還困難区域の神社再建 氏子ら8年ぶり例大祭 町復興へ誓い新たに 河北新報

8月14日 棚倉町民が避難計画 県支援第1弾要点学び策定着手 福島民報
8月14日 <海水浴場>東北、猛暑でも冷え冷え 河北新報
8月14日 <災禍を超えて>戦後73年目の夏(上)非核化実現 願いは一つ/星埜惇さん(90)福島市 河北新報
8月14日 <火薬工場の学徒たち>柴田・船岡の記憶(上)勤労の日々/貴重な青春、無為に消費 河北新報
8月14日 <東日本大震災>亡き人しのび祈り深く静かに 8度目盆の入り 河北新報

8月13日 <仙台いやすこ歩き>(85)きんつば/3日かけ作る庶民の味 河北新報
8月13日 <夏休み 記者の自由研究>20年間で一番借りられた本は?/「ゾロリ」ダントツ人気 河北新報
8月13日 震災8度目の盆 大切な人今でも思う「何年たっても涙が出てくる」 河北新報

8月12日 までい館1周年祝う 飯舘でにぎわい夏祭り 福島民報
8月12日 <三陸海の盆>復興願い沿岸部の郷土芸能競演 河北新報
8月12日 <東北の本棚>現代の起点を読み解く 河北新報
8月12日 <東北の本棚>さまざまな生命が躍動 河北新報
8月12日 <東日本大震災>被災寺院、再建への苦悩(下)遠のく町民 揺らぐ縁  河北新報

8月11日 <災害公営住宅>「持病ある」初の6割超 17年度入居者調査  河北新報
8月11日 <汚染廃試験焼却>予算執行差し止めを 大崎の反対住民が監査請求  河北新報
8月11日 「遺跡の発掘費用払って」宮城県山元町が建設会社を提訴 調査費3550万円負担折り合わず  河北新報

8月10日 夏休み寺子屋で死生観学ぶ 栗原  河北新報
8月10日 <夏休み 記者の自由研究>天文台 ドームの中は?/気流に敏感 巨大望遠鏡  河北新報
8月10日 夜の灯籠流し8年ぶり復活 仙台・荒浜で18日開催  河北新報
8月10日 新校舎に地域交流の場 生徒がカフェ運営 住民と課題解決へ  河北新報

8月9日 岩木山保護地区で許可得ずに伐採 弘前市  河北新報
8月9日 大正期の建物を再生 福島・閉店の老舗そば屋、雰囲気残し美容室に  河北新報
8月9日 ミズダコ籠漁、不漁 南三陸・漁獲量は昨年の3割 海水温上昇原因か  河北新報
8月9日 <秋田木工>曲げ木家具、若い力続々 販路が安定 着実に技受け継ぐ  河北新報

8月8日 福島産モモ「あかつき」がサイダーに 「特産三ツ矢」仲間入り  河北新報
8月8日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>県のかさ上げ案を拒否 住民団体、造り直し要望  河北新報
8月8日 <仙台七夕まつり>飾り 秋風に揺れ きょう最終日  河北新報
8月8日 ヒロシマの記憶を次代へ 被爆3世・久保田さんら有志が仙台で企画展  河北新報

8月7日 <検証・在宅被災者>生活再建 支援拡充を  河北新報
8月7日 <在宅被災者>今秋、国が初の調査 支援制度の在り方探る  河北新報
8月7日 <仙台七夕まつり>平成最後の開催 地域のシンボル永遠に 飾り製作老舗6代目鳴海さん「祭りは心の支え」  河北新報

8月6日 熱気球の搭乗体験を実施 リステル猪苗代  福島民報
8月6日 <ニュース深掘り>西日本豪雨での職員派遣 災害対策検証の契機に  河北新報
8月6日 <NPOの杜>元気な森に再生  河北新報
8月6日 <北の恋人岬>カップルの聖地復活「再び語らいの場に」南三陸町民ら整備  河北新報
8月6日 復興へ「自然と共存の道提示を」石巻でフォーラム 沿岸部の土地利用議論  河北新報

8月5日 <わたしの道しるべ>文化や伝統魅力伝える  河北新報
8月5日 <松島湾>アマモの藻場取り戻そう 砂団子投入、海底環境改善促す  河北新報
8月5日 <リボーンアート>野生の鹿調理し命に感謝 プレイベント開幕  河北新報
8月5日 BEAMS×福島県 地場産品をおしゃれに発信 バイヤーの助言が新風  河北新報

8月4日 <除染土再利用 原発被災地の行方>(下)帰還を切望 苦渋の決断  河北新報
8月4日 揺れる 黄金の実り 「秋田竿燈まつり」開幕  河北新報
8月4日 水素エネ供給 富谷で実証事業始動 家庭向け全国初  河北新報

8月3日 <フラガール>新人11人、待望のデビュー いわき・ハワイアンズ  河北新報
8月3日 <リボーンアート>地元食材のレストランなどオープン プレイベントあす開幕  河北新報
8月3日 <大槌町旧庁舎解体>保存派団体、提訴へ 「諦めずに対話進める」  河北新報
8月3日 <除染土再利用 原発被災地の行方>(中)風評懸念受け計画頓挫  河北新報

8月2日 18日、若者未来サミット 郡山で箭内道彦さんと意見交換  福島民報
8月2日 猛暑しのぐ祭りの熱気 盛岡さんさ踊り開幕  河北新報
8月2日 <水産特区>宮城県が適用見送り 漁業権申請、合同会社のみ  河北新報
8月2日 <除染土再利用>(上)消えない仮置き場(南相馬) 進まぬ搬出、戻らぬ生活  河北新報

8月1日 8年ぶりに遊泳一部解禁 仙台・深沼海水浴場に歓声 河北新報
8月1日 <石巻川開き祭り>孫兵衛船62チーム 勝利へ全力 河北新報
8月1日 震災で亡くした息子思い成長見守る 岩手の男性、熊本地震で被災の少年と交流続く 河北新報

2018年【7月分】
7月31日 ならはCANvas開館 住民交流深める場に 福島民報
7月31日 <鳴子温泉>再生へ住民結束 客足ピーク時から半減 有志20人打開策探る 河北新報
7月31日 <相馬野馬追>荒馬捕まえ奉納 最後を飾る「野馬懸」で閉幕 河北新報
7月31日 <西田敏行さん>県民栄誉賞 福島県、9月17日授与 郡山出身、笑顔で県民を元気に 河北新報
7月31日 <リボーンアート・フェス>芸術家 地域にどっぷり プレイベントへ大阪のユニット奮闘、祭りと連携も模索 河北新報

7月30日 港<アングル宮城>富谷市役所屋上で養蜂 官民協働甘い結晶 河北新報
7月30日 港の社交場、希望照らす 南三陸に震災後初のスナック開店「夢の続きが始まった」 河北新報
7月30日 「昼ご飯作れたよ!」 宮城・利府の児童ら働く母親応援 河北新報

7月29日 「Jヴィレッジ」7年4カ月ぶり営業再開 サッカー聖地『第2章』  福島民友
7月29日 二本松少年隊の志顕彰 城フェスタ同時開催  福島民報
7月29日 「稼げる農業」女性が実践 大館の直売所好調、売り上げ年2億円超「社会とつながる貴重な場に」  河北新報
7月29日 Hey!Say!JUMP初の宮城沿岸部訪問なのに…厳重警戒にがっかり 祭り撮影禁止、触れ合いわずか  河北新報
7月29日 <相馬野馬追>浪江で8年ぶり武者行列 旧相馬中村藩の5つの「郷」全てから出陣  河北新報
7月29日 「みんな食堂」食を通して住民交流の場に 南三陸社協、幅広い世代の参加呼び掛け  河北新報

7月28日 だだちゃ豆の夏到来 鶴岡で収穫本格化  河北新報
7月28日 <松島白菜>大きく育て「学びの種」栽培希望者へ配布「宮城の食文化再発見を」  河北新報
7月28日 宮城の若手生産者ら仙台駅東口で土曜市場 顔見える有機野菜を  河北新報

7月27日 「相馬野馬追」28日開幕 浪江で騎馬武者行列...8年ぶり再開へ  福島民友
7月27日 <相馬野馬追>浪江に本陣 いざ出陣 神旗争奪戦も復活「伝統絶やせない」  河北新報
7月27日 <相馬野馬追>勇壮な戦国絵巻 あす開幕  河北新報
7月27日 海の恵み実感 南三陸の小学生、定置網漁を体験  河北新報

7月26日 田部井淳子さんの遺志背に「富士登山」 東北の高校生96人登頂  福島民友
7月26日 <復興を生きる>新天地に再生の旋律  河北新報
7月26日 <献上モモ>今年も甘く、美しく 福島・桑折産25年連続で皇室へ  河北新報
7月26日 <いちおし土産>香りや風味 熟成の品 はちみつ屋(多賀城市)の日本蜜蜂の蜂蜜  河北新報
7月26日 <西日本豪雨>クラフトビール飲んで被災地応援!仙台で今晩イベント  河北新報

7月25日 朝河博士の足跡巡ろう 10日「バスツアー」、参加募集  福島民報
7月25日 「天神原湿原」再生へ 福島・楢葉町、環境教育の場目指す  河北新報
7月25日 <西日本豪雨>震災の恩返しに汗 松島町職員岡山・倉敷に派遣  河北新報
7月25日 タイ高校生らが日本の防災を学ぶ 災地視察し母国のために役立てる  河北新報
7月25日 宮城・山元の集団移転地でWS始まる 将来像を話し合う「地域の課題は地域で解決」  河北新報

7月24日 <田島祇園祭>花嫁優雅に七行器行列 福島・南会津  河北新報
7月24日 大崎市とシルバー人材センターが空き家適正管理へ協定  河北新報
7月24日 盛岡農高生が白石食品とスイカパンを共同開発  河北新報
7月24日 東北観光機構とJR北海道「東北へ教育旅行」連携  河北新報
7月24日 豪華客船が石巻に続々寄港 観光復興の弾みに  河北新報

7月23日 モモなど県産青果物東京で魅力アピール 知事ら呼び掛け  福島民報
7月23日 <とうほくドローンeye>岩手・洋野のウニ牧場/極上の環境 美味育む  河北新報
7月23日 <西日本豪雨>仙台市職員、岡山・総社市で復旧後押し 震災経験生かし罹災証明やがれき処理に尽力  河北新報
7月23日 <西日本豪雨>ごみの山、舞う砂ぼこり・・・消えた日常、先見えず 倉敷・真備町ルポ  河北新報

7月22日 波打ち際に笑い声戻る 相馬・原釜尾浜海水浴場で海開き 震災後初  河北新報
7月22日 <わたしの道しるべ>伝統の手仕事伝えたい  河北新報
7月22日 <奥羽の義 戊辰150年>(13)会津救済へ垣根越え結集  河北新報
7月22日 <あなたに伝えたい>孫の成長を空から見守って  河北新報
7月22日 馬事文化と観光は「馬が合う」!岩手県、イベントで活用しながら独自文化の継承目指す  河北新報

7月21日 晴れ舞台...『心待ち』 相馬野馬追、浪江8年ぶり「騎馬行列」  福島民友
7月21日 「ものづくり女子」漫画で魅力PR 入学者増目指し、東北職能大学校が小冊子  河北新報
7月21日 <トヨタ東日本>東北に生産集約「税収、雇用に好影響」と期待の声  河北新報
7月21日 <クマ出没>海開きなのに…島民やきもき 今度は気仙沼大島・小田の浜海水浴場付近で目撃  河北新報

7月20日 福島県産トマトでサラダなど3商品 24日からセブンでフェア  福島民友
7月20日 <セブン>帰還しても買い物便利に 福島・広野で移動販売開始  河北新報
7月20日 <東北の道しるべ>循環型経済 幸福の鍵/足元のお金や資源見直そう  河北新報
7月20日 <震災遺構>被災4県結び「伝承ロード」共通看板など設置へ  河北新報
7月20日 <ほっとタイム>和装を身近な存在に 仙台・秋保小に着物姿の司書  河北新報

7月19日 男鹿産の本ズワイガニをブランド化「舞雪がに」市など命名  河北新報
7月19日 被災から再建、陸前高田市立図書館あす1周年 開館初年入館者15万人超  河北新報
7月19日 仙台うみの杜水族館 21日から初の夜間営業  河北新報

7月18日 大阪に福島県産「日本酒」販売拠点開設 品質・おいしさを発信  福島民友
7月18日 福島空港−台湾チャーター便 旅行商品18日に販売開始  福島民報
7月18日 東北の創立70周年公立高 43校が定員割れ 入学者減で生き残り模索  河北新報
7月18日 <東北の信金決算>22信金減益 赤字も 低金利続き苦戦色濃く  河北新報
7月18日 <「美しい顔」類似表現問題>芥川賞きょう選考 避難所の女子高生主人公 異色の震災小説 東北注視  河北新報

7月17日 モモ土産にいかが 新幹線ホームで配布  福島民報
7月17日 <高校野球宮城>南三陸・平成の森球場で初の試合 志津川勝利に地元歓喜  河北新報
7月17日 文化財「庄内屋」かやぶき屋根改修 「請負代金、3分の1しか支払われていない」職人が元請け業者を提訴  河北新報

7月16日 戊辰戦争・激戦地から考える『平和』 白河で歴史家ら特別講演  福島民友
7月16日 <プルトニウムの行方>再処理の減速 不可避  河北新報
7月16日 原発事故の風化防ごう 福島で「忘れない・全国シンポ」 被災者ら地域の実情を報告  河北新報
7月16日 <台湾フィル>音楽監督らが宮城・南三陸を訪問  河北新報
7月16日 <塩釜みなと祭>前夜祭 8000発の花火、霧の中で光放つ  河北新報

7月15日 <原発ADR打ち切り>浪江町民、秋にも集団提訴 原告団の規模は数千人に  河北新報
7月15日 気仙沼の三連休はカツオ三昧 旨い!観光客らでにぎわう  河北新報
7月15日 <海開き>人の波に期待寄せ 東松島・月浜海水浴場  河北新報

7月14日 気仙沼の漁港から被災の乗用車引き揚げ  河北新報
7月14日 <魚魂祭>塩釜市魚市場で大漁と海の安全祈る  河北新報
7月14日 被災の浜、活気戻って 3県で海開き14日から本格化  河北新報

7月13日 俳優・六角精児さん、只見線と町の魅力語る 中学校を訪問  福島民友
7月13日 猪苗代で磐梯山ジオパーク協議会 15日カレーフェスタ  福島民報
7月13日 <気仙沼かつおの日>本場の味堪能して!14日から祭り開催  河北新報
7月13日 <西日本豪雨>石巻・カーシェア協会 貸し出し車両6台、岡山・倉敷に向け出発  河北新報
7月13日 <西日本豪雨>愛媛・宇和島に派遣の仙台市職員 現地の状況を郡市長に報告  河北新報
7月13日 <聖火リレー>福島から20年3月26日出発 復興を世界に発信  河北新報

7月12日 <福島県>TOKIOと新CM再発信 内堀知事「これからも一緒に歩みたい」  河北新報
7月12日 <高校野球>南三陸 平成の森しおかぜ球場 県大会初開催  河北新報
7月12日 復興拠点の除染着手 夜ノ森駅周辺の作業を環境省公開  河北新報
7月12日 <水曜日郵便局>見知らぬあなたへ…心のやりとり3000通 日常、震災への思いなど多彩、目標は5000通  河北新報

7月11日 奥の松吟醸酒世界一 品評会「IWC」日本酒部門  福島民報
7月11日 <マルカネ>「さばとば」商品化成功 うま味凝縮、柔らか 常温保存でお土産に最適  河北新報
7月11日 <私の復興>本で生活に楽しみを  河北新報
7月11日 <震災7年4カ月>宮城の県外避難者、5割が避難先定住を決断 7年経過、生活基盤整う  河北新報

7月10日 9月に東京保養ツアー 県生協連11日から参加募集  福島民報
7月10日 <西日本豪雨>軽自動車の寄付を募集 石巻・カーシェア協会  河北新報
7月10日 <震災遺構>旧門脇小校舎、左右対称で保存へ  河北新報
7月10日 仙台空襲から73年 青年教師が惨状つづった日記とスケッチ発見  河北新報

7月9日 そば食べ放題好評! 喜多方・伝承館でイベント、9月19日まで  福島民友
7月9日 「効率的なヒマワリ栽培へデータ収集 NPOとNTT東が連携  福島民友
7月9日 「子ども像」福島市に寄贈、8月設置 現代美術家ヤノベケンジさん  福島民友

7月8日 <あなたに伝えたい>私はお父さんがずっと一番  河北新報
7月8日 七夕地区で特別な七夕 宮城・丸森でツアー願い事奉納  河北新報
7月8日 先端技術で人口減の解決探る 秋田大が来月から講座  河北新報
7月8日 <W杯サッカー>「みんなの応援、力に」 長友選手が仙台の被災地訪問  河北新報

7月7日 福島・荒川が8年連続『日本一』 水質が最も良好な河川に選出  福島民友
7月7日 <森の中の匠たち>秋保工芸の里30年(下)継ぐ/若い職人 呼び込む手も  河北新報
7月7日 <大川小訴訟>安全確保義務の解釈焦点に 石巻市と宮城県、上告理由書提出  河北新報
7月7日 「森は海の恋人」運動30年 畠山重篤さんに聞く(下)生がき味わえる環境/人間の営み輪の中に  河北新報
7月7日 <RE:プロジェクト通信>復興へ沿岸の生活追憶 フリーペーパーが記録集に 12地区の声や歴史紹介  河北新報

7月6日 「森は海の恋人」運動30年 畠山重篤さんに聞く(上) 津波からの早期回復/活動の正しさ再認識  河北新報
7月6日 ハチと花の相性 カードゲームに 生物の多様性 楽しく学ぶ  河北新報
7月6日 <仙台七夕>心の復興へ 避難者グループが古布で吹き流し制作  河北新報
7月6日 <森の中の匠たち>秋保工芸の里30年(中)結ぶ/多様な作家 観光に厚み  河北新報
7月6日 <石巻・災害公営住宅>15〜64歳 無職24% 体調不良2割超が訴え  河北新報

7月5日 <いちおし土産>喉越し良く涼感誘う 栗駒の里パン工房おふくろさん(栗原市)の米粉めん  河北新報
7月5日 農業女子のハート キャッチへ 岩手県、農機具の小型軽量化に挑戦  河北新報
7月5日 <広瀬川灯ろう流し>資金難で開催の危機 頼みの綱CF苦戦 実行委「伝統継承 協力を」  河北新報

7月4日 海の家8年ぶり設置、21日に海開き 相馬の原釜尾浜海水浴場   福島民報
7月4日 「町のこし」に懸けた信念の人 別れ惜しむ声 馬場浪江町長葬儀に1500人 南相馬  河北新報
7月4日 パック詰め用充填機メーカー「ナオミ」 仙台に営業所開設 東北への売り込み強化、製造の自動化支援  河北新報
7月4日 <エネルギー基本計画>再生エネ「主力電源化」 基本計画原発維持は変えず  河北新報

7月3日 タンポポのドリンク商品開発 道の駅ひらた、薬膳カレーも提供へ  福島民友
7月3日 <岩手・大槌旧庁舎>住民団体、解体差し止め仮処分申請を取り下げ 石綿調査による休止で  河北新報
7月3日 <高卒予定者求人票公開>東芝メモリ大量採用へ 北上空前の売り手市場 岩手全域や隣県にも波及  河北新報
7月3日 福島第1原発・2号機燃料取り出しへ調査開始 作業床にロボ2台投入  河北新報

7月2日 女優・竹下景子さんと地球体感 富良野自然塾裏磐梯校プレイベント  福島民友
7月2日 由利本荘に「木のおもちゃ美術館」オープン 廃校舎活用、内装に県産材  河北新報
7月2日 <この人このまち>外国人視点で魅力発信  河北新報
7月2日 南三陸・志津川にBRT新駅開業 利便性向上に期待  河北新報
7月2日 <東北ドローンアイ>気仙沼・気仙沼湾横断橋/巨大石柱再生への礎  河北新報
7月2日 インフラ観光 広がる東北 ダムや橋、道路…「現場」の迫力 ツアー参加者1万人超  河北新報

7月1日 仕事や収入 不安3割 県初実施の県内移住者調査  福島民報
7月1日 住民運営の交流カフェ 富谷・ひより台にオープン  河北新報
7月1日 雑木林伐採で土砂崩れの懸念 保水力低下を周辺住民不安視 地権者は対策工事「安全」 仙台・八幡  河北新報
7月1日 これなら登れる?標高3メートルの登頂証明書 「日本最低峰」に来て  河北新報

2018年【6月分】
6月30日 カキ養殖用パイプ 豆管被災地つなぐ 映画が縁、仙台・荒浜から南三陸・波伝谷へ贈呈  河北新報
6月30日 「空き家バンク」活用し定住人口増へ 被災の岩手・沿岸市町村、情報発信強化 放置物件仲介目指す  河北新報
6月30日 <金のさんま>ファン拡大を 津波で被災気仙沼「斉吉商店」、来月日本橋三越に常設店舗  河北新報
6月30日 <旧門脇小保存>擦れ違う思い 住民いら立つ 石巻市側の説明変遷 長期化に徒労感  河北新報

6月29日 都営地下鉄駅の「福島産直市」人気 地酒や野菜、銘菓など並ぶ  福島民友
6月29日 塩釜復興 新たな拠点に 海岸通再開発事業が着工  河北新報
6月29日 山元町沿岸部・農地整備 大区画化で営農再開  河北新報
6月29日 <岩手・田野畑村>津波で全壊した海水浴場が復活 来月26日から開設  河北新報

6月28日 「戊辰ハイボール」提供 若松と喜多方のバー10店  福島民報
6月28日 <宮城産ホタテ>水揚げ再開 5海域、基準緩和後初めて  河北新報
6月28日 男鹿観光、誘客策続々 道の駅開館・シャトルバス・自然体験ツアー 地域一体のアピール不可欠  河北新報
6月28日 <除染土>二本松の道路造成での利用、再検討へ 風評被害を懸念  河北新報
6月28日 <浪江町長死去>巨大権力への怒りを再生の原動力に 妥協許さず  河北新報

6月27日 出会い、交流の場に 福島・楢葉に公設商業施設「笑店街」オープン  河北新報
6月27日 仙台沿岸部 思い出つなぐ 震災前の資料、市民団体が保存活動「写真、映像提供を」  河北新報
6月27日 水産加工 若手が奮起 名取・閖上地区盛り上げへ新組織 9月の「しらす祭り」準備へ  河北新報
6月27日 <大川小>原告遺族 事前の備え訴え 宮城県議有志と意見交換  河北新報

6月26日 川俣の情報発信支援 福島相双復興推進機構 取り組み開始   福島民報
6月26日 <宮城県沖地震40年>仙台卸商センター 震災など契機 建て替え少数  河北新報
6月26日 藍を福島・大玉の特産に 染め場とカフェ開設へ  河北新報
6月26日 <インバウンド>受け入れ新兵器 多言語タブレット開発 仙台・日東通信  河北新報

6月25日 「雄大な自然の中で結婚を」 鮫川で夢実現!清水さん夫妻祝う  福島民友
6月25日 <この人このまち>親しまれる運転士目標  河北新報
6月25日 羽後本荘駅で「木のおもちゃ列車」出発式 香り、ぬくもり車内包む  河北新報
6月25日 <いしのまき復興マラソン>三重・鈴鹿市体協、3大会連続出場 支援から継承へ 深まる絆  河北新報

6月24日 日本神話!草木まとって「山の神」 大山祇神社でアートに表現  福島民友
6月24日 安達太良山で清掃に汗 福島トヨタプリウス購入者  福島民報
6月24日 <あなたに伝えたい>責任を全うした姿、誇らしく  河北新報
6月24日 復興の象徴 鳥居再建へ 南三陸・荒嶋神社 若者ら募金活動企画  河北新報
6月24日 自分らしさ福島で 若い世代の移住、震災前を上回る 原発風評を越えて  河北新報
6月24日 若い力 県境越え応援 仙台の学生、サクランボ収穫に続々  河北新報

6月23日 かれんウチョウラン 道の駅・村田で展示即売  河北新報
6月23日 県政だよりに羽生選手特集 1万5000部増刷 東京や大阪でも配布  河北新報
6月23日 <大槌町旧庁舎解体>当面休止 事前通知を職員が失念  河北新報

6月22日 福岡で福島県産農産物PR 復興応援フェスタ、サクランボ人気  福島民友
6月22日 広野をバナナ産地に 農業と観光再生へ  福島民報
6月22日 原発事故避難者の高速道無料化確認 来月から通行カードのみに「早く作成を」  河北新報
6月22日 津波被災の仙台「冒険広場」が7月再開 市内の全海岸公園が復旧へ  河北新報
6月22日 神戸の語り部「被災地支援のバトンを次世代へ」 あす、仙台で講演  河北新報
6月22日 <新参が挑む>EMデバイス独立1年 小綿晶彦社長インタビュー 成長加速へ人材育てる  河北新報

6月21日 <インバウンド>訪日観光をより快適に 外国語案内と送迎一体化「アトラクシー」 仙台の企業が今夏始動  河北新報
6月21日 <岩手・宮城内陸地震10年>あの日と歩む(5完)拓く 故郷に根 実らせた夢  河北新報
6月21日 岩沼・希望の丘で一石三鳥 防潮堤に「薬膳果樹園」整備 災害危険区域の土地活用 ナツメなどを試験栽培  河北新報
6月21日 <金華山沖・漁船遭難>僚船が連携 即座に対応し命守る  河北新報

6月20日 米でレストランショー 大和川酒造店  福島民報
6月20日 <岩手・宮城内陸地震10年>あの日と歩む(4)伝える 防災の意識 次世代へ  河北新報
6月20日 残り11万枚超の被災写真返却 復興協が再登板 気仙沼市が実績買う 「出張閲覧」など計画  河北新報
6月20日 <山形・庄内町議選定数割れ>議員なり手不足深刻 人材育成へ 議会が工夫を  河北新報

6月19日 県内就業継続希望9割 Uターンに結果活用 県と第一生命初の意識調査  福島民報
6月19日 <福島県報告>県外避難者健康悪化 孤立深まる可能性  河北新報
6月19日 <W杯ロシア>長谷部選手ガンバレ!南三陸町の園児、横断幕作製 震災支援に応援でお返し  河北新報
6月19日 宮城県内の被災5市町、20年3月まで仮設入居延長  河北新報
6月19日 土器汁味わい 竹皿作りに笑顔 大崎で地球環境考えるイベント  河北新報

6月18日 <ニュース深堀り>福島の酒 金賞銘柄数でV6 風評吹き飛ばす向上心  河北新報
6月18日 <この人このまち>イベント演出、「へそのないまち」の駅前に活気  河北新報
6月18日 <震災遺構>旧門脇小校舎に観察棟 ワークショップで設計業者が素案  河北新報
6月18日 子どもの貧困、学習にも影響 石巻で解決をテーマにシンポ  河北新報
6月18日 小学生が南三陸の磯を観察  河北新報

6月17日 【原発ゼロへ・第2原発廃炉表明】どう描く町づくり 住民の参加不可欠  福島民友
6月17日 <岩手・宮城内陸地震>(2)支える 名物豆腐の灯消さぬ  河北新報
6月17日 津波バイオリンで弦楽四重奏 ウィーン、鎮魂の音色響かせる  河北新報
6月17日 <奥羽の義 戊辰150年>(9)高まる緊張和平求め奔走  河北新報
6月17日 <転機の米作り>東北の現場から(中)ブランド 生き残り懸け競争過熱  河北新報

6月16日 <ほっとタイム>田園の中 安らぎ空間  河北新報
6月16日 岩手の子ども食堂が連携 運営12団体、ネットワークを結成 貧困解決の入り口目指す  河北新報
6月16日 <岩手・宮城内陸地震10年>あの日と歩む(1)祈る どこかで生きていて  河北新報

6月15日 今年度から新緑化事業 植樹や「樹の森」活用  福島民報
6月15日 東電社長が福島第2原発「廃炉」表明 福島県・原発ゼロへ道筋  福島民友
6月15日 甘い誘惑 トキめいて 青森県産リンゴ使用のシードル期間限定発売  河北新報
6月15日 <福島第2廃炉>「安心して暮らせる」 地元歓迎 評価と不安  河北新報
6月15日 <岩手・宮城内陸地震10年>亡き人への思いずっと 栗原で追悼「風化させぬ」  河北新報

6月14日 <東北ドローンアイ>福島・会津の大内宿/かやぶき屋根ふき替え 街道に生命吹き込む  河北新報
6月14日 <岩手・宮城内陸地震10年>傷痕残る山 生きる人々の歩みは続く  河北新報
6月14日 岩出山「凍り豆腐」8月にもGI登録 宮城県内2例目、郷土料理に欠かせぬ食材  河北新報
6月14日 <岩手・宮城内陸地震10年>「会いたい」亡き人思う 被災地の宮城・栗原で遺族ら黙とう  河北新報

6月13日 震災きっかけ、大船渡・末崎町「居場所ハウス」開所から5年 人口減と向き合う拠点に  河北新報
6月13日 <岩手・宮城内陸地震10年>栗原の有志が作った紙芝居、あす発表会 あの日の記憶共有を  河北新報
6月13日 <民泊>東北の届け出 低調30件 規制や煩雑な手続きが壁に  河北新報
6月13日 <民泊>届け出東北低調 仙台の事業者、営業日数規制で対応割れる  河北新報

6月12日 授業再開後初の給食 食育プラザ稼働 飯舘  福島民報
6月12日 東京の飲食店で南三陸産「ギンザケのコンフィ」ふっくら柔らか一流の味  河北新報
6月12日 <宮城県沖地震40年>再来リスク(下)津波防災 最大級想定 重い課題 避難態勢の見直し急務  河北新報
6月12日 福島で感謝の声 被災者ら「両陛下の心遣いが伝わった」  河北新報
6月12日 東北に心寄せ続け 両陛下、福島訪問終える  河北新報

6月11日 映画「光リアル道」制作作業が始まる 震災後の福島県内を描く  福島民友
6月11日 ハワイで「かんしょ踊り」 会津若松の保存会、観衆を沸かす  福島民友
6月11日 JGAP認証「サクランボ」を初販売 伊達の直売所にコーナー  福島民友

6月10日 「菊むすめ」4人決まる! 二本松の菊人形『魅力』全国発信へ  福島民友
6月10日 避難者励まされる 両陛下、最後の来県  福島民報
6月10日 <チャグチャグ馬コ>鈴の音響かせ岩手に初夏告げる 装束馬72頭行進  河北新報
6月10日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>22cm、溝埋まらず 知事「税金投入、県民の理解得られぬ」住民「重ねた議論、一声で変わるのか」  河北新報
6月10日 両陛下、被災地の生活再建願う 在位中最後の訪問、原発事故避難者と懇談  河北新報

6月9日 飯舘移住へ生活体験 今秋から村が個人宅貸し出し  福島民報
6月9日 <除染土活用>環境省の実証事業 二本松市長「慎重に判断する」  河北新報
6月9日 天皇、皇后両陛下きょう福島入り 最後の被災地訪問か  河北新報
6月9日 <宮城県沖地震40年>再来リスク(上)発生予測 間隔「早まる」可能性 手掛かり探し模索続く  河北新報
6月9日 <宮城県>17年観光客最多6229万人 被災沿岸部が回復基調  河北新報

6月8日 在宅保育に支援金 乳幼児1人月1万円 南相馬市  福島民報
6月8日 <除染土活用>はや風評 売れぬ飼料 二本松の道路造成事業、計画段階の被害に困惑  河北新報
6月8日 <おだやかな革命>渡辺監督「暮らしの選択、自治の第一歩」  河北新報
6月8日 自然エネに地域再生託す 記録映画「おだやかな革命」15日仙台で劇場公開  河北新報
6月8日 <空地音ハーモニー>世界遺産や国宝で挙式を 中尊寺や瑞巌寺など9寺社と連携「みちのく和婚」販売  河北新報

6月7日 <いちおし土産>手仕事で淡く涼しげ でんでんむしカンパニー(南三陸町)の藍染め手拭い  河北新報
6月7日 <気仙沼防潮堤ミス>住民団体「造り直しを」 知事宛て要望書提出  河北新報
6月7日 温湯・佐藤旅館、復活へ 栗原・市内企業運営で調整 秋にも日帰り入浴再開  河北新報
6月7日 宮城ホタテ、存続の危機 全海域で貝毒、4月水揚げ94%減  河北新報

6月6日 移住定住枠を新設 若者世代定住へ支援策も 来年度の桑折町職員採用   福島民報
6月6日 <福島・飯舘村>募集停止の相馬農高飯舘校 村立高化、拙速で頓挫 開校ありきの計画に甘さ  河北新報
6月6日 大崎のアート一堂に 地域の13人がジバート展  河北新報

6月5日 子どもの避難者1万7487人 4月1日現在 前回比567人減  福島民報
6月5日 全地点で「適」 県内海水・湖水浴場水質調査  福島民報
6月5日 <チャグチャグ馬コ>栗毛の姫君お披露目へ 9日盛岡駅前で観光客出迎え  河北新報
6月5日 宮城・川崎町の旧小学校体育館がワイナリーに 来月オープン  河北新報
6月5日 JR遠野駅解体受け入れ 市、再整備負担金を予算化  河北新報

6月4日 <この人このまち>木都から木の実お届け  河北新報
6月4日 <むすび塾>南海トラフ備え確認 静岡新聞社と共催  河北新報
6月4日 <アユ漁解禁>輝く清流、銀鱗を求め 福島・久慈川  河北新報
6月4日 <宮城県沖地震40年>集団移転の住民、地域活動担い地元と融和  河北新報

6月3日 「復興ツーリズム」9万人超参加 観光の柱へ受け入れ態勢課題  福島民友
6月3日 会長に安斎氏(二本松出身) 東京福島県人会 交代10年ぶり  福島民報
6月3日 <復興を生きる>故郷も命も諦めない  河北新報
6月3日 <三内丸山遺跡>来年4月から観覧を有料化 保存・展示の充実図る  河北新報
6月3日 <汚染廃>試験焼却の反対意見相次ぐ 大崎で説明会 市長、近く最終判断  河北新報

6月2日 福島県民の健康指標『悪化』 心疾患・6位、脳血管疾患・7位 福島民友
6月2日 カタログ販売を開始 県産桃ミスピーチがPR 福島民報
6月2日 原発事故で休止の喜多方・扇ケ峰牧野、8年ぶり放牧再開  河北新報
6月2日 「北限」のフグ 食文化に 秋田県や地元飲食店が新メニュー開発に力 うま味成分 最大25倍  河北新報
6月2日 女性社長率 青森日本一 「頑張り屋」「強い意志」気質要因か  河北新報

6月1日 浪江で8年ぶり「武者行列」再開 相馬野馬追、50騎程度参加へ  福島民友
6月1日 NY酒店が県産酒コーナー 販路拡大、風評払拭図る  福島民報
6月1日 <野蒜小津波訴訟>最高裁、東松島市の上告退ける 学校側の過失確定  河北新報
6月1日 宇宙から福島の子応援 宇宙飛行士の金井さん、小中学生と交信  河北新報
6月1日 <セイコー>世界限定50本 女性向け超高級腕時計、岩手・雫石で製造  河北新報

2018年【5月分】
5月31日 子育て世帯住宅改修補助 県、近く募集 空き家バンク活用  福島民報
5月31日 山形県図書館向かいの古書店人気 「コバンザメ商法」で健闘中  河北新報
5月31日 <インバウンド>外国人旅行者を海岸まで 岩手県と沿岸被災地が取り組み強化  河北新報
5月31日 甘み上々今年も丸々 被災から復活のメロン収穫 宮城・岩沼  河北新報
5月31日 WHO、世界でなお2割喫煙 年間700万人が死亡  河北新報

5月30日 南相馬の味、浪江で継承「ラーメンたき」昔ながらの味で再出発  河北新報
5月30日 <ざおうハーブ>4万株のカモミール 白い花輝く  河北新報
5月30日 <みちのく杜の湖畔公園>赤やピンク 200万本のポピー競演  河北新報

5月29日 福島県産品オンラインストア『快走』 アマゾン、楽天、ヤフー  福島民友
5月29日 <飯坂温泉>休業旅館活用し芸術の宴 原発事故関連の展示や芝居、ライブも  河北新報
5月29日 ホップ産地存続へ遠野市が担い手確保策  河北新報
5月29日 <南三陸町社協>被災者一線に立ち100万件 見守り、声掛け助け合う  河北新報
5月29日 <ど根性ポプラ>被災地に広場完成 大船渡  河北新報
5月29日 <学校防災>被災3県の沿岸小中 ハザードマップ理解3割  河北新報

5月28日 林業再生の「鍵」に いのちの森をつなぐ−福島と森林−  福島民報
5月28日 「帰ってきたよ」笑顔でいい汗 福島・葛尾村で村民運動会 初の地元開催  河北新報
5月28日 福島のモニタリングポスト 撤去か継続か  河北新報
5月28日 <岩手・宮城内陸地震10年>ランプの宿 再起へ奮闘 栗原・花山の三浦旅館  河北新報

5月27日 興こし酒、名は「絆舞」 全国の信金坂下で仕込み  福島民報
5月27日 <私の道しるべ>地域貢献 仲間と続ける  河北新報
5月27日 <あなたに伝えたい>地元で美容室 夢かなえたい  河北新報
5月27日 全国からの思いコメ 日本酒「絆舞」仕込み作業 福島・会津坂下の曙酒造で震災復興支援  河北新報
5月27日 名取・閖上復興 風を味方に ヨットハーバー7年ぶり復活で大学生らレース  河北新報
5月27日 <日本海中部地震>35年 遠足から帰る日…今も待つ 男鹿で遺族ら追悼  河北新報

5月26日 どうする おりのクマさん 福島県「殺処分検討」も福島市が眠らせ山へ  河北新報
5月26日 <防潮堤施工ミス>気仙沼市「住民合意尊重を」 知事に要望書提出へ  河北新報
5月26日 シャクヤク 初夏の彩り 宮城・色麻できょうからまつり  河北新報

5月25日 「尾瀬」山開き ミズバショウお出迎え、ハイカーら大自然満喫  福島民友
5月25日 県の地域創生総合支援事業 1次採択204件発表  福島民報
5月25日 丸森・筆甫に住民出資の共同店舗オープン  河北新報
5月25日 湿原に輝くミズバショウ 福島・檜枝岐の尾瀬で山開き  河北新報
5月25日 日本海中部地震から35年 紙芝居で語り部続ける秋田の山本さん  河北新報

5月24日 お馬の親子...田んぼで『仲良く』 古殿で昔ながらの「代かき」  福島民友
5月24日 話そう あの日の教訓 雄勝小・中生が防災ワークショップ  河北新報
5月24日 チリ地震津波の記憶伝える 南三陸町図書館で写真展  河北新報
5月24日 「富谷茶」復活プロジェクト 2020年の開宿400年へ始動  河北新報

5月23日 落ちないドローンで外壁調査 足場必要なく低コスト 宮城のNPOがマンション点検  河北新報
5月23日 岩肌に薄化粧 東松島・嵯峨渓で「セッコク」見頃  河北新報
5月23日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>気仙沼市、宮城県に抗議 現状維持案を批判 住民の意向反映求める  河北新報

5月22日 大手5社と情報発信 県が新風評対策「知るほど楽しい福島」  福島民報
5月22日 町屋を再生 交流の場に 新庄中心部「のくらし」オープン  河北新報
5月22日 <落花生栽培を機械化 福島県、西会津町で実証試験開始  河北新報
5月22日 <気仙沼・防潮堤施工ミス>「住民無視」県議会から批判  河北新報

5月21日 「安達太良山」山開きにぎわう 1万1000人参加、絶景を満喫  福島民友
5月21日 県、人材育成拠点に 民報社など造成 大玉に「樹の森」  福島民報
5月21日 <栗駒山>絶景一望 光る残雪 登山者を歓迎 宮城、岩手側登山道入り口で夏山開き  河北新報
5月21日 徳仙丈山 深紅まとう 気仙沼・ツツジ見頃  河北新報
5月21日 <消えゆく旧町村公立中学>隣市に委託/小中一体校 単独存続町村大胆策も  河北新報
5月21日 消えゆく旧町村唯一の公立中学 東北で統合次々 少人数解消策、地域交流に影  河北新報

5月20日 震災教訓継承誓う 太平洋・島サミット閉幕  福島民報
5月20日 <311次世代塾>弔いの現場 訪ね歩く 仮埋葬地や安置所視察  河北新報
5月20日 岩手12市町村「震災未経験職員」増 経験伝承 財政規律に苦慮 研修体制の整備急務  河北新報
5月20日 喫茶店やイベントに土蔵どうぞ 国文化財をにぎわい空間に 登米の商家が貸し出し  河北新報

5月19日 IWC最高賞!奥の松酒造「あだたら吟醸」、名倉山酒造「月弓」  福島民友
5月19日 津波防災へ国際連携 太平洋・島サミット開幕 いわき  福島民報
5月19日 イノシシ急増、東へ猛進 宮城県内の生息域拡大止まらず 石巻でも目撃、市が有害駆除を許可  河北新報
5月19日 <山木屋太鼓>川俣に希望、ばちに威勢 復興願い新曲披露 福島市であす住民ら公演  河北新報
5月19日 <インバウンド>訪日客のスマホ利用快適に 石巻市が無料SIMカード配布 観光アプリへ誘導  河北新報

5月18日 木材コンビナート整備へ 会津森林資源活用推進協  福島民報
5月18日 <全国新酒鑑評会>福島県が6年連続最多金賞 輸出拡大へ追い風  河北新報
5月18日 「戊辰戦争ってなぁ〜に?」楽しく学ぼう あす、メディアテークで講演会  河北新報
5月18日 仙台城南高ダンス部 米の国際大会で個人V、チーム4位 演技に磨き世界で躍動  河北新報
5月18日 修学旅行先で鳴子温泉郷をPR 「西郷どん」にも伝わったかな?  河北新報

5月17日 <大川小訴訟>勝訴にも心境複雑/無関心が一番怖い  河北新報
5月17日 JR東北サービスと佐浦が瑞巌寺大修理記念の酒発売  河北新報
5月17日 <大川小訴訟>発言変遷 揺れる村井知事 トップの責任の重さは…  河北新報

5月16日 <タウン誌>冬物語紡いだ30年 「ゆきのまち通信」休刊へ  河北新報
5月16日 福島、森林放射線量7割減 自然減衰のペースで低下  河北新報
5月16日 東北の自動車学校、ドローン教習に活路 安全指導ノウハウ生かす  河北新報
5月16日 自立ゲートで津波防災 南三陸で作動試験 人的被害解消に期待  河北新報

5月15日 水中ドローン販売へ 郡山・スペースワン、調査や水難救助想定  福島民友
5月15日 纒向出土のモモ、2〜3世紀 放射性炭素測定、卑弥呼の時代か  河北新報
5月15日 地元産ドライフルーツふんだんに グラノーラ専門店、旅館の元若旦那が開業準備 福島・飯坂温泉  河北新報
5月15日 <塩釜・私設図書館>「うみべの文庫」活動に幕 市に5000冊寄贈「善意の絵本 受け継いで」  河北新報
5月15日 <大崎耕土 どうつなぐ>(下)問われるブランド力 地場産発信の好機に  河北新報

5月14日 交流・定住促進へ 小野に拠点施設完成  福島民報
5月14日 自然エネ地域で活用を 仙台で再生フォーラム 映画「おだやかな革命」上映  河北新報
5月14日 <この人このまち>絶品海鮮丼 下北に活気  河北新報
5月14日 <減反廃止>秋田・八郎湖 水質悪化の懸念 農薬増、改善活動も縮小 環境保全型栽培に活路  河北新報
5月14日 <止まった刻 検証・大川小事故>高裁判決「堤防万全ではない」 川沿いの学校対策急務  河北新報

5月13日 人気バンド熱狂ライブ 二本松で東北ジャム  福島民報
5月13日 楢葉で東京の大学生「田植え」 秋には風評払拭イベントで配布  福島民友
5月13日 <檜枝岐歌舞伎>迫真の演技 奥会津の山に歓声こだま  河北新報
5月13日 <南部もぐり>全国唯一の潜水士養成学科、定員割れ続く…岩手・種市高を産学官挙げ支援へ  河北新報
5月13日 東北のホテルに全室禁煙の波 家族連れや外国人客に狙い「禁煙室の予約圧倒的に多い」  河北新報

5月12日 森林空間線量74%減 昨年度県内2011年度比  福島民報
5月12日 <復興拠点>6町村出そろう 福島・葛尾村の計画認定 住民の帰還見通せず  河北新報
5月12日 浜辺のにぎわい8年ぶり復活へ 相馬・原釜尾浜海水浴場 7月海開き  河北新報
5月12日 <宮城県>3.11後に採用の職員3割に迫る 被災の記憶風化進む懸念、伝承強化へ  河北新報

5月11日 赤く輝くサクランボ 福島でハウス栽培「佐藤錦」収穫始まる  福島民友
5月11日 <雪もみじ>新緑に彩り 山形・西川、県立自然博物園ブナ林  河北新報
5月11日 震災で亡くした夫と同じ図書館職員に 陸前高田・小田さん  河北新報
5月11日 <私の復興>人々の輪、故郷の力に  河北新報

5月10日 フェイスブック利用率は福島県1位 インスタ3位、震災影響か  福島民友
5月10日 「福島復興」へ覚悟の船出 南相馬・抱月荘12日営業再開 苦難越え2世代で挑む  河北新報
5月10日 <大川小訴訟>事前防災 認識ただす・宮城県議会全協  河北新報
5月10日 <大川小訴訟>上告理由に残る疑問 石巻市、宮城県は議論尽くしたのか  河北新報
5月10日 復興願いアニソン奏で「マンガの街」発信 石巻で音楽祭  河北新報

5月9日 牛の水田放牧開始 飯舘の畜産農家山田さん  福島民報
5月9日 コメ作付け始まる 面積、農家数3倍近く増 飯舘  福島民報
5月9日 <田束山>ツツジ5万株満開 山肌赤く染める  河北新報
5月9日 <カゴメ>宮城の美味健康的にPR 県と包括連携協定  河北新報
5月9日 山形・小国のNPO クロモジを新商品に育成中  河北新報
5月9日 <大川小訴訟>上告可決 市議会、より拮抗く 河北新報
5月9日 <大川小訴訟>「大義なき上告だ」遺族失望 法廷闘争、終結遠のく 河北新報

5月8日 7年の歩み不変 TOKIO福島県PR続投、県民からエール 福島民友
5月8日 福島県、TOKIO4人の起用継続 知事「これからも原発事故風評払拭に力貸して」 河北新報
5月8日 <相馬農高飯舘校>村立での再開白紙に 現在募集停止中 河北新報
5月8日 <大川小訴訟>「子どもの命に向き合って」 遺族、市の上告方針に疑義 河北新報
5月8日 <大川小訴訟>石巻市、上告の方針 きょう議会採決 宮城県「市の判断を尊重する」 河北新報

5月7日 JICA訓練生、岳温泉でフィールドワーク 課題解決策考える 福島民友
5月7日 勇壮な神輿担ぎ いわきで小名浜諏訪神社例大祭 福島民友
5月7日 福島にワイン文化を パスカルさん国際資格取得、普及に意欲 福島民友

5月6日 <漁師縁組 青森・佐井村>樋口秀視村長に聞く/新たな力 地域で育む 河北新報
5月6日 廃校舎で絶品チーズ手作り「風味豊かでおいしい」と評判 秋田・羽後 河北新報
5月6日 宮古再生へ、双子姉妹が奮闘 実家跡地の道の駅でペット施設運営「みんなが笑顔で集う場に」 河北新報
5月6日 <福島県警>登山届スマホアプリ「コンパス」導入 東北初「入山時に利用して」 河北新報

5月5日 県内子ども割合 大玉14.3%で最高 鏡石、湯川、西郷、中島の順 福島民報
5月5日 <漁師縁組 青森・佐井村>移住者たちの1年(下)ホタテ養殖に懸ける 河北新報
5月5日 <龍泉洞>神秘のブルー輝く 豪雨以来2年ぶり「まつり」 河北新報
5月5日 <震災遺構>旧荒浜小、公開1年で7万7363人見学 防災教育への活用課題 河北新報

5月4日 華やかな稚児舞奉納 二本松の万人子守地蔵尊例大祭 福島民報
5月4日 <漁師縁組>(中)地域の一体感楽しむ 河北新報
5月4日 復興祈り海上渡御 祭り再開、古里に活気 宮城・南三陸町 河北新報
5月4日 <問う 論じる>改憲の行方(上)被災者支援 多様性欠く 河北新報
5月4日 <大川小津波訴訟>控訴審判決 石巻市など組織責任認定「学校と命」再考の契機、防災対策の先導役期待 河北新報

5月3日 福島県民の『健康寿命』延伸へ連携 福島民友、福島医大が協定 福島民友
5月3日 福島県民「今後も応援したい」 TOKIOメンバー4人に感謝 福島民友
5月3日 石組みに躍る春の味覚 南三陸・歌津で伝統のシロウオ漁最盛期 河北新報
5月3日 「みかぐら」地域に根付け 東松島・鳴瀬未来中の卒業生がクラブ結成 河北新報
5月3日 <災害公営住宅>宮城・女川町が収入の上限緩和へ 河北新報
5月3日 幣原喜重郎の直筆原稿が加美で見つかる 憲法9条の意義強調 河北新報

5月2日 「キュウリビズ」参加校募る 全農県本部と福島民報社 福島民報
5月2日 県、新交流事業創設へ 復興支援団体招待連携強化を図る 福島民報
5月2日 <大川小津波訴訟>10日上告期限、石巻市長8日までに判断 河北新報
5月2日 迫力「コイの滝登り」鳴子ダムですだれ放流 河北新報
5月2日 老朽空き家対策 代執行が日本海側の豪雪地で重宝 河北新報

5月1日 <災後に育つ>(下)古里を学ぶ 学校再開、手探りの教員 河北新報
5月1日 狭いスペース 広がる世界 定禅寺通で「一箱古本市」 河北新報
5月1日 宮城・岩手の被災10市町村、45年推計で人口半減 高齢化も加速 河北新報

2018年【4月分】
4月30日 酒場詩人・吉田類さん「会津来た時が一番酔った」 突然の歌披露 福島民友
4月30日 <この人このまち>6次化で稼げる農業を 河北新報
4月30日 <災後に育つ>(中)防災の教訓 進む教員交代 伝承模索 河北新報
4月30日 思い切り野球を 東北楽天寄贈「南三陸こどもスタジアム」オープン 河北新報
4月30日 被災女性の抱える心情 メッセージ付き写真で発信 東京のNPOが40回超える展示会 河北新報
4月30日 桜舞う空 コイすいすい 北上・展勝地でさくらまつり 5月6日まで 河北新報

4月29日 古民家に本社移転 ふくしまに生きる 第2部 産業づくり 福島民報
4月29日 迫力の大橋船旅満喫 気仙沼ベイクルーズ運航開始 河北新報
4月29日 <災後に育つ>(上)混乱の影響 ストレス連鎖ケア課題 河北新報

4月28日 岩手・大槌 あす「風の電話」庭園で音楽祭 町出身の音楽家ら出演 河北新報
4月28日 潮風トレイル22キロ開通 来月6日記念イベント 河北新報
4月28日 気仙沼の国有形文化財「武山米店」 被災建材で「昭和」復元、営業再開へ 河北新報

4月27日 土湯温泉に公衆浴場オープン 福島民報
4月27日 海岸林復活へ種まき 名取再生の会などがクロマツ4.6万粒 河北新報
4月27日 <大川小津波訴訟>健太はいつも心の中に 真実を追い続けた7年 河北新報
4月27日 <大川小津波訴訟>「大変厳しい判決」石巻市長、宮城県知事は上告の明言避ける 河北新報
4月27日 <大川小津波訴訟>「学校防災の礎に」 遺族「やっとスタート」 河北新報

4月26日 「草刈ポイント事業」開始 南相馬・小高、区内の商品券と交換 福島民友
4月26日 「春山窯」本宮で再開 200点展示販売、制作体験も 福島民報
4月26日 <大堀相馬焼>いわきで再建「伝統継ぎ新たな歴史を」 河北新報
4月26日 <大川小・母たちの7年>大輔が見守っている 河北新報
4月26日 東松島・防災体験施設「KIBOTCHA」完成 7月本格オープン 河北新報
4月26日 <大川小津波訴訟>きょう控訴審判決 マニュアル適否、どう判断 河北新報

4月25日 減塩と野菜摂取推進に『新戦略』 いわきで11月に大規模事業 福島民友
4月25日 <震災遺構>保存の議論足踏み 費用負担が重荷 陸前高田 河北新報
4月25日 <秋田夢列車>寄付金でリニューアル 訪日客増へ期待高まる 河北新報
4月25日 <大川小・母たちの7年>安全な学校、子に誓う 河北新報
4月25日 <大川小津波訴訟>「備え」の適否に教育界注視 控訴審あす判決 河北新報

4月24日 農産物輸出が過去最高 福島県17年度、東南アジアなど210トン 福島民友
4月24日 <一ノ蔵>酒蔵を一般開放 日本酒好き集結 大崎で春祭り 河北新報
4月24日 荒れみこし川へ 豊穣祈り例大祭 松島・初原天神社 河北新報

4月23日 「かっぱ麺」販売開始 須賀川特産キュウリ使用、19店舗で 福島民友
4月23日 仙北・刺巻湿原でミズバショウ見頃 河北新報
4月23日 福島・浪江町民の集団ADR打ち切り 県主導で早期救済を 河北新報
4月23日 <塩釜神社・花まつり>みこし勇まし 石段下り 河北新報

4月22日 「大洲松川ライン」7年ぶり再開通 相馬の美しい景観望む市道 福島民友
4月22日 <かもめ通り商店街>記念イベント 復活1年、にぎわい少しずつ 河北新報
4月22日 初夏の主役早くも登場 気仙沼漁港でカツオ初水揚げ 河北新報
4月22日 <復興を生きる>世界一の味 復活に力 河北新報
4月22日 <大川小・争点を語る>(下)結果回避 事前防災検討不足か 河北新報

4月21日 早い、甘い、おいしい! 東根市内4ヵ所で温室サクランボ園オープン 河北新報
4月21日 <大川小・止まった刻>検証の実情や課題を専門家に聞く 遺族の知る権利尊重を 河北新報
4月21日 <大川小・止まった刻>検証の実情や課題を専門家に聞く 事実認定報告書が限度 河北新報
4月21日 <大川小・争点を語る>(中)組織的過失 震災前に対策の余地 河北新報
4月21日 全農宮城とトマト生産3法人、GAP団体認証取得 五輪向け安全な食材供給 河北新報

4月20日 広がる「桜のトンネル」 猪苗代・観音寺川 福島民友
4月20日 <世界農業遺産>「大崎耕土」に認定証 市長「価値を継承」 河北新報
4月20日 <大川小・争点を語る>(上)危険の予見 ハザードマップ頼み/多忙化で防災後回し 河北新報
4月20日 「出島」の魅力民宿から 宮城・女川の離島に仙台から移住の佐藤さん、唯一の宿泊施設継ぐ  河北新報

4月19日 健康事業所宣言1000社超 協会けんぽ福島支部、意識の高まり反映 福島民友
4月19日 <ふるさと納税>東北のトップ3、山形独占 上位10市町のうち8市町 河北新報
4月19日 <クルーズ船>受け入れ環境、進む整備 大型船の誘致好調 河北新報
4月19日 <防潮堤施工ミス>難しい決断に揺れる住民 河北新報

4月18日 果物狩り体験旅行採択 復興庁東北外国人誘客モデル事業 民報社が提案 福島民報
4月18日 トマト部会が「JGAP」 JA福島さくらたむら地区 福島民報
4月18日 岩手内陸部の自治体 被災者支援の在り方変化 河北新報
4月18日 秋田・由利本荘で子育てタクシー養成講座 仕事と育児両立後押し 河北新報
4月18日 洋上ドローン、浜の助っ人に いけすの監視、給餌、鳥撃退 河北新報

4月17日 南相馬に「起業家」誘致へ 外部の視点で市の魅力・課題を発掘 福島民友
4月17日 飯舘の動画が金賞 世界メディアフェスVR部門 福島民報
4月17日 名取・道祖神社で20年ぶりに湯立之舞 河北新報
4月17日 伊達産畑ワサビ出荷再開 「ようやく一歩」 河北新報
4月17日 大船渡・吉浜診療所に初の小児科 地域医療に安心感 河北新報

4月15日 【喜多方】〔ふくしま・さくらだより〕日中線のしだれ桜 桜並木1000本 福島民友
4月16日 「田園地帯に浮かぶ」千本桜満開 50年の風格 登米・南方 河北新報
4月16日 <青いこいのぼり>鎮魂と平和を願う600匹、大空泳ぐ 東松島 河北新報
4月16日 被災地・原発を撮り続ける写真家・篠山紀信さん「人々の姿今後も形に」 河北新報

4月15日 夜の森に力強い舞...笑顔『満開』 富岡で桜まつり、町民ら再会 福島民友
4月15日 『人の駅』5月にも開始 猪苗代の廃校舎、教育旅行など活用へ 福島民友
4月15日 <わたしの道しるべ>古里の食材守り続ける 河北新報
4月15日 住民の帰還を促進 復興作業員の環境整備へ ふたば医療センター院長に聞く 河北新報
4月15日 <春に誘われて>手つなぎ桜のトンネル 釜石・本郷で満開 河北新報
4月15日 <熊本地震2年>仮設団地で夜間学習会 女川、大槌で支援のNPO 河北新報

4月14日 電動自転車貸します!楽々喜多方巡り 15日開始「魅力見つけて」 福島民友
4月14日 必殺!海の仕事人 宮城の若手漁師ら新サービス「カキ捕獲」「弟子入り」など多彩 河北新報
4月14日 <18歳の選択>親子船で未来へ修業 地元一の漁師目指す 河北新報
4月14日 「藤田夫婦ざくら」と「春日のしだれ桜」で恒例のライトアップ きょうから 河北新報
4月14日 宮城県南に大規模風力発電所 日立サステナブル、23年秋稼働目指す 河北新報

4月13日 白神ねぎ売り込め 能代市が「ねぎ課」新設 河北新報
4月13日 津波に耐えた桜が満開 気仙沼・神山川沿い 河北新報
4月13日 仙台に国内最大級のコワーキングスペース 6月開設 河北新報

4月12日 東電社員が作成証言「津波対策は不可避」 原発事故強制起訴公判 福島民友
4月12日 JGAP取得への思い語る 3校の高校生が知事訪問 福島民報
4月12日 <南相馬>「交流ない」が23% 災害公営住宅の実態を調査 河北新報
4月12日 <私の復興>地域に愛される店に 河北新報
4月12日 <ツール・ド・東北2018>松島湾は船で 仙台発のコースなど新設 大会概要決まる 河北新報
4月12日 お堂貫く「地蔵桜」満開に咲き誇る 川崎 河北新報

4月11日 <仙台高松発電所>四国電が撤退表明 採算不安視、住友商事単独で推進 河北新報
4月11日 石巻商議所跡地に宿泊温浴所 19年着工へ 河北新報
4月11日 <慰霊碑をたどる>8年目の被災地(5完)人が集う開かれた場に 河北新報

4月10日 【郡山】〔ふくしま・さくらだより〕開成山公園 園内に1300本咲き誇る 福島民友
4月10日 海産物3年連続下回る 昨年度放射性物質基準値 福島民報
4月10日 <戊辰戦争150年>会津出身・陸軍大将が極貧しのいだ食を再現 河北新報
4月10日 <慰霊碑をたどる>8年目の被災地(4)12人の命 忘れぬために 河北新報
4月10日 ギンザケ成育良し 南三陸・戸倉で初水揚げ 河北新報
4月10日 <柳美里さん>自宅改装し開店 南相馬・小高に本屋の灯 河北新報

4月9日 「楽都郡山」発展に提言発信 地元音楽界の有志、考える会設立 福島民友
4月9日 新たな「夜間急病診療所」 19日から、福島・市中心部に移転 福島民友
4月9日 復興拠点案を了承 福島・葛尾、中心地区再生と農業再生ゾーン 福島民友

4月8日 春らんまん「福島路」...花見山など巡る 花ウオークに1400人 福島民友
4月8日 「福島」を楽しみ、知る 芸人カンニング竹山さん 福島民報
4月8日 <道の駅たろう>本格開業、観光客との交流担う 田老地区復興の核に 河北新報
4月8日 <震災遺構>たろう観光ホテル公開 「物言わぬ語り部」津波の猛威伝える 河北新報
4月8日 <慰霊碑をたどる>8年目の被災地(3)命つなぐ「より遠くへ」 河北新報
4月8日 <閖上小中開校>新校舎、震災の記憶受け継ぐ 風化防ぐ配慮随所に 河北新報

4月7日 「岳温泉の湯守」に地方創生賞 ふるさと名品オブ・ザ・イヤー  福島民友
4月7日 浪江町民1万5000人ADR打ち切り 東電拒否で  福島民報
4月7日 <慰霊碑をたどる>8年目の被災地(2)276人、遺族の思いを刻む  河北新報
4月7日 <震災回顧録>岩手大槌621人の「証」未来へ 全犠牲者の48%掲載し区切り  河北新報
4月7日 <原発避難>子どもたち、お帰り 福島・5町村で学校再開「1期生、楽しみ」  河北新報
4月7日 震災後ブログで勧誘 新漁師が100人突破  河北新報


4月6日 福島・三春 滝桜はや満開 きょうからライトアップ  河北新報
4月6日 被災地の水産加工品、仙台へ 9日・アンテナショップ開設  河北新報
4月6日 <慰霊碑をたどる>和やかな病院 天国でも  河北新報
4月6日 「わたり温泉鳥の海」宿泊7年ぶり再開 9日改装オープン  河北新報

4月5日 再生エネ、水素変換や汚泥の燃料転換 相馬でスマート事業開始  福島民友
4月5日 民間社員、南相馬市に派遣 「地域おこし企業人交流」  福島民報
4月5日 福島・双葉の細谷行政区から川俣・山木屋地区へ防災のリレー 帰還のめど立たず器具一式贈る  河北新報
4月5日 大仙の土産は「せんのぜん」 市独自に統一ブランド制定 薫製、菓子、米など7日発売  河北新報

4月4日 少女たち鮮やかに伝統の舞 玉川で「南須釜の念仏踊り」  福島民友
4月4日 <復興ホストタウン>石巻と岩手・雫石も追加 被災3県で計15市町村に  河北新報
4月4日 「雪解け牡蠣」甘味上々 陸前高田・広田湾の被災漁師佐々木さん今年も販売  河北新報
4月4日 閖上復興の風帆を張れ ヨットハーバー7年ぶり復活へ 来月、セーリングイベント  河北新報

4月3日 国際GAPを取得 磐梯の菌床シイタケ栽培「エム・ガーデン」  福島民報
4月3日 福島市の満開「史上最速」 三春滝桜開花、桜名所で準備大慌て  福島民友
4月3日 津波に耐えた桜を宮城農高生が新校舎に移植  河北新報
4月3日 浪江で被災、長井に蔵移転の酒造店が新酒出荷  河北新報
4月3日 「女川は流されたのではない」震災直後、町民支えた詩作った少年が町職員に  河北新報

4月2日 「スマート和食」で内臓脂肪減 社員の8割成果、須賀川の企業 福島民友
4月2日 <この人このまち>庄内地域 起業家の街に  河北新報
4月2日 福島市・花見山、早くも見頃 見渡す限り花、花、花  河北新報
4月2日 <脱メタボ>宮城県が認証制度創設 機運醸成へ企業と連携 河北新報
4月2日 <子どもの心のケアハウス>新たに7市町で設置支援 河北新報
4月2日 自然エネ 東京と東北が連携 電力需給で共存共栄 河北新報

4月1日 にぎわう「花見山」...春陽気で散策笑顔 4月1日から交通規制 福島民友
4月1日 戊辰150年、ツバキに託す願い 島津家当主策探る 福島民報
4月1日 <避難指示解除1年>再生難題 買い物環境整わず、新住民巡り不安も 河北新報
4月1日 <あなたに伝えたい>思いやりのある人間になる 河北新報
4月1日 <気仙沼図書館>東日本大震災で被災し現地再建 知と憩いの場一新 河北新報
4月1日 <福島第1原発事故>浪江の老舗時計店 茨城で再起へ時刻む 河北新報
4月1日 <さらば呑ん兵衛横丁>「看板」 釜石・仮設店舗営業終了 河北新報

2018年【3月分】
3月31日 桃源郷に『春』が来た! 開花1週間早く...花見山の花々色づく 福島民友
3月31日 <秋田県>2045年の人口 半数が65歳以上、75歳以上も3人に1人に 河北新報
3月31日 <おらほの学校>(下)キャリア教育 古里再興へ人材育てる 河北新報
3月31日 <閖上津波訴訟>災害時の公助責任追及届かず 遺族側主張ことごとく退ける 河北新報
3月31日 福島・富岡の「おだがいさまFM」道半ば惜しまれ閉局 被災3県の災害局は全て終了 河北新報

3月30日 【カタクリ】愛らしいカタクリ 福島市小鳥の森で満開、薄紫色に染める 福島民友
3月30日 福島・楢葉、仮設の無償提供終了へ 進む退去、不安拭えず 帰町か否か選択は相半ば 河北新報
3月30日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(10完)「辺境」イメージ 決定的に 河北新報
3月30日 <止まった刻 検証・大川小事故>第6部 地獄(5完)築いた幸せ もう戻らない 河北新報
3月30日 大阪・生協職員林さん 震災以来7年、遠野での復興支援に終止符 河北新報
3月30日 南三陸の未来支える道に 国道45号の橋、宮城県内で初復旧 河北新報
3月30日 <女川2号機>再稼働先延ばし 東北電、安全対策完了見通せず 河北新報

3月29日 <新電力>東北電管内シェア10%に 企業向け軸に急伸 河北新報
3月29日 <三陸鉄道>JRから移管の宮古−釜石間 来年3月23日運行開始 河北新報
3月29日 <止まった刻 検証・大川小事故>第6部 地獄(4)骨になる前に 見つけたい 河北新報

3月28日 「専門医療」人材育成へ 福島医大・保健科学部の施設概要発表 福島民友
3月28日 <遠い自立・仮設集約>(中)移転 内陸避難は置き去りに 河北新報
3月28日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(8)仙台藩 人質手放す大失態 河北新報
3月28日 <止まった刻 検証・大川小事故>第6部 地獄(3)思い出の道 亡きがら乗せ 河北新報
3月28日 <公示地価>宮城・住宅地上昇率2位 東北沿岸は下落進む 河北新報

3月27日 4町村「避難指示解除」31、1日で『1年』 小中12校再開へ 福島民友
3月27日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(7)白河口の大敗 軍内に亀裂 河北新報
3月27日 <名取・那智が丘の地域住民が散策路整備 自生カタクリの魅力発信 河北新報
3月27日 <止まった刻 検証・大川小事故>第6部 地獄(2)わが子どこに 嘆きの捜索 河北新報

3月26日 スケボー、クライミング施設充実 二本松に「SAAP」完成 福島民友
3月26日 宇和島藩伝来の白石和紙原料 トラフコウゾ交流の宝に 愛媛・鬼北に株分け 河北新報
3月26日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(6)朝敵は征伐 見せしめ徹底 河北新報
3月26日 <アングル宮城>震災伝承船出待つ 気仙沼・大島の臨時船保存へ 河北新報
3月26日 <三陸沿岸道>気仙沼に延伸 大谷海岸−気仙沼中央IC開通 河北新報
3月26日 <止まった刻 検証・大川小事故>第6部 地獄(1)無事の願い打ち砕く惨状 河北新報

3月25日 昭和の魅力語る 風とロックCARAVAN 河北新報
3月25日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(5)天皇を抱き込み権力掌握 河北新報
3月25日 <あなたに伝えたい>コロッケの味 覚えているよ 河北新報
3月25日 <月山志津温泉>「アメダス設置を」雪深さ肘折に負けぬ 河北新報
3月25日 魚食文化を丸ごと理解「おさかなミュージアム」塩釜市魚市場にオープン 河北新報

3月24日 春の再開通へ「除雪作業」本格化 磐梯吾妻スカイライン 福島民友
3月24日 <震災遺構>気仙沼市、臨時旅客船「ひまわり」の保存目指す団体へ土地無償貸与の方針 河北新報
3月24日 <復興支援>酒田で訪日客に古着の着物を販売、南三陸に売り上げ寄付 河北新報
3月24日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(4)孝明天皇崩御一転「賊」に 河北新報
3月24日 <青森港新時代・青函連絡船終航30年>(5完)津軽海峡交流圏 「マグ女」地域観光刺激 河北新報

3月23日 廃校をオフィスに再生 田村市にテレワークセンター開設 河北新報
3月23日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(3)京都守護職を辞退できず 河北新報
3月23日 <仙台民泊事情・新法施行を前に>(下)展望 郊外型 地域活性の力に 河北新報
3月23日 <原発事故避難者集団訴訟>被害の現実、訴え続ける 原告団事務局長・金井さん 河北新報
3月23日 <原発事故避難者集団訴訟>古里喪失の損害認定 東電に賠償命令 地裁いわき支部 河北新報

3月22日 川内の日本酒「歸宴」完成 放棄地解消、活気願い 福島民報
3月22日 <震災7年>心のケア 思い触れて 仙台傾聴の会が記録誌 河北新報
3月22日 <週刊せんだい>災害弱者の自助・共助(4)在留外国人 地域社会に溶け込む 河北新報
3月22日 高齢者の買い物や通院に 郊外団地で地域バス運行へ 仙台・燕沢の町内会連合会が実証実験 河北新報
3月22日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(2)新政府に国の青写真なし 河北新報

3月21日 1期生4人充実の1年 生活工芸アカデミー修了式 三島 福島民報
3月21日 花見山4月1日シーズン入り 観光振興協PR 臨時バス運行も 福島民報
3月21日 <学び、再び 仙台自主夜間中学の今>(1)不登校を乗り越えて 一歩ずつ自分変える 河北新報
3月21日 <戊辰戦争150年>論考・維新と東北(1)「官名乗る賊徒に従わず」 河北新報
3月21日 <東日本大震災>あの日津波から生還した女児「2人の分も生きる」 陸前高田で笑顔の卒業式 河北新報

3月20日 全国から福島に来て 田部井さんの遺志継ぐ旅 家族が応援企画 福島民報
3月20日 <サクランボ>鮮度保ち海外へ 山形大が輸送用包装シート開発 河北新報
3月20日 <仙台民泊事情>節約と体験 高まる需要 河北新報

3月19日 復興加速化へ膨らむ期待 八木沢トンネル、悲願の開通祝う 福島民友
3月19日 10団体、迫力の演奏 飯坂温泉太鼓まつり 福島民報
3月19日 「新たな歴史つくる」宮農高の新校舎完成 在校生や周辺住民ら内覧 河北新報
3月19日 春に雨、夏は晴天 丸森で伝統行事「奉射祭」 河北新報

3月18日 <311次世代塾>「あの日」伝えるのは私たち 修了式で呼び掛け 河北新報
3月18日 <あなたに伝えたい>愛する内孫と家族見守って 河北新報
3月18日 空き家活用制度、東北6県で停滞…宮城の1件のみ、支援メニュー拡充求める声も 河北新報
3月18日 <大間原発>「ない方がいいに決まっている」原発事故を機に視線厳しく 河北新報

3月17日 看護学生修学資金増額へ 南相馬、双葉郡勤務条件に 県が確保策 福島民報
3月17日 農地集約へ交流サイト 県中間管理機構が開設 福島民報
3月17日 <石炭バイオマス混焼発電所>石巻で営業運転開始 国産未利用木材も活用 河北新報
3月17日 <震災7年・10代語り始める>(6完)100年後に伝える石碑建てたい 河北新報
3月17日 <寒ざらしそば>冬が育む春の味 白石で試食会 河北新報
3月17日 電気使って外来魚を駆除 NPOが化女沼で捕獲作戦 河北新報

3月16日 花見山のお土産どうぞ 「自然工房 花想ひ」、せっけんで観光振興 福島民友
3月16日 販路拡大へ商品PR 東京・城南信金大商談会 県内から5社参加 河北新報
3月16日 <震災7年・10代語り始める>(5)多く失ったが 得たものも多い 河北新報
3月16日 <点検・再始動 復興の理想と現実>生活基盤(3)気仙沼・共同店舗 計画にずれ 集客苦戦 河北新報
3月16日 <大槌町旧庁舎解体>「保存と解体、どちらが良かったのか…」人口1割犠牲の町、住民に埋め難い溝 河北新報

3月15日 <震災7年・10代語り始める>(4)家族 友人「当たり前」を大切に 河北新報
3月15日 <震災7年>「遺体 家族へ」後進に志託す 不明者特定に6年 宮城県警・金野さん3月末退職 河北新報
3月15日 <点検・再始動 復興の理想と現実>生活基盤(2)福島・原発被災地の学校 保護者 ためらう帰郷 河北新報

3月14日 志津川高生迎え意見交換 新地高で震災教訓継承活動  福島民報
3月14日 <被災者ケアの現場から>受診増 人手追い付かず 河北新報
3月14日 娘の生きた証し 形ある語り部に 石巻・伝承施設に遺品展示 河北新報
3月14日 <点検・再始動 復興の理想と現実>生活基盤(1)宮城・女川の災害公営住宅 完成に時間 空き発生 河北新報

3月13日 <福島産ヒラメ>バンコクでのフェア中止 福島知事「思いを一つにしてやっと輸出にこぎ着けたのに…」 河北新報
3月13日 がれきが押し寄せ、線路が撤去され、更地に雑草…被災地の7年の変遷記録 仙台の市民グループが定点撮影写真集 河北新報
3月13日 漫画で震災の教訓学ぼう 宮城県教委 河北新報
3月13日 <露天こたつ>商店街に出現!仲間同士も初対面の人も、足を入れたくなる街に 仙台・連坊小路 河北新報
3月13日 <生きる街>「撮影中は生を実感」主演の夏木マリさんが舞台あいさつ  河北新報

3月12日 <震災7年>福島県・追悼復興祈念式 内堀知事「郷土の誇りを取り戻す」   河北新報
3月12日 <震災遺構>保存か解体か、対立の岩手・大槌町旧役場庁舎 遺族ら複雑な思い   河北新報
3月12日 <震災7年>仮設住宅最後の「3.11」追悼集会 石巻市・大森   河北新報
3月12日 <震災7年>各地で追悼の祈り 私たちができること 涙を拭って進むこと  河北新報

3月11日 古里再生へ前進 相馬玉野−霊山間開通 相馬福島道路 福島民報
3月11日 飯舘村が「ふるさと住民票」初交付 にぎわい創出へ村人増やす 福島民友
3月11日 <あなたに伝えたい>秋にもう一人誕生 頑張るよ 河北新報
3月11日 <東北の道しるべ>飯舘村で東北初のふるさと住民票交付 河北新報
3月11日 <相馬福島道路>復興を体感、相馬玉野−霊山IC間開通 河北新報
3月11日 <震災7年>大川小背負い生きる 只野哲也さん 柔らの道が心の支え 河北新報
3月11日 <震災7年>日常取り戻す日まで 避難生活者なお7万3000人超 河北新報

3月10日 <震災7年>風評や風化闘い続ける/福島県知事 内堀 雅雄氏 河北新報
3月10日 <山元町>新市街地に初のカフェ イチゴで結ぶ客との絆 あす開店 河北新報
3月10日 <大川小事故>娘と再会願いかなわず妻も津波の犠牲 病に倒れ不明児童の父死去 河北新報
3月10日 <震災7年>学生が見た福島第1原発の今 「廃炉 課題引き継ぐ」 事故の激しさ実感 河北新報

3月9日 LUSH全国展開!福島県産オーガニックコットン「手拭い」発売 福島民友
3月9日 コウナゴ今季初水揚げ 相馬双葉漁協 試験操業6年目 福島民報
3月9日 <点検・再始動 復興の理想と現実>農水産業(2)大船渡・水産加工場 不漁続けば廃業危機 河北新報
3月9日 <災害公営住宅>入居者の孤立防げ 地元自治会と連携強化へ 一関 河北新報
3月9日 一枚一枚に誰かの思い出 津波で損傷の写真2500枚展示 宮城・山元 河北新報
3月9日 仮設校舎の3年忘れない 名取・閖上中で最後の卒業式 河北新報

3月8日 二本松・人気酒造が最高金賞、5年連続 「ワイングラスで日本酒」 福島民友
3月8日 【健康長寿・運動不足(3)】女性もスポーツを 優先順位上げる必要 福島民友
3月8日 登山家の田部井淳子さんしのび故郷の自然巡ろう 4月に福島・三春でツアー 河北新報
3月8日 <あなたと共に>「よそ者」が見た復興(8完)韓国→福島市 風評収束への懸け橋に 河北新報
3月8日 <いちおし土産>自家栽培 豆の味しっかり 河北新報
3月8日 <点検・再始動 復興の理想と現実>農水産業(1)石巻・カキ養殖 先細る人手 増産に影 河北新報
3月8日 野菜を被災地に届け1000ヵ所超 宮城・栗原の農家菅原さん「思う気持ちに節目ない」 河北新報
3月8日 エノコロヤナギ輝く 気仙沼で見頃 河北新報

3月7日 <止まった刻 検証・大川小事故>上に、上に水中でもがく 河北新報
3月7日 <あなたと共に>「よそ者」が見た復興(7)大津市→南相馬市 会計士の視点 農業再生 河北新報
3月7日 <福島第1>復興庁調査 大熊「戻らない」59% 河北新報
3月7日 <蔵王山>温泉街「ほっと一安心」自治体「春の観光に力」 河北新報
3月7日 <止まった刻 検証・大川小事故>第5部 漆黒(2完)凍える一夜 悪夢か現実か 河北新報

3月6日 【健康長寿・運動不足(2)】広まる職場運動 高齢で働く時代備え 福島民友
3月6日 ミニチュアが人気 物販コーナーにぎわう テオ・ヤンセン展 福島民報
3月6日 <あなたと共に>「よそ者」が見た復興(6)静岡県富士市→名取市 遊び場つくり街元気に 河北新報
3月6日 <山形・サクランボ収穫期対策>働き手、沖縄に期待 列島リレーで人手確保へ 河北新報
3月6日 <止まった刻 検証・大川小事故>第5部 漆黒(1)非情の激流 児童の列襲う 河北新報
3月6日 <止まった刻 検証・大川小事故>教職員 最終判断を誤る 河北新報

3月5日 「県民の歌」で楽しく運動 健康フォーラム、福島県が動画発表 福島民友
3月5日 復興の歩み確認 常磐線を乗り継ぐ相馬地方の旅 福島民報
3月5日 <7年ぶり故郷の学びや 来月開校の新校舎内覧会 福島・飯舘 河北新報
3月5日 <震災7年>福島の漁業再生流通が鍵 買い受け業者は供給過剰値崩れ警戒 河北新報
3月5日 自然のお宝に魅せられて 仙台キノコ同好会が設立50周年 放射性物質による汚染を定点観測 河北新報
3月5日 <NPOの杜>誰もが観光楽しめる宮城に 河北新報

3月4日 <南三陸さんさん商店街>南三陸の幸「どん」と 「弁慶鮨」新メニュー開発PR 河北新報
3月4日 <あなたに伝えたい>亡き父さんと会ったんだね 河北新報
3月4日 <あなたと共に>「よそ者」が見た復興(4)栃木県野木町→気仙沼市 心に寄り添い 歌い 祈る 河北新報
3月4日 <止まった刻 検証・大川小事故>第4部 緊迫(5完)濁流一気に「大丈夫がや」 河北新報
3月4日 <南三陸さんさん商店街>開業1年 にぎわい紡ぎ出す 来場者65万人超に 河北新報

3月3日 「JGAP」取得 県内JA団体で初 安全安心な生産継続 福島民報
3月3日 幸運呼ぶ...「金のフクロウ」 二本松にお目見え 福島民友
3月3日 <止まった刻 検証・大川小事故>第4部 緊迫(4)「来てるぞ」 児童駆け足に 河北新報
3月3日 <点検・再始動 復興の理想と現実>医療・福祉(2)石巻市立病院 包括ケア後退に懸念 河北新報
3月3日 <あなたと共に>「よそ者」が見た復興(3)東京→石巻市 かっこいい漁業伝える 河北新報

3月2日 <止まった刻 検証・大川小事故>第4部 緊迫(3)三角地帯行き 教頭ら決断 河北新報
3月2日 <岩手県立高田病院>診療開始 事務職員・村上さん 亡き夫の思い引き継ぐ 河北新報
3月2日 <卒業式>歩む、復興の日まで 福島県ふたば未来学園1期生が巣立つ 河北新報
3月2日 <岩手・大槌町旧役場>町民意向調査で7割が解体すべき 保存は1割にとどまる 河北新報
3月2日 創業60年、気仙沼の銭湯奮闘 震災直後に再開 赤字続きでも営業「やっぱり風呂は大事」 河北新報
3月2日 <あなたと共に>「よそ者」が見た復興(2)横浜市→岩手県大槌町 出会い重ね未来つくる 河北新報

3月1日 17年の移住希望先...福島県「8位」 3年ぶりにトップ10入り 福島民友
3月1日 <17年度産米・食味ランキング>東北10銘柄が特A 宮城産「だて正夢」も2年連続 河北新報
3月1日 <止まった刻 検証・大川小事故>第4部 緊迫(2)空のバス目撃「駄目かも」 河北新報
3月1日 <震災7年>被災地首長アンケート(2)風化 河北新報
3月1日 <震災7年>被災地首長アンケート 東京五輪・復興ホストタウン 新たに12市町村が申請検討 河北新報
2018年【2月分】
2月28日 寒い日の入浴注意! 県内消防、ヒートショック事故防止へ対策 福島民友
2月28日 まるせい果樹園(福島)GAP部門局長賞 農水省「未来につながる農業推進コンクール」 福島民友
2月28日 被災地の現状視察 芸術家テオ・ヤンセンさん 福島民報
2月28日 津波てんでんこ 紙芝居で 釜石高生、鵜住居小で防災講座 河北新報
2月28日 <震災7年>中間貯蔵搬入3%止まり 仮置き場なお1100ヵ所超 河北新報
2月28日 双葉発信 これからも 1期生あす卒業式 ふたば未来学園高 河北新報
2月28日 <止まった刻 検証・大川小事故>第4部 緊迫(1)「避難」叫び 広報車が通過 河北新報

2月27日 「福島牛」定番販売へ 3月からイオン、福島県内外の計6店舗 福島民友
2月27日 浜通りの現状理解 明治安田生命が「学ぶ会」 福島民報
2月27日 <震災7年>再生への仙山連携(1)交通・輸送 山形空港 救援拠点に 河北新報
2月27日 <復興を生きる>古里と共に歩み再び 河北新報
2月27日 <回顧3.11焦点>被災地の瓦礫撤去足踏み 処理能力限界、まだ遺体の捜索続く自治体も 河北新報
2月27日 双葉住民待望の引き渡し いわき・勿来酒井団地災害住宅35戸 河北新報
2月27日 大漁大福作りでツルアラメPR 大間漁協、児童に指導 河北新報
2月27日 福島産品のネット通販が好調 7カ月で12億円、コメ人気 河北新報

2月26日 ゲストハウス、6月の開設に向け準備着々 福島県浪江町の和泉さん 河北新報
2月26日 <再生の針路>住民のまちづくり応援/東松島市・渥美 巌市長 河北新報
2月26日 <東京検分録>震災風化の進む国会/国難省み建設的な議論を 河北新報

2月25日 「3年後の福島」考察 産業再生、風評払拭語る くるまざカフェシンポ 福島民報
2月25日 全国植樹祭成功へ一丸 100日前記念しイベント 二本松 福島民報
2月25日 <あなたに伝えたい>今年で還暦 ゆっくり休んで 河北新報
2月25日 <大川小>卒業生の3人「閉校寂しいけれど、この場所残っている」 河北新報
2月25日 <震災7年>震災関連文書、散逸の恐れ 被災3県沿岸市町村の半数近くが特別措置なし 河北新報
2月25日 <大川小>津波犠牲忘れない 閉校式で145年の歴史と伝統を心に刻む 河北新報

2月24日 きれいな荒川を未来へ 福島でシンポ、保全や資源活用考える 福島民友
2月24日 <震災遺構>「高野会館維持管理しない」南三陸町が所有者に回答 河北新報
2月24日 <震災7年>津波にのまれながら生き残った「奇跡の桜」古里帰る 河北新報
2月24日 <震災7年>陸前高田の商店街、仮設店舗取得で継続模索 自力再建困難な事業者連携 河北新報
2月24日 山形県へ移住でコメ・みそ・しょうゆ1年分提供 河北新報
2月24日 障害ある人もお泊まり安心 宮城県内のバリアフリー施設ガイド完成 河北新報

2月23日 <再生の針路>高齢者の孤立解消に力 河北新報
2月23日 2月22日は「猫の日」奥州市・猫ノ図書館開設1周年 河北新報
2月23日 <大川小>あす閉校式 145年の歴史に幕 河北新報

2月22日 第1原発3号機「屋根カバー」設置完了 秋にも燃料取り出しへ 福島民友
2月22日 東松島・乗り合いタクシー 震災乗り越え20万人利用 河北新報
2月22日 山形版避難所運営学ぼう 寒河江のNPOなど疑似体験ゲーム制作 河北新報
2月22日 最悪シナリオ「津波浸水域」被災3県未公表 進むまちづくりに懸念 河北新報

2月21日 イノシシ排除へ緊急戦略 避難区域12市町村 福島民報
2月21日 県中地方の観光PR 24、25日に福島で物産フェア 福島民報
2月21日 <青森県予算案>地域と人づくりに重点 河北新報
2月21日 <氷筍スクスク 遠野の山中で透明な「タケノコ」神秘の輝き 河北新報
2月21日 <飯舘村自殺訴訟>「じいちゃんの思い通じた」遺族ら安堵 河北新報

2月20日 被災地の現状に理解 日本記者クラブが飯舘村長と面会 福島民報
2月20日 仮設の連携組織解散へ 石巻 河北新報
2月20日 <岩手山>冬季噴火想定しスキー場で初の訓練 河北新報
2月20日 仙台・鶴ヶ谷分譲50年 住民主体で再生、高齢化や人口減解決へ 河北新報

2月19日 古里に安波祭再び 心つなぐ伝統の舞 福島民報
2月19日 <JTB交流文化賞>農業復興支援の学生ボランティアが最優秀賞 河北新報
2月19日 福島大、双葉郡住民実態調査「うつ病に近い傾向」半数超 原発事故の負担色濃く 河北新報
2月19日 <被災水門保存>気仙沼市の姿勢に波紋「オープンな場で論議を」 河北新報
2月19日 <飯舘村自殺訴訟>あす判決 原発事故との因果関係が争点 河北新報
2月19日 <平昌五輪>羽生選手 逆境で学び力に 河北新報

2月18日 復興へ歩む姿語る 東京でフォーラム 被災地の事業者登壇 福島民報
2月18日 「日本酒王子」に平地さん 二本松でまつり、美酒に酔いしれる 福島民友
2月18日 <平昌五輪>66年ぶりの五輪連覇 羽生万感、王者の意地漂う風格 河北新報
2月18日 鎌先温泉に憩いの場を CFで資金募る 目標は100万円 河北新報
2月18日 閖上さいかい市場6年 心一つ最後の感謝祭 「かわまちてらす閖上」などに移転 河北新報
2月18日 <平昌五輪>宮城の誇り感動、感謝 羽生選手連覇、喜び広がる 河北新報

2月17日 震災後の福島に理解 首都圏学生、スタディツアー 福島民報
2月17日 再生エネ導入28% 県内エネルギー需要、補助充実で太陽光大幅増 福島民友
2月17日 <常磐線>全線再開へ着々 富岡−浪江間の除染、7割終了 河北新報
2月17日 震災時決死の救助 消防署員らが体験発表 仙台 河北新報
2月17日 <蔵王山>観光事業者を県が支援 噴火警戒の売り上げ減で制度融資 河北新報

2月16日 <岩手・大槌旧庁舎>保存か解体か 岩手知事「積極関与せず、町民の議論優先望む」 河北新報
2月16日 東北の休廃業・解散企業 2017年も2000件弱 後継者不足で高水準続く 河北新報
2月16日 <仙台・メモリアル交流館>消防署員の手記58点展示 被災者救助の葛藤つづる 河北新報

2月15日 多彩な「小みやげ」お披露目 福島で「プロジェクト」発表会 福島民報
2月15日 <汚染廃>くすぶる反発 首長苦渋の決断 河北新報
2月15日 津波避難 VRで体験 秋田市、システム導入へ 河北新報
2月15日 超高齢化社会に対応 デマンドタクシー導入 岩沼市 河北新報

2月14日 「判断つかない」微増 町内への帰還住民意向調査 福島民報
2月14日 「室礼」通じ年中行事理解を 秋田の女性、教室開催 河北新報
2月14日 <女川原発>防潮堤設計見直し 沈下対策で追加工事 河北新報
2月14日 旅館が温泉熱でカレーリーフ栽培 収益の柱に 河北新報

2月13日 若者視点 地方創生の鍵に 福島で「CSC」シンポ 福島民報
2月13日 移住促進へ担い手育成 県が2018年度、専門家招き講座 福島民報
2月13日 <復幸の設計図>女川・公民連携の軌跡 第4部・突破(3)テナント型 費用負担軽く 河北新報
2月13日 <止まった刻 検証・大川小事故>第3部 迷い(5完)松林に水煙「津波が来た」 河北新報
2月13日 <季節ハタハタ漁>漁獲枠の56%止まり 資源減少「予想以上」 河北新報
2月13日 集約進む石巻・仮設住宅ルポ 安住の地待ち望む 残る住民支え合う 河北新報

2月12日 心癒やし 希望照らす 福島でキャンドルナイト 福島民報
2月12日 郡山でワークショップ 郷土誇る民俗芸能披露 福島民報
2月12日 <移住促進へ温泉施設改修 町健康センター 新年度から居住体験 福島民報
2月12日 <アンバサン>石巻・長面の奇祭 すす塗られ頬緩む 河北新報
2月12日 人生で4度津波経験した男性「逃げろ ここより高く」碑訴え 河北新報
2月12日 <止まった刻 検証・大川小事故>第3部 迷い(4)浸水想定外「油断」助長か 河北新報

2月11日 <あなたに伝えたい>3年後看護師に 待っていて 河北新報
2月11日 <止まった刻 検証・大川小事故>第3部 迷い(3)避難か待機か 揺れる議論 河北新報
2月11日 <相馬農高飯舘校演劇部>最終公演に臨む部員の後藤さん「芝居で自信持てた」 河北新報
2月11日 <相馬農高飯舘校演劇部>万感胸に最後の舞台 後輩部員おらず廃部に 東京都内できょうから 河北新報
2月11日 会津地方へ修学旅行、原発事故前水準に回復 仙台市立小、風評沈静化か 河北新報

2月10日 学生の地元定着策探る 福大などがシンポジウム 福島民報
2月10日 南三陸卸売市場が宮城県内初の「優良衛生管理市場・漁港」に認定 河北新報
2月10日 <止まった刻 検証・大川小事故>第3部 迷い(2)トップ不在 指針なく忙殺 河北新報
2月10日 <震災6年11カ月>再生のラン開花、元気届ける 奥州・佐藤さん、地元で来月お披露目 河北新報
2月10日 漂う悪臭…陸奥湾でイワシ大量死、浜埋める 青森・横浜町が14日にも処分へ 河北新報

2月9日 台湾便52便連続運航 5月〜7月チャーター便で 福島空港 福島民報
2月9日 <東北電>再生可能エネルギー 受け入れ拡大 北東北の総送電容量計画1.6倍に 河北新報
2月9日 <台湾地震>恩返しの義援金を 南三陸町8ヵ所に募金箱設置 河北新報
2月9日 <止まった刻 検証・大川小事故>第3部 迷い(1)バス運転手 待機むなしく 河北新報

2月8日 いわき産「わら焼きしめさば」販売 イオン400店舗で復興へ発信 福島民友
2月8日 <三陸沿岸道>南三陸海岸−歌津 1日当たり交通量6600〜7400台 仙台方面からの来訪者が増加 河北新報
2月8日 <くんちぇ広場>避難者を支えた鮮魚店閉店へ 仮設住宅提供終了、寄り添う役目果たす 河北新報
2月8日 <野菜高騰>生協宅配が人気 特別栽培「逆転現象」で割安に、供給追い付かず遅配も 河北新報

2月7日 「ポスト復興」意識 震災後最少、福島県18年度予算案 福島民友
2月7日 美術で復興支援 いわき、テオ・ヤンセン展 福島民報
2月7日 モアイ像お引っ越し 南三陸町、さんさん商店街に 河北新報
2月7日 気仙沼で被災の水門、市が保存へ「津波の破壊力 想起」 河北新報
2月7日 <蔵王山>遠刈田温泉、宿泊キャンセル2000人 噴火警戒レベル引き上げ影響 河北新報
2月7日 宮農高生考案 北限の「シラスおにぎらず」全国のファミマで発売 河北新報
2月7日 <蔵王山>噴火警報発表1週間 続く火山性地震 河北新報

2月6日 引き取られた猫、幸せな生活紹介 仙台で写真展 河北新報
2月6日 福、まめに来い 塩釜神社で節分祭 河北新報

2月5日 郡山6蔵元『自慢の新酒』味わう 飲み比べやカクテル・雪の舞 福島民友
2月5日 「黒米おはぎ」デビューへ 仙台の和菓子店と山形の農家 県境越えコラボ 河北新報
2月5日 <まちかどエッセー・村尾沙織>運命の人 河北新報
2月5日 <蔵王山>火山性地震6回 1月30日から7日連続 河北新報

2月4日 太鼓に合わせ氷上で舞う 川俣・山木屋で「そらフェス」 福島民報
2月4日 <あなたに伝えたい>古里戻るか悩み中 見守って 河北新報
2月4日 「大人の遠足」大崎の魅力を 世界農業遺産認定 市が記念ツアー マガン飛び立ちなど見学 河北新報
2月4日 馬事文化で観光誘客を 遠野で7日シンポ 河北新報
2月4日 愛情コメ酒造り 仕込み体験 栽培から挑戦 登米総合産業高生 3月完成 河北新報
2月4日 来場者200万人達成 川崎・セントメリースキー場 河北新報

2月3日 「雪の東北」観光資源に 山形県と国連が世界会議 河北新報
2月3日 南三陸町・冬の新名物「さんこめし」誕生 たこ、あなご、はらこ一堂に 河北新報
2月3日 <東北中央道>福島大笹生―米沢北間の開通効果、交通量1.5倍に 観光地の客数も増加 河北新報

2月2日 三陸ワカメ復興の香り 宮城県産・初入札、品質は上々  河北新報
2月2日 寒風、フカヒレの味磨く 気仙沼・天日干し最盛期  河北新報
2月2日 <蔵王山>火山性地震4回 上空から観測も異常見られず  河北新報
2月2日 業界初!酒造りにAI 二戸「南部美人」東京の企業と実験 杜氏の経験や勘をデータ化  河北新報

2月1日 ロゴマークに「二本松少年隊」 二本松市、戊辰150年事業計画  福島民友
2月1日 寒風、フカヒレの味磨く 気仙沼・天日干し最盛期  河北新報
2月1日 福島の市町村長選で現職落選ドミノ再び 有権者転換望む?  河北新報
2月1日 <蔵王山>噴火警戒レベル2 山形の観光協、風評防止へ情報発信徹底  河北新報

2018年【1月分】
1月31日 教育旅行PR 県が東京でフォーラム  福島民報
1月31日 <道の駅進化系>(6)象潟「ねむの丘」(秋田県にかほ市)温泉漬かり日本海一望  河北新報
1月31日 <気仙沼市>デザイン公募の復興祈念公園 アイデアづくり、若者熱気じわり  河北新報
1月31日 <丸森再耕 原発事故を超えて>お茶飲みで絆を再確認  河北新報
1月31日 <蔵王山>仙台管区気象台 噴火警戒レベル2に引き上げ、警報発表  河北新報
1月31日 <大川小訴訟>遺族、和解選ばず「判決 学校防災の礎に」 河北新報

1月30日 ベトナムで観光誘客 福島県などがチャーター便運航PR 福島民報友
1月30日 未来描き復興考える 広野の早大リサーチセンター 福島民報
1月30日 <道の駅進化形>(5)あつかしの郷(福島県国見町)泊まって満喫 復興拠点 河北新報
1月30日 <飯舘村>元規制委員長・田中氏 「復興アドバイザー」就任 河北新報
1月30日 <丸森再耕 原発事故を超えて>攻めの姿勢で広がる輪 河北新報
1月30日 <うどん・そば自販機>懐かしの味守って60年 若い力も奮闘 河北新報

1月29日 <この人このまち>豪雪競技 笑顔が積もる 河北新報
1月29日 「海の幸」逸品熱々で 南三陸町・歌津でイベント 河北新報
1月29日 <丸森再耕 原発事故を超えて>共同店舗 再生の拠点へ 河北新報
1月29日 元ガングロギャル、遠野に「渋谷センター街」を 多様性認める居場所に 河北新報

1月28日 田中氏が飯舘村の復興アドバイザーに 29日委嘱 福島民報
1月28日 <あなたに伝えたい>古里の魅力 共有できたかな 河北新報
1月28日 <地域再生大賞>奨励賞に石巻「フィッシャーマン・ジャパン」 河北新報
1月28日 <止まった刻 検証・大川小事故>第2部 激震(6)ざわつく校庭「帰れるの」 河北新報
1月28日 <原発事故>避難指示経験した3町村、日本酒造り進む 地元の新たな特産品に 河北新報

1月27日 雪板遊び 心弾み踊る 山形・高畠の住職が福島の子に提供 河北新報
1月27日 湯通しで鮮やか緑に 気仙沼でワカメ収穫本番 河北新報
1月27日 休廃業、倒産の6倍 後継者不足や高齢化で 河北新報
1月27日 <止まった刻 検証・大川小事故>第2部 激震(5)引き渡し規則 継承されず 河北新報

1月26日 福島の日本酒...『アメイジング!』 スイス・ダボス会議で提供 福島民友
1月26日 戊辰×二本松少年隊に 今秋の菊人形展テーマ決まる 福島民報
1月26日 鯉食べに郡山へコイ ハンバーガーやおにぎり…市内46店で提供 河北新報
1月26日 求む「インスタ映え」投稿 県観光連・第2弾のテーマは温泉 河北新報
1月26日 <止まった刻 検証・大川小事故>第2部 激震(4)裏山に避難 2日前も協議 河北新報

1月25日 「たびとほっこり祭」継続へ 支援金額が目標達成  福島民報
1月25日 福島の技術世界に発信 ものづくり日本大賞で最高賞受賞 小松道男さんに聞く 福島民報
1月25日 相馬・松川浦「青ノリ」2月5日から収穫開始 7年ぶり出荷へ 福島民友
1月25日 無火災願い 見っさいな 岩手・住田で奇習「水しぎ」 河北新報
1月25日 インフラ活用復興後押しを 仙台で講演会 河北新報
1月25日 <止まった刻 検証・大川小事故>第2部 激震(3)北上川の異変察知できず 河北新報

1月24日 ふくしまの恵みPR 流通、販売業者交流会 東京 福島民報
1月24日 <道の駅進化形>(2)たろう(宮古市)防災とにぎわい再生へ 河北新報
1月24日 福島の被災農家「再開の意向なし」42% 河北新報
1月24日 <止まった刻 検証・大川小事故>第2部 激震(2)難なく点呼「次」定まらず 河北新報
1月24日 <大川小訴訟>帰りたい 娘の「声」代弁 河北新報
1月24日 <大川小訴訟>遺族「次世代に生かされる判決を」 河北新報

1月23日 復興支援楽しく末永く 被災の宮城・山元に憩いのバー併設シェアハウスオープン 河北新報
1月23日 <南相馬市長選>「脱原発の顔」思わぬ苦杯 桜井氏3選ならず 再稼働批判で政権党と対立 河北新報
1月23日 <大川小事故>避難経路、茂みが阻む ツタや雑草荒れ放題 裏道の詳しい状況判明 河北新報
1月23日 <止まった刻 検証・大川小事故>第2部 激震(1)未曽有の揺れ 教職員奔走 河北新報

1月22日 吉永小百合さんが「撮影秘話」披露 映画・北の桜守への思い語る 福島民友
1月22日 広野「百矢祭」7年ぶり復活 大勢の住民にぎわう 福島民報
1月22日 年内にも営業終了へ いわきの仮設店舗「とよマルシェ」 福島民報
1月22日 <脱埋没への模索 どうする登米・栗原>第2部 市民生活(5完)市民バス(下)/公共交通政策 連携を 河北新報
1月22日 気仙沼の浪板虎舞が初舞奉納 震災からの復興祈る 河北新報
1月22日 寒ダラの身キリッ 南三陸で福興市 河北新報
1月22日 <福島米が足りない>(下)業務用米 伸びる需要戻らぬ価格 中食ブーム対応戦略を 河北新報

1月21日 各界トップリーダーと若者が福島県の未来議論 県民公開大学 福島民友
1月21日 田んぼリンク一般開放スタート 川俣町山木屋 福島民報
1月21日 福島・桑折に食と農の拠点、今春誕生 閉園の幼稚園を改修、レストランや市場に 河北新報
1月21日 <大寒>寒風、凍み豆腐育む 青森・酸ヶ湯温泉で仕込み作業 河北新報
1月21日 いわきのかーちゃんたちの味「ポーポー焼き」惜別 サンマ不漁で提供困難に、仮設店舗閉店 河北新報
1月21日 <脱埋没への模索 どうする登米・栗原>第2部 市民生活(4)市民バス(上)/本数、路線 不便さ顕著 河北新報
1月21日 <福島米が足りない>(上)家庭用 「安いうまい」会津復権 買いたたき 変化の兆し 河北新報

1月20日 裏磐梯に神秘の滝「イエローフォール」出現! 訪れる人を魅了 福島民友
1月20日 仏シェフに日本酒講座 大七酒造 来月パリの学校で 料理との相性解説 福島民報
1月20日 4割が「営農再開」意向 避難12市町村農業者、補助金など支援 福島民友
1月20日 気仙沼・津波に耐えた桜 伐採木を無償提供 看板やベンチなどに活用 河北新報
1月20日 <脱埋没への模索 どうする登米・栗原>第2部 市民生活(3)産科医療(下)/立場越え相互理解を 河北新報
1月20日 熱いぞ岩手発ネコグッズ 光る職人技 使い勝手の良さ人気 河北新報

1月19日 <花巻市長選>雑穀王国、進まぬ後押し 震災や高齢化で生産半減 河北新報
1月19日 <脱埋没への模索 どうする登米・栗原>第2部 市民生活(2)産科医療(中)/綱渡りの診療に苦悩 河北新報
1月19日 <福島県産米検査>農家・流通から賛否両論 河北新報
1月19日 <福島県産米検査>20年産から抽出移行も 全量全袋見直しへ 河北新報

1月18日 郡山の旅館「磐梯向滝」建物取得 伊東園ホテルズ、今春にも新旅館 福島民友
1月18日 3時間耐火の木質部材 山形「シェルター」が販売 河北新報
1月18日 <阪神大震災23年>陸前高田 分灯守り共に祈る 河北新報
1月18日 <再稼動意見書>事故風化ここまで 避難者ら落胆深く 河北新報
1月18日 埼玉県議会、原発再稼働求める意見書可決 「福島を軽視」抗議拡大 河北新報

1月17日 仮設型商業施設「コモンシップ橋通り」4月誕生 石巻・中央のにぎわい創出へ 河北新報
1月17日 <芥川賞>若竹さん受賞 遠野弁駆使「古里の誇り」同級生ら歓喜の声 河北新報
1月17日 <阪神大震災23年>薄れる記憶、伝承に腐心 イベントを3.11と連動、風化防ぐ 河北新報
1月17日 <阪神大震災23年>二つの震災教訓伝える 避難マニュアル策定「一人の犠牲者も出さない」 河北新報

1月16日 新たに「ドリフトタクシー」登場 ダイヤモンドルートPR動画 福島民友
1月16日 <ゴンゲンサマ>神と遊び無病祈る 遠野市・八幡宮 河北新報
1月16日 <小正月>力いっぱいの唄 豊漁祈る 南三陸町・寄木地区 河北新報
1月16日 <止まった刻 検証・大川小事故>第1部 葛藤(5完)苦しまないで 教え子訴え 河北新報

1月15日 震災後初「津島の田植踊」 二本松で披露、浪江の郷土芸能継承へ 福島民友
1月15日 教育、農業の再生を誓う 楢葉町新春交歓会 福島民報
1月15日 <止まった刻 検証・大川小事故>第1部 葛藤(4)メモを廃棄 真相解明の壁 河北新報
1月15日 <ほっとタイム>家族の愛に涙の誓い 河北新報
1月15日 小学生がカキの殻むき挑戦「食べるのは大好きだけど、こんなに大変だとは思わなかった」 河北新報
1月15日 <この人このまち>牧場 人も集う中継地に 河北新報
1月15日 <アングル秋田>自然尊び厳かに舞う 秋田・鹿角の大日堂舞楽 河北新報

1月14日 飯舘の魅力語る 風とロックCARAVAN 福島民報
1月14日 モアイよ、これからも見守って チリから寄贈、新商店街へお引っ越し・南三陸 河北新報
1月14日 歌津の宝修復、復興の励みに 被災古文書2000点を奈良の市民グループが作業 河北新報
1月14日 <止まった刻 検証・大川小事故>第1部 葛藤(3)波頭を目撃 山駆け上がる 河北新報

1月13日 ご当地グルメ味わって ふるさと祭り東京、福島県から7店出展 福島民友
1月13日 高野病院で命救った自家発電機 「でんちゃん物語」絵本に 福島民報
1月13日 発電兼業農家増やそう 青森で農業団体など計画推進 河北新報
1月13日 <原発自主避難立ち退き訴訟>被告が居住の正当性主張 河北新報
1月13日 <止まった刻 検証・大川小事故>第1部 葛藤(2)大津波を予見「山さ行け」 河北新報

1月12日 縁起物「うそどり」求めにぎわう 福島・西根神社でうそかえ祭 福島民友
1月12日 「土湯温泉冬のマル得プラン」 東北中央道大笹生−米沢北開通 福島民報
1月12日 <吉野復興相>南三陸を視察 循環型のまち広める 河北新報
1月12日 <谷口がっこそば>昨年12月火災で全焼 金山町が共済金活用し再建へ 河北新報
1月12日 <止まった刻(とき)検証・大川小事故>裏山へ避難 食い違う証言 河北新報

1月11日 来月GAP推進月間 県、取得拡大へ企画次々 福島民報
1月11日 温泉旅行で人間ドック 大崎観光公社が鳴子ツアー発売 河北新報
1月11日 <東松島・創る村>再出発 不登校児の拠点、夏完成 河北新報
1月11日 <女川原発30キロ圏>南三陸町、登米市と協定 広域避難の枠組み整備完了 河北新報
1月11日 <私の復興>母へ 早く戻ってきて 河北新報

1月10日 健康ウェブ動画とCM発表 アプリ・ネット配信、箭内夢菜さん出演 福島民友
1月10日 宮城・志津川高で意見交換 新地高、震災の教訓 継承活動 福島民報
1月10日 <転機の米作り>(3)風評、主食用生産で払拭 河北新報
1月10日 コーヒーかすを堆肥活用 カフェ店主ら団体、宮城大、農家連携 循環型農業構築へ研究 河北新報
1月10日 震災不明者なお211人 南三陸署、歌津の海岸で一斉捜索 河北新報

1月9日 漁師の魅力伝えたい いわきのNPO法人職員、榊裕美さん 福島民報
1月9日 地蔵を引きずり雪散らし幸せ祈る 尾花沢で奇習「地蔵転がし」 河北新報
1月9日 新婚男性に冷水で手荒い祝福 震え耐え無病息災願う いわきで奇祭「水祝儀」 河北新報
1月9日 全町避難で中断の正月行事「鳥小屋」復活 7年ぶり地域住民ら交流 福島・広野 河北新報
1月9日 気仙沼で創業50年の名物ジャズ喫茶 2人の新米マスターで灯り再び 河北新報
1月9日 <局面断面>福島の災害住宅 自治会づくり担い手不足 河北新報

1月8日 「魅力ある町に」 浪江と富岡、7年ぶり町内で成人式  福島民友
1月8日 「マイぐい呑み」できた 二本松「酒まつり」連動企画第1弾  福島民友
1月8日 <成人式>福島の原発事故被災自治体 出席者減に危機感 かすむ未来  河北新報
1月8日 <さんげさんげ>雪景色の温泉街 白装束で練り歩き無病息災祈る 河北新報
1月8日 <成人式>帰還見据えて車整備士の道 いつか「まちの車屋さん」を 福島・飯舘 河北新報
1月8日 <成人式>無念かみしめて 遺影抱き出席 古里の復興への貢献誓う 南三陸 河北新報
1月8日 <成人式>自分の進む道を見守って 福祉美容師へ亡き友に決意 宮城・山元 河北新報

1月7日 「双葉ダルマ市」最後の仮設開催 7日までいわき 福島民報
1月7日 <わたしの道しるべ>山元を行きつけの町に 河北新報
1月7日 <星野仙一氏死去>昨年8月対談 東北への思い語る 河北新報
1月7日 <星野仙一氏死去>「りんごラジオ」出演 被災地に誓った躍進 河北新報
1月7日 <星野仙一氏死去>夢と勇気ありがとう あの日の雄姿、今も心に 河北新報
1月7日 <星野仙一氏死去>日本一の感動忘れない 東北各界から哀悼の声 河北新報
1月7日 <星野仙一氏死去>東北楽天を日本一に導く 闘将、被災地に夢 河北新報

1月6日 飯坂温泉地酒でPR 純米吟醸酒「摺上川」を発売 福島民報
1月6日 吹く寒風にうま味増す 山形・白鷹でアユ干し盛ん 河北新報
1月6日 輝く黒、出来栄え確認 塩釜で乾のり品評会 河北新報
1月6日 厳しい寒さ高品質に 丸森・和紙初すき 河北新報

1月5日 「現場主義で復興・創生」 内堀福島県知事が年頭記者会見 福島民友
1月5日 映える「ロウバイ」...甘い香り漂わせる 福島・花見山公園 福島民友
1月5日 内堀知事、全国に呼び掛け「福島見て実感を」 河北新報
1月5日 <春祈祷>伝統芸能の獅子舞披露 石巻・雄勝町 河北新報
1月5日 <東北経済の展望>訪日客増加を実感「前向きな挑戦を」 復興需要収束へ懸念も 河北新報
1月5日 <河北新報社調査>全国の原発立地自治体首長 福島視察6割経験 河北新報

1月4日 あの頃の夢に再会 双葉町の新成人、タイムカプセル開封 福島民友
1月4日 移動販売が「命綱」 ふくしまに生きる 西会津町奥川地区(2) 河北新報
1月4日 <全町避難>20歳への手紙 古里は心に 福島・双葉町成人式 河北新報
1月4日 <大曲浜獅子舞>復興祈り勇壮に舞う 河北新報
1月4日 餅料理食べ歩き 外国人もターゲット 河北新報

1月3日 <多酒多様>仙山圏ほろ酔い紀行(2)日本酒 創業4世紀 手作業貫く 河北新報
1月3日 チャグチャグと新年告げる鈴の音 馬コ10頭が滝沢で初詣 河北新報
1月3日 7年ぶりに大漁旗はためく 福島・請戸漁港で出初め式 河北新報
1月3日 7年ぶりに大漁旗はためく 福島・請戸漁港で出初め式 河北新報
1月3日 震災復興を御来光に祈る 仙台・新浜の津波避難タワーで元日訓練 河北新報
1月3日 迎春の喜び古里で 昨年避難解除の浪江で帰還住民ら初詣 河北新報

1月2日 「地域再生」新たなステージへ 帰還困難区域で復興拠点計画進む 福島民友
1月2日 古里の風景ハワイへ 絵画印刷のハンカチ博物館展示 福島民報
1月2日 『ピアノの名器』...3月・富岡へ帰還 震災・原発事故で郡山に 福島民友

1月1日 <県、風評払拭へ新CM 農産物産地の魅力PR 福島民報
1月1日 <多酒多様>仙山圏ほろ酔い紀行(1)ワイン 栽培から一貫本場の味 河北新報
1月1日 福島産ヒラメ輸出計画、3月にも 水産物は原発事故後初 河北新報
1月1日 【げんき創生・福島の挑戦】新春座談会(1)元気な福島取り戻す 福島民友
1月1日 オオカミのこま犬に村再生願う 福島・飯舘の山津見神社で避難解除後初の正月 河北新報
1月1日 <なまはげ>「悪い子はいねが」幸願い民家に雄たけび 河北新報
1月1日 蔵王の「アイスモンスター」消滅危機 温暖化の影響で今世紀末までか 河北新報

2017年【12月分】
12月31日 県、情報発信を強化 ホームページ新設、体験記など掲載 福島民報
12月31日 花は咲いてなくても...きれい 二本松「中島の地蔵桜」ライトアップ 福島民友
12月31日 県内移住促進強化へ 県、受け入れ団体補助拡充 福島民報
12月31日 <私の復興>古里と移住の地結ぶ 河北新報
12月31日 <ほっとタイム>「チーム飯坂」で奮起 温泉旅館に果物たっぷりスイーツ 河北新報
12月31日 <わたしの道しるべ>技術の力で街を面白く 河北新報
12月31日 震災から7度目の大みそか 幸せ願う灯温か 河北新報

12月30日 <ふるさと息づく 岩手・大槌>(下)つなぐ/「外の力」で神楽支える 河北新報
12月30日 <南三陸町>年末恒例「おすばでまつり福興市」 河北新報
12月30日 ハタハタぱったり 漁獲枠の半分満たず 価格2倍「高級魚」に 河北新報

12月29日 おとぎの宿米屋が東北1位 宿泊サイトRelux年間人気ランキング 福島民友
12月29日 県産米CM、好感度調査2位に いい味出してる? 福島民報
12月29日 男鹿「なまはげ」担い手いねがぁ〜 実施町内会5割強に減 河北新報
12月29日 <ふるさと息づく 岩手・大槌>(中)震災/慰霊碑建立 津波へ戒め 河北新報
12月29日 <大槌復興刺し子>好調 無印良品とコラボ第4弾発売 河北新報

12月28日 「只見線の日」提案 利活用推進へ福島県、県民運動を展開 福島民友
12月28日 <ふるさと息づく 岩手・大槌>(上)学びや/輝く思い出 そのままに 河北新報
12月28日 津波タワーで避難訓練兼ね初日の出観賞会 住民団体企画 河北新報
12月28日 <フィッシャーマン>フェリシモと連携 女性に照準 水産物通販 河北新報

12月27日 お疲れさま...「災害FM」閉局へ 地元密着放送局に大きな転機 福島民友
12月27日 <年の終わりに17東北>(8完)伝統の味 寒風で熟成 河北新報
12月27日 金融機関の「昼休み」東北でも導入続々 正午挟んで窓口業務取りやめ、規制緩和で可能に 河北新報
12月27日 宮古・田老の仮設商店街「たろちゃんハウス」今月末で営業終了 支え支えられ商いつなぐ 河北新報
12月27日 <思い立ったが入門日 週1紙上塾>ずぼラク流お片付け(8)目的を明確にして厳選/はやさかひろみ 河北新報

12月26日 <回顧17みやぎ>(12)りんごラジオ閉局/被災者の肉声 公開を 河北新報
12月26日 <帰還困難区域>福島・双葉で除染と建物解体始まる 国認定の復興拠点で初 河北新報
12月26日 東北各地で暴風と吹雪 登米で最大瞬間風速26.4mなど12月の観測史上最大を記録 河北新報
12月26日 「占いサイト」でトラブル続発 出会い系サイト同様の有料メールで高額利用料請求も 河北新報

12月25日 「双葉8町村」広報紙で発信 避難者らのNPO、創刊 福島民報
12月25日 楢葉産ユズのジェラート、シャーベット人気! 6年ぶりに復活 福島民友
12月25日 おならカルタ人気じわり 「ぷっ」と吹き出す面白さ 「『あほだね』『くだらない』とわいわい楽しんで」 河北新報
12月25日 <中洞牧場>国内初 アニマルウェルフェア認証取得「健康な家畜から作った製品が消費者の安全安心に」 河北新報
12月25日 福島・飯舘村、東北初の「ふるさと住民票」導入へ 関心あれば「住民」に、村を外から支える 河北新報

12月24日 「鳥小屋」7年ぶり復活へ 広野で1月7日  福島民報
12月24日 中田英寿さん、福島県産日本酒を語る 「全体的に高いレベル」  福島民友
12月24日 <福島県産米>全量全袋検査 福島米生産現場「再考を」 出荷遅れ負担も大きく  河北新報
12月24日 <あなたに伝えたい>「使命」と受け止め寺を再建  河北新報
12月24日 <年の終わりに17東北>(5)息合わせて舞手躍動  河北新報
12月24日 商店街「衰退」76.7パーセント 宮城県の調査で判明  河北新報
12月24日 <伝える〜被災地から>(下)残す/大川の誇り模型に刻む  河北新報

12月23日 津波被災の校銘板復活 いわきの豊間中  福島民報
12月23日 「復興財源」残り3兆円 29兆円使途固まる、効率的運用が必要  12月23日 「復興財源」残り3兆円 29兆円使途固まる、効率的運用が必要  福島民友
12月23日 避難区域外の風評損害賠償 東電新算定方式大筋受け入れへ 福島・協議会  河北新報
12月23日 <伝える〜被災地から>命と向き合う姿 次代へ  河北新報
12月23日 <再処理工場完成延期>信頼失う「恒例行事」 地元青森、怒りと不安  河北新報
12月23日 <福島第1原発事故>復興拠点、浪江町の計画認定 3カ所に23年から帰還開始目標  河北新報

12月22日 出張来たら酔ってって 福島で日本一の酒巡り  福島民報
12月22日 高校生の目でまちづくり 福島商議所が「ワークショップ」開催  福島民友
12月22日 福島オリジナル米「里山のつぶ」販売開始 期待も実る  河北新報
12月22日 石巻の漁協3支所 カキ養殖の国際認証取得へ  河北新報
12月22日 大飯1、2号機廃炉決定 関電、大型原発で初 河北新報
12月22日 <伝える〜被災地から>葛藤乗り越え語り部に「なぜ友は亡くなり、自分だけ助かったのか」 河北新報

12月21日 <リンゴ王国 青森から>若手の新規就農に期待 河北新報
12月21日 <年の終わりに17東北>(2)地域再建へ 祈り輝く 河北新報
12月21日 5月に発見の白骨遺体、室町時代の女性だった 放射性炭素年代測定で判明 宮城・亘理 河北新報
12月21日 <1951年の宮城>被写体の漁師「じっちゃんだ」石巻の91歳村田さんと判明 河北新報

12月20日 前原子力規制委員長の田中俊一氏、飯舘村での生活スタート 福島民友
12月20日 復興の在り方探る 1月20日福医大公開大学 福島民報
12月20日 <原発事故>賠償以外で役立てること考えていく 東電福島復興本社・大倉誠代表に聞く 河北新報
12月20日 <伊豆沼・内沼>渡り鳥行動範囲解明へ GPSで追跡調査、鳥インフル対策に結果を活用 河北新報
12月20日 3本の花プレゼント→2本を別の人へ贈って 花贈る幸せ広げよう 24日仙台で配布 河北新報

12月19日 <名取図書館>市内の古写真提供を 地域学習などに活用 河北新報
12月19日 子どもの貧困対策充実を 亘理出身の被災学生ら厚労相に提言 河北新報
12月19日 <原発事故>東電賠償迫る期限 問われる被災者支援 河北新報

12月18日 被災地で起業したい!視察ツアー開始 移住者が開店経緯を説明 福島民友
12月18日 大越由さん、カツエさん 40年かけ自宅に植樹 玉川 福島民報
12月18日 県産日本酒 2016年度輸出量、2012年の倍 前年比でも3割増 福島民報
12月18日 <福島大食農学類>実習地域に9市町村 県全体をキャンパスに 河北新報
12月18日 大川小の教訓を未来へ 東京でフォーラム 河北新報
12月18日 岩手災害住宅・収入超過世帯の家賃割り増し 負担重く月21万円も 河北新報

12月17日 震災の記録・記憶『見える化』 国交省、新プロジェクト着手へ 福島民友
12月17日 道の駅に農産物加工所 サルナシの菓子など開発 来年4月開所 福島民報
12月17日 東北の「スーパー公務員」が仙台に集結 自治体での取り組み成果など紹介 河北新報
12月17日 師走の夜に希望の明かりともる 亘理、山元のイチゴ出荷が最盛期 河北新報
12月17日 弥生以降に仙台平野襲った津波を研究 岩沼の斎野さんが論文「今後の防災に役立てて」 河北新報
12月17日 在仙学生のUターンを促進、首都圏流出防止狙う 仙台市が東北人口減へ対策 河北新報
12月17日 災害住宅の整備完了 石巻・雄勝 最後の16戸が完成し記念式典 河北新報
12月17日 飛び込み分娩、後絶たず…東北大病院と医療機関が連携、妊婦紹介に新制度「まず連絡を」  河北新報

12月16日 福島県産日本酒、飲み比べて 「県観光物産館」リニューアル 福島民友
12月16日 「よめー、よめー」昭和初期の花嫁行列が復活 台風で結婚式を延期したカップルが協力 河北新報
12月16日 <石巻・津波復興祈念公園>中核的施設に「祈りの場」 基本設計案示す  河北新報

12月15日 気<キリン>東北のビールメーカーとタッグ 市場振興へ  河北新報
12月15日 気仙沼・港町防潮堤の建設を断念 県、地元反対受け  河北新報
12月15日 <福島首長に聞く>働く世代の帰還が鍵  河北新報
12月15日 防災集団移転団地の空き区画にアパート建設計画 住民から不満の声  河北新報

12月14日 福島県・女性寿命「86.40歳」 ワースト5位、がん死亡率上昇  福島民友
12月14日 つばめ食堂、東松島宮戸島に15日オープン  河北新報
12月14日 <大崎耕土 世界農業遺産認定>共生の産物(下)/多様性 付加価値生む 河北新報
12月14日 住宅再建の助っ人急募! 岩手・大槌の1級建築士呼び掛け 河北新報

12月13日 政府が風評問題特化『戦略』 放射線知識、県産食品、観光誘客 福島民友
12月13日 「楢葉の風」と命名 日本酒プロジェクト 福島民報
12月13日 盛岡の復興支援団体が「三陸復興カレンダー」発売 収益金は被災地へ 河北新報
12月13日 東北で荒天 会津若松で降雪50センチ 河北新報
12月13日 気仙沼・震災後の新規漁船員 来春100人超え 河北新報
12月13日 <大崎耕土 次代につなぐ>水管理 米作り支える 河北新報
12月12日 3月から貸し出し 旧石森小テレワーク拠点 船引 福島民報
12月12日 <私の復興>風景復活で心の再生 河北新報
12月12日 <震災遺構>旧女川交番の保存概要固まる 総合的な学びの場に 河北新報
12月12日 今秋のサンマ「歴史的大不漁」 漁場がより沖合に移動、水揚げ隻数も減少 河北新報
12月12日 <大川小>「友達、先生の分まで」つらくても語り継ぐ 被災児童が初ガイド 河北新報

12月11日 石巻・マンガロードにキャラクターモニュメント3基増設 河北新報

12月10日 福島空港活用へ多彩なアイデア 郡山でシンポジウム 福島民報
12月10日 南三陸「かもめ館」オープン 復興商店街に交流施設 河北新報
12月10日 新巻きザケでいい正月を 河北新報
12月10日 <三陸道>南三陸海岸−歌津IC間が開通 河北新報
12月10日 <震災6年9カ月/風化>命救った歩道橋消える 河北新報

12月9日 <20世紀遺産>青函トンネルと小岩井農場など選定 河北新報
12月9日 <サン・ファン号>黄金の輝き不変 石巻でライトアップ始まる 河北新報
12月9日 <ページェント開幕>並木は光であふれ、イルミネーション輝く 河北新報

12月8日 広野で幼稚園児がミカン狩り 「おいしい」と笑顔で頬張る 福島民友
12月8日 蔵元自慢の銘柄堪能 福島「金賞受賞酒楽しむ夕べ」 福島民報
12月8日 被災者の生活再建後押し 危険区域内移転に補助 山元町方針 河北新報
12月8日 仙台でイチゴ初収穫 山元の農家、もぎたて出荷 河北新報
12月8日 被災者の幸せ願う 南三陸・上山八幡宮でキリコ作り 河北新報

12月7日 <島田飴まつり>良縁も甘〜く 飴細工作り最盛期 河北新報
12月7日 誰かにつづり 絆実感して「水曜日郵便局」東松島・宮戸島に開局 河北新報

12月6日 【四季桜】何もない冬なのに...「四季桜」咲く! やながわ希望の森公園 福島民友
12月6日 南三陸の味「海の宝石箱や〜」彦摩呂さんプロデュースのレストランでPR 河北新報
12月6日 津波で後継者が犠牲、一時廃業決意も…陸前高田「石川製油」6年8ヵ月ぶり再開 復活のつばき油、黄金の輝き 河北新報
12月6日 <秋田犬>新年のごあいさつに!大館市が年賀状用画像をHPで公開 河北新報

12月5日 <秋サケ不漁>沿岸水温の上昇一因か 河北新報
12月5日 <CSR>ワンコインで福島の旬 二本松のNPOが首都圏大手5社と連携 河北新報
12月5日 秋サケ不漁で価格高騰、師走の食卓直撃 河北新報

12月4日 村山里に五反幡なびく 960年の伝統、二本松で「木幡の幡祭り」 福島民友
12月4日 村の魅力動画で発信 美大生ら制作HPで公開 葛尾 福島民報
12月4日 <木幡の幡祭り>冬空を突く旗あでやかに 河北新報
12月4日 <東松島かき祭り>7年ぶり復活 蒸しカキに長蛇の列 河北新報
12月4日 <スタートアップビザ>仙台で創業第1号の英会話教室 不動産契約で苦労も 河北新報
12月4日 <スタートアップビザ>外国人創業進む支援 仙台市でも「第1号」 河北新報

12月3日 冷た〜ぃ冷水で気合!木幡の幡祭りへ儀式 男衆がみそぎの荒行 福島民友
12月3日 民間同士で活動支える 「ふくしま百年基金」キックオフイベント 福島民報
12月3日 <あなたに伝えたい>こたつ囲み談笑 幸せだった 河北新報
12月3日 <秋サケ不漁>海産親魚サケの採卵始まる 遡上数増加へ取り組み 河北新報
12月3日 <東北の本棚>不屈の精神力 浮き彫り 河北新報
12月3日 <東北の本棚>全11系統の工人に迫る 河北新報
12月3日 <汚染廃>焼却反対訴え行進 住民ら「子どもと住民の健康を守れ」 河北新報
12月3日 復興期間残り3年4ヵ月 働けど…なお終わらず 被災地石巻で道路・橋の工事続く 河北新報

12月2日 アオモリトドマツ危機 キクイムシ食害、大量枯死 山形・蔵王 河北新報
12月2日 津軽鉄道でストーブ列車の運行始まる 来年3月末まで 河北新報
12月2日 新巻きザケ作りピーク 寒空、熟成進む 岩手県大槌町 河北新報

12月1日 健康づくり「チャレンジ県民運動」 「知らない」「聞かない」9割 福島民報
12月1日 <<JR陸羽東線>開通100年「記念駅弁」出発進行 河北新報
12月1日 <原発被災地の行方>作物転換 ハウス切り札 安心感醸成、未来へ道筋 河北新報
12月1日 「ころ柿」作って丸森の農を体感 河北新報

2017年【11月分】
11月30日 「お燗でほっと」 福島県酒造組合・新城会長コツ伝授 福島民友
11月30日 <脱埋没への模索 どうする登米・栗原>第1部 産業経済 (6完)工業振興/市域越えた連携大事 河北新報
11月30日 <東北の道しるべ>包丁さばきもビートも熱く 料理人の男性DJ「6代目」が新譜 宮城・川崎 河北新報
11月30日 <オトナの工場見学>市販前の新製品試飲も 製造工程を五感で楽しめる仕掛け 河北新報

11月29日 東北大のコメ、人気アップ 自然農法「ふゆみずたんぼ」で栽培 来月学内で販売 河北新報
11月29日 <世界防災フォーラム>連携強化し震災教訓を共有 4日間で900人が参加し閉幕 河北新報
11月29日 <原発被災地の行方>加工向け 畑作物に活路 人手確保や機械化が課題 河北新報

11月28日 『おいしい福島』美味体感! 応援シェフ交流会、県内で初開催 福島民友
11月28日 県産品風評対策 「安全情報発信」最高40% 本社県民世論調査 福島民報
11月28日 地産地消大賞に田村市ご当地グルメ 地元食材でカレーやスイーツ 福島民友
11月28日 市政進展へ全力尽くす 二本松市長選当選、三保氏喜びの朝 福島民報
11月28日 <オトナの工場見学>手焼き挑戦うまさ格別 しょうゆで描いたタコ、イカ、ワカメ 河北新報
11月28日 <原発被災地の行方>耕作地拡大へ農家連携 新技術活用 効率化模索も 河北新報

11月27日 食欲増幅 至福の秋ザケ 南三陸町で福興市 河北新報
11月27日 <世界防災フォーラム>女性や障害者 参画重要 河北新報
11月27日 <世界防災フォーラム>災害リスク 議論本格化 河北新報

11月26日 <わたしの道しるべ>「よそ者」視点 魅力発信 河北新報
11月26日 若い力の参画促進 「若者アワード」初開催へ 河北新報
11月26日 合唱、踊り 笑顔も最高! 名取・閖上公民館祭7年ぶり復活 河北新報
11月26日 「十日市」笑顔集う 浪江で7年ぶり地元開催 河北新報
11月26日 世界防災フォーラム開幕 「BOSAI」多彩に発信 河北新報

11月25日 「短い言葉ではっきり伝えて」 箭内道彦氏、風評払拭で助言 福島民友
11月25日 震災構造、地質で解説 日本学会が「東北編」刊行 河北新報
11月25日 石巻で子どもの貧困シンポジウム 河北新報
11月25日 南三陸の働く若者の写真展 2月から町役場で開催 河北新報
11月25日 仙台市、次世代型の太陽光発電を構築 河北新報

11月24日 2候補浮動票獲得に全力 二本松市長選 福島民報
11月24日 福島・飯舘村で7年ぶり収穫のコメ 道の駅「までい館」で販売 河北新報
11月24日 震災の教訓や被災地の歩みを振り返る 仙台で語り合いイベント 河北新報
11月24日 楽しい空間を共有しよう 障害者と地域住民がダンスで交流 河北新報
11月24日 自宅で遊びながら運動不足解消を 市民らエクササイズ体感 河北新報

11月23日 激戦の様相...現・元2候補の舌戦続く 二本松市長選・終盤戦へ 福島民友
11月23日 <三陸道>南三陸海岸IC−歌津IC間 来月9日開通 河北新報
11月23日 震災復興を外国語で 仙台市と被災4県、訪日旅行者向けパンフ作製 河北新報
11月23日 気仙沼で「気嵐」冬めく港 そろりそろり 河北新報
11月23日 作家柳美里さん 来春、南相馬市小高で書店開業 河北新報

11月22日 福島発!ホンシメジ独自品種開発 空調使わずハウス栽培 愛称募集中 河北新報
11月22日 絶品!!閖上シラス 宮城農高 うまいもん甲子園で優勝 河北新報
11月22日 韓国版トレッキングコース 「オルレ」に唐桑と奥松島 河北新報

11月21日 休業ホテル再開へ 会津若松・東山温泉、「瀧の湯」が取得 福島民友
11月21日 被災地の子どもの貧困「学費賄えず」58% 河北新報
11月21日 <純情米いわて>贈り物にいかが 食べ比べ3種セット発売 河北新報
11月21日 <宮城産ホタテ>大量死や変形増加 今季水揚げ半減 河北新報

11月20日 地域住民のつながり探る 富岡で「浜通り合衆国」 福島民報
11月20日 スマホで農水産物を直接売買 東北発アプリ「ポケマル」に農家や漁師続々 河北新報
11月20日 <この人このまち>効率営農へGAP取得 河北新報
11月20日 三陸沿岸で起業 若者へ魅力発信 仙台でフォーラム 河北新報
11月20日 特産品で活力PR 山元で産業祭 河北新報
11月20日 <オトナの工場見学>生地に染み込む職人魂 河北新報

11月19日 県内巡り、魅力満喫 福大、会津大の留学生16人 福島民報
11月19日 データで地域復興を 19日までワークショップ 福島民報
11月19日 福島産の市場価格なお低迷 首都圏購買意欲回復も反映せず 農水省、取引経過調査 河北新報
11月19日 食と観光あつあつPR 道南・北東北「フェスタ」 仙台 河北新報
11月19日 <あなたに伝えたい>もう少し一杯やりたかった 河北新報
11月19日 <漁師学校>未来の担い手育てます 関東などの男女6人、カキの殻むきに挑戦 河北新報

11月18日 カーシェアや客貨混載 新たな交通網モデル模索 石巻・北上、雄勝地区で実証事業 河北新報
11月18日 <杜の都のチャレン人>仙台をパンの街に 河北新報
11月18日 <震災遺産>教室語る震災前後 福島大図書館に楢葉北小再現 河北新報

11月17日 丸森町議会と伊具高が懇談 住みたい町へ提案続々 河北新報
11月17日 酒田のカキ小屋オープン 殻は土壌改良に利用 河北新報
11月17日 <広島市商高、三陸の海産物をネット販売 河北新報

11月16日 【健康長寿・糖尿病(1)】被災地で高血糖増 避難中に食生活乱れ 福島民友
11月16日 地方創生実現へ連携 経営支援態勢を強化 福島民報
11月16日 原発事故で出荷制限 宮城県産シイタケ復活を 加美の農家が試験栽培に挑戦 河北新報
11月16日 松林再生へ児童ら協力 東松島東根の小学生と植樹 河北新報
11月16日 <いちおし土産>大豆と米栄養手軽に 河北新報

11月15日 <さいとう製菓>震災乗り越え大船渡に本店再建「かもめテラス」オープン 河北新報
11月15日 志津川小で持久走 震災後設けた初の校外コースを力走、沿道で住民ら声援 河北新報
11月15日 <大川小訴訟>元校長証言「(震災2日前の)地震で津波の堤防越え考えた」 河北新報

11月14日 「かしまの一本松」心のよりどころは永遠に 12月27日伐採へ 福島民友
11月14日 再エネのまちづくり考察 東京で地域未来創造サミット 福島民報
11月14日 福島・浪江町が復興拠点計画 定住人口28年1500人目標 河北新報
11月14日 <田んぼアート>技術活かし観光客呼べる作品を 測量会社が新分野強化 河北新報
11月14日 中山平温泉駅開業100年 鉄路の恩、先人の偉業に感謝 河北新報

11月13日 <NPOの杜>身近なNPOに共感を 河北新報
11月13日 再生の森 秋の調べ 上野山小体験学習林で野外音楽会 河北新報

11月12日 <東北の道しるべ>「経済循環ローカルへ」世界フォーラム都内で開幕 河北新報
11月12日 地域おこし協力隊、5千人規模に 17年度、人材確保に苦慮も 河北新報
11月12日 移住して演劇に出演しませんか! 岩手・大槌「Vターン」募集 河北新報
11月12日 <あなたに伝えたい>2人の成長ずっと見守って 河北新報
11月12日 <東北の本棚>二つの高い「壁」に挑む 河北新報
11月12日 <復興を生きる>7年ぶり出来秋 喜び 河北新報
11月12日 <日本学術会議>子どもの被ばく不安根強く 専門家の丁寧な説明必要 河北新報

11月11日 被災した野蒜海岸で拾われた松ぼっくり成長 「希望の松」に 河北新報
11月11日 <仙山線開通80年>沿線マップで魅力満喫 グルメや宿紹介、英語版も 河北新報
11月11日 <私の復興>被災地に希望の桜を 河北新報

11月10日 葛尾の診療所再開 内科と小児科 帰還促進に期待 福島民報
11月10日 <Jヴィレッジ再開>復興加速へ常磐線新駅を 双葉町村会と福島県、JRと協議へ 河北新報
11月10日 花と菓子 一足早く Xマス 仙台定禅寺通で「壁飾り作り」と「マルシェ」 河北新報
11月10日 三陸マダコ豊漁 昨年比8倍も 産地も驚く異常事態 河北新報
11月10日 津波防災国境越えて 17ヵ国の女性学ぶ 石巻など訪問 河北新報

11月9日 <福島・檜枝岐村>会津駒ヶ岳の木道再整備へ 寄付呼び掛け 河北新報
11月9日 <世界防災フォーラム>「BOSAI」被災地から 仙台で25〜28日 河北新報
11月9日 体も心もほぐすヨガ 被災者対象に神社で教室 河北新報
11月9日 <ととフェス>地魚の魅力かみしめて 11、12日秋田で開催 河北新報
11月9日 「関西の皆さん、新鮮なリンゴは歯応えがあるんです!」青森の若手農家、売り込みに奮闘 河北新報

11月8日 福島県産品の独自メニュー アサヒグループと郡山女子大が選考会 福島民友
11月8日 福島・楢葉の中学生「古里に人を」イベント企画 ネットで資金集め工夫 河北新報
11月8日 謎の集団から「はっと」守れ!PR動画「登米無双2」ネットで公開 河北新報
11月8日 三陸の海に冬の訪れ 岩手・宮古でアワビ漁始まる 河北新報

11月7日 「地域を元気に」 山菜・キノコ共同出荷NPO設立 河北新報
11月7日 山形・肘折温泉 舌と手でナメコ味わう催し 河北新報
11月7日 インバウンド調査 アジア人再訪希望は東北が最下位 河北新報
11月7日 思い出乗せ100年 JR陸羽東線が記念列車 河北新報

11月6日 「「少年隊」演じ郷土愛を表現 二本松・ふるさと村で福幸祭 福島民友
11月6日 「蔵王スター」飲み納め タケダワイナリー、ラベル新表示基準受け販売終了へ 河北新報
11月6日 <JR山田線>全通再開に観光業者は安堵の表情  河北新報
11月6日 さよなら街の交流拠点 石巻の仮設商業施設「橋通りCOMMON」終了  河北新報
11月6日 <津波防災の日>「次世代塾」受講の大学生、東京のイベントで震災教訓伝える  河北新報

11月5日 にしごうの花生産組合 首都圏に出荷 カスミソウで村おこし  福島民報
11月5日 岩手・山田の山盛り「かき小屋」営業開始 実入りも味も良く、品質安定  河北新報
11月5日 <ホームスタート>活動5年 先輩ママの育児支援 英国発祥訪問型、広がる輪  河北新報
11月5日 <子ども食堂>農家が応援 野菜寄付の動き宮城で広がる 廃棄削減、食育に効果 河北新報
11月5日 <東北中央道>福島大笹生−米沢北無料区間開通 山形と福島、物流促進へ 河北新報
11月5日 たどる桃の郷...古里の歴史に思いはせ 西根堰ふるさとウオーク 福島民友

11月4日 「感謝祭」にぎわう 葛尾で震災後初 福島民報
11月4日 浪江復興へ切手で発信 故郷・再建・継承の3種発売へ 河北新報
11月4日 <サイクルロゲイニング>まちの「秘境」自転車で探索 野外スポーツゲーム楽しむ 河北新報
11月4日 被災地支援の教訓共有 学生ボランティアが交流イベント通じ学ぶ 河北新報
11月4日 東北の旅のお供に 新幹線改札内の地酒自販機が人気 1杯300円、JR東社員が発案 河北新報
11月4日 <陸羽東線100年>紅葉の鳴子路 世紀の鉄路を記念列車駆ける 河北新報

11月3日 自然エネで地域活性化 発電所フォーラム開幕 福島民報
11月3日 旧支倉小で4日「秋の収穫祭」 餅やサンマ食べて交流 河北新報
11月3日 七ヶ宿の水源をきれいに 11日にイベント参加者募集 河北新報

11月2日 人づくりの推進 国に求める決議 青森で道東北知事会議 福島民報
11月2日 いわきで住宅全焼、1遺体を発見 不明の82歳家人男性か 福島民友
11月2日 小泉元首相「原発ゼロを国民運動に」「いまや反原発は革新派や左翼の専売特許ではない」 河北新報
11月2日 赤、黄、緑…暮れる秋 水鏡に紅葉くっきリ 松島・円通院でライトアップ 河北新報
11月2日 <東電>インスタに福島原発 避難者「美化しすぎ」疑問視 河北新報
11月2日 山形市がユネスコ創造都市ネットワークに加盟へ 関係者喜びと期待 河北新報
11月2日 仙台市立小教諭ら研究会の情熱に「全国最高賞」 こけし工人密着し映像教材に 河北新報

11月1日 特殊な冷凍技術で鮮度保持、三陸の魚介類を船便輸出 大船渡の水産会社 河北新報
11月1日 <世界防災フォーラム>36の国と地域、500人が参加 仙台で25日開幕 河北新報
11月1日 <五輪霧中 大会理念を問う>(5完)元都知事 猪瀬直樹氏に聞く/震災復興 招致の原点 河北新報

2017年【10月分】
10月31日 世界農業遺産認定目指す大崎地方 FAOが現地調査 河北新報
10月31日 <五輪霧中 大会理念を問う>(4)遺産の種/地域づくりの好機に 河北新報
10月31日 東北の地銀 寄付型私募債が急増 河北新報
10月30日 会津の食や酒堪能 若松でONSEN・ガストロノミーウオーク 福島民報
10月30日 会津の魅力を堪能 在日米国人ら復興支援ツアー 福島民友
10月30日 「農旅」から地域再生 食や暮らし観光資源に 新たなファン開拓へ本格始動 岩手・花巻 河北新報
10月30日 <塩釜新魚市場>完成祝い「開放まつり」真新しい施設見学 河北新報
10月30日 <五輪霧中 大会理念を問う>(3)支援のずれ/お仕着せ施策に批判 河北新報
10月30日 故郷追われ子牛に希望 原発事故で避難の男性、和牛繁殖農家に  河北新報

10月29日 坂下の魅力伝える 風とロック  福島民報
10月29日 <逃げまるくん>イノシシ撃退装置、クマにも効果あった!食害大きい栗畑で実証  河北新報
10月29日 おいで青森、こいで満喫 県が「自力移動型」観光ルート構築へ  河北新報
10月29日 <わたしの道しるべ>若者定着へ環境づくり  河北新報
10月29日 <あなたに伝えたい>12月も1人増え孫は6人に  河北新報
10月29日 <里浜写景>津波の記憶刻む憩いの空間  河北新報
10月29日 <五輪霧中 大会理念を問う>(2)公平性の壁/復興途上 考慮されず  河北新報
10月29日 <福島中間貯蔵>大熊で本格稼働 予定から2年半遅れで  河北新報

10月28日 新たな『動脈』開通目前! 東北中央道・福島大笹生−米沢北間  福島民友
10月28日 岳温泉街に『巨大カボチャ』出現! 一足早くハロウィーン気分  福島民友
10月28日 <つながる じもとHD発足5年>歩みと展望/インタビュー  河北新報
10月28日 <ツール・ド・東北>自転車による都市再生 先進地・米ポートランド訪問  河北新報
10月28日 南相馬に移転、再開の准看護学院で7年ぶり戴帽式 26人決意新たに  河北新報

10月27日 <ラ・フランス>山形県産解禁 「みずみずしくておいしい」仙台市内でPR  河北新報
10月27日 <311次世代塾>第9回講座 テーマは「遺族その後」  河北新報
10月27日 <スター・ウォーズ>最新作の期待度“アップ”ル 弘前で特製リンゴ収穫  河北新報

10月26日 「簡易宿所」最多に、民泊影響か 全国3万施設  河北新報
10月26日 新木質舗装材を試験敷設「木材の有効利用や、復興の一助に」森林総研  河北新報
10月26日 <塩釜市新魚市場>魚種拡大と観光策課題  河北新報
10月26日 <塩釜新魚市場>「水揚げ増やし、復興のシンボルに」  河北新報

10月25日 復興住宅に福島県産材製品寄贈 いわき、農林中金と市森林組合  福島民友
10月25日 原子力規制委員長 更田豊志氏に聞く  福島民報
10月25日 蔵王で初冠雪 昨年より11日早く  河北新報
10月25日 <台風21号>カキ養殖直撃 生産者「7割落下 予想以上」  河北新報
10月25日 <衆院選>1強批判 立民押し上げ  河北新報

10月24日 【衆院選・当選8氏喜びの声】復興加速や経済進展へ決意新たに 福島民友
10月24日 <原発被災者訴訟>住民、国・東電とも控訴  河北新報
10月24日 <台風21号>東北各地土で砂崩れや冠水被害  河北新報

10月23日 <気仙沼産業まつり>自慢のメカジキ 鍋でふるまう  河北新報
10月23日 福島県内に避難準備情報 台風21号接近、7市町村47万人対象  福島民友

10月22日 遠野のまちに新風を 若者経営の個性的な飲食店続々  河北新報
10月22日 不漁で延期の大船渡さんままつり開催  河北新報
10月22日 <常磐線>富岡駅前に開業のホテル 復興のシンボルに  河北新報
10月22日 <常磐線>竜田−富岡、運行再開 富岡再生へ鉄路けん引  河北新報

10月21日 国産材活用へ協定締結 いわき市と東京都港区  福島民報
10月21日 相双振興へ決意 民報創刊125周年地域づくり交流会  福島民報
10月21日 <急患診療中断>市議会で注文相次ぐ 市「重症者は診療」  河北新報
10月21日 写楽と甘い共演 弘前でリンゴアート初披露  河北新報
10月21日 <衆院選東北>激戦区ルポ(6完)福島1区/背水の陣 反安倍結集  河北新報

10月20日 「おふくろのこと好きだぜ」 生き続ける...田部井淳子さんの心  福島民友
10月20日 37%が再開予定、検討 福島県への教育旅行  福島民報
10月20日 <衆院選宮城>5区「飛び地」仮設 候補者現れず 「復興託す顔見えない」  河北新報
10月20日 <衆院選東北>国難(5・完)」働き方/へとへと際立つ運送業  河北新報

10月19日 現元2人の戦いへ 二本松市長選、告示まで1カ月  福島民報
10月19日 一部に県産木材 東京五輪・パラの選手村 安全性世界に発信  福島民報
10月19日 <衆院選福島>5区、双葉郡の投票率 上向くか  河北新報
10月19日 <衆院選東北>争点を歩く 震災復興 完遂とは程遠い景色  河北新報
10月19日 <衆院選東北>国難(4)自殺防止/経済偏重 孤立する弱者  河北新報

10月18日 復興後押し、富岡ホテル 「駅前の新しい顔」に、地元8人共同出資  福島民友
10月18日 <宮城知事選>原発再稼動計画 論争低調、かみ合わず  河北新報
10月18日 <衆院選東北>国難(3)エネルギー/原発立地地域 置き去り 河北新報

10月17日 今季初!小名浜漁港で「サンマ」水揚げ 9トン、岩手県沖漁獲 福島民友
10月17日 <衆院選>原発ゼロに懐疑と期待 具体性乏しい各党公約 河北新報
10月17日 <エアレース>室屋氏に福島県知事「復興の象徴」、県民栄誉賞授与へ 河北新報
10月17日 <衆院選東北>国難(2)農業/迫る減反廃止 不安募る 河北新報

10月16日 大地揺らす武者魂 原町で野馬追秋季競馬大会 福島民報
10月16日 <衆院選 選択軸は何か>(4完)社会保障 制度不備 洗い出しを 河北新報
10月16日 <衆院選福島>1区で原発事故からの復興巡り論戦白熱 河北新報
10月16日 <衆院選宮城>「政治家の眼中に復興ない」被災地の浜、冷ややか 河北新報

10月15日 「二本松の菊人形」開幕 江戸時代の歴史や文化、鮮やかに表現 福島民友
10月15日 津波被災地 防災林育て 南相馬市民ら苗木3万本植樹 福島民報
10月15日 ワイン用ブドウ収穫 初の八戸産、年内にも発売へ 河北新報
10月15日 <衆院選東北>空虚な経済指標 踊る 河北新報
10月15日 <三鉄>被災地元気に 2人目の女性運転士誕生 河北新報

10月14日 登山家・田部井淳子さん偉業回顧 中合福島店、一周忌で写真展 福島民友
10月14日 県産「おさかな」PR 10月21日、相馬でフェス 新鮮水産物、郷土料理を販売 福島民報
10月14日 第1回ふたばサイクルトレイン 11月に広野、楢葉両町などで開催 福島民報
10月14日 山形牛20日空輸 16年ぶり解禁 日本産牛肉の台湾輸出 河北新報
10月14日 <指定廃>来月から搬入 環境省、富岡町議会に説明 河北新報
10月14日 <被災農地>イチジク実る 漁業者ら初収穫 東松島・宮戸 河北新報

10月13日 外国人誘客14団体に補助 温泉、観光地の環境整備 福島民報
10月13日 <大川小控訴審>マニュアル「内容確認せず」石巻市教委元幹部ら証言 河北新報
10月13日 <私の復興・水産関係者衆院選に思う>福島の魚再び全国へ 河北新報

10月12日 <私の復興・水産関係者衆院選に思う>漁業の未来を救って 河北新報
10月12日 <震災6年7カ月>デンマーク皇太子、東松島再訪 復興に感激 河北新報
10月12日 <宮城産カキ>今季のカキ実たっぷり 県庁前で試食会 河北新報

10月11日 <原発被災者訴訟>国の指針超え被害認定 賠償対象期間は限定的 河北新報
10月11日 <南三陸町長選>阿部氏が出馬へ 現職と一騎打ちか 河北新報
10月11日 <原発被災者訴訟>国に再び賠償命令 福島地裁、原状回復は却下 河北新報
10月11日 霧島連山の新燃岳、6年ぶり噴火 警戒レベル3に引き上げ 河北新報
10月11日 <仙台マーボー焼そば>初の食べ比べサミット開催へ 7店自慢の味で普及狙う 河北新報

10月10日 「二本松の菊人形」14日開幕 ポスター制作、福島大生コラボ 福島民友
10月10日 起業で被災地貢献へ 福島・田村、川内で視察ツアー 福島民友
10月10日 <アングル福島>福島・浪江に通い続ける大学生 現実を自らの目で 河北新報
10月10日 幻想的な世界を石版画で表現 河北新報
10月10日 おいしいナシどれかな?児童が収穫体験 河北新報

10月9日 “天国に届け光の絵” 竹駒神社で「灯りのみち」始まる 河北新報
10月9日 山元の味にぎわい呼ぶ 山下地区で「はじまるしぇ」 飲食ブースなど約45店並ぶ 河北新報
10月9日 若者の政治参加討論 大崎で選挙フォーラム 高校生と大学生がパネリストに 河北新報

10月8日 「復興祭」浪江で初の開催 ご当地グルメやステージなど楽しむ 福島民友
10月8日 サンマ2000匹、音楽とともに味わう 気仙沼でフェス 河北新報
10月8日 「100円商店街」で地域の活性化 14日、仙台・中山で初開催 河北新報
10月8日 <衆院選岩手>今期で政界引退の黄川田氏 原点忘れず復興議論を 河北新報
10月8日 <東北の道しるべ>生きがい活動、地域照らす 「2枚目の名刺」意義議論 河北新報

10月7日 福島の抱える課題は「語りにくさ」 未来学入門、開沼氏が解説 福島民友
10月7日 秋の土湯 魅力味わって 温泉観光まちづくり協議会 福島民報
10月7日 外壁に塗って室温上昇抑制 塗装業者が新塗料開発 河北新報
10月7日 <原発被災者福島訴訟>原告「原状回復、全体救済を」 河北新報
10月7日 マツタケ不作 産地岩手・岩泉で秋祭りの販売中止に 夏の長雨が影響 河北新報

10月6日 黄金色の稲穂に笑顔 避難指示解除後初 富岡の農家が稲刈り 福島民報
10月6日 気仙沼・大川で秋サケ漁始まる 河北新報
10月6日 <山形国際映画祭開幕>世界の161本 心ゆくまで 河北新報

10月5日 福島大4年今野翔太さん論文 学会誌に掲載へ 福島民報
10月5日 タレント・間寛平さん第1号「健民大使」 健康づくり普及へ委嘱 福島民友
10月5日 新校舎「わくわく」 生徒14人が体験授業 来春地元で再開 河北新報
10月5日 会津山塩増産へ 釜3基、品薄を解消 塩所が完成 河北新報
10月5日 <ヤフー基金>震災伝承活動を後押し 被災地の団体に助成 教訓を次世代に 河北新報

10月4日 震災教訓生かしフィリピン復興に貢献 東松島市にJICA理事長賞 河北新報
10月4日 <大川小訴訟>裁判官きょう現地視察 学校の「事前防災」焦点 河北新報

10月3日 TOKIOの福島県CM好評 好感度「ヒット目安」上位5%に 福島民報
10月3日 酒米「夢の香」収穫 東京の2団体、須賀川ツアー 福島民報
10月3日 日本レストランが「福興弁当」第7弾発売 河北新報
10月3日 岩沼「千年希望の丘」でソバ初収穫 河北新報

10月2日 「日本酒の日」...福島県各地で『乾杯!』 日本一の酒を味わう 福島民友
10月2日 魅力満載秋の福島 観光キャンペーン開幕 県内各駅でセレモニー 福島民報
10月2日 <せんくら>大勢の市民らが「楽都」の秋を満喫、閉幕 河北新報
10月2日 <仙台PS>営業運転開始 住民ら差し止め訴訟中 河北新報

10月1日 義経ゆかりの絆確認、歴史生かした地域へ 福島で合同サミット 福島民友
10月1日 双葉郡8町村の住民交流 富岡で大鍋料理振る舞う 福島民報
10月1日 <あなたに伝えたい>「すがとよ」ののれん未来へ 河北新報
10月1日 <東北の道しるべ>松食い虫被害の木でギター製作 河北新報
10月1日 多賀城跡・南大路でミヤギノハギが見頃に 河北新報
10月1日 <復興を生きる>世界の舞台を夢見て 河北新報

2017年【9月分】
9月30日 実入り良し 浜活気づく 石巻・生食用カキ出荷開始 河北新報
9月30日 女川・きぼうのかね商店街 仮設店舗5年半 きょう営業終了 河北新報
9月30日 日本一のナポリタン 仙台三越で復活、あす再オープン 河北新報

9月29日 震災後初40万人超 昨年度教育旅行で来県し宿泊 福島民報
9月29日 <仙台PS>郡市長、排出ガス濃度の定期公表 事業者に要望 河北新報
9月29日 サンドウィッチマンが宮城米メッセンジャー 東京で発表会 河北新報

9月28日 福島県商品、早期拡充なし グリーンコープ、復興企画方針で回答 福島民友
9月28日 <あつみ農地保全組合>農地再生へ 中山間地の営農モデルに 河北新報
9月28日 どっぷり漬かる「太宰ウイーク」来月イベント 河北新報
9月28日 集団移転元地を活用 東松島・野蒜に農産物栽培拠点オープン 河北新報

9月27日 手間要らず!農地荒廃を「コケ」で防ぐ 浪江の有志が実証栽培 福島民友
9月27日 <秋サケ>南三陸で初水揚げ 昨年より2割ほど高値で取引 河北新報
9月27日 <防災マップ>条南中生と公営住宅入居者ら協力 地域歩いて危険な場所見極め 河北新報
9月27日 <福島第1>核燃料搬出3年先送り 工程表改定4度目、40年後完了は維持 河北新報

9月26日 多賀城高で「災害情報と防災対策」をテーマに特別授業 情報活用の大切さ学ぶ 河北新報
9月26日 乳牛との触れ合い笑顔全開 荒浜小で出前授業「もーもースクール」 河北新報
9月26日 <蔵王梨>世界で負けナシ ベトナムへ初輸出 河北新報

9月25日 伝統の舞 仮設で披露 石巻で「法印神楽」 河北新報
9月25日 南三陸産タコで多彩なメニュー 「福興市」に20団体出店 河北新報
9月25日 <竹駒神社>存続の危機 女みこしに52人が集う 河北新報
9月25日 響き晴れやか再生の街 気仙沼でストリートフェス 河北新報

9月24日 復興応援なのに...今年も福島県外し グリーンコープ連合 福島民友
9月24日 <規制委>委員長退任の田中俊一氏「国会は原子力政策議論深化を」 河北新報
9月24日 サンマ、宮古で「最遅」初水揚げ 深刻な不漁で関係者の表情険しく 河北新報

9月23日 国の責任認めず 東電には賠償判決 「ふるさと喪失」に慰謝料 福島民報
9月23日 <福桃ちゃん>笑顔で「ありがとない」 特産モモをモチーフにこけし制作 河北新報
9月23日 カツオお待たせ!石巻に今季初水揚げ 河北新報
9月23日 復活のマスクメロン甘さ十分 収穫最盛期 河北新報
9月23日 農業通じたコミュニティー拠点オープン 河北新報

9月22日 【健康長寿・減塩(3)】「薄味」楽しく広める 先進地・広島の工夫 福島民友
9月22日 飯舘村メッセージ広告付き年賀はがき 11月から販売 福島民報
9月22日 郷土の食作って触れて食育の場に こども食堂やまねこ 河北新報
9月22日 <トップに聞く>仙台でサービス強化 河北新報
9月22日 <おのくん>感謝祭で仮設入居女性らキャラ人形手作り 河北新報

9月21日 「地域創造」成果を発表 ふたば未来学園高で初 福島民報
9月21日 農地保全へコケ栽培 福島・浪江の住民組織が挑戦 河北新報
9月21日 高校・大学の女性グループ 震災経験語り継ぐ「記憶の風化防ぎたい」 河北新報
9月21日 気仙沼、18日ぶりサンマ船入港 サイズは小ぶり 河北新報
9月21日 女川に待望の秋の味覚 サンマ初水揚げ 河北新報

9月20日 日帰り温泉施設「御とめ湯り」23日開業 土湯温泉観光に弾み  福島民友
9月20日 <局面断面>東松島の集団移転事業 元地の活用、まだら模様  河北新報
9月20日 津波で犠牲・元図書館職員の妻が本の案内人 亡き夫の分も  河北新報

9月19日 福島産 誇りだった 風評の現場  福島民報
9月19日 石巻・南浜 祈念公園で23日植樹祭  河北新報
9月19日 <ほっとタイム>場所違えど復興支援  河北新報
9月19日 祖母の味で古里元気に 大判焼き移動販売へ  河北新報

9月18日 <復興の虚実(5)>なりわい(上)苦境の水産加工業 販路減に原料高直撃  河北新報
9月18日 <日本一の芋煮会>2代目鍋太郎の引退に市民ら拍手 25年で80万食提供  河北新報
9月18日 <ツール・ド・東北2017>再生の街、ペダル軽やか 2日間の日程終える  河北新報

9月17日 【ヒガンバナ】「曼珠沙華まつり」二本松で10月上旬まで 75万本開花へ  福島民友
9月17日 日本酒仕込みへ稲刈り 銀座×福島×山口交流会  福島民報
9月17日 山木屋に食と憩い 「語らい処やまこや」初日にぎわう  福島民報
9月17日 <ツール・ド・東北2017>復興見つめ 潮風と快走 2コースに約480人参加  河北新報
9月17日 被災地の子 運動しよう ユアスタDJ大坂さんら団体設立し支援  河北新報
9月17日 <復興の虚実(4)>住まい(下)サポートの苦悩 担い手足らず空洞化  河北新報

9月16日 福島の高齢化率 初めて3割超す  河北新報
9月16日 <再生に挑む>温泉整備 交流拠点に  河北新報
9月16日 <ツール・ド・東北2017>銀輪の列、復興見守る 宮城沿岸舞台に開幕  河北新報
9月16日 市区町村78%が人口増加策 移住相談、住宅・就業支援  河北新報

9月15日 マガン、伊豆沼・内沼に今シーズン初飛来  河北新報
9月15日 <やくらいガーデン>色彩のじゅうたん秋本番 河北新報
9月15日 <常磐線>竜田−富岡で試運転 10月21日再開 河北新報
9月15日 気仙沼サンマまつり中止 不漁で2000匹確保できず 河北新報

9月14日 【倉本聰さん・7年目の福島を歩く(上)】 夜の森の桜...何思う 福島民友
9月14日 <復興の虚実(2)>防潮堤[下]守るべきもの 減災の姿 官民にずれ 河北新報
9月14日 <ツール・ド・東北2017>きずな新聞の岩元さん、民泊でおもてなし 河北新報
9月14日 さんままつり、大船渡も延期 不漁響く 河北新報
9月14日 <塩釜神社勝画楼>江戸期の旧書院 塩釜市が無償で譲り受け現地保存へ 河北新報

9月13日 新型の発電用水車 秋田県や早大が共同開発へ 河北新報
9月13日 <復興の虚実>賛否が対立、浜を分断 河北新報
9月13日 <ツール・ド・東北2017>東松島の早川さん、語り部として参加 河北新報

9月12日 <<サンマ>不漁で直送便発送できず 祭りも延期 河北新報
9月12日 <全共宮城大会>和牛の祭典 宮城県勢快進撃 河北新報
9月12日 <私の復興>背中を押す 人との絆 河北新報

9月11日 「天王柿」再び京都へ 会津美里の渋柿、出荷再開2年目 福島民友
9月11日 観光梨園が開園 宮城・利府 河北新報
9月11日 不思議膨らむシャボン玉 宮城・角田で「はやぶさまつり」 河北新報

9月10日 <わたしの道しるべ>県産品の良さ伝えたい 河北新報
9月10日 <トップに聞く>東北 ブドウ栽培に力 河北新報
9月10日 笑顔のかかし にぎわう山里 丸森町でかかしまつり 河北新報

9月9日 人気芸人と奥会津満喫 県と吉本興業がツアー 福島民報
9月9日 <リボーンアート>営業終了の成人映画館にアンダーグラウンドな文化の作品展示 河北新報
9月9日 <原発ADR>「度重なる避難で死産」宮城の30代夫婦が東電に慰謝料請求 河北新報
9月9日 米従軍医が撮った1951年の宮城沿岸部 写真ウェブサイトに大きな反響 河北新報

9月8日 『日本酒』『雪』で広域観光へ 3県合意、強み生かし観光誘客 福島民友
9月8日 <全共宮城大会>被災3県の高校生出場 全国へ復興アピール 河北新報
9月8日 どうなる浜の一揆 岩手・サケ刺し網漁訴訟 河北新報
9月8日 デジタルラジオ放送局 関東などで東北の魅力発信 河北新報

9月7日 復興へ また一歩 松川浦の青ノリ 出荷再開へ準備作業ピーク 福島民報
9月7日 <福島廃炉への道> 河北新報
9月7日 <東北の道しるべ>2枚目の名刺どう持つ? 河北新報
9月7日 岩手産りんご台湾へ輸出再開、7年ぶり 河北新報
9月7日 <避難の丘>仙台・荒浜に整備 被災地最大5300人規模 河北新報

9月6日 県産酒や菓子人気 東京・丸の内でイベント 内堀知事ら魅力発信 福島民友
9月6日 <リボーンアート>窓から見る海作品に 移住から5年思い託す 河北新報
9月6日 <気仙沼大島大橋>味な橋渡し 飲食店・特製メニュー続々登場 遊覧船・増便 河北新報
9月6日 平成の黄門・渡部恒三氏に聞く(10完)政治家は志を持て 河北新報

9月5日 <みちのく潮風トレイル>名取に本部センター建設 情報をハイカーに提供 河北新報
9月5日 <仙台農協>農作業は助っ人におまかせ 再雇用OBらで支援隊結成 河北新報
9月5日 石巻におでん文化を 地場産練り物で食開発、地域産業復興へ 河北新報
9月5日 <七十七銀行>被災の女川支店 新店舗で営業開始 河北新報

9月4日 <南三陸町>役場新庁舎 環境配慮の林業発信 河北新報
9月4日 <南三陸町>役場新庁舎が開庁 震災教訓生かし高台に再建 河北新報
9月4日 「支えあうよりどころに」山元町震災遺族が集う場オープン 河北新報

9月3日 空き家活用、若者が新風 会津若松で18日イベント、活躍の場提供へ 福島民報
9月3日 <福島県産モモ「いいね!」 マレーシア女優のSNSで紹介 福島民報
9月3日 <鳴子温泉>東大サークルが湯治体験ツアー企画 河北新報
9月3日 <東北の道しるべ>盛岡「さわや書店」が厳選100冊 河北新報
9月3日 <復興を生きる>被災体験 英語で伝え 河北新報

9月2日 <防災の日>「宿場町を守る」大内宿で一斉放水 河北新報
9月2日 <リボーンアート>荻浜小で作品鑑賞やワークショップ開催 河北新報
9月2日 横手出身・高橋優さんがいざなう 観光冊子が人気 河北新報

9月1日 福島県エネルギー...『再生エネ』導入28.2% 需要100%へ順調 福島民友
9月1日 「来年度にモニターツアー 名所を巡りSNSで発信 尾瀬国立公園入山者増へ 福島民報
9月1日 「ふくしま百年基金」市民活動基金でサポート 地元社団法人設立へ 河北新報
9月1日 森林資源生かす 宮城南三陸町 河北新報
9月1日 鎮魂の明かり海面に再び 気仙沼・舞根2区で20年ぶり灯籠流し 河北新報

2017年【8月分】
8月31日 道の駅「尾瀬檜枝岐」開業 活性化の拠点に、観光関連3施設で構成 福島民友
8月31日 「東北の秋」PR動画 1000万回再生 河北新報
8月31日 <リボーンアート>古里へ 芸術へ 情熱注ぐ 河北新報
8月31日 <原発世論調査>女川2号機再稼働 68%反対 河北新報

8月30日 福島県が新イメージポスター 観光や食など5種類、10万枚無償提供 福島民友
8月30日 <リボーンアート>宮沢賢治の世界オペラで響く 河北新報
8月30日 <こんなのあるんだ!大賞>大崎のトマト飲料が1位 河北新報

8月29日 <むすび塾>岩沼で開催 企業防災在り方探る 河北新報
8月29日 <リボーンアート>塩釜の仏料理人、特設店運営 河北新報

8月28日 <大船渡>初物サンマ 炭火の香り 河北新報
8月28日 <原発被災地>「学びは故郷で」小中生確保へ懸命 河北新報
8月28日 <アングル宮城>名取・閖上夏点描 古里の景色に再会 河北新報

8月27日 夏惜しむ踊りの輪 二本松で「岳温泉観光仮装盆踊り大会」 福島民友
8月27日 <里浜写景>真夏の日に輝くモザイク模様 被災地のメガソーラー 河北新報
8月27日 <汚染廃すき込み実験>牧草への移行わずか、飼料に利用可能 河北新報
8月27日 <かがり火まつり>揺らめく炎、晩夏の南三陸照らす 河北新報
8月27日 <リボーンアート・フェス>「生きる術」名称に託す 制作委員・中沢新一さんに聞く 河北新報

8月26日 県内観光客4.9%増 震災前年の9割まで回復  福島民報
8月26日 東北復興、被災地の交流人口拡大考える 東京でシンポ  河北新報
8月26日 「裏(リ)ボーンアート」牡鹿再生へ住民がSNSで発信  河北新報
8月26日 「大曲の花火」は予定通り26日開催 復旧作業間に合う  河北新報

8月25日 福島で県内ツアー報告会 首都圏大学生ら復興の歩み体感  福島民報
8月25日 復興の途上見て知って 自治体向けツアー始まる  河北新報
8月25日 「若者活躍の場を」岩手で経済戦略会議  河北新報
8月25日 <311次世代塾>発災直後の問題考える  河北新報
8月25日 <ツール・ド・東北2017>大島大橋活用 提案次々と  河北新報

8月24日 <災を忘れず>「加害の歴史」生々しく  河北新報
8月24日 <ツール・ド・東北2017>新コースは誘客の起爆剤  河北新報
8月24日 <サンマ初水揚げ>気仙沼に銀の輝き 本州トップ  河北新報
8月24日 <女川中バスケ部>震災乗り越えた5人の奮闘アニメに  河北新報

8月23日 首都圏学生が福島県の『魅力体感』 福島県内の学生が案内役に  福島民友
8月23日 イーグルスビール開発 みちのく福島路ビールなど  福島民報
8月23日 <災を忘れず>遺品が語る 冬山の惨劇  河北新報
8月23日 <ブラ十和田>貴族気分 歩いてグルメや穴場探訪  河北新報

8月22日 地元産米使い日本酒 農業振興へ3セク法人 道の駅と連携、発信  福島民報
8月22日 特産モモでもてなし 学生が道の駅でバー 福島・国見  河北新報
8月22日 <石炭火力>仙台PS 県議会与野党から反対論次々  河北新報
8月22日 外国人観光客へ 小中学生が英語でガイド  河北新報

8月21日 「菊人形」に衣装着け 二本松で伝統継承へ作業体験  福島民友
8月21日 <東北の道しるべ>エネルギー兼業農家増加 農地に太陽パネル  河北新報
8月21日 再生祈り「未来神楽」奉納へ 詩人和合さんが創作 福島で26日  河北新報
8月21日 <アングル宮城>50万本市民の手で 名取市沿岸クロマツ林再生  河北新報
8月21日 里山から宅地へ 激変期の仙台描写 地質学者・渡辺萬次郎スケッチ展 河北新報
8月21日 <この人このまち>ツーリズムで価値創造 河北新報

8月20日 <あなたに伝えたい>夢の中 出てきたら離さない 河北新報
8月20日 米大学生、美里も古里に 曽祖父の出身地で親類と念願の対面 河北新報
8月20日 <米国流直売経済>草の根 成長を後押し 河北新報

8月19日 <災を忘れず>水難の記憶 若い世代に 河北新報
8月19日 「ハーバード大生が見た東北」被災地の今、ブログで発信   河北新報
8月19日 鎮魂の五百羅漢500体到達 震災犠牲者慰める  河北新報

8月18日 <福島市産モモを使った商品 セブン−イレブン、22日から販売 福島民友
8月18日 <復興・風評対策を議論 福島・広野で「高校生サミット」 河北新報
8月18日 <災を忘れず>原発事故の教訓 未来へ 河北新報
8月18日 <移住促進>シェアハウスでお試し移住を 栗原市が無料で開設へ 河北新報
8月18日 <復興を生きる>漁村 12年の営み記録 河北新報
8月18日 <豪華列車>鳴子へようこそ「四季島」初の宮城停車 河北新報
8月18日 <盆踊り>陸前高田・上の坊で14年ぶり復活 都会の若者が復活後押し 河北新報

8月17日 正確な情報発信必要 「いちえふ」漫画家・竜田さん、福島県で講演 福島民友
8月17日 <舟っこ流し>川面の炎 亡き人への祈り託す 河北新報
8月17日 優美な舞、夏の夜を彩る 西馬音内盆踊り 河北新報
8月17日 <宮城県>低温や日照不足懸念「いもち病」注意喚起 河北新報
8月17日 <島マガジン>大島の魅力全国へ 気仙沼の高校生らが取材・執筆に奔走 河北新報

8月16日 福島・飯舘村飯樋地区で7年ぶり盆踊り 河北新報
8月16日 <和牛の頂点へ>チーム連携で情報共有 河北新報
8月16日 <夏の成人式>色麻町で新成人が誓い 河北新報
8月16日 気仙沼・神山川の桜並木伐採 二転三転、住民にしこり 河北新報

8月15日 ミデッテで移住PR 県、情報発信ブース設置へ 福島民報
8月15日 <和牛の頂点へ>地域伝統の系統で挑む 河北新報
8月15日 <リボーンアート>被災住宅が展示会場に 河北新報
8月15日 <終戦記念日>帰還しない仲間 病に倒れた友 悲惨な実態 河北新報

8月14日 <東北の道しるべ>どぶろくで世界に挑む 河北新報
8月14日 ひとり親家庭に七ヶ宿紹介 自然体験参加者募集 河北新報
8月14日 震災から7度目の盆入り 墓地再建ようやく 河北新報

8月13日 「道の駅までい館」オープン 飯舘に笑顔の拠点、7500人が来場 福島民友
8月13日 歴代ミスピーチ『同窓会』集合! 福島駅で世代超え名産PR 福島民友
8月13日 <あなたに伝えたい>感謝を込めた歌 天まで届け 河北新報
8月13日 兵庫の高校生が旧荒浜小見学 津波の脅威を遺構で実感 河北新報
8月13日 多賀城で15日に万灯会 ライブステージも 河北新報
8月13日 <震災6年5カ月>遺骨189柱 帰れぬ盆 身元不明や引き取り手なし 岩手、宮城16市町村保管長期化 河北新報

8月12日 家族ら安達太良登山 「山の日」に企画 福島民報
8月12日 富岡夏祭りが復活 7年ぶり 会場に活気 福島民報
8月12日 福島・飯舘に帰還住民待望の道の駅 河北新報
8月12日 震災後初の盆踊り 追悼の花火に亡き人思う 河北新報
8月12日 再生の小菊 墓前に 帰還住民が地域再生誓う 河北新報

8月11日 福島県内「道の駅」にぎわう 観光情報や文化発信、特徴的な施設も 福島民友
8月11日 オリジナル料理コンテスト イカしたメニュー勢ぞろい 河北新報
8月11日 「大熊ナシ」復活 志半ば 福島から千葉移住の農家男性 古里思い最後まで作業 河北新報
8月11日 <リボーンアート>作品の魅力、被災地でやる意味…責任者が紹介します!ガイド役担う 河北新報

8月10日 被災漁村の12年見つめる 19日・仙台で上映会 河北新報
8月10日 <竹駒神社>「女みこし」担ぎ手不足から存続の危機 河北新報
8月10日 <羽生結弦>一問一答 歴代最高点超えられる 河北新報
8月10日 顔見える交流の場に 楢葉に小料理屋オープン 河北新報

8月9日 野山で構うな危険!毒ヘビ・ヤマカガシ 福島県内にも多く生息 福島民友
8月9日 岩手県北三大麺いかが 特産品練り込み11日販売 河北新報
8月9日 三沢に寺山修司の世界「幻想市街劇」公演 河北新報
8月9日 <仙台七夕まつり>地元、観光客 天仰ぎ落胆 河北新報

8月8日 「モモ」出荷最盛期に『助っ人』登場 福島県外から学生200人 福島民友
8月8日 復興状況に理解 留学生が県内視察 福島民報
8月8日 福島・飯舘「ミニ復興拠点」整備を 住民らが要望 河北新報
8月8日 <石巻鮎川>鯨肉かみしめ文化を次代へ 河北新報
8月8日 <陸前高田市>かさ上げ市街地 「うごく七夕」帰る 河北新報
8月8日 サンマ漁シーズン到来 不漁予報に戦々恐々 河北新報

8月7日 <この人このまち>ワイン造り古里に還元 河北新報
8月7日 「集まれ!理系女子」 女子高生が研究発表 河北新報
8月7日 「ものづくり祭典」塗装職人の技 世界へ発信 河北新報

8月6日 俳優・藤岡弘さん「甘くておいしい」 福島のモモ、味わい方も紹介 福島民友
8月6日 森林散策!親子で『樹木博士』 福島で「山の日」記念イベント 福島民友
8月6日 <ほっとタイム>紙芝居子どもに笑顔 米沢の男性、南三陸支援続ける 河北新報
8月6日 震災津波の教訓、10ヵ国学生学ぶ 東北大・サマースクール 河北新報
8月6日 <あなたに伝えたい>生まれ変わってまた親子に 河北新報
8月6日 軽音楽部女子3人組 青春の鼓動、バンドで発信 9日全国大会東北代表で出場 河北新報

8月5日 郷土料理で魅力発信 会津若松・廃校の校舎改修、カフェ営業開始 福島民友
8月5日 <だだちゃ豆>収穫体験農場開設で魅力発信 河北新報
8月5日 <わらじまつり>2トンの大わらじに息災願う 河北新報
8月5日 <五所川原立佞武多>夜空照らす火消しの勇姿 河北新報
8月5日 米国男性が宮城の写真公開 従軍医の父親撮影 河北新報

8月4日 ベラルーシ国民議会訪問 広野のハッピーロードネット 福島民報
8月4日 <福島第1>サブドレンの水位一時低下 故障と判断し発表遅れ 河北新報
8月4日 <エルファロ>被災地の交流照らす「灯台」に 宿泊村あす移転オープン 河北新報
8月4日 津波被災の工場 操業再開祝う 化粧品メーカーが改修終え竣工式 河北新報
8月4日 広瀬川の多様性を絵本に「魚を通して川に親近感を」NPO代表とイラストレーター作製 河北新報

8月3日 <栗原市花山>空き家活用 住民主導で 河北新報
8月3日 <秋田竿燈まつり>きょう開幕 再起の力に 河北新報
8月3日 真夏の夜の熱 青森ねぶた祭開幕 河北新報

8月2日 小ぶりでも甘〜ぃ「あかつき」 献上桃24年連続!桑折で180個厳選 福島民友
8月2日 新鮮南郷トマト搬送 新聞網活用始まる 福島民報
8月2日 <水のある風景>子どもら憩う「秘境」 河北新報
8月2日 <浄法寺漆>産地の二戸 職人育成強化 河北新報
8月2日 和太鼓縦横 真夏の熱気 盛岡・さんさ踊り開幕 河北新報

8月1日 世界最大規模の水素製造工場、NEDOが浪江・棚塩に整備へ 福島民友
8月1日 <八戸三社大祭>輝く山車 夜空照らす 河北新報
8月1日 <石巻川開き祭り>追悼の夏の灯がともる 河北新報
8月1日 <福島第1>デブリ取り出し「気中」を軸に「冠水」は断念 河北新報

2017年【7月分】
7月31日 全国サミットで『サルナシの魅力』発信! 健康効果や商品紹介 福島民友
7月31日 観衆熱狂『21世紀の戦国絵巻』 相馬野馬追本祭り「神旗争奪戦」 福島民友
7月31日 一層の栽培促進誓う 玉川で全国さるなしサミット 福島民報
7月31日 移住考えるきっかけに 南三陸で視察ツアー 河北新報
7月31日 <相馬野馬追>躍動する騎馬武者姿に歓声 河北新報
7月31日 災害住宅と地域の住民、どう融和 補助金巡り溝も 河北新報

7月30日 【健康長寿・現実(6)】厳しい状況認識を 『健康寿命』延ばす鍵 福島民友
7月30日 <陸前高田>道中おどり 7年ぶり復活 河北新報
7月30日 <相馬野馬追>7年ぶり小高区に武者行列 河北新報
7月30日 <リボーンアート>被災病院 宿泊拠点に再生 河北新報

7月29日 「二本松少年隊」志今に 顕彰祭で児童が剣舞、舞踊披露 福島民報
7月29日 <リボーンアート>野外ライブ「APバンクフェス」開幕 河北新報
7月29日 <杜の都のチャレン人>異国の価値観を表現 河北新報
7月29日 <牡鹿半島>狐崎浜に番屋完成 漁業者や地域住民の交流拠点に 河北新報

7月28日 <水のある風景>多様な生態系を育む 河北新報
7月28日 北限の茶で新ブランド 豪華寝台列車でも提供 河北新報
7月28日 <全国知事会議>岩手宣言「千年国家の創造」採択 河北新報

7月27日 チリ陸軍トップが南三陸視察 河北新報
7月27日 関西の視察ツアー南三陸訪問 河北新報
7月27日 <石巻川開き祭り>元気な湊の姿みこしで訴え 河北新報
7月27日 <インバウンド>電子決済導入、免税店化 小売店試行錯誤 河北新報

7月26日 おいしい!福島県産「モモ」第1便出発 リピーターは7割以上 福島民友
7月26日 被災県がタッグ 復興願う酒「絆結」完成 河北新報
7月26日 <リボーンアートフェス>「桃浦ビレッジ」整備進む 河北新報
7月26日 <相馬野馬追>小高の武者行列 7年ぶりに出陣 河北新報

7月25日 ベラルーシへ出発 浜通りの中高生、復興の知恵学ぶ 福島民報
7月25日 伝統の七福神舞 災害住宅で復活 河北新報
7月25日 「両生類女子」校舎裏の卵ふ化 育てて愛着 河北新報

7月24日 「健民アプリ」刷新 県内観光コース、疑似的に巡る新機能 福島民友
7月24日 岩手・大槌中心部 被災商店の再建着々と 河北新報
7月24日 <リボーンアートフェス>増やせ!石巻ファン 河北新報
7月24日 <仙台市長選>時の人 「現場主義」の信条貫く 河北新報

7月23日 「子供歌舞伎」情緒豊か、観光客を魅了 会津田島祇園祭が開幕 福島民友
7月23日 <福島第1>格納容器底にも溶融燃料 河北新報
7月23日 <リボーンアート開幕>芸術と海と人が紡ぐ希望 河北新報
7月23日 <五輪まで3年>「復興」色 矛盾だらけ 河北新報
7月23日 <五輪まで3年>福島産水素をエネルギー源に 河北新報

7月22日 和合亮一さん「福島からの発信今後も」 仏文学賞表彰式で喜び 福島民友
7月22日 東電「デブリの可能性高い」 複数の物体撮影 第一原発3号機調査 福島民報
7月22日 <水中観察船>復興した海を実感 河北新報
7月22日 <リボーンアート・フェス>きょう開幕 河北新報
7月22日 <河北新報120周年>東北の針路 語り合う 河北新報

7月21日 <リボーンアート>美音食 多彩に被災地再生 河北新報
7月21日 南三陸SC再建 震災から6年、町内唯一 河北新報
7月21日 <飯館村>カスミソウで地域復興 河北新報
7月21日 ペットボトルでピザ作ろう 意外性体験して 河北新報

7月20日 海藻タオヤギソウ 新たな名産誕生に期待感 河北新報
7月20日 <地下鉄と市長選>まちづくり「脱東京」で 河北新報
7月20日 <トリチウム水>全漁連、東電の放出発言に厳重抗議 河北新報
7月20日 <原発被災地の行方>生鮮品購入 車が頼り 河北新報

7月19日 おいしいコラボ商品発売 福島県農産品×キリン「一番搾り」 福島民友
7月19日 植物からプラ容器 小松さん(いわき)の特許活用 商品化 今夏発売 福島民報
7月19日 <山形大>塩分過多 糖尿病リスク大きく 河北新報
7月19日 <トリチウム水>福島知事「慎重対応を」 河北新報

7月18日 一生懸命な人美しい 児童文学新人賞、郡山・吉田桃子さんに聞く 福島民友

7月17日 ロボット企業ガイド作成 復興官民合同チーム 福島民報
7月17日 <飯舘村>ふるさと納税者対象に村への交通費補助 河北新報
7月17日 宮城のホヤ東京でPR 「女子会」が魅力発信 河北新報

7月16日 「幕滝遊歩道」再開通 福島・土湯温泉、ハイカーに絶景の癒し 福島民友
7月16日 ハンガリーと食で交流 郡山市、特産品つくり発信へ 福島民報
7月16日 <海開き>浜に歓声「これからも海と生きる」 河北新報
7月16日 <海開き>7年ぶり「地元の海に入れて最高」 河北新報

7月15日 <白神山地>「ブナの森」守り続ける 河北新報
7月15日 <トリチウム>海洋放出 福島県漁連抗議へ 河北新報
7月15日 <セシウム吸収しにくいイネ メカニズム解明 河北新報
7月15日 <宮城観光PR>壇蜜さんの妖艶さ話題 動画再生115万回 河北新報

7月14日 男女とも塩分過多 福島県が食行動調査、外食より家庭料理注意 福島民友
7月14日 学生が企画 東北の生産者に会うツアー 河北新報
7月14日 <海水浴場>南三陸・サンオーレ 7年ぶり再開 河北新報
7月14日 <ヒメボタル>星空の瞬き 気仙沼本吉 河北新報
7月14日 <海水浴場>被災3県の4カ所新たに再開 河北新報

7月13日 <オルレ>認定機関、唐桑コース視察 河北新報
7月13日 セミセルフレジ拡大 震災後の人手不足背景に 河北新報

7月12日 新聞網使い農作物搬送 素材広場と福島運送、県 来月から南郷トマト 福島民報< 7月12日 <あおもりカシス>紫色の実 児童が収穫 河北新報
7月12日 ご当地麺味わい県境ライド 全国から参加続々 河北新報
7月12日 <高校野球福島>ふたば未来 希望の初白星 河北新報
7月12日 <太陽光発電>パネル下の日陰でキクラゲ生産 河北新報

7月11日 <南相馬>避難指示解除1年 2割強が帰還 河北新報
7月11日 <ブルーベリー>摘み取り園 大崎で営業開始 河北新報
7月11日 <私の復興>偏見の解消へ道半ば 河北新報

7月10日 英国風ビールを発表 天栄のブリティッシュヒルズ 福島民報
7月10日 湿原に山吹色のパノラマ ニッコウキスゲ見頃 河北新報
7月10日 遠野ホップで誘客を 畑会場にPRイベント 河北新報
7月10日 <この人このまち>被災地の農 再生手助け 河北新報
7月10日 ブドウ栽培勉強中 仙台出身地域おこし隊員 河北新報
7月10日 内陸地震で被災 10年ぶり渓流釣りイベント 河北新報

7月9日 記念シンポの実施決定 朝河貫一博士没後70年 顕彰協会が総会 福島民報
7月9日 <南海トラフ>南三陸の元消防団員、備え訴え 河北新報
7月9日 復興と地域づくり カツオに学ぶ 河北新報
7月9日 <海開き>被災の白浜海水浴場 今季は拡大 河北新報
7月9日 <相馬野馬追>父子3代で出陣 誇り守り継ぐ 河北新報

7月8日 浪江の蔵 磨いた長井の酒 金賞に輝く 河北新報
7月8日 <ふたば未来学園高>NPO常駐し学習支援 河北新報
7月8日 <気仙沼ベイクルーズ>大島大橋人気で大増便 河北新報

7月7日 登山で「福島の力に」...ICI石井スポーツ社長がイベント検討 福島民友
7月7日 浪江町加倉にローソン 大熊出身植杉さん出店 福島民報
7月7日 「最北端のシラス」本格操業 名取・閖上漁港沖 河北新報
7月7日 台湾の学生19人 南三陸の観光施設で研修 河北新報

7月6日 福島県、東北で人口減少数最多 大玉村、新地町は3年連続増 福島民友
7月6日 プリン専門店が6日オープン 福島土湯こけしをイメージ 福島民報
7月6日 <牛飼い女子>仲間と挑戦 女性は得意 河北新報
7月6日 <牛飼い女子>岩手に続々誕生 15グループ 河北新報
7月6日 気仙沼の丘陵地でアジサイが見頃 河北新報

7月5日 ふくしまの酒飲み比べよう 5日から福島でフェア 福島民報
7月5日 <仙台PS>県議会、批判噴出「脱石炭」県に迫る 河北新報
7月5日 お中元にモモのシェアを 贈答用パッケージ開発 河北新報

7月4日 福柳美里さんが南相馬に「書店」11月開店へ 店名は『フルハウス』 福島民友
7月4日 福島の子どもたち 米沢でのびのび 河北新報
7月4日 <ゲンジボタル>光跡追って晴れ舞台 河北新報
7月4日 サクランボ出荷ピーク 宮城の助っ人 大活躍 河北新報

7月3日 大内宿...古式ゆかしく「半夏祭り」 江戸の宿場町風情を楽しむ 福島民友
7月3日 ニホンカモシカ、海辺で涼む 河北新報
7月3日 南陽市がワイン用ブドウ栽培拡大 河北新報
7月3日 田尻のジャージー牧場 子牛と記念撮影会 河北新報

7月2日 商業施設「とんやの郷」オープン 川俣・山木屋の復興拠点期待 福島民友
7月2日 桑折でモモ出荷始まる JAふくしま未来 福島民報
7月2日 震災後の漁業者描く 福島で「新地町の漁師たち」上映開始 映画、美術で復興に力 福島民報
7月2日 養殖漁場にICTブイ 水温確認スマホで楽々 河北新報
7月2日 <里浜写景>漁師の喜怒哀楽 照らす朝日 河北新報
7月2日 <あなたに伝えたい>桜と松の盆栽思い出支えに 河北新報
7月2日 田風雨ニモマケズ無事登頂 岩手山で山開き 河北新報

7月1日 福島の元気発信を応援 18団体に未来基金 福島民報
7月1日 <東電初公判>真実を 福島願う 河北新報
7月1日 観光交流施設「いしのまき元気いちば」オープン 河北新報
7月1日 <再生エネ買い取り5年>送電網「パンク」寸前 河北新報

2017年【6月分】
6月30日 <汚染廃>「最終的方針は未定」 大崎市長 河北新報
6月30日 亡き子へ叫ぶ親心 震災怪異譚を朗読で熱演 河北新報

6月29日 東南アジアの新聞記者が被災地など取材 河北新報
6月29日 <東北電株主総会>自治体の温度差鮮明に 河北新報

6月28日 川俣・山木屋「とんやの郷」7月1日開所 復興を胸に出店準備 福島民友
6月28日 寺社や花の名所巡る 第1弾は会津・両沼エリア 福島民報
6月28日 宮城・岩手県境 17年ぶり変わります 河北新報
6月28日 <復興CSR>日本の課題 解く鍵に 河北新報

6月27日 外国人への「おもてなし」学ぶ 福島で英語の接客ワークショップ 福島民友
6月27日 <復興CSR>支援超えビジネスへ 河北新報
6月27日 悲多種多彩 早咲きのユリ見頃 河北新報
6月27日 悲劇乗り越え 民宿「つなかん」再開 河北新報

6月26日 新鮮な福島県産食材が人気 郡山で「表参道マルシェ」にぎわう 福島民友
6月26日 <復興CSR>個性見いだし 伸ばす 河北新報
6月26日 てんこ盛り「石井食堂」 葛尾村で再開へ 河北新報
6月26日 プレハブ仮設の再利用進まず 経費負担が重荷 河北新報

6月25日 今年も巡ろう!福島県『酒蔵』 「スタンプラリー」スタート 福島民友
6月25日 創作神楽奉納へ歴史学ぶ 福島で詩人和合さんら 未来の祀りカフェ 福島民報
6月25日 <復興CSR>課題こそが商いの種 河北新報
6月25日 <私の道しるべ>東北へ訪日客呼び込む 河北新報
6月25日 <あなたに伝えたい>「地域大切に」言葉胸に刻む 河北新報
6月25日 藩制時代の七夕飾り再現 河北新報

6月24日 <復興SCR>資本主義公益重視へ 河北新報
6月24日 <復興CSR>生活改善 経済を回す 河北新報

6月23日 「酒蔵めぐりスタンプラリー」24日から開催 福島県54施設対象 福島民友
6月23日 降ひょう被害乗り越え さくらんぼ出荷式 河北新報
6月23日 丸森町と福島県石川町 まちづくり交流始める 河北新報

6月22日 地相馬復興、多方面で支援 磯部のメガソーラー、絆カフェ開設へ 福島民友
6月22日 地域論でワイン学ぶ 田崎ソムリエ協会長講義 福島民報
6月22日 <こけし喫茶>カガモク24日オープン 河北新報
6月22日 <富士登山>被災高校生 田部井さん遺志継ぐ 河北新報

6月21日 阿武隈山系にソバ 遊休農地で生産拡大へ 蕎麦王国協議会 福島民報
6月21日 <トモノミクス>多様なCSR 驚きと共感 河北新報
6月21日 <トモノミクス>復興CSR どうつなぐ 河北新報
6月21日 津波被災マリンパル元職員 愛着ある観光で再起 河北新報

6月20日 福島県の4宿泊施設が大賞 じゃらんアワード・東北 福島民友
6月20日 6年ぶり営業再開 富岡・夜の森の給油所 福島民報
6月20日 松川浦の青ノリ出荷再開へ 震災から7年ぶり 福島民報
6月20日 <復興CSR>民間部門が担い手に 河北新報
6月20日 <内閣府>八戸にサテライトオフィスを試験設置 河北新報
6月20日 <リボーンアート・フェス>前衛作品 牡鹿彩る 河北新報
6月20日 80歳みちのく竹馬旅 東北400キロ踏破 河北新報

6月19日 サクランボ「静御前」収穫期 福島・飯坂で開発の新品種 福島民友
6月19日 <復興CSR>起業家精神 変革の鍵 河北新報
6月19日 <初夏水彩>伊達いわな ブナの恵み味も抜群 河北新報
6月19日 遠刈田の温泉街に大道芸 人気沸騰 河北新報
6月19日 バイオ燃料カートも試乗 小学生が省エネ学ぶ 河北新報

6月18日 <あなたに伝えたい>手作りのぬか床 今も大切に 河北新報
6月18日 <復興CSR>両翼で支える 河北新報
6月18日 <CSR>従業員 自治体派遣64人 河北新報

6月17日 <復興CSR>企業人のスキル 威力 河北新報
6月17日 <岩沼係長>グッズ販売始まる 河北新報
6月17日 孤立防止へ「つなぐプロジェクト」で交流後押し 河北新報

6月16日 <汚染廃>一斉焼却提案 割れる自治体判断 河北新報
6月16日 <汚染廃>焼却灰搬入反対 大崎市に陳情書 河北新報
6月16日 <汚染廃>受け入れ困難と岩沼市が回答 河北新報

6月15日 急性心筋梗塞、男女ワースト1位 死因別死亡率で福島県 福島民友
6月15日 葛尾の農業再生見学 東北大生ら65人が参加 河北新報
6月15日 <内陸地震9年>思う 継ぐ あの人へ静かな祈り 河北新報
6月15日 <宮城ホヤ>復興庁食堂 特別メニューでPR 河北新報
6月15日 <内陸地震9年>紙芝居で記憶継ぐ 児童に読み聞かせ 河北新報

6月14日 小ぶりだけど脂乗りグッド 大船渡でカツオ初水揚げ 河北新報
6月14日 陸前高田の名物居酒屋「俺っ家」復活 まち再生誓う 河北新報
6月14日 <復興を生きる>美しい福島 書に込め 河北新報
6月14日 <内陸地震9年>にぎわい求め 立ち上がる山 河北新報

6月13日 笑顔の味...「松きのこ」白河の特産に 広島発・マツタケ×シイタケ 福島民友
6月13日 <全国初>黒沢ファーム 白米でJGAP取得 河北新報
6月13日 <震災遺構>大川小、旧門脇小の整備方針決定 河北新報

6月12日 海岸林再生願い 相馬で東邦銀クロマツ植樹 福島民報
6月12日 「自然に溶け込む...大山祇神社・参道に『ユニークなベンチ』設置 福島民友
6月12日 「小高の騎馬武者行列」再開へ 相馬野馬追、旧避難区域内で初 福島民友

6月11日 「くだもの王国」シーズン到来 福島で観光農園開園 福島民友
6月11日 <チャグチャグ馬コ>70頭 夏の足音 河北新報
6月11日 沿岸自治体 想定外の人口流出 河北新報
6月11日 <私の復興>相互理解 今こそ大事 河北新報

6月10日 飯舘村が中学生に「予算書」配布 事業内容や財源分かりやすく 福島民友
6月10日 <南三陸町>志津川高に学習支援学舎開校 河北新報
6月10日 東北の外国人宿泊者5割増 北海道新幹線が貢献 河北新報

6月9日 今の古里・飯舘にビックリ! 仮設校舎児童が仮想現実『体感』 福島民友
6月9日 <山形大>豪雪地の真室川 冬の農業の可能性探る 河北新報
6月9日 4つの味のホヤ缶詰 南三陸の女性ら開発 河北新報
6月9日 震災月命日に営業「カメレオン食堂」で復興応援 河北新報

6月8日 『畜産の村』7年ぶり復活へ 飯舘で「水田放牧」実証試験開始 福島民友
6月8日 きみがらスリッパの伝統守る 高校生が種まき 河北新報
6月8日 <秋田内陸線>SNSシェア回数で寄付 河北新報
6月8日 高齢化集落の作業支援「草刈り隊」始動 河北新報

6月7日 福島大、情報発信で「最高評価」 東北復幸祭が風評被害軽減 福島民友
6月7日 「地域おこし協力隊員」初の2人態勢 発信力増強 河北新報
6月7日 <日本サービス大賞>応募を呼び掛け 河北新報
6月7日 <バラまつり>2万株 多彩な色と香り・村山 河北新報
6月7日 空を映して青く輝く 「八幡平ドラゴンアイ」 河北新報

6月6日 <声弾む「アワビ漁」 7年ぶり相双漁協、初日は5.2キロ水揚げ 福島民友
6月6日 <いいたて村の道の駅までい館 8月12日オープンへ 福島民報
6月6日 <あんぽ柿>GI申請へ 風評被害払拭目指す 河北新報
6月6日 <東北の道しるべ>山林経営の王道 東北に期待 河北新報
6月6日 <東北の道しるべ>山から始まる地域循環社会 河北新報
6月6日 若手漁師がワカメで食の大切さ伝える 河北新報
6月6日 青森産「トキ」100%のワイン限定販売  河北新報

6月5日 ヒメサユリ楽しむ 喜多方、群生地でウオーク 福島民報
6月5日 <エコラの日々>かみじいのくんしょう 河北新報
6月5日 <大川小保存>「何のため」熟議不可欠  河北新報
6月5日 <CSR>若者の復興支援活動 経験4割 河北新報
6月5日 潮風受け、ニッコウキスゲ見頃 河北新報

6月4日 <原発事故>福島の被災12市町村 ICT教育推進  河北新報
6月4日 海岸防災林再生へ クロマツ4000本を植樹  河北新報
6月4日 <ランプの宿>被災後再開5年目 続く手探り  河北新報

6月3日 主婦のお薦め!吉本興業が太鼓判!福島県のご当地「159商品」  福島民友
6月3日 復興支える若者に目配りを 復興推進委初会合  河北新報
6月3日 イカ釣り漁の名船頭「日本一」は譲れない  河北新報
6月3日 <子ども食堂>おなかと心 満たす  河北新報

6月2日 外国人に売り込め!福島の旅 プロからヒント「点ではなく線で」  福島民友
6月2日 ホッキ貝漁 港に活気 相馬双葉漁協  福島民報
6月2日 被災蒲鉾店6年ぶり帰還 「及善商店」工場完成  河北新報
6月2日 <CSRの陰>帰宅困難者 二の次に  河北新報
6月2日 <気仙沼大島>医師着任 待望の医院再開  河北新報

6月1日 「福島の花さかじいさん」発刊 花見山巡る物語  河北新報
6月1日 <みやぎ蔵王>シロヤシオツツジ見頃 高原華やぐ  河北新報
6月1日 <CSRの陰>「貢献」掲げ一山狙う  河北新報

2017年【5月分】
5月31日 <CSRの陰>ひずみ 下に押し付け  河北新報
5月31日 <原発事故>甲状腺検査の機器そろえ診療所開設  河北新報
5月31日 <復興を生きる>イチゴ栽培 妻の苦悩に光  河北新報
5月31日 <8割帰還>顔の見える関係が大切  河北新報
5月31日 「おいしい」を着込んで 河北新報
5月31日 災害公営住宅 南三陸町の全世帯で家賃誤算定 河北新報
5月31日 <インバウンド>東北観光 ネットで連携 河北新報
5月31日 <西原新聞>50号で大団円 「切りよく」  河北新報

5月30日 【アザキダイコンの花】野生の彩り...かれん 太郎布高原  福島民友
5月30日 <トップに聞く>NPO助成 新制度で継続  河北新報
5月30日 <CSRの陰>利益優先 見切り早く  河北新報
5月30日 <東松島市>企業版ふるさと納税積極活用  河北新報
5月30日 <金華山>クライミング人気が復興後押し  河北新報

5月29日 「全国植樹祭」富山から福島へ 南相馬で震災被災地初の開催  福島民友
5月29日 「SAKEタワー」お目見え 喜多方の地酒堪能、酒蔵探訪ウオーク  福島民友
5月29日 7村の協力隊連携 檜枝岐の小さな村サミット  福島民報
5月29日 <磐梯山>山開き 思い思いのペースで山頂へ  河北新報
5月29日 被災農地7年ぶり田植え アートで彩り  河北新報
5月29日 <CSRの陰>苦境の福島 食い物に  河北新報
5月29日 <福島県産モモ>観光PRにも協力  河北新報
5月29日 <福島産モモ>今季も輸出増へ 東南アジアに標準  河北新報

5月28日 「西わらび」増産に力 町の特産品アピール  河北新報
5月28日 <千年希望の丘>思い込め最後の植樹3万本  河北新報
5月28日 イノシシ対策 脱「農村伝説」促す  河北新報
5月28日 <高田松原>再生へ 1250本植樹  河北新報

5月27日 県産品「不安ない」「不安薄らぐ」9割 JA福島中央会 首都圏調査  福島民報
5月27日 <g7サミット>全国の小さな村 福島で集結  河北新報
5月27日 <帰還困難区域>国道6号でGS再開  河北新報
5月27日 震災後初の漁 自慢のアサリ復活  河北新報
5月27日 被災の浜からシカ肉提供 解体施設の上棟式  河北新報

5月26日 白砂青松の浜再生へ 高田松原で27日記念植樹  河北新報
5月26日 震災の記憶伝承する場に 志津川高に資料室  河北新報

5月25日 震災後初、薄磯で海開き いわき市内3カ所遊泳可能に  福島民報
5月25日 被災の中学生「語り部」務める  河北新報
5月25日 <龍泉洞>日本酒貯蔵 台風被害復興願い込め  河北新報

5月24日 「チャレンジインターンシップ事業」の参加者募集  福島民報
5月24日 <土湯温泉>熱水を活用 エビの養殖開始  河北新報
5月24日 山形県知事 ふるさと納税返礼品上限縛られず  河北新報
5月24日 気仙沼・徳仙丈山 ツツジ回廊、赤く燃える  河北新報

5月23日 小中生に「笑い」入れた授業 大熊町教委 福島民報
5月23日 <原発事故>農業再生へ若者が一役 河北新報
5月23日 棚田再生目指しCFで苗購入費募る 河北新報
5月23日 <熊本地震>南三陸発「くまころりん」で支援 河北新報
5月23日 <復興相>被災3県国会議員「住民の声聞いて」 河北新報
5月23日 <復興相>福島再生 成し遂げる 河北新報

5月22日 「安達太良山」山開き 山頂心地よい風...青空の大パノラマは格別 福島民友
5月22日 16年ぶり御衣田植え 二本松 観世音菩薩 開扉に備え 福島民報
5月22日 <この人このまち>若手に自覚 商店「占拠」 河北新報
5月22日 <浅虫温泉>経営者がチーム にぎわい創出へ 河北新報
5月22日 <青葉まつり>宇和島伊達家 時代行列に初参加 河北新報
5月22日 お金出せぬが新事業支援 行政主導のCF好調 河北新報

5月21日 <あなたに伝えたい>泣いて笑った一番いい時代 河北新報
5月21日 田束山でヤマツツジ満開 海と競演 河北新報
5月21日 <次世代塾>仮埋葬現場、被災寺院など視察 河北新報
5月21日 南三陸 平成の森しおかぜ球場リニューアル 河北新報

5月20日 福島県初!ドローン公認スクールが開校 猪苗代で操縦士育成 福島民友
5月20日 <リボーンアートフェス>ボランティアを募集 河北新報
5月20日 <ツール・ド・東北>発表会「被災地の今感じて」 河北新報
5月20日 <災害危険区域になった古里 記憶語り継ごう 河北新報

5月19日 <全国新酒鑑評会>風評払拭 福島5連覇 河北新報
5月19日 <復興を生きる>浪江の心象 色で表現 河北新報

5月18日 県内3蔵元4銘柄が最高賞 世界規模ワイン品評会日本酒部門癒す 福島民友
5月18日 <藤の花満開>津波に耐えて 住民の心癒す 河北新報
5月18日 <ひとりじゃないよ>好きなもの大切にして 河北新報

5月17日 店やレジャー、教育資金…主婦向けサイト開設 河北新報
5月17日 <オルレ>気仙沼・唐桑でコースづくり本格化 河北新報
5月17日 被災女性の手仕事 着物再生文化を新店舗で発信 河北新報
5月17日 GW観光客 復興まちづくり女川に7万7000人 河北新報

5月16日 県産品半数にGAP認証を 取得数日本一へチャレンジ宣言 福島民友
5月16日 <ツール・ド・東北>民泊利用者が田植え応援 河北新報
5月16日 <フィッシャーマンJ>漁師がモーニングコール 河北新報
5月16日 <気仙沼大島大橋>人気急上昇 誘客の懸け橋に 河北新報

5月15日 宵乗りの行列「帰り馬」復活 7月「相馬野馬追」で小高郷騎馬会 福島民報
5月15日 加美の山菜、イタリアンに 河北新報
5月15日 <米国の町から>誇りと志 漁業を復興 河北新報
5月15日 <フードバンク>活動普及へ助成先募集 河北新報
5月15日 <ひとりじゃないよ>人生には無数の可能性 河北新報

5月14日 カツオ初水揚げ 威勢と活気浜にこだま 河北新報
5月14日 <あなたに伝えたい>存在感じながら海に生きる 河北新報
5月14日 <里浜写景>旬の恵みたっぷり三陸育ち 河北新報
5月14日 <被災校舎保存>旧門脇小「残す範囲広げて」 河北新報
5月14日 <青葉まつり>ガイドツアー 歩いて知る街並み 河北新報

5月13日 夜のゲレンデに「光の天の川」 二本松・あだたら高原スキー場 福島民友
5月13日 森林線量率70%減 昨年度県内23年度 継続調査地点 福島民報
5月13日 <檜枝岐歌舞伎>村の千両役者に喝采 河北新報
5月13日 <福島特措法>地元首長「復興へ大きな一歩」 河北新報
5月13日 心つなぎソバ栽培 帰還の住民20人が種まき 河北新報
5月13日 <米国の町から>貧困地区「食」から光 河北新報

5月12日 楢葉町内の居住率「22.3%」 若年層や子育て世代の帰還進む 福島民友
5月12日 牛を磐梯山へ 6月6年ぶり放牧再開 猪苗代町営牧場 福島民報
5月12日 漁港の一本松移植 漁師を元気づける存在に 河北新報
5月12日 ドリフトタクシー 新たな福島観光の目玉に 河北新報
5月12日 <震災6年2カ月>漁師の父子 教訓かみしめる 河北新報

5月11日 震災後最も早く 気仙沼港でカツオ初水揚げ 河北新報
5月11日 <震災6年2カ月>花の駅 再生の芽吹き 河北新報
5月11日 <私の復興>古里残す 新たな願い 河北新報
5月11日 <石炭火力>建設計画 東北に集中 河北新報

5月10日 県産酒が上位独占 1位「三春駒」、 南部杜氏鑑評会・純米吟醸酒  福島民友
5月10日 『ドリフトタクシー』運行、観光定着へ 二本松・エビスサーキット 福島民友
5月10日 「ドリフトタクシー」で誘客 二本松のエビスサーキット 福島民報
5月10日 三島の魅力体験 「生活工芸アカデミー」開講 福島民報
5月10日 <避難解除>飯舘の宿泊施設 初の再開 河北新報
5月10日 リンゴ畑も薄化粧 「はるか」授粉本格化 河北新報
5月10日 <ひとりじゃないよ>親の無償の愛を感じて 河北新報
5月10日 <野蒜小津波訴訟>市が上告の意向表明 河北新報

5月9日 <避難解除>宿泊体験館「きこり」再開 河北新報
5月9日 宿泊村8月再開へ 女川駅近くで安全祈願祭 河北新報
5月9日 <東北山林火災>釜石で消失400haに拡大 河北新報

5月8日 森林81%伐採可能 避難解除「田村」「川俣」「広野」「楢葉」「川内」 県木連試算 福島民報
5月8日 <ひとりじゃないよ>面白いこと考えようか 河北新報
5月8日 東北強風 山林火災相次ぐ 住宅も被害 河北新報

5月7日 仮設住宅設置基準を大幅緩和 内閣府 河北新報
5月7日 津波「体験」利用激減 震災風化に危機感 河北新報

5月6日 【北塩原】春色に染まる「桜峠」 3000本のオオヤマザクラ咲き誇る 福島民友
5月6日 <原発被災地>動かぬ物件 増える空き家 河北新報
5月6日 <南三陸>ワイン生産へ 被災した町の名物に 河北新報
5月6日 <杜の都のチャレン人>心に潤いまずは一輪 河北新報
5月6日 小学生が獅子舞披露 登米・横山不動尊 河北新報

5月5日 国【ヤマツツジ】鮮やかに山肌染める「ヤマツツジ」 塙・風呂山公園で見ごろ   福島民友
5月5日 国内初のイワナ養魚場 水不足でピンチ   河北新報
5月5日 大漁旗200枚 港町に復興の風呼べ  河北新報
5月5日 <ほっとタイム>建物の物語を大切に  河北新報
5月5日 菜の花巨大迷路、広がる笑顔  河北新報

5月4日 被災農家「南三陸ねぎ」で営農再開へ着々  河北新報
5月4日 <こけしコンクール>全国から823点  河北新報
5月4日 蔵王・えぼしリゾート スイセン見頃  河北新報
5月4日 茂吉ゆかりの老舗書店 10年ぶり復活  河北新報

5月3日 色鮮やかな『芝桜のじゅうたん』 平田・ジュピアランドひらた  福島民友
5月3日 生徒確保へ、求む広告塔 地域おこし協力隊募集  河北新報
5月3日 <鳴子ダム>すだれ放流始まる 5日まで  河北新報
5月3日 台風被害乗り越えカキ出荷 釜石の養殖漁師  河北新報
5月3日 感謝胸に再出発 盛岡の居酒屋が古里・陸前高田へ  河北新報
5月3日 台風10号被害から復活 龍泉洞にぎわう  河北新報

5月2日 県十万山、消火に苦慮 福島・浪江、隊員に放射線対策も 福島民友
5月2日 県内子ども4800人減 22万1978人、5町村は増 福島民報
5月2日 <浪江林野火災>消火活動を続行  河北新報
5月2日 南三陸の情報 スマホアプリで  河北新報
5月2日 <青葉の森MAP>改訂版完成 自然さらに身近に  河北新報
5月2日 夏魚の花形 カツオ初水揚げ  河北新報

5月1日 <ドローン>観光地空撮 動画で魅力引き出す  河北新報
5月1日 <みちのく潮風トレイル>南三陸ルート開通  河北新報
5月1日 <熊本の教訓>安眠確保 機転が奏功  河北新報
5月1日 <震災遺構>仙台・旧荒浜小が一般公開  河北新報

2017年【4月分】
4月30日 福島の魅力...『香り』で発信 学生らが香LINKプロジェクト  福島民友
4月30日 「県内移住」支援組織設立に補助金 県、制度創設で後押し  福島民報
4月30日 三陸の魚が氷中遊泳 気仙沼の「水族館」再開  河北新報
4月30日 <復興CSR>本業で持続的支援を  河北新報
4月30日 大船渡新商業施設 再出発、希望託す  河北新報
4月30日 「幻のセリ」収穫作業 最盛期迎える  河北新報
4月30日 伊治城完成1250年「歴遊ウオーク」開催  河北新報

4月29日 「会津桜アスパラ」来て食べらんしょ 春彩るピンク色、独自開発  福島民友
4月29日 【菜の花】南相馬に「菜の花迷路」お目見え 家族連れなどの人気スポット  福島民友
4月29日 「ウオークビズ」推進 通勤や仕事で歩こう、福島県が歩数目標  福島民友
4月29日 避難者の体験知る 福島東高2年生が富岡訪問  福島民報
4月29日 チューリップ色とりどり まつり5月7日まで  河北新報
4月29日 <道の駅>宿泊歓迎 福島・国見に完成  河北新報
4月29日 <日本遺産>シルク生産拠点 戊辰敗れた藩士開墾  河北新報
4月29日 <日本遺産>北前船寄港地 独自の文化花開く  河北新報
4月29日 こいのぼり60匹 女川復興見守る  河北新報

4月28日 沿岸部復興「進んだ」42% 岩手県調査  河北新報
4月28日 気仙沼復興協会 ボランティア募集再開へ  河北新報
4月28日 新しい東北を創造 吉野復興相が特別委で所信  河北新報
4月28日 陸前高田に中核商業施設「アバッセ」開業  河北新報

4月27日 吉野正芳復興相に聞く 信頼回復へ復興庁の『当事者意識』必要 福島民友
4月27日 米沢で就農4年目 独学で試行錯誤  河北新報
4月27日 仙台みそ「伝統継ぐ」 技能士24年ぶり女性合格  河北新報
4月27日 <復興相交代>自民 強まる批判に危機感  河北新報

4月26日 二本松の仮設 浪江移設 町、一時宿泊所として活用へ  福島民報
4月26日 <岩手大>空き校舎を活用した拠点施設開設  河北新報
4月26日 <塩釜・野々島>菜の花が満開  河北新報

4月25日 県内移住の懸け橋に 県がコーディネーター配置  福島民報
4月25日 有機JAS認証支援 県、農産物の安全性発信  福島民報
4月25日 野生キノコ、出荷制限一部解除 福島県初  河北新報
4月25日 <動き出す中心市街地>生き残りへ商業者模索  河北新報
4月25日 <動き出す中心市街地>民間主導にぎわい創出  河北新報

4月23日 災後生まれ今春就学 被災と教訓どう伝える  河北新報
4月23日 岩手・大槌町長 重要施策で議会とまたも対立  河北新報
4月23日 <わたしの道しるべ>料理で幸福感醸したい  河北新報

4月22日 『福島のいいもの、場所』発信へ 旅館若旦那と若手農家がタッグ  福島民友
4月22日 <秋田県人口>社会減抑制 地域存続の鍵  河北新報
4月22日 <秋田県人口>100万人割れ 86年ぶり  河北新報

4月21日 東京・丸ビルで「ふくしま酒まつり」 東邦銀行が県産酒PRへ 福島民友
4月21日 <同友会>鹿子躍で宮城の魅力アピール  河北新報
4月21日 <同友会>技術革新や観光 活発議論  河北新報
4月21日 <原発事故>除染土利用 評価割れる地元  河北新報

4月20日 <戊辰戦争150年>只見町が記念事業を展開  河北新報
4月20日 「日本一の滝王国山形」HP開設  河北新報

4月19日 ふくしま健民会議を設立 「健康経営」へ初の官民合同組織 福島民友
4月19日 若者向け「図鑑」発行へ クールアグリ×若旦那プロジェクト 福島民報
4月19日 「健康経営」官民一体で ふくしま健民会議発足  福島民報
4月19日 <<中島の地蔵桜>花影で 水面を染める  河北新報
4月19日 <栗原市長選>同級生の対決 集票に躍起  河北新報
4月19日 <熊本地震1年>活断層との共存模索  河北新報

4月18日 <三春の滝桜>間もなく満開  河北新報
4月18日 <鳥インフル>宮城県 移動制限解除  河北新報
4月18日 宮城産ホヤ 処分に向け苦渋の水揚げ  河北新報

4月17日 "桑折に感謝"アニメ完成 避難の浪江町民ら制作  福島民報
4月17日 木質バイオで定住後押し 融雪機能付き宅地造成  河北新報
4月17日 <熊本地震1年>支援これからも 被災地つなぐ夢追う  河北新報
4月17日 <トモノミクス>大手、CSR拠点再構築  河北新報

4月16日 作家・保阪正康さんが二本松訪問 72年ぶりの思い出浸る  福島民友
4月16日 春浮かぶ 三春滝桜ライトアップ始まる  福島民報
4月16日 <熊本地震1年>二重ローン解消 東日本教訓に  河北新報
4月16日 気仙沼の復興協会 国の雇用事業終了で存続危機  河北新報
4月16日 <熊本地震1年>いわきの有志 復興の舞を披露  河北新報

4月15日 「こけし祭り」開幕 福島・土湯温泉、ファンら工人の力作に魅了  福島民友
4月15日 米国で震災対応講演 横山福医大教授  福島民報
4月15日 県内蔵元新酒振る舞う 福島で「春の新酒まつり」  福島民報
4月15日 開通前に雪の回廊散策 宮城・蔵王  河北新報
4月15日 浪江・津波犠牲者「慰霊碑 氏名刻まれず」  河北新報
4月15日 <熊本地震1年>被災の記憶伝承 仙台を参考に  河北新報

4月14日 風評払拭へ連携 クールアグリ×若旦那プロジェクト  福島民報
4月14日 <ギンザケ>生きよし味よし初水揚げ  河北新報
4月14日 <みちのくトレイル>石巻−女川70キロ開通 河北新報
4月14日 <熊本地震1年>2度の震災 教訓伝える 河北新報

4月13日 【二本松】温かみあるピンク色...「合戦場のしだれ桜」ライトアップ開始 福島民友
4月13日 外国人誘客増へ酒蔵巡りなど11件採択 復興庁のモデル事業 福島民報
4月13日 古里いざなう 夜の森地区の桜並木 富岡町 福島民報
4月13日 <震災映画>犠牲園児の遺族 思い語る 河北新報
4月13日 <フリーマガジン>創刊へスタッフ募集 河北新報
4月13日 駅構内からお花見いかが 河北新報

4月12日 全日本こけしコンクール 荷ほどき作業開始 河北新報
4月12日 栗原の味覚特価で 新聞販売店がグルメ本発行 河北新報

4月11日 「ふくしまの水」が最高金賞 モンドセレクション2017 福島民友
4月11日 <むすび塾>逃げた後、絶対戻るな 河北新報
4月11日 <むすび塾>負担と責任男女協働で 河北新報
4月11日 <むすび塾>「近助」で危機対応 河北新報
4月11日 東北のコメで酒を 東北と熊本の信金タッグ 河北新報
4月11日 <原発事故>準看護学院 7年ぶり入学式 河北新報
4月11日 <震災6年1ヵ月>新1年生 幸せの道しるべに 河北新報
4月11日 <震災6年1ヵ月>新1年生 100点取るぞ 河北新報

4月9日 小野の自慢話に花咲く 風とロック 福島民報
4月9日 桜並木再び笑顔満開 富岡「復興の集い」 福島民報
4月9日 福島】福島で「桜」開花宣言 咲き始めた木々見上げ『春の一日』満喫 福島民友
4月9日 <わたしの道しるべ>人口減プラスに考える 河北新報
4月9日 夜の森の桜 7年ぶりに花見楽しむ 河北新報
4月9日 <福島第1>ロボ調査 不確実性浮き彫り 河北新報

4月8日 広域観光ルートに外国人を PR手拭い制作 福島民報
4月8日 震災10日前に誕生の子どもが入学 河北新報
4月8日 <東松島市>新たな自治会制度を導入 河北新報

4月7日 <人材マッチング>現場に頼れる「右腕」 河北新報
4月7日 津波犠牲545人の「生きた証」遺族の思いと共に 河北新報
4月7日 <避難解除>やっと会えたね 小中学校再開 河北新報
4月7日 <避難解除>楢葉と南相馬・小高で小中学校再開 河北新報

4月6日 【いわき】いわきで「桜」開花宣言! 暖かい陽気...松ケ岡公園で咲き始め 福島民友
4月6日 被災者の家具選び応援 岩手・山田町民を招待 河北新報
4月6日 震災体験伝え残す 仙台市職員有志が勉強会 河北新報
4月6日 子育て世帯に安心 白石市が乳幼児預かり開始 河北新報
4月6日 <民泊>訪日客と課題つなぐ 河北新報
4月6日 蔵王の樹氷、今より巨大 96年前の写真発見 河北新報

4月5日 「尾瀬・檜枝岐山旅案内所」オープン 国道352号沿いに観光拠点 福島民友
4月5日 <クラウドファンディング>「円」と「縁」再起の鍵 河北新報
4月5日 <避難解除>太鼓演奏で子どもたち出迎えへ 河北新報
4月5日 <DMO>石巻で設立総会 河北新報

4月4日 拠点移転、法人化で誘客強化 郡山市観光協会が新事務所 福島民友
4月4日 高湯温泉の四季動画に 観光協会がユーチューブ配信 福島民報
4月4日 メヒカリなど入札再開 小名浜魚市場 福島民報
4月4日 子ども山車復活 飯坂三島神社 福島民報
4月4日 <谷口がっこそば>廃校で再開 河北新報
4月4日 <ビッグデータ>志向分析 レシピ開発 河北新報
4月4日 <東北の道しるべ>見えぬ価値 尊ぶ社会へ 河北新報
4月3日 雪山登山注意! 事故防止へ専門家、正しい知識と万全の装備で 福島民友
4月3日 「水素点検」IoT活用 福島県と県内企業、共同で技術開発へ 福島民友
4月3日 <この人このまち>食堂文化 守り伝えたい 河北新報
4月3日 <彼女の海>いつか帰る 誓い胸に 河北新報
4月3日 夜の森の桜並木 7年ぶりライトアップ 河北新報
4月3日 <IoT>経験と勘の漁業 進化 河北新報

4月2日 <避難解除>「富岡は負けん!」誓いの光 河北新報
4月2日 <常磐線再開>出発進行 あふれる笑顔 河北新報
4月2日 <彼女の海>思いやりと反発 交錯 河北新報

4月1日 避難区域面積1/3に 居住制限と準備区域 富岡の指示解除 福島民報
4月1日 避難指示解除の3町村で催し 河北新報
4月1日 <彼女の海>絶対的存在 信じ励む 河北新報
4月1日 <りんごラジオ閉局>万感有終 6年で幕 河北新報

2017年【3月分】
3月31日 浪江、川俣・山木屋、飯舘「避難指示」解除 帰還には課題山積 福島民友
3月31日 PCB濃度、高いほど精子少なく 東北大調査 河北新報
3月31日 <私の復興>子の心癒し育てる 河北新報
3月31日 <さくらモール開業>富岡帰町への一歩 河北新報

3月30日 【三春】「三春滝桜」...開花前にライトアップ 試験点灯で『荘厳な姿』 福島民友
3月30日 31日に避難指示解除 浪江、川俣・山木屋、飯舘 福島民報
3月30日 <秋田知事選>東北一体のPRが大事 河北新報
3月30日 南三陸に5年 宝塚からの応援職員が退任へ 河北新報
3月30日 <避難解除>31日から 福島4町村3万2000人 河北新報

3月29日 国内初のペットボトル詰め 「低温殺菌生ジュース」発売開始 福島民友
3月29日 <福島雪崩>救助の男性死亡 1人は無事 河北新報
3月29日 津波の木碑 岩手・大槌で初の建て替え 河北新報
3月29日 <秋田知事選>移住促進 市町村の受け皿整備を 河北新報
3月29日 震災で亡くなった娘の夢 67歳の母かなえる 河北新報

3月28日 <外ケ浜町長選>青森県初の女性首長誕生 河北新報
3月28日 <ラムサール条約>志津川湾登録へ支援を 河北新報

3月27日 『うつくしま百名山』で山開き一番乗り 福島・白河の関山  福島民友
3月27日 阿武隈東供用開始 相馬福島道路32年度全線開通 福島民報
3月27日 <エコラの日々>化学物質過敏症 河北新報
3月27日 <原発避難>いつかは戻る それが今河北新報
3月27日 <原発避難>福島の歩み映すライブカメラ終了 河北新報

3月26日 <避難指示解除>帰還人口1〜5割か 河北新報
3月26日 <里浜写景>未来へとつながる希望の橋 河北新報
3月26日 手づくり市でワカメやアクセサリー販売 河北新報

3月25日 <積水ハウス>復興の柱に地元産木材 河北新報
3月25日 被災地の子見守り4年3カ月 虹色幼児園閉園 河北新報
3月25日 <震災被災の米国人親子 松島に感謝の再訪 河北新報

3月24日 「まこみな」出演!郡山観光PR動画公開 4K、ドローンを活用 福島民友
3月24日 <原発避難卒業式>大熊 太鼓の演奏を披露 河北新報
3月24日 地域資源活用へ基盤整備を 南三陸町民が提言 河北新報
3月24日 過去38mの津波襲来か 山形庄内で痕跡発見 河北新報

3月23日 知事賞決まる 県酒造組合春季鑑評会 福島民報
3月23日 <福島第1>1号機の溶融燃料 撮影できず 河北新報
3月23日 <原発避難>埼玉の最後の避難所 当面保存 河北新報

3月22日 産学官連携で復興状況発信 東京五輪の県内開催受け 県、新年度体制整備 福島民報
3月22日 <原発避難訴訟>福島地裁結審 判決10月10日 河北新報
3月22日 宿泊施設と外国人ニーズにギャップ 河北新報
3月22日 <地価公示>被災地 人口減の影響鮮明 河北新報

3月21日 【ゆうきの里が全国推薦 豊かなむらづくり顕彰、定住支援に評価 福島民友
3月21日 【復興の道標・識者の意見】立命館大准教授・開沼博氏 寝た子を起こすべき 福島民友
3月21日 健康米原料の「米岡日照田」 笹の川酒造4月11日発売 福島民報
3月21日 <災害公営住宅>今後も仲間の力に 河北新報
3月21日 <三陸道>志津川−南三陸海岸IC間開通 河北新報
3月21日 <災害公営住宅>南三陸で整備完了 河北新報

3月20日 【復興の道標・番外編】理不尽に心痛める福島県民 教育・行政対応求める 福島民友
3月20日 心のよりどころ...復興の森づくり いわき・星廼宮神社で植樹祭 福島民友
3月20日 県産食材アピール ふくかんネット訪韓団が交流会 福島民報
3月20日 <だぁすこ沿岸店移動販売>農家と客が共存共栄 河北新報
3月20日 <石巻・新門脇>まちびらき 再生へ一歩 河北新報

3月19日 友好の「子ライオン」元気でね!  二本松から沖縄へ引っ越し 福島民友
3月19日 みらいなこどもプロジェクト 猪苗代初の全体会議 福島民報
3月19日 <新生やまだ商店街>地道な商い この先も 河北新報
3月19日 <いのちの教科書>震災の教訓 1000年伝える 河北新報
3月19日 大震災翌日誕生 6歳の歩み力強く前へ 河北新報
3月19日 復興屋台村 尽きぬ名残 気仙沼・閉村式 河北新報

3月18日 ワーキングホリデー 郷土料理味わう 田村 福島民報
3月18日 <原発避難訴訟>「ふるさと喪失」考慮 河北新報
3月18日 <卒業式>仮設から通学 みんなと一緒に 河北新報
3月18日 <最後の卒業式>閉校 巣立ち 別れの涙 河北新報

3月17日 <原発事故>汚染ほだ木を林地還元 実証実験 河北新報
3月17日 <震災6年>学び 家族守れる強い自分になる 河北新報
3月17日 <原発避難>帰還に向けて老舗うどん店再開へ 河北新報

3月16日 食通し人つなぐ Uターン女性が農業に奮闘 河北新報
3月16日 <むすび塾>女性の力を防災に 河北新報
3月16日 <法廷に立つ避難者>加害者が主導 理不尽 河北新報
3月16日 <ラポールヘア>出発点に子育て環境 河北新報

3月15日 【復興の道標・不条理との闘い】「笑顔は困る」と中傷 被災者へゆがんだ視線 福島民友
3月15日 <法廷に立つ避難者>苦しみ・不安分かって 河北新報
3月15日 <福島第1>監視カメラが故障 ロボ投入できず 河北新報
3月15日 <復興基金>被災4県 事業や執行時期に差 河北新報

3月14日 内堀知事「違和感覚えた」 安倍首相式辞『原発事故』文言なし 福島民友
3月14日 【復興の道標・不条理との闘い】怒り、悔しさは一緒 福島県、風評払拭へ工夫 福島民友
3月14日 <原発20km圏漁再開>息子が眠る海へ 再び 河北新報
3月14日 <原発20km圏漁再開>6年ぶり浜に活気 河北新報

3月13日 「あぶくま茶屋」閉鎖...帰村や自立へ 避難の女性農業者ら運営 福島民友
3月13日 【復興の道標・不条理との闘い】放射線教育...何教える 機会のなさがいじめに 福島民友
3月13日 <震災6年>防潮堤から復興見つめる 河北新報
3月13日 <震災6年>避難所運営59日 経験を1冊に 河北新報
3月13日 <防災フォーラム>世代、地域超え教訓伝承 河北新報
3月13日 <センバツ>国歌独唱 不来方高ダブル出場 河北新報

3月12日 双葉の海に「じゃんがら念仏踊り」 震災後初、町内で奉納 福島民友
3月12日 希望満ちる福島に 東日本大震災6年 県が追悼復興祈念式 福島民報
3月12日 <震災6年>ピアノの音 亡き人思う 河北新報
3月12日 <震災6年>海に献花 船上で100人黙とう 河北新報
3月12日 <震災6年>避難生活なお12万人超 河北新報
3月12日 <震災6年>12年の命 語り伝えたい 河北新報
3月12日 <震災6年>120人の命 次代につなぐ 河北新報
3月12日 <震災6年>在りし日にそっと 河北新報

3月11日 天に届け...『鎮魂の光』 11日・大震災、原発事故から「6年」 福島民友
3月11日 ハワイアンズに新たな魅力 「五感刺激」夜のショー 福島民報
3月11日 <震災6年>やっと 飲食店看板再び 河北新報
3月11日 <震災6年>もっと ノリ生産力結集 河北新報
3月11日 <震災6年>戻って 7人を思い歩む 河北新報
3月11日 <震災6年>原発避難いじめ実感 福島64l 河北新報
3月11日 <震災6年>沿岸被災者 42lが家計悪化 河北新報

3月10日 温泉街の看板猫・犬を紹介 福島で「ねこ温泉いぬ温泉」写真展 福島民友
3月10日 14日から内部調査 第一原発1号機 福島民報
3月10日 <福島第1>溶融燃料 ロボ投入成果出せず 河北新報
3月10日 <震災6年>「この日だからこそ」福島でライブ 河北新報
3月10日 <震災6年>9日後救出の男性 古里再生の夢 河北新報
3月10日 <震災6年>記憶消さない 白板の記録今も 河北新報

3月9日 <三陸産カキ>販路拡大へ仙台フェス開催へ 河北新報
3月9日 <避難解除>職員帰町「断行する話ではない」 河北新報
3月9日 <震災6年>事業継続 業界でサポート 河北新報
3月9日 <震災6年>BCP策定進まず 資金力の弱さ壁 河北新報

3月8日 <震災6年>月命日ライブ ラストステージへ 河北新報
3月8日 <震災6年>あの日の思い 児童の言葉つづる 河北新報
3月8日 <震災6年>水産加工 販路回復進まず 河北新報

3月7日 福島県ソング・雲のかなた『短編アニメ』制作 福島ガイナックス 福島民友
3月7日 「願い」歌に乗せて 門馬よし彦さん 37 〜浪江町〜 福島民報
3月7日 あだたら万遊博閉幕 玄侑宗久さん夢演題に講演 福島民報
3月7日 <私の一歩>内陸部との橋渡し役に 河北新報
3月7日 <あなたに伝えたい>家業再開 思い引き継ぐ 河北新報
3月7日 <3.11明日への証言>届かぬ惨状 職員も混乱 河北新報
3月7日 <回顧3.11証言>危険顧みず刻々と発信 河北新報
3月7日 <震災6年 まち再生>域内人口格差広がる 河北新報

3月6日 <この人このまち>市民主役に栗原活性化 河北新報
3月6日 <福島・避難解除>帰還求める町、困惑の職員 河北新報

3月5日 復興の道標・不条理との闘い】自分で見て伝えたい モモ吐かれた経験原点 福島民友
3月5日 竹下景子さんが朗読 白河で震災語り部シンポ 福島民報
3月5日 <石巻姉妹人形>世界旅行の本に 母つづる 河北新報
3月5日 全国の中高生 多賀城高でメモリアルデー 河北新報

3月4日 農の挑戦】福島大教授・小山良太さん 産地戦略、本県の急務 福島民友
3月4日 「万遊博」5日開幕 岳温泉、特別講演や地酒味わう 福島民報
3月4日 <震災6年>さんさん開業「町に彩りを」 河北新報
3月4日 <震災6年>再出発へ さんさん商店街開業 河北新報
3月4日 <震災6年>海の恵みに再生の願い託す 河北新報

3月3日 【農の挑戦】コメ農家・加藤晃司さん 大規模化で農地守る 福島民報
3月3日 <震災6年>永田町に響け 反原発ソング 河北新報
3月3日 <東北の道しるべ>仙台フォーラム4月開催 河北新報
3月3日 <震災6年>亡き娘へ 中学の制服贈る 河北新報

3月2日 農の挑戦】まるせい果樹園・佐藤清一さん 国際基準で信頼築く 福島民友
3月2日 林業再生へ協力協定 県内5森林組合が締結 福島民報
3月2日 <卒業式>原発事故で休校 友との絆消えない 河北新報
3月2日 原発被災地を活写 テロ犠牲監督作品公開へ 河北新報

3月1日 足りぬ国のてこ入れ 社内努力も「限界」 復興を問う−震災6年の現実 人手不足(上) 福島民報
3月1日 <防潮堤>建設への不満緩和狙う 河北新報
3月1日 <フラ学生フェス>憧れの舞台で優雅に 河北新報
3月1日 <震災6年>復興五輪 被災地首長は戸惑い 河北新報

2017年【2月分】
2月28日 【農の挑戦】東京農大名誉教授・小泉武夫さん 県産品発信『粋に宣伝』 福島民友
2月28日 13事業者を採択 県のクラウドファンディング 福島民報
2月28日 「春告げ漁」解禁 岩手沿岸イサダ初水揚げ 河北新報
2月28日 <震災6年>陸前高田在住外国人ら通訳ガイド 河北新報
2月28日 <震災6年>心の復興へ宗教者向き合う 河北新報
2月28日 <新興事業創出機構>「志」を共有 溝埋める 河北新報

2月27日 佐藤さん、三宅さん最優秀 地域活性化アイデア審査 福島民報
2月27日 【農の挑戦】農業女子・渡部佳菜子さん 『食の関心』アイデアに 福島民友
2月27日 <さんさん商店街>新天地で行列取り戻す 河北新報
2月27日 <糸魚川火災とCSR>消費者の共感 復興の力 河北新報
2月27日 <JTBグループ>支援と本業 響き合う 河北新報
2月27日 <帰還後どう生きる>仲間と集う楽しみ 再び 河北新報
2月27日 <この人このまち>わら細工の技術後世に 河北新報
2月27日 <エコラの日々>世代を超えて 河北新報

2月26日 東北6県への移住を応援 都内で初のイベント 日本政策金融公庫 福島民報
2月26日 全国11町村・団体と連絡協設立へ サルナシ販路拡大 福島民報
2月26日 4都県結ぶ『ダイヤモンドルート』、動画でPR 福島県などの魅力発信 福島民友
2月26日 <PwCコンサルティング>官民の風土にくさび 河北新報
2月26日 <帰還後どう生きる>縁を生かし暮らしたい 河北新報
2月26日 <わたしの道しるべ>元気な町の魅力を発信 河北新報
2月26日 浪江・請戸漁港 6年ぶり輝く航跡 河北新報

2月25日 【農の挑戦】南郷トマト生産・吉津紘二さん 若手就農に手厚い支援 福島民友
2月25日 <フロンティアジャパン>社長自ら被災地移住 河北新報
2月25日 <帰還後どう生きる>畜産復活へ放牧地整備 河北新報
2月25日 <杜の都のチャレン人>職場の悩み 受け皿に 河北新報
2月25日 <震災6年 会いたい>CDラジオ いつも隣に 河北新報

2月24日 麺部門は空芯菜うどん 6次化商品「おいしい大賞」 福島民報
2月24日 <帰還後どう生きる>除染影響 牧草地が荒廃 河北新報
2月24日 <福島除染>年度内ほぼ完了 河北新報

2月23日 『浜通り農業』再生へ意見交換 福島大、土地利用要点探る 福島民友
2月23日 <モデル7地域に助成 外国人誘客に積極的な温泉地 福島民報
2月23日 <政投銀>森林活用し東北活性化を提案 河北新報
2月23日 「猫ノ図書館」開設 初代ねこ館長利用者招く 河北新報
2月23日 <つるし雛巡りの旅>春らんまんの世界に 河北新報
2月23日 <帰還後どう生きる>居久根再生 自らの手で 河北新報

2月22日 ネットでつながる『農業女子』 福島の食と農業...将来性高める 福島民友
2月22日 福島県が「ミデッテ」情報発信力強化 八重洲交流館と統合へ 福島民友
2月22日 飯舘、南相馬の復興施策理解 日本記者クラブ取材団 福島民報
2月22日 <猪苗代湖>しぶき氷で「アートの森」 河北新報
2月22日 <教育旅行>仙台圏に照準 山形県が誘致に力 河北新報
2月22日 <Wi−Fi>東北観光地で整備を加速 河北新報

2月21日 「サルナシ商品」デザイン一新 玉川大生考案、ドリンクとワイン 福島民友
2月21日 仮設に依然1万2381人 県内、高齢化率高まる 福島民報
2月21日 <震災6年>震災孤児の里親 高齢化に懸念 河北新報
2月21日 <桑折宿雛めぐり>25日からひな人形展示 河北新報
2月21日 <秋田杉復権へ>CLT需要拡大 期待 河北新報

2月20日 洞窟に『氷筍』出現 自然の芸術、喜多方で見学ツ 福島民友
2月20日 仮設住宅で田植踊り 浪江町民が安波祭 福島民報
2月20日 <秋田杉復権へ>製材用 首都圏でPR 河北新報
2月20日 県境越え観光マップで魅力発信 河北新報

2月19日 こだわりの地酒満喫 消費拡大狙い初企画 二本松 福島民報
2月19日 被災地の若者が強化段ボールで防災用品開発 河北新報
2月19日 <台風10号>龍泉洞 ドラゴンブルー復活 河北新報

2月18日 <47プランニング>おいしさで風評払拭 河北新報
2月18日 <三鉄>復興へ宮古市が3駅新設 河北新報
2月18日 <震災6年>遡上増願い サケ稚魚放流 河北新報

2月17日 【いわき】「薄磯海水浴場」7年ぶり再開へ 17年夏、いわき市3カ所目 福島民友
2月17日 いわき明星大が「健康医療科学部」新設へ 医療人材を育成 福島民友
2月17日 食べて泊まって交流を 協働施設オープン 河北新報
2月17日 <福島 学びやの明日>学習環境拡充に活路 河北新報
2月17日 <世嬉の一酒造>「恩送り」が心つなぐ 河北新報

2月16日 高卒就職内定率97.7% 福島県内1月末、過去15年で最高 福島民友
2月16日 <福島 学びやの明日>リスク軽減へ手探り 河北新報
2月16日 <南三陸防災庁舎>あの日の姿再び 補修完了 河北新報

2月15日 「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」メルシャンが限定発売へ 福島民友
2月15日 <イケメン若旦那>「人」に焦点 苦境と闘う 河北新報
2月15日 <福島 学びやの明日>進まぬ帰還 転向続々 河北新報
2月15日 <震災6年>1000人の教訓後世に 調査奮闘 河北新報

2月14日 浜通りへ転職支援 首都圏の看護師や介護士 18日、視察バスツアー 福島民報
2月14日 <四季の学校>農村体験20年 交流に幕 河北新報
2月14日 <ヤマト運輸>客貨混載で課題解く 河北新報
2月14日 <震災6年>宅地に移住誘致 子育て世代照準 河北新報

2月13日 岩瀬農高生が考案、県産食材ランチ ヤフー本社で13日から提供  福島民友
2月13日 『子ども食堂』担い手育成 郡山で3月研修、子ども居場所づくりへ  福島民友
2月13日 相馬野馬追7月29日開幕に決定 「火の祭」は7月30日  福島民友

2月12日 心の復興へ 仮設住民が現状語る 河北新報
2月12日 <福島第1>圧力容器外に高線源か 河北新報
2月12日 被災農地77%が営農再開可能に 河北新報

2月11日 城下町を彩る「絵ろうそく」、優しい明かり 会津若松でまつり 福島民友
2月11日 広野の復興状況学ぶ 町外在住者向けにツアー 福島民報
2月11日 <全町避難>浪江解除 渦巻く不安 もどかしさ 河北新報
2月11日 <私の復興>地域で生きる 道半ば 河北新報
2月11日 <楽天>福島の子とキャンプ地で交流 河北新報

2月10日 岩瀬農高生開発メニュー ヤフー本社食堂で提供 福島民報
2月10日 <震災遺構>気仙沼向洋高 保存活用へ条例案 河北新報
2月10日 <震災遺構>見せると残す どう両立 河北新報
2月10日 都内で一献「福の酒」 HPでマップ公開 河北新報

2月9日 おいしい天ぷら料理学ぶ 農家民宿の女性ら教室、福島・二本松 福島民友
2月9日 東京23区・福島県産酒マップ公開 県がホームページ、簡単に検索 福島民友
2月9日 脱メタボへ健康ポイント拡充 身近に便利に 河北新報
2月9日 <イケメン若旦那>歴史重んじ挑戦続ける 河北新報

2月8日 <再稼働延期>女川町長「安全が最優先」 河北新報
2月8日 空き区画で「つなぎ店舗」 仙台の会社新事業 河北新報

2月7日 県民性...甘じょっぱい物好き 福島県の男性は高い「喫煙率」 福島民友
2月7日 県民健康促進へ行程表 県、中・長期に目標 福島民報
2月7日 牡鹿再生カフェで後押し 亀山さんが創業GP 河北新報
2月7日 <健康寿命>福島県、トップ10達成へ行程表 河北新報

2月6日 <エコラの日々>寒波と温暖化 河北新報

2月5日 タラ担ぎ豊漁願う にかほ・掛魚まつり 河北新報
2月5日 <鬼伝説爪痕をたどる>跡くっきり 想像呼ぶ 河北新報
2月5日 <糸魚川大火>酒蔵再建へ岩手で修業 河北新報

2月4日 福島・伊達のイチゴで『ご当地サイダー』 果汁比高く甘い香り  福島民友
2月4日 8日会津大で創生シンポ 会津の森林使い循環型産業創出 福島民報
2月4日 県予算1兆7183億7300万円 復興・地方創生3年ぶり1兆円割る 福島民報
2月4日 <福島県予算案>人口減の対策強化 河北新報
2月4日 <鬼伝説爪痕をたどる>敵への怒り 掛け声に 河北新報

2月3日 豊作願って『伝統の舞』 棚倉・八槻都々古別神社で御田植祭 福島民友
2月3日 古里創生心一つに 東邦銀行「在京福島県経済人の集い」 福島民報
2月3日 被災地に子どもの遊び場「みんなの家」5月完成 河北新報
2月3日 求む里山ホテル支配人「新しい田舎つくろう」 河北新報
2月3日 <原発避難>和牛の村復興へ本格始動 河北新報

2月2日 広野の高野病院に常勤医着任 2日から外来再開 福島民報
2月2日 世界基準の農業へ 「GAP」認証取得支援、福島県が17年度 福島民友
2月2日 <仮設商店街>気仙沼「退去後未定」3分の1 河北新報

2月1日 只見高生向けに公営塾 町教委1日開設 地域おこし隊員ら講師 福島民報
2月1日 「人口減」対策に420億円 17年度福島県予算案、16年度の5倍 福島民友
2月1日 <原発避難>定年の教諭「生徒と卒業幸せ」 河北新報
2月1日 <原発避難>休校の双葉高「最後の授業」 河北新報

2017年【1月分】
1月31日 常磐線の浪江−小高駅間 浪江解除に合わせ再開の方針 福島民報
1月31日 <植樹祭>テーマ曲は「GReeeeN」 河北新報
1月31日 <CSR元年>「経営の根幹」へ浸透 河北新報
1月31日 <福島第1>2号機 燃料デブリか 初撮影 河北新報

1月30日 福島県民メタボ率悪化17.1% 14年度、全国ワースト2位 福島民友
1月30日 コイに恋して!養殖日本一の郡山 新メニュー 河北新報
1月30日 <311次世代塾>大震災若者に伝承 4月開設 河北新報
1月30日 <エコラの日々>「センス・オブ・ワンダー」 河北新報
1月30日 復興の歩みと課題 女性の視点で考える 河北新報

1月29日 子ども発案「駄菓子カフェ」会津若松にオープン にぎわい創出へ 福島民友
1月29日 県内農林漁業者や高校生 福島で交流会 福島民報
1月29日 <長井観光局>誘客へ独自ツアー次々企画 河北新報
1月29日 <むすび塾>被災現場で教訓学ぶ 河北新報
1月29日 <里浜写景>泣く子を戒め無病息災願う 河北新報
1月29日 <被災者の住宅再建>世代間で傾向の違い 河北新報

1月28日 福島の魅力五感で 人気の福島大生企画ツアー 河北新報
1月28日 共に大きく育とうよ 河北新報
1月28日 <三陸沿岸道>志津川―南三陸海岸3月20日開通 河北新報

1月27日 <原発避難>新天地 夫婦でコーヒー豆店 河北新報
1月27日 「男の介護教室」宮城で交流の輪広がる 河北新報
1月27日 <殿、利息でござる!>無私の精神 先人示す 河北新報
1月27日 <原発事故>音環境変化から浮かぶ人々の心 河北新報

1月26日 福島の今...海外向け「英語動画」 経産省、航空機内でも放映 福島民友
1月26日 高野山の水で仕込み 大七酒造が注水の儀 二本松 福島民報
1月26日 <東経連>震災経て価値観転換 河北新報
1月26日 被災地で就農・移住の夢 耕す 河北新報

1月25日 民報社が協賛金贈る あだたら万遊博主催2団体に 福島民報
1月25日 被災地に応援職員を 岩手県が現地で説明会 河北新報
1月25日 <避難解除>楢葉で唯一酪農再開 原乳を出荷 河北新報
1月25日 <ハーバード大>被災地で起業の在り方学ぶ 河北新報

1月24日 外国人観光客向け館内整備事業開始 ら・ら・ミュウ 福島民報
1月24日 <よろず支援拠点>宮城と山形「チーフ」公募 河北新報
1月24日 <秋田雪たっぷり>かまくら続々完成 河北新報
1月24日 <防潮堤>環境に配慮 宮城県が指針策定へ 河北新報

1月23日 『田んぼリンク』で初滑り 福島・川俣の山木屋地区にオープン 福島民友
1月23日 空き家で人口減対策 坂下町、「お試し」宿泊事業 Iターン検討者対象 福島民報
1月23日 <白山祭>稚児の矢 作柄占う 河北新報
1月23日 <アングル宮城>酒造り しなやかに愛注ぐ 河北新報
1月23日 <この人このまち>速さ追求 ローラーで絵 河北新報

1月22日 <復興加速へ「浜街道・桜プロジェクト」2017年の活動スタート 福島民友
1月22日 <避難指示解除>住民「放射線量に不安」 河北新報
1月22日 <三陸復興フォーラム>震災の教訓 後世へ 河北新報
1月22日 <大雪割>積もるほどお安く 肘折温泉 河北新報

1月21日 <地吹雪体験30年>訪日客にも人気 21日開始 河北新報
1月21日 <ほっとタイム>鮪漁師ガンバレ連呼 河北新報
1月21日 <小規模火力>宮城県、環境アセス対象に 河北新報

1月20日 <被災地スポーツの力>美しい波に希望託す 河北新報
1月20日 <大川小保存>被災校舎「公開で保存を」 河北新報
1月20日 VRで石巻に絶景を 高校生らアプリ開発 河北新報
1月20日 金と銀の二枚看板で勝負 岩手ブランド米戦略 河北新報

1月19日 「酪王カフェオレ」パンケーキ人気 福島などで発売、売り切れ続出 福島民友
1月19日 浪江3月31日避難解除方針 政府 福島民報
1月19日 震災で決壊「藤沼ダム」7年ぶり供給再開へ 河北新報
1月19日 <震災遺構>気仙沼向洋高の範囲拡大に理解 河北新報

1月18日 東北の紹介動画が人気! 海外向け、1カ月で870万回超再生 福島民友
1月18日 「イシガレイ」「クロウシノシタ」「クロソイ」出荷制限解除 福島民報
1月18日 <再生に挑む>高収量へ管理自動化 河北新報
1月18日 <被災地職員不足>他の被災地にもSOS 河北新報

1月17日 「ゲンバ男子」紹介 会津若松商議所、若年層採用へアピール 福島民友
1月17日 あんぽ柿カタログ販売 日本郵便県北部地区連絡会 福島民報
1月17日 <ケネディ大使>震災被災地の強さ世界元気に 河北新報
1月17日 <東北ピクルス>石巻パプリカでカリッと第3弾 河北新報

1月16日 <集団移転>住民有志が被災者の家造り支援 河北新報
1月16日 <柳沢の焼け八幡>わら束燃やし作柄占う 河北新報
1月16日 <ささよ>再建された家回り大漁願う 河北新報

1月15日 楢葉の「七福神舞」 6年ぶり復活 河北新報
1月15日 移住促進へサイト活用 山形の情報発信強化 河北新報
1月15日 <あなたに伝えたい>生かされた命 今日を大事に 河北新報
1月15日 <えんずのわり>存続危機 担い手男子減る一方 河北新報

1月14日 【ふくしま産業革命】スペシャリストに聞く エコー電気社長・宮坂静子氏 福島民友
1月14日 買い物代行・配達 浪江で16日開始 福島民報
1月14日 <全町避難>富岡帰還へ生活環境改善訴える 河北新報
1月14日 <原発避難>山形公舎提供50戸に申し込み7件 河北新報
1月14日 <遠隔診療>タブレット活用 湯沢市が実験 河北新報

1月13日 【子どもに未来を・孤立を防ぐ】寄り添う担当者...こんな大人初めて 福島民友
1月13日 「相馬福島道路」相馬山上−玉野IC 3月26日開通 福島民報
1月13日 <震災5年10カ月>孤独訴え 苦悩深まる 河北新報
1月13日 <うそかえ祭>不幸を「うそ」にトリ代えて 河北新報
1月13日 東北とスマトラ 大災害の記憶アートに刻む 河北新報

1月12日 「DASH村」再生!復興の柱に 祈念館や体験農園を構想 福島民友
1月12日 小泉純一郎氏が3月郡山で講演 福島民報
1月12日 <いちおし土産>甘さ抑え風味生かす 河北新報
1月12日 <震災遺産>常磐線 被災レール後世に 河北新報

1月11日 <高政>復興 ライバルと担う 河北新報
1月11日 <あんぽ柿>出荷量 原発事故前の8割回復 河北新報
1月11日 <私の復興>自然の力信じ暮らす 河北新報

1月10日 【ふくしま産業革命】スペシャリストに聞く 福島大教授・高橋隆行氏 福島民友
1月10日 県、申請事業者を公募 ふくしま復興・創生ファンド 福島民報
1月10日 <はじまりの美術館>東北の食テーマに企画展 河北新報
1月10日 心温まる「森の学校」 震災5年10カ月新校舎 河北新報

1月9日 <アングル東北>被災地 二十歳の肖像 河北新報
1月9日 <成人式>富岡と歩む「出会い広げたい」 河北新報
1月9日 <阿部伊組>道つなぐ それが使命 河北新報

1月8日 【ふくしま産業革命】スペシャリストに聞く 千葉大特別教授・野波健蔵氏 福島民友
1月8日 被災地の詳細線量把握へ 県、IAEA「歩行サーベイシステム」開発 福島民報
1月8日 <ここにもレガシー>東北の農家救う 河北新報
1月8日 <復興を生きる>第二の大川小出さぬ 河北新報

1月7日 <酪王カフェオレ>アイス大人気 品切れ店も 河北新報
1月7日 元気で行こうや!原発事故後の子どもたち 河北新報
1月7日 <杜の都のチャレン人>魅力際立つ働き方を 河北新報
1月7日 <ほっとタイム>仲間との交流 脈々と 河北新報

1月6日 【ふくしま産業革命】スペシャリストに聞く サイバーダイン社長・山海嘉之氏 福島民友
1月6日 <3.11と今>柳美里 一人一人の物語紡ぐ 河北新報
1月6日 <CSR>企業の7割 復興支援継続 河北新報
1月6日 <キラリこの技>軽く精密 金属部品鋳造 河北新報

1月5日 <トモノミクス>被災地発のモデルを 河北新報
1月5日 <3.11と今>元AKB 出発点は常に被災地 河北新報
1月5日 <トモノミクス>「負の印象」塗り替え 河北新報

1月4日 <ここにもレガシー>先人の思い脈々 河北新報
1月4日 <3.11と今>アートで交流広げる 河北新報
1月4日 <トモノミクス>再開の海 人呼び込め 河北新報

1月3日 この海のような穏やかな年に 準備宿泊の住民再会喜ぶ 浪江 福島民報
1月3日 <福島・葛尾村>6年ぶり 地元で成人式 河北新報
1月3日 <南三陸さんさん商店街>感謝込めて売り尽くし 河北新報
1月3日 <3.11と今>古里再生 旗振り役に 河北新報
1月3日 <トモノミクス>社会的責任 見いだす 河北新報

1月2日 「えごま油」1月から100本限定販売 南相馬・片倉夢ファーム 福島民友
1月2日 浜通りの復興シンボルに...「サイクリングロード」延伸で広域観光 福島民友
1月2日 誘客強化へ「外国人旅行者」動向調査 福島県が宿泊施設と連携 福島民友

1月1日 高野病院長火事で不明 自宅から男性遺体、確認急ぐ 広野 福島民報
1月1日 <さんさん商店街>仮設「卒業」再興誓う 河北新報
1月1日 原発事故後も診察 高野病院長、火事で死亡か 河北新報
1月1日 <インバウンド>DMO 宮城県南に3月設立 河北新報
1月1日 <3.11と今>復興の歩み 全国発信 河北新報

2016年【12月分】
12月31日 鮮度、うま味評価表示 品質の高さ発信へ 本県沖魚介類 福島民報
12月31日 古里・富岡『除夜の鐘』放送 31日に避難町民へ、おだがいさまFM 福島民友
12月31日 秋田の美肌温泉 ガイド本で紹介 河北新報
12月31日 <熊本地震>宗教者 悩み聞きそばに 河北新報
12月31日 <熊本地震>二つの被災地 つながり今も 河北新報

12月30日 仮設譲渡わずか3戸 撤去費抑制へ県が公募 活用法の浸透目指す 福島民報
12月30日 正月の玄関、華やかに フラワーアレンジメント作り最盛期 福島民友
12月30日 <汚染廃棄物>栗原市が堆肥化に照準 河北新報
12月30日 <福島第1>事故後埋めた家畜 処理着手へ 河北新報

12月29日 会津伝統野菜「宇津野かぶ」復活を 喜多方の農家奮闘 福島民報
12月29日 浪江住民懇談会 26日から県内外10カ所で 福島民報
12月29日 <原発事故>中2で散り散り…新成人に贈り物 河北新報
12月29日 <震災遺構>気仙沼向洋高 保存範囲を拡大 河北新報
12月29日 復興途上の街に老舗酒店再開 5年9カ月ぶり 河北新報

12月28日 <三陸沿岸道>大きく迂回 支援に遅れ 河北新報
12月28日 <道しるべ探して>しなやかに生きていく 河北新報

12月27日 歌声に思い重ねて 二本松・神戸の小中学生 河北新報
12月27日 <糸魚川大火>ふるさと納税が急増 河北新報
12月27日 <道しるべ探して>基地と原発 構造的差別 河北新報
12月27日 <回顧みやぎ>大川小 未来のために検証を 河北新報

12月26日 「太鼓台イルミ」が登場! 二本松・亀谷坂露伴亭で披露式 福島民友
12月26日 <<道しるべ探して>待ち続ける 何年後でも 河北新報
12月26日 <湯本温泉>再生へアイデア沸々 大学生連携 河北新報
12月26日 震災、原発事故…コメ作り省力化加速 河北新報

12月25日 「酪王カフェオレ アイスクリーム」安達太良SAで販売再開 福島民友
12月25日 農林業「損害続く限り賠償を」 迅速化求める声も 福島民報
12月25日 <行く年に>景気上昇の願い込め 河北新報
12月25日 夢諦めきれず…19歳の新人漁師がワカメ収穫 河北新報
12月25日 <道しるべ探して>農村と都市 笑顔の実り 河北新報

12月24日 いわきのイチゴ届ける 農家に転職した舩尾さん 福島民報
12月24日 JR福島駅で信号トラブル 新幹線に運休や遅れ、6万人超影響 福島民友
12月24日 全国コンクールで準名人 双葉の「標葉せんだん太鼓保存会」 福島民報
12月24日 半数 村外若者受け入れ 飯舘の災害公営住宅 多世代支え合いへ 福島民報
12月24日 <汚染廃棄物>試験焼却 農家に苦悩広がる 河北新報
12月24日 <道しるべ探して>垣根越えヒント求める 河北新報

12月23日 「里山再生モデル」に6市町村 除染、森林整備で2次選定 福島民友
12月23日 プールで体力向上へ 来年度村民総ぐるみ健康運動 西郷村 福島民報
12月23日 <東北芸工大>山形の宝 動画で発信 河北新報
12月23日 <17年度予算案決定>復興予算面では減速 河北新報
12月23日 <原発事故>高校演劇部が学校再開の戸惑い描く 河北新報

12月22日 若手農業者集まれ!福島で6次化学習塾始動 河北新報
12月22日 <出生数>初の100万人割れへ 少子化加速 河北新報
12月22日 <原発事故>アニメ「無念」浪江の思い仏へ 河北新報
12月22日 地域の味復活誓い幕 仮設商店街閉鎖で閉店 河北新報

12月21日 <鳥インフル>福島・矢吹オオハクチョウ陰性 河北新報
12月21日 <わさびの里新世紀>独自技術で寒さ克服 河北新報

12月20日 「酪王カフェオレ」アイス人気 新商品、口コミで広がり品薄  福島民友
12月20日 葛尾の展望を語り合う サークルミーティングが初会合 福島民報
12月20日 <肘折温泉>格安湯治プラン 1日半で完売 河北新報
12月20日 <回顧みやぎ>新モデル 被災地から 河北新報
12月20日 <岸田敏志>震災被災者に思い寄せて 歌に 河北新報

12月19日 福島の魅力アピール! 都内でイベント、温泉旅館・若旦那ら登場福島民友
12月19日 温泉の魅力海外に発信 外国人訓練生が体験 福島民報
12月19日 <この人このまち>福島密着歴史を演劇で 河北新報
12月19日 <千年希望の丘>インバウンド向け植樹地完成 河北新報
12月19日 仙台の魅力発信を 留学生にモニターツアー 河北新報

12月18日 建設業の働き方改革へ ICT活用、復興担い手確保 福島民友
12月18日 インバウンド宿泊倍増へ 星野リゾート磐梯山温泉ホテル 福島民報
12月18日 <移住ツアー>冬の鹿角 2泊3日で体験 河北新報
12月18日 東北最大イチゴハウス 山元・被災農家ら建設 河北新報
12月18日 <あなたに伝えたい>夫婦の記念指輪唯一の形見 河北新報
12月18日 復興の音色世界へ 「女川産」エレキギター 河北新報

12月17日 「将来に不安」76.2% 民報社と福島大「若者アンケート」福島民報
12月17日 <あんぽ柿>原発事故乗り越え6年ぶり復活 河北新報
12月17日 <復興を生きる>情報で命を救いたい 河北新報
12月17日 国際認証材活用をPR 南三陸町 河北新報

12月16日 ブルーベリーで農業再興 JA福島さくら 耕作放棄地解消へ福島民報
12月16日 <帰還へ浪江町模索>町の現状 動画で配信 河北新報
12月16日 <震災5年9カ月>仙台最大の仮設 姿消す 河北新報

12月15日 福島県初!八幡屋が総合1位 プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選 福島民友
12月15日 産業振興に向け意見交換 川内で「かえる会議」 福島民報
12月15日 <肘折温泉>1泊3食3000円 格安冬湯治 河北新報
12月15日 <帰還へ浪江町模索>避難者 取り残さない 河北新報
12月15日 <大川小>悲しみ胸に 両遺族一緒に花を 河北新報

12月14日 風評対策に50億円 29年度予算案、復興庁が調整 福島民報
12月14日 <復興を生きる>キノコ産地復活へ孤軍奮闘 河北新報
12月14日 障害者の震災体験 アジアや南米行政官が学ぶ 河北新報
12月14日 復興過程の課題共有 日台研究者らフォーラム 河北新報

12月13日 <鮎川漁港>かさ上げ後 地盤隆起で再工事へ 河北新報
12月13日 <震災5年9カ月>記憶たどり思い出バス巡る 河北新報

12月12日 <登米市民バス>地元産スギでバス待合所 河北新報

12月11日 <大川小>被災校舎 遺族が定時案内開始 河北新報
12月11日 <私の復興>特産継承へ孤軍奮闘 河北新報
12月11日 <あなたに伝えたい>成長した姿を見てほしい 河北新報

12月10日 <原発事故>福島里山除染 国が事業に着手 河北新報
12月10日 体験型日帰り観光プランで亘理の魅力楽しむ 河北新報
12月10日 <島がっこう>被災の離島 学習の場に 河北新報

12月9日 岩手産米新品種「金色の風」と命名 河北新報
12月9日 <海ぼたる>復興進む女川 華やかに彩る 河北新報

12月8日 9日川俣・山木屋で森林除染開始 里山再生事業で初の着手 福島民報
12月8日 斎栄織物(川俣)知事賞 第2回ふくしま産業賞 福島民報
12月8日 <養殖カキ>被災の長面浦で出荷始まる 河北新報
12月8日 <災害公営住宅>入居者半数「生活苦しい」 河北新報

12月7日 福島・広野ミカン、笑顔で収穫 園児ら古里の味満喫 福島民友
12月7日 オリジナル日本酒造り 復興への「まいうぇい(米道)」完成 福島民報
12月7日 避難解除の村 大学と連携し活性化策探る 河北新報
12月7日 正社員転換は労使に利点 非正規労働テーマに討議 河北新報
12月7日 <Eパーソン>若年層の育成が急務 河北新報

12月6日 秋田杉から消毒用アルコール 手に優しく香り爽快 河北新報
12月6日 伊達の畑ワサビ 平地栽培で産地復活目指す 河北新報
12月6日 <福島第1>冷却系トラブル相次ぐ 河北新報

12月5日 冬の山里に五反幡 960年の伝統「木幡の幡祭り」、二本松  福島民友
12月5日 14日、都内初セミナー 避難区域の事業所へU・Iターンを  福島民報
12月5日 新産業に健康ビジネス 福島県が年度内に協議会設置  福島民友
12月5日 <被災地移住>原発事故と雪害が契機 河北新報
12月5日 <被災地移住>豊かな暮らしとは…考える 河北新報
12月5日 <この人このまち>久慈ブランド全国発信 河北新報

12月4日 脚本家・倉本聰さんに聞く 舞台「走る」...日本人の軌跡を追求 福島民友
12月4日 <あなたに伝えたい>「避難所に帰る」最後の言葉に 河北新報
12月4日 <震災遺構>惨状あの日のまま 被災校舎公開 河北新報
12月4日 <東日本大震災>復興支援の学生団体 岐路 河北新報

12月3日 エビ養殖事業/見学体験展望施設 土湯温泉で起工式 福島民報
12月3日 渋谷に「までい」石碑 飯舘 復興の思い発信 福島民報
12月3日 <常磐線>卒業後 「故郷とレールでつながる」 河北新報
12月3日 <常磐線>新駅で高校生がカフェ開設 河北新報

12月2日 認知度東北トップは福島県 インバウンド調査、原発事故...影響大 福島民友
12月2日 再建計画に壁(1)浪江 「人手が足りない」 応援、自助努力は限界 福島民報
12月2日 <あんぽ柿>甘い宝石 召し上がれ 河北新報
12月2日 創業目的の在留資格 仙台市が要件緩和 河北新報
12月2日 <民生委員不足>被災地深刻 復興で増す負担 河北新報

12月1日 医療産業振興へ協定 福島医大と医療機器産業推進機構 福島民友
12月1日 農林業3年分一括賠償 政府、東電 反発受け1年上乗せへ 福島民報
12月1日 <堤人形>トリですが 新年のアタマ飾ります 河北新報
12月1日 <福島沖地震>訓練重ねルール共有を 河北新報

2016年【11月分】
11月30日 公衆浴場工事の安全願う 土湯温泉、30年4月供用目指す 福島民報
11月30日 ストロンチウムほぼ影響なし 本県沿岸魚類 福島民報
11月30日 <福島第1>廃炉8.2兆円 費用は電気料に転嫁 河北新報
11月30日 <震災遺構>旧門脇小を現地保存 市長表明 河北新報
11月30日 <秋サケ>被災地で激減 今年も「海産親魚」 河北新報

11月29日 津波被災者と原発避難者の交流始まる 河北新報
11月29日 <原発避難>支援求め直訴状 知事面会応じず 河北新報

11月28日 「放射線量は年々減少」 高校生が調査報告、広野国際フォーラム 福島民友
11月28日 <全町避難>「戻らない」双葉62%、浪江52% 河北新報
11月28日 <NPOの杜>未来を育てる種をまく 河北新報
11月28日 <この人このまち>海岸林再生集いの場に 河北新報

11月27日 <あなたに伝えたい>楽しかった 2人で温泉巡り 河北新報
11月27日 <道しるべ探して>三方良しの事業磨こう 河北新報
11月27日 閖上再生、シラス漁に活路 新たな収入源に期待 河北新報

11月26日 住民帰還意向横ばい 復興庁調査 双葉13.4% 浪江17.5% 福島民報
11月26日 <道しるべ探して>知恵と共助で商店守る 河北新報
11月26日 <雄勝に生きる>憩いの場で「縁」広がる 河北新報
11月26日 <福島県人口>原発事故影響 190万人割る 河北新報

11月25日 外国人興味 アジアは温泉、欧米豪は城 河北新報
11月25日 大人向けの専門書あります 八戸市営書店開店へ 河北新報
11月25日 <雄勝に生きる>町民の誇り太鼓後世へ 河北新報
11月25日 人口増の自治体に交付税手厚く 河北新報

11月24日 <雄勝に生きる>後継者を育て古里守る 河北新報

11月23日 <福島沖地震>津波1.4m 大震災後最大 河北新報
11月23日 <福島沖地震>宮城の警報 津波到達後 河北新報
11月23日 <福島沖地震>海底で起きた活断層型 河北新報

11月22日 伝統の行列見に来て 二本松で12月4日、木幡の幡祭り 河北新報
11月22日 外国人誘客へ広告動画 県、ネット発信強化 河北新報
11月22日 <大川小>遺族「悲劇繰り返してはいけない」 河北新報
11月22日 福島震度5弱 仙台港で津波1.4m 河北新報
11月22日 <原発避難いじめ>横浜市長「反省」と陳謝 河北新報

11月21日 災害時避難 女性の視点でアドバイス 河北新報
11月21日 <エコラの日々>着物が教えてくれること 河北新報
11月21日 <集団移転>祝いの祭り にぎやかに 河北新報

11月20日 福島産果物、銀座のカクテルへ バーのオーナーら生産農家と交流 福島民友
11月20日 防災機能を拡充 道の駅猪苗代がオープン 河北新報
11月20日 <あなたに伝えたい>願い引き継ぎカフェ開設 河北新報
11月20日 <里浜写景>初冬彩るホームの柿のれん 河北新報

11月19日 「自分の目で見たい」 福島高生が第1原発に、18歳未満事故後初 福島民友
11月19日 風評払拭目指そう 福島でコメ食味コンテスト 河北新報
11月19日 茨城・常総の中学生 津波被災地を訪問 河北新報
11月19日 起業、若者定住化後押し 交流型施設きょう開設 河北新報

11月18日 会津身不知柿、献上箱詰め 組合長「この日を迎えられて良かった」 福島民友
11月18日 <再生に挑む>オール福島復活期す 河北新報
11月18日 <絆つないで>冬場の誘客 期待高まる 河北新報

11月17日 起業女子を応援 東北の発掘育成ネット誕生 河北新報
11月17日 <汚染牧草>放射性物質 移行なし 河北新報
11月17日 練るとねっとり サトイモアイス 河北新報

11月16日 鮮やか柿色!黄金のカーテン 伊達・梁川であんぽ柿の生産本格化 福島民友
11月16日 原発避難先でいじめ「ばい菌扱いされた」 河北新報
11月16日 <まるっと!新名所>もふもふ 癒やしの里 河北新報
11月16日 集団移転跡地の活用策 イラストで紹介 河北新報
11月16日 <カツオ>気仙沼水揚げ20年連続日本一 河北新報

11月15日 蔵王移住の「先輩」がアドバイス 相談室開設 河北新報
11月15日 <南三陸防災庁舎>31年まで県有化 補修着工 河北新報
11月15日 <東北大>大気汚染物質原因のアトピー解明 河北新報
11月15日 <桂島牡蠣まつり>移住者が奔走 一転存続ヘ 河北新報
11月15日 <復興を生きる>踊りの道 追い求める 河北新報

11月13日 <帰還困難区域を歩く>除染後回し荒廃進む 河北新報
11月13日 <あなたに伝えたい>口数少なく仕事好きだった夫 河北新報
11月13日 濃厚カキを景色と共に「カキ焼き処」営業開始 河北新報

11月12日 <震災5年8カ月>狭い校庭 優しさ育てた河北新報
11月12日 <震災5年8カ月>苦楽…仮設菜園忘れない河北新報
11月12日 <帰還困難区域を歩く>倒壊の建物 手付かず 河北新報

11月11日 食の安全確保...「世界でベスト」 研究者が科学的見地から評価 福島民友
11月11日 内堀知事就任2年 定住・二地域居住 再挑戦 人口減対策を強化 福島民報
11月11日 会津高が連携学習開始 県立博物館「震災遺産保全プロジェクト」 福島民報
11月11日 <原発事故>農業賠償継続を トラクターデモ 河北新報
11月11日 <福島第1>1号機建屋カバー解体終了 河北新報
11月11日 <私の復興>笑いの先に地域再生 河北新報

11月10日 タイの企業 福島にカフェ日本1号店開店へ 河北新報
11月10日 NPO情報誌発行継続へ力を ネット寄付募る 河北新報
11月10日 漁業実習生を撮影 写真家登竜門で佳作に 河北新報

11月9日 イ学生よ大志を抱け 福大で「ふくしま産業賞」講座 福島民報
11月9日 イケメン若旦那 温泉街で熱くおもてなし 河北新報
11月9日 震災犠牲ALT 交流活動続ける両親に感謝状 河北新報
11月9日 通販サイト「みんなの亘理」お披露目会 河北新報
11月9日 <復興へのリレー>感謝を胸に指導者志す 河北新報

11月8日 <谷村新司>福島の今伝える歌 作詞作曲 河北新報
11月8日 <大川小訴訟>賠償命令に不服 市と県が控訴 河北新報
11月8日 <大川小訴訟>知事「全て学校責任は行き過ぎ」 河北新報

11月7日 復興への思い...福幸祭で花火2千発 被災者の幸せ願う、福島県二本松 福島民友
11月7日 <復興マラソン>仮設暮らし感謝胸に力走 河北新報
11月7日 <どうなる和牛市場>酪農家の取り組み増加 河北新報

11月6日 大輪4000発!晩秋の夜空彩る 会津若松で「全国煙火競演会」 福島民友
11月6日 被災地の芸能つなぐ 県内外20団体、6日まで祭り 福島民報
11月6日 町民から撤回求める声 富岡の避難指示「来年1月解除」 福島民報
11月6日 福島の民俗芸能集結 白河で「祭り」 河北新報
11月6日 <双葉高>休校式典 復活願い校歌 河北新報
11月6日 夫婦二人三脚 避難先で洋食店経営 河北新報
11月6日 <世界津波の日>防災の教訓発信 河北新報

11月5日 私が1番!アニメキャラ『コスプレ』 いわきで「マジカル福島」 福島民友
11月5日 復興と創生探る マスコミ倫理懇談会東北地区大会 福島民報
11月5日 <イオン>国際エコ認証一本釣りカツオ販売 河北新報
11月5日 <大川小訴訟>遺族「無用な争いはやめて」 河北新報

11月4日 菊人形1500万人 第1回から通算入場者 福島民報
11月4日 被災地の民俗芸能紹介 福島で「ふくのさと祭り」 福島民報
11月4日 自然エネ可能性探る 4日まで福島で国際会議 福島民報
11月4日 <復興へのリレー>本音で連携深め充実感 河北新報
11月4日 回復遅れる福島への教育旅行 河北新報

11月3日 『日本一大きな文化祭』開幕 アニメ、音楽、コスプレ...「マジカル福島」 福島民友
11月3日 「浪江展」始まる 避難の現状や町民作品紹介 福島民報
11月3日 福島の被災地、アプリで紹介 県が開発 河北新報
11月3日 住宅+店舗複合ビル 被災地の人口回復に成果 河北新報
11月3日 <大川小訴訟>遺族、控訴断念を県議会に要望 河北新報

11月2日 4度移転…待望の新園舎 南三陸の被災幼稚園 河北新報
11月2日 <道しるべ探して>住民組織で多機能自治 河北新報
11月2日 <復興を生きる>耕野の温もり伝える 河北新報

11月1日 2017年の干支は『酉』 郡山・高柴デコ屋敷で縁起物作り最盛期 福島民友
11月1日 <道しるべ探して>地域の困り事を仕事に 河北新報
11月1日 昭和の風情よみがえる 津波被災店舗再び 河北新報
11月1日 <学校と命>遺族に寄り添う姿勢を 河北新報
11月1日 <復興を生きる>「海の男」意地を貫く 河北新報
2016年【10月分】
10月31日 シンガポール団体客150人 安達太良山など訪問 福島民報
10月31日 <三陸沿岸道>「命の道」で産業再生 河北新報
10月31日 <仙台いやすこ歩き>(45)カキ/浜ごとに異なる味わい 河北新報
10月31日 <君の朝活は。>要約、発表 頭フル回転 河北新報

10月30日 <学校と命>想定外を常に想定内に 河北新報
10月30日 <山元・旧中浜小>住民に保存計画案説明 河北新報
10月30日 <道しるべ探して>役割あれば遊び心爆発 河北新報

10月29日 福島からの避難者 きょう支援説明会 仙台 河北新報
10月29日 <避難解除>川俣・山木屋は3月末 政府決定 河北新報
10月29日 <仮設住宅>仙台の全入居者が退去 河北新報

10月28日 <全町避難>浪江再生へ 笑顔と活気取り戻す 河北新報
10月28日 <全町避難>浪江に仮設商業施設オープン 河北新報
10月28日 <仮設商店街>前向いて卒業 31日閉鎖 河北新報
10月28日 <学校と命>子どもを守る覚悟問う 河北新報

10月27日 福島県「高齢化率」28.7% 人口減少率全国2番目、15年国勢調査 福島民友
10月27日 県人口191万4039人 震災前より11万5025人減 福島民報
10月27日 岩子の神楽伊勢神宮へ 300年前相馬に伝承 絆強め11月7日奉納 福島民報
10月27日 福島集客へ フラガールとフラ女将タッグ 河北新報
10月27日 <東北大>75年型の食事「健康的」 肥満改善 河北新報
10月27日 南三陸初のカキ小屋開店 被災民宿を再建 河北新報
10月27日 <大川小訴訟>不明の娘の筆で「勝訴」 河北新報

10月26日 「浪江の仮設店舗」27日オープン 再生への思い...笑顔ここから 福島民友
10月26日 <全町避難>富岡町民「戻らない」57% 河北新報
10月26日 <大川小訴訟>石巻市と県に14億円賠償命令 河北新報
10月26日 被災地再生住民の手で 仙台の町内会が学習会 河北新報

10月25日 復興支援フォーラム 1年ぶり福島で開催 河北新報
10月25日 <大川小訴訟>教員の防災意識 判断へ 河北新報
10月25日 <大川小訴訟>津波予見可能性が焦点 河北新報

10月24日 倉本聰さん脚本・演出の演劇「走る」、来年県内公演 1月郡山、2月いわき 福島民友
10月24日 <この人このまち>「自転車の街」こぎ出す 河北新報
10月24日 <まちびらき>古里の未来 今ここから 河北新報
10月24日 <まちびらき>みんなでいい街に 被災者決意 河北新報
10月24日 <まちびらき>新しい街へ一歩踏み出す 河北新報

10月23日 <あなたに伝えたい>月命日に夫と掃除する日々 河北新報
10月23日 復興へ新たな街始動 山元2地区でまちびらき 河北新報
10月23日 復興へ新たな街始動 山元2地区でまちびらき 河北新報
10月23日 <いわき>復興は「自分事」同志増やす 河北新報

10月22日 登山家の田部井淳子さんが死去 福島民友
10月22日 外国人向けの東北高速バス乗り放題パス 河北新報
10月22日 米旅行予約サイトに「東北宿泊」開設 河北新報
10月22日 <大川小 還らぬ人へ>「命守る」親友に誓う 河北新報

10月21日 <館の森>憩いの場に 住民30人が整備 河北新報
10月21日 <熊本地震>小さな美術館 来客待つ 河北新報

10月20日 <福島の医療機器産業>直径0.35ミリ 画像鮮明に 河北新報
10月20日 自殺中2の写真 入賞取り消し、再び授与へ 河北新報
10月20日 <大川小 還らぬ人へ>壮絶な体験 語り継ぐ 河北新報

>10月19日 <福島の医療機器産業>素材40種の加工対応 河北新報
>10月19日 <瀬戸際の城下町>移住推進活性化の鍵 河北新報
>10月19日 <大川小 還らぬ人へ>学校と命問い続ける 河北新報

10月18日 <福島の医療機器産業>技術探求 未来つくる 河北新報
10月18日 塩釜の一本釣り「海のエコラベル」取得 河北新報
10月18日 <大川小 還らぬ人へ>この子だけは大人に 河北新報

10月17日 <大川小 還らぬ人へ>語る決意尾根に刻む 河北新報
10月17日 津波で復活の希少植物 被災地で再生 河北新報
10月17日 津「漁港まつり」が復活 震災後6年ぶり 河北新報

10月16日 森林再生へドングリなど植える 摺上川ダムで「森づくり大作戦」 福島民友
10月16日 廃校舎 農家レストランに 山形・最上 河北新報
10月16日 サケと希望網ずっしり 楢葉・木戸川で漁始まる 河北新報
10月16日 <大川小 還らぬ人へ>空白の51分埋めたい 河北新報
10月16日 <再起 東北と共に>移転と残留 住民迷う 河北新報

10月15日 安達太良山、まるで『紅葉のじゅうたん』 色鮮やか山並み絶景福島民友
10月15日 商圏戻らず経営難 小売業に支援薄く 復興を問う▼事業展開に壁(1)福島民報
10月15日 <熊本地震半年>派遣教諭 宮城の経験生かす河北新報
10月15日 <再起 東北と共に>住民の輪 仙台に学ぶ 河北新報
10月15日 <大川小 還らぬ人へ>深い喪失感 心癒えず 河北新報

10月14日 負担軽減へ「除草ロボット」 営農再開支援へ飯舘で実証見学会 福島民友
10月14日 子育て用品 地場産品で無料支援を計画 河北新報
10月14日 <ツキヨタケ>食中毒相次ぐ 山形で注意報 河北新報
10月14日 <熊本地震半年>孤立防ぎ 心のケアを 河北新報

10月13日 人気酒造、奥の松酒造が最高金賞 全国燗酒コンテスト福島民報
10月13日 <台風10号>安家地大根 被災乗り越え出荷河北新報
10月13日 <原発避難>帰還後の営農・医療に不安河北新報
10月13日 バーガーで風評払拭 福島で27店食べ比べ 河北新報

10月12日 <サルナシ>栄養満点で美容にも 商品続々 河北新報
10月12日 <生食カキ>お待たせ出荷スタート 河北新報
10月12日 <大川小保存>設計者 5年の沈黙破る 河北新報

10月11日 ナシのスイーツグランプリ商品化 7都府県で福島特産果物の魅力、安全性PR 福島民友
10月11日 【大型人形「フローラ」出品・増田セバスチャンさんインタビュー 福島民友
10月11日 【Visit Fukushima先進地に学ぶ 飛騨高山編(中)】好みや行動『徹底分析』 福島民友
10月11日 <富谷市>トラブルなく市制移行 業務開始 河北新報
10月11日 <ぐでたま>3Rやる気あ〜る エコ推進月間 河北新報

10月10日 <この人このまち>恋活、地域愛する人発掘 河北新報
10月10日 石巻高生 高知で震災の教訓語る 河北新報
10月10日 <私の復興>2度再建 古里のため 河北新報

10月9日 絵画、オブジェ…共演 二本松で現代美術ビエンナーレ開幕 福島民報
10月9日 野田村産ワイン、復興の香り 9日醸造開始 河北新報
10月9日 <ほっとタイム>受け継いだ味 伝える 河北新報

10月8日 だんだん秋色...安達太良山で紅葉が始まる 吾妻の山々など一望 福島民友
10月8日 <二本松病院>産後負担軽減 ケア施設開設 河北新報
10月8日 <下北 電気100年>原発延期続き未完成 河北新報
10月8日 <原発避難>秋田の自然で心癒して 河北新報
10月8日 <台風10号>浸水被害…龍泉洞の水 生産再開 河北新報

10月7日 6割が「後継技能者確保難しい」 県内企業原発事故前の2.3倍 福島民報
10月7日 福島産醤油2銘柄日本一 風評克服の力に 河北新報
10月7日 <台風10号>水没の安家洞 きょう仮再開 河北新報
10月7日 「日本の石」ヒスイ 77年前の業績に光 河北新報

10月6日 <以和貴の心>浜通り結ぶ広い視野を 河北新報
10月6日 <福島第1>復水器汚染水 抜き取り開始 河北新報
10月6日 <タカマツ>19−19からのレシーブは奇跡 河北新報

10月5日 若者の感性磨き被災地支え活性化 河北新報
10月5日 台風被害乗り越え「ホップのまち・遠野」PR 河北新報
10月5日 <介護予防移管>地域の担い手どう確保 河北新報
10月5日 <防潮堤>是非問う活動 住民の本意反映を 河北新報

10月4日 <以和貴の心>認め合い 共生の道探る 河北新報
10月4日 <集団移転>乗り合いタクシーで生活支援 河北新報
10月4日 震災で姉亡くした少女の映画製作へ 河北新報

10月3日 二本松で企画展始まる 智恵子と光太郎に焦点 福島民報
10月3日 <この人このまち>外国人旅行者呼び込む 河北新報
10月3日 <在宅被災者支援>大船渡の取り組みを土台に 河北新報
10月3日 <在宅被災者支援>ケースマネジメント提言 河北新報

10月2日 原発被害者訴訟連絡会がシンポ 二本松 福島民報
10月2日 気仙沼移住増へ相談窓口 被災者帰郷も支援 河北新報
10月2日 <五城目朝市>出店業種広げ来場者10倍 河北新報
10月2日 <あなたに伝えたい>優しかった妻いつも心の中 河北新報
10月2日 <震災遺構>旧野蒜駅舎を改修 街の歩み発信 河北新報

10月1日 <台風10号>栗しぼり 苦難乗り越え発売 河北新報
10月1日 <台風10号>岩手 農林水産の被害深刻 河北新報
10月1日 志津川湾 ラムサール条約登録申請へ 河北新報

2016年【9月分】
9月30日 福島・飯坂「けんか祭り」開幕 例大祭式典で五穀豊穣に感謝、1日は「宮入」 福島民友
9月30日 <花春酒造>事業譲渡 新会社で経営再建へ 河北新報
9月30日 <台風10号>続く避難生活 被害額過去最大 河北新報
9月30日 <不測の濁流>行動計画で災害に先手 河北新報

9月29日 二本松に「花の女神」 芸術祭・福島ビエンナーレの準備本格化 福島民友
9月29日 11月3〜6日県内12市町で「マジカル福島」 アニメや音楽、食の「日本一大きな文化祭」 福島民報
9月29日 <全町避難>5年半ぶり診療 医師再出発 河北新報
9月29日 両陛下が岩手訪問 被災ホテルに宿泊 河北新報
9月29日 <までいな村の明日>泡と消えた「全域解除」 河北新報

9月28日 猛毒キノコ「カエンタケ」に注意 福島で確認、触っちゃダメ 福島民友
9月28日 甲状腺検査で県に提言へ 国際専門家会議の最終日 福島民報
9月28日 空き家改築しシェアハウスに 学生が一役 河北新報
9月28日 被災地から移住 思い共有サロン50回 河北新報
9月28日 子育て応援券 南三陸で配布開始 河北新報
9月28日 イノシシ被害 新撃退装置「効果あり」 河北新報
9月28日 <不測の濁流>読めぬ猛威 判断狂わす 河北新報

9月27日 【Visit Fukushima外国人の目 県北編(上)】 自然体験興味深い 福島民友
9月27日 4分野で強化策 県の「風評・風化対策戦略」第2版 福島民報
9月27日 <までいな村の明日>暮らしの根本 遠い再生 河北新報
9月27日 被災地の秋サケ 試練の初水揚げ 河北新報
9月27日 仮設で神楽 伝統つなぐ 河北新報
9月27日 <地域FM>エリア拡大 防災情報発信強化へ 河北新報

9月26日 <インバウンド>二本松市、訪日客誘致に力 河北新報
9月26日 <道しるべ探して>伝統工芸に広がる共感 河北新報
9月26日 <その先へ>原発事故 謝罪の行脚 河北新報
9月26日 ワカメ、コンブ高騰 加工業者悲鳴 河北新報

9月25日 三春路歩く...『美しい秋』見つけた! みずウオーク・三春大会 福島民友
9月25日 浜通りへの支援在り方を考える いわきでシンポ 福島民報
9月25日 築館に温泉施設完成 30日オープン 河北新報
9月25日 <道しるべ探して>地域文化 支える手仕事 河北新報
9月25日 福島のスイーツほっぺた落ちた 河北新報
9月25日 青森の祭り集結 20メートル立佞武多も初陣 河北新報
9月25日 <福島第1>地下水位上昇 対応苦慮 河北新報

9月24日 国道459号で斜面崩落 二本松・岳温泉への主要道、全面通行止め 福島民友
9月24日 <土湯温泉>観光客回復へ温泉街再整備 河北新報
9月24日 <道しるべ探して>産学官で一丸 自立呼ぶ 河北新報

9月23日 日本ワイン人気でブドウ苗木 注文殺到 河北新報
9月23日 <被災者支援NPO>活動拡大 財源を確保 河北新報
9月23日 <被災者支援NPO>助成頼み 脱却の動き 河北新報

9月22日 富岡で移動販売開始 「走るスーパー」準備宿泊住民の支えに 福島民友
9月22日 農林業賠償 2年分一括 県に提示 政府、東電 福島民報
9月22日 震災被災者の孤立防ぐ 仙台で寺子屋カフェ 河北新報
9月22日 <原発事故>東電賠償「打ち切りへの布石だ」 河北新報
9月22日 <原発事故>農林業賠償 2年分一括払い提案 河北新報

9月21日 【Visit Fukushima外国人の目 郡山編(下)】 ポストカード必須 福島民友
9月21日 「桃の力」で風評払拭 土壌ネットワークが知事に活動報告 福島民報
9月21日 <基準地価>仙台と他地域 二極化進む 河北新報
9月21日 <満州の記憶>当時と世相共通 危惧 河北新報

9月20日 【Visit Fukushima外国人の目 郡山編(上)】 職人さん怖くない 福島民友
9月20日 「海辺の図書館」 東北みらい賞を受賞 河北新報
9月20日 地元木材で板倉造り推進 南三陸 河北新報
9月20日 <台風10号>あまちゃんハウス 再開めど立たず 河北新報
9月20日 <浜を歩く>魚の町 操業再開願う 河北新報

9月19日 <介護職不足に拍車 県内求人倍率、震災後最高福島民報
9月19日 <ツール・ド・東北>被災地の絆を再確認 河北新報
9月19日 <ツール・ド・東北>未来へ被災地と共に進む 河北新報
9月19日 <ツール・ド・東北>民泊で深まる交流 河北新報
9月19日 <台風10号>特産品加工場 軒並み浸水被害 河北新報
9月19日 <ツール・ド・東北>神戸・熊本の被災者も出場 河北新報

9月18日 【Visit Fukushima外国人の目 いわき編(上)】 英語表記ほしい 福島民友
9月18日 伸び悩む...外国人宿泊者 福島県は45位、新たな切り口必要 福島民友
9月18日 踊り屋台 観客魅了 福島で子どもたちが巡行 福島民報
9月18日 <ツール・ド・東北>台湾の参加者 南三陸へ 河北新報
9月18日 <あなたに伝えたい>好きだった花に面影重ねる 河北新報
9月18日 <3.11と今>地域の復興お寺から 河北新報
9月18日 <ツール・ド・東北>語り部の言葉 胸に刻む 河北新報
9月18日 <SL銀河>津軽平野駆ける 河北新報
9月18日 <台風10号>ボランティア 日常回復へ結集 河北新報

9月17日 <原発避難>心の復興 fuccoから 河北新報
9月17日 災害公営住宅と店舗一体ビル 気仙沼に完成 河北新報
9月17日 <3.11と今>自然と共生 養魚再び 河北新報
9月17日 <台風10号>サケふ化事業 深刻ダメージ 河北新報
9月17日 <台風10号>被災のあまちゃん聖地 復活 河北新報

9月16日 二本松に台湾から190人 男性アイドルメンバー2人もツアー同行 福島民友
9月16日 <3.11と今>離れても日和山集う 河北新報
9月16日 <台風10号>足りない災害ボランティア 河北新報
9月16日 <台風10号>自力で道路復旧 牧場が出荷再開 河北新報

9月15日 宿泊型道の駅 福島・国見に来春開業 河北新報
9月15日 <3.11と今>愛着ある家守りたい 河北新報
9月15日 <三陸道>三滝堂−志津川 来月30日供用開始 河北新報
9月15日 <台風10号>岩泉被災者に車無料貸し出し 河北新報

9月14日 青年海外協力隊員143人に修了証書 JICA二本松、21カ国に派遣  福島民友
9月14日 <福島第1>建屋壁パネルの撤去開始  河北新報
9月14日 <3.11と今>一日一日 闘いだった  河北新報
9月14日 <台風10号>流入泥と格闘 人手が足りない  河北新報

9月13日 食・農・文化 加美を体感 ツアー開催  河北新報
9月13日 復興にぼくらの声を 小中学生らサミット  河北新報
9月13日 サッポロとキリン 東北産ホップ投入  河北新報

9月12日 震災と原発事故 被災地の美術活動考える  河北新報

9月11日 <震災5年半>拠点完成 被災校舎が公民館に  河北新報
9月11日 <震災5年半>新旧住民が融和 孤立防ぐ  河北新報
9月11日 <震災5年半>仮設発「までい風呂敷」 河北新報
9月11日 <被災者いまだ癒えず>悲しみを語る場必要 河北新報

9月10日 <3.11と今>再び親しまれる店を 河北新報
9月10日 <山形の原発避難者>再出発に希望を抱く 河北新報
9月10日 <震災5年半>福島第1汚染水対策が正念場 河北新報

9月9日 <3.11と今>生まれ故郷で再起へ 河北新報
9月9日 <気仙沼復興>内湾活気再び 商業施設着々 河北新報
9月9日 <気仙沼復興>商業施設 港・食・文化を体感 河北新報
9月9日 農地集約やブランド化 地域活性化へ農家ら協定 河北新報

9月8日 <山形の原発避難者>子ども守るため決断 河北新報
9月8日 <3.11と今>横丁の人情 守りたい 河北新報
9月8日 <台風10号>岩泉ヨーグルト大打撃 河北新報

9月7日 全村避難続く福島県飯舘、牛の飼育再開 「畜産の村」復興へ一歩 福島民友
9月7日 中央大生復興の現状を理解 民報社社長から説明受ける 福島民報
9月7日 再生エネ普及発信 福島で初の世界会議 河北新報
9月7日 <原発事故>福島の里山除染再生まず4カ所 河北新報
9月7日 小水力発電実証完了「マイクロ水車」年内販売へ 河北新報

9月6日 学生の宮城定着へ 企業発見プログラム 河北新報
9月6日 <山形の原発避難者>長引く避難 夫婦に溝 河北新報

9月5日 「あまちゃん」の街...台風襲う 岩手・久慈市ルポ、胸が痛む光景 福島民友
9月5日 サルビアに願い込め 都立農業高生「震災風化させない」 福島民報
9月5日 <この人このまち>ナツハゼ 飯舘の特産に 河北新報
9月5日 <避難解除1年>地域再生の芽 一つ一つ 河北新報
9月5日 <避難解除1年>楢葉復興なお時間 河北新報

9月4日 奉仕と音楽が結合、4077人熱狂 福島でロックコープスライブ 福島民友
9月4日 <こけし>各地の作品ズラリ 愛好家うっとり 河北新報
9月4日 <あなたに伝えたい>さらに増えたひ孫見守って 河北新報

9月3日 <ヒラメ漁再開>風評克服へ高まる期待 河北新報
9月3日 <防潮堤>気仙沼・内湾 高さ引き下げ 河北新報
9月3日 ユニークなかかし140体 思わず笑顔に 河北新報

9月2日 福島県二本松・若武者が優勝、最強の次世代ラーメン決定戦! 来年1月カップめん化 福島民友
9月2日 浪江で特例宿泊開始 26日まで、126世帯307人申請 福島民報
9月2日 <女川魚市場>再生へ前進 荷さばき場完成 河北新報

9月1日 <かさ上げ市街地>陸前高田まちづくりへ一歩 河北新報
9月1日 <キラリこの技>段ボール 可能性広げる 河北新報
9月1日 <台風10号>復興途上の水産業に打撃 河北新報

2016年【8月分】
8月31日 <移住促進>福島・川内 ひとり親世帯に照準 河北新報
8月31日 <キラリこの技>研磨技術 輝く時計生む 河北新報

8月30日 <キラリこの技>食感・外見工夫 ソフト食 河北新報
8月30日 <震災2000日>座礁の投石船 手つかず 河北新報
8月30日 <震災2000日>看護部長 再スタートに決意 河北新報

8月29日 <道しるべ探して>地域の復元力高めよう 河北新報
8月29日 被災地復興 若い力ですてきに 河北新報
8月29日 <浜を歩く>追憶 慰霊 故郷に集う 河北新報

8月28日 華やか「仮装盆踊り」 二本松・岳温泉、宿泊客や女将ら踊りの輪 福島民友
8月28日 福島で「未来の祀り本祀り」開幕 28日「神楽」 福島民報
8月28日 「復興を力強く」三陸地方の伝統芸能が競演 河北新報
8月28日 <あなたに伝えたい>形見を身に着け生き方自問 河北新報
8月28日 <コンポジウム>鎮魂、復興…祈りを表現 河北新報

8月27日 <道しるべ探して>太陽光 再生の道照らす 河北新報
8月27日 <復興へのペダル>官民挙げて台湾客歓迎 河北新報
8月27日 <その先へ>帰還村民 安らぐ場に 河北新報

8月26日 色鮮やか!サルスベリ1万株 福島県二本松、東和サルスベリ園 福島民友
8月26日 若者の発案で地域課題解決「ミラソン」成果 河北新報
8月26日 <復興へのペダル>進む町づくり広くPR 河北新報
8月26日 <道しるべ探して>回る水車希望の苗育む 河北新報

8月25日 二本松の魅力発信 新宿駅西口で「地場産品フェア」開幕 福島民友
8月25日 鬼、人形「おそれ」表現 猪苗代町で展覧会 河北新報
8月25日 <再生に挑む>分散操業で人材守る 河北新報
8月25日 原発事故で苦肉の策…イノシシ革製品が人気 河北新報
8月25日 被災農家の離職報告せず 交付金要件抵触か 河北新報

8月24日 川越シェフ、福島県産モモ『魅力のレシピ』披露 福島で料理教室 福島民友
8月24日 生徒確保へ 岩手・西和賀高「本気モード」 河北新報
8月24日 <復興へのペダル>自転車 観光振興の軸に 河北新報
8月24日 「交付金受領後に退社要請」被災農家が会社提訴 河北新報

8月23日 相双漁協も「ヒラメ」試験操業 9月にも10魚種、新たに追加へ 福島民友
8月23日 釜石で26日から市民有志の映画祭 河北新報
8月23日 <雄勝に生きる>灯籠流し思いつなげる 河北新報

8月22日 <むのたけじさん死去>悼む声 続々 河北新報
8月22日 <雄勝に生きる>地域の宝 浜辺で育てる 河北新報
8月22日 <戦後71年>「民を大事に」 河北新報

8月21日 復興へ歩む『福島県』アピール リオ五輪で「じゃんがら踊り」披露 福島民友
8月21日 15社のものづくり体感 周遊企画が好評 河北新報
8月21日 <雄勝に生きる>離れてもつながる古里 河北新報

8月20日 <全村避難>急行バス、飯舘も停車 河北新報
8月20日 <蔵王産ナシ>病害、霜害で収量減 出荷開始 河北新報

8月19日 福島県産食材メニュー好評 船橋のレストランで「おいしいね。ふくしま」フェア 福島民友
8月19日 20日矢祭で「風とロックCARAVAN」 盆踊り大会も同時開催 福島民報
8月19日 <福島第1>遮水壁 規制委「効果見られず」 河北新報
8月19日 熊本・阿蘇の小中学生 震災経験を聞く 河北新報
8月19日 ギター作りに挑戦 高校生が滞在ツアー 河北新報

8月18日 湖畔や林間の涼風受けて散策楽しむ 河北新報
8月18日 サンマ大漁へ一丸 大船渡で出船式 河北新報
8月18日 <3.11と今>遺骨、遺族に寄り添う 河北新報

8月17日 <西馬音内盆踊り>黒頭巾 幻想的な舞 河北新報
8月17日 <3.11と今>新たな家族生きる力 河北新報
8月17日 <東京五輪>東北の木材活用へ高まる期待 河北新報

8月16日 <帰還困難区域>除染は復興拠点周辺が優先? 河北新報
8月16日 <3.11と今>命の重み 伝えていく 河北新報

8月15日 軽トラ荷台に農産物並べ「夕方市」開催 河北新報
8月15日 さんさん商店街で最後の盆踊り 河北新報
8月15日 <あの日と今>傾聴の場生きがいに 河北新報
8月15日 <戦後71年>戦死者もういらぬ 河北新報

8月14日 『コスプレ盆踊り』アニメファンら集う 南相馬・小高区で夏祭り 福島民友
8月14日 霞ケ城に観光案内拠点 平成31年度開所目指す 誘客へ歴史、文化紹介 福島民報
8月14日 地域つなぐ自慢の定食 川俣町山木屋に飲食店 河北新報
8月14日 <土と語り合う日々>美の発見 生活の中に 河北新報
8月14日 <あの日と今>日々大事に 夫が手本 河北新報

8月13日 二本松で「菊着け体験」 菊人形の歴史や技術を学ぶ 福島民友
8月13日 震災教訓 中学卒業生「いのちの教科書」作り 河北新報
8月13日 <その先へ>被災地包む歌 届ける 河北新報
8月13日 震災で移住「墓じまい」一気に現実味 河北新報

8月12日 <震災5年5カ月>自宅再建 長寿お祝い 河北新報
8月12日 <震災5年5カ月>中野小跡 モニュメント完成 河北新報
8月12日 <特例宿泊>大熊町 夜の自宅5年5カ月ぶり 河北新報

8月11日 福島JCT−福島大笹生IC、9月11日に開通 東北中央道 福島民友
8月11日 防災リーダーの役割は 高校生が世界サミット 河北新報
8月11日 山木屋避難解除来年3月31日に 福島・川俣 河北新報
8月11日 <伊豆沼・内沼>緑に映えるピンクのドット 河北新報

8月10日 <原発ADR>浪江の住民追加賠償申し立て 河北新報
8月10日 被災地再生 高校生の視点で切り取る 河北新報
8月10日 <その先へ>浜の復興 郷土の味で 河北新報
8月10日 <あの時政治は>原発事故 県境で線引かれた 河北新報

8月9日 <避難解除>楢葉で6年ぶり盆踊り復活 河北新報
8月9日 <防潮堤>野々島の高さ下げ 住民受け入れへ 河北新報

8月8日 伐採可能地点が拡大 昨年の県内森林県木連分析 福島民報
8月8日 被災地の海岸に植樹活動 東京で相馬農高生紹介 福島民報
8月8日 被災地の漁港で海の大運動会 河北新報
8月8日 <けんか七夕>会場変われど熱気変わらず 河北新報
8月8日 猛禽類でカラス撃退 山形市が実証実験 河北新報

8月7日 浪江「田植踊り」伊勢神宮で8日初奉納 河北新報
8月7日 <リオ五輪>会場周辺で「鬼柳鬼剣舞」披露へ 河北新報
8月7日 平和記念式典で決意 大川小の卒業生2人 河北新報

8月6日 「農村に希望」脱サラし家族で移住、就農 河北新報
8月6日 <藻塩>すっきりした甘さ かき氷考案 河北新報
8月6日 <福島わらじまつり>暑さに負けず響く掛け声 河北新報

8月5日 <福島のいま>日常消失 静寂の学びや 河北新報
8月5日 浪江・請戸小 遺構の行方、宙に浮く 河北新報
8月5日 「福島を希望が持てる地域に」経産相強調 河北新報

8月4日 「特撮のDNA」開幕 迫力満点の怪獣...『特撮の魅力』体感! 福島民友
8月4日 秋保温泉にアウトドアイベント会社設立へ 河北新報
8月4日 <改造内閣>被災者の側に立った政策を 河北新報

8月3日 福島の技術と魅力発信 “よい仕事おこし”フェア 河北新報
8月3日 <災害公営住宅>東松島市が121戸増設へ 河北新報
8月3日 <震災と防災>高知の中学生と被災者交流 河北新報

8月2日 隣県から産業人材確保 県が学生向け企業見学会 福島民報
8月2日 <全町避難>浪江の農家 宿泊可能に 河北新報
8月2日 <八重垣神社夏例祭>みこし勇壮 荒波越える 河北新報

8月1日 忌野清志郎さんギャラリー開催 福島県猪苗代で多彩な「大人の文化祭」 福島民報
8月1日 人手不足解消に一役「援農」制度 初年度盛況 河北新報
8月1日 <リボーンアート・フェス>プレイベントに4万人 河北新報

2016年【7月分】
>7月31日 震災後初「夏フェス」 楢葉の町制施行60周年 福島民報
7月31日 <あなたに伝えたい>願いは一つ見守っていて 河北新報
7月31日 <防潮堤>住民意向受け国道「兼用堤」に 河北新報
7月31日 世界遺産「和食」に迫る 東北大ゼミ好評 河北新報

7月30日 <原発事故>二本松市が放射性廃棄物焼却炉容認 河北新報
7月30日 <大正大>被災地に滞在 若い力でまちづくり 河北新報
7月30日 6年ぶり 七ヶ浜に歓声が戻った 河北新報

7月29日 内堀知事支援求める 人手不足、柔軟な交付金など 全国知事会議 福島民報
7月29日 <全国知事会>震災復興 人的支援の強化提言 河北新報
7月29日 <福島原発>溶融燃料160トン容器底部に 河北新報
7月29日 <避難解除>楢葉で和牛繁殖 希望の再開 河北新報

7月28日 甘さ十分「献上桃」、福島県桑折で箱詰め式 主力品種「あかつき」から厳選 福島民友
7月28日 本宮に災害公営住宅が完成 1日から浪江、大熊町民入居 福島民報
7月28日 高齢者を元気に「出張商店街」秋田でスタート 河北新報
7月28日 藻塩製造会社が廃業一転 再出発を果たす 河北新報
7月28日 9.11と3.11 遺族が震災被災地で交流 河北新報

7月27日 人手不足に大学生の力 モモ「あかつき」出荷最盛期 福島民友
7月27日 魚介類昨年度基準超ゼロ 本県沖放射性物質検査 福島民報
7月27日 廃炉作業の現状学ぶ 飯舘村が教職員研修会 福島民報
7月27日 集団移転住民ら 復興支援に緑の恩返し 河北新報
7月27日 <原発避難>富岡を知りたい 中学生が取材 河北新報

7月26日 原発事故後初、海産魚類「基準超ゼロ」 福島県放射性物質検査 福島民友
7月26日 モモ、重くてびっくりしたよ 福島で収穫体験 河北新報
7月26日 伊クチネリ氏と東北の未来語る 東経連シンポ 河北新報
7月26日 <集団移転>自宅開放しサロン 交流の場に 河北新報

7月25日 <この人このまち>自然体験観光の魅力に 河北新報
7月25日 Aqua Timez、古民家改修に汗流す ロックコープスで奉仕 福島民友
7月25日 太々神楽で閉幕 田島祇園祭 福島民報
7月25日 県産モモの安全性学ぶ 首都圏の住民、選果場など見学 福島民報
7月25日 <その先へ>里山の花 復興の種に 河北新報
7月25日 「ちょいのぞき」港町 仕事現場に魅力あり 河北新報
7月25日 <相馬野馬追>人馬一体 440騎躍動 河北新報
7月25日 <この人このまち>自然体験観光の魅力に 河北新報
7月25日 <獅子振り>12団体披露 復興の力に 河北新報

7月24日 被災地つなぐ人気漫画 JRが特別列車 河北新報
7月24日 <復旧費返済>厳しい経営 広がる不安 河北新報
7月24日 おいでよ夏の大島へ 被災の海水浴場で海開き 河北新報
7月24日 <その先へ>ツアー立案 観光再建 河北新報

7月23日 23日から相馬野馬追 小高の避難指示解除後初 福島民報
7月23日 <福島第1>廃炉の見える化へ「廃炉ラボ」 河北新報
7月23日 <集団移転>遊休農地活用し交流の場に 河北新報
7月23日 <相馬野馬追>原発避難11歳 伝統継承へ初陣 河北新報

7月22日 本当の復興へ弾み 相馬野馬追あす開幕 福島民友
7月22日 家屋解体来年度に完了 避難区域の県内11市町村 福島民報
7月22日 <原発事故>福島の今 学ぶ拠点に 河北新報
7月22日 「大槌シイタケ」震災克服 最高賞に輝く 河北新報
7月22日 <被災地水産会社>保育施設設置で求職増 河北新報

7月21日 福島県産モモ、タイへ第1便 風評払拭へ大きな一歩 福島民友
7月21日 <原発事故>母親の放射線不安 今も根底に 河北新報
7月21日 外国人誘客の会社設立 宮城13市町の情報発信 河北新報
7月21日 沈黙から希望へ 被災地の5年を詩につづる 河北新報
7月21日 <CSW>復興まちづくりで存在感 河北新報

7月20日 <東京五輪>東北の経験 新国立で表現 河北新報
7月20日 <道しるべ探して>山守り育てる若い感性 河北新報
7月20日 <宮城産ホヤ>多彩な料理 魅力知って 河北新報

7月18日 南相馬のサーフィン『復活』 6年ぶり市長杯、全国からサーファー 福島民友
7月18日 シルバー世代 欲しいのは「幸せ」より「お金」 河北新報
7月18日 <競技けん玉で長井おこし トップ選手が移住 河北新報
7月18日 <道しるべ探して>生産の現場 ずっと立つ 河北新報
7月18日 再生石巻 まち歩こう 川開き事前イベント 河北新報
7月18日 <気仙沼仮設商店街>店主、休廃業ピンチ 河北新報

7月17日 「酪王カフェオレ・ソフトクリーム」初登場 東北道・安達太良SA 福島民友
7月17日 描けぬ将来図 揺れる長泥の住民 帰還困難区域近く見通し 福島民報
7月17日 <北前船>「日本遺産」に25市町がタッグ 河北新報
7月17日 <海開き>東北の被災地 今夏は17ヵ所 河北新報
7月17日 <道しるべ探して>スーツ農業 貫く自分流 河北新報

7月16日 営業再開戻る活気 小高の谷地魚店 福島民報
7月16日 子育て世代向け住宅入居者募る 福島・新地町 河北新報
7月16日 <子ども医療費助成>中学卒業まで拡充を 河北新報
7月16日 <Eパーソン>専門性高い人材育成 河北新報
7月15日 <全村避難>飯舘村 5年ぶり本庁舎で議会 河北新報
7月15日 <全町避難>浪江町 3地区で拠点除染を 河北新報
7月15日 復興への取り組み掲載 宮城県サイト開設 河北新報
7月15日 <参院選東北>威勢よい政権に抵抗感 河北新報

7月14日 廃炉「石棺」に初言及 支援機構戦略プラン、「柔軟見直し」と含み 福島民友
7月14日 磐梯町「薬草の里」に 漢方原料を商品化 福島民報
7月14日 懲戒処分公表 掲示とHPのみ 特異な山元町 河北新報
7月14日 <奔流乱流1強政治>衆院選 共に不安残す 河北新報
7月14日 <東北大>お経でストレス軽減 本実験 河北新報

7月13日 <第二原発「廃炉」81% 本社県民世論調査 福島民報
7月13日 <南相馬避難解除>商業再生 厳しい道のり 河北新報
7月13日 甘さ格別 輝くブルーベリー 河北新報
7月13日 <三陸サイコー商店会 魅力アップへ奮闘 河北新報
7月13日 <奔流乱流1強政治>力任せの組織戦 不発 河北新報

7月12日 会津東山温泉「千代滝」2年連続受賞 楽天トラベルマイスター 福島民友
7月12日 <全町避難>浪江住民帰還 国の性急さ批判 河北新報
7月12日 <参院選東北>「1強」危惧と孤立感 河北新報
7月12日 <1強政治奔流乱流>見えぬ光 うねる怒り 河北新報
7月12日 <避難解除>子育て世代 帰還か新天地か 河北新報

7月11日 23日開幕の相馬野馬追 小高郷騎馬会が出陣式 福島民報
7月11日 <参院選福島>増子さん会心 閣僚破る 河北新報
7月11日 <参院選>東北は野党共闘圧倒 河北新報
7月11日 <参院選>東北 自民圧勝に異議 河北新報

7月10日 <高校野球福島>声援送った生徒やOB 河北新報
7月10日 <高校野球福島>双葉高 最後の夏燃焼 河北新報
7月10日 <参院選かすむ政治>苦しむ人に目向けて 河北新報

7月9日 JAEA「影響調べ対策を」 森林沈着セシウムとどまる傾向 福島でシンポ 福島民報
7月9日 <被災地気仙沼とフランス 結び付きを一冊に 河北新報
7月9日 <参院選かすむ政治>老舗破綻、新規前向き 河北新報

7月8日 <東北食べる通信>被災地発 食の再生に奮闘 河北新報
7月8日 <参院選福島>原発被災者 論戦期待外れ 河北新報

7月7日 「セシウム可視化」装置の開発進む 福島で除染研究発表会 福島民報
7月7日 訪日客誘客へ 多言語で発信するサイト開設 河北新報
7月7日 <みちのく巡礼>11日開始 宮城は21寺院 河北新報
7月7日 <参院選争点を歩く>村民に響かぬ処方箋 河北新報

7月6日 ベトナム大学生こけしに絵付け 土湯温泉 福島民報
7月6日 汚染土の袋も置き去り「避難解除は無責任」 河北新報
7月6日 <参院選ここに注目>復興へ 底辺の現場見て 河北新報
7月6日 <参院選かすむ政治>地方経済 疲弊色濃く 河北新報

7月5日 県産農産物「安心」5割超 県風評調査 福島民報
7月5日 福島県「帰還進んだ可能性」 県内外避難者、9万人を下回る 福島民友
7月5日 <全町避難>富岡「夜の森」の除染今秋にも 河北新報
7月5日 <参院選ここに注目>庶民の感覚 学ぶ努力を 河北新報

7月4日 ブルーベリー収穫の助っ人任命 富谷町が導入 河北新報
7月4日 福島の悲しみ フォークグループ歌い継ぐ 河北新報
7月4日 <参院選宮城>コスト増 厳しい土俵 河北新報

7月3日 大内宿で半夏まつり みこし練り歩く 福島民報
7月3日 <18歳モニター調査>国の斜陽化に不安抱く 河北新報
7月3日 <参院選ここに注目>地方企業に目を向けて 河北新報

7月2日 女性の「プチ起業」人気 福島県内、新たな働き方を模索 福島民友
7月2日 飯舘村役場 全面再開 住民の長期宿泊スタート 福島民報
7月2日 <全村避難>飯舘村役場、本庁舎に帰還 河北新報
7月2日 <参院選ここに注目>地方への移住促進策を 河北新報
7月2日 <参院選宮城>首長、復興状況評価「道半ば」 河北新報
7月2日 <参院選宮城>独居者孤立 支援薄く 河北新報

7月1日 国の公募始まる 地域経済活性化補助金 福島民報
7月1日 <演劇祭>今月初開催 週末は芝居ざんまい 河北新報
7月1日 <参院選かすむ政治>支援対象外「なんで」 河北新報

2016年【6月分】
6月30日 県内65歳以上29%超、15歳未満11% 国勢調査速報値 福島民報
6月30日 <相馬野馬追>6年ぶり火の祭へ主婦ら奮闘 河北新報
6月30日 <論点聞く>成長より秩序の重視を 河北新報
6月30日 <参院選東北>人口減少社会への処方箋は? 河北新報

6月29日 <福島第1>遮水壁冷却 停電で一部設備停止 河北新報
6月29日 <その先へ>作品も人も集う場に 河北新報

6月28日 県産モモ「はつひめ」出荷開始 糖度高く、みずみずしい出来栄え 福島民友
6月28日 美肌全国3位岳温泉をPR おかみ会来社 福島民報
6月28日 <論点聞く>子ども政策 数値目標を 河北新報
6月28日 <政策こう見る>自民 濃淡あれど稼働容認 河北新報

6月27日 福島で「未来の祀りカフェ」 神楽や言葉の力考える 福島民友
6月27日 子育て夫婦に土地・住宅 村、一定期間居住で譲渡 福島民報
6月27日 伝統芸能、文化考える 福島で「未来の祀りカフェ」 福島民報
6月27日 <その先へ>水田放牧 実現へ前進 河北新報

6月26日 <適少社会>「活動人口」獲得が大切 河北新報
6月26日 <適少社会>地元ニーズ 努力の糧に 河北新報
6月26日 <適少社会>助け合いへ主体性育む 河北新報
6月26日 <適少社会>分厚い生存基盤が強み 河北新報
6月26日 <六魂祭>八戸三社大祭初登場 河北新報

6月25日 <双葉「仮の町」>いわきに移り3年 道半ば 河北新報
6月25日 被災地再考願い「まねき旗」 河北新報
6月25日 <集団移転>施工不良 南三陸町長が陳謝 河北新報
6月25日 <杜の都のチャレン人>楽しい時 多くの子に 河北新報

6月24日 <あんぽ柿>皮むきから出荷 加工施設完成 河北新報
6月24日 東北周遊モデルコース 外国人に売り込む 河北新報

6月23日 福島県の岳温泉が全国3位 楽天「美肌の湯」ランキング 福島民友
6月23日 <炉心溶融隠蔽>福島県「納得できぬ」 河北新報
6月23日 ゲンジボタル 住宅街に乱舞 河北新報
6月23日 宮城の食発信 若手漁師ら東京に居酒屋 河北新報

6月22日 津波浸水域 地理院地図と仙台市調査に違い 河北新報
6月22日 <JR東>コミックトレイン7月運行 河北新報

6月21日 震災5年...半数「家族が離れ離れ」 福島県・避難者意向調査 福島民友
6月21日 「ふくしまのもも」ふるさと小包予約受け付け 福島民報
6月21日 広田湾産カキ 濃厚ソースに 河北新報
6月21日 <適少社会>「拡大」離れて幸せ追求 河北新報

6月20日 幻想的...暗闇に浮かぶ『光の乱舞』 福島でゲンジボタル観賞会 福島民友
6月20日 <適少社会>国任せより現場の知恵 河北新報
6月20日 <津波宿命の地で>「すぐに避難」劇で警鐘 河北新報

6月19日 展示や演奏心に刻む 浪江高で最後の文化祭 河北新報
6月19日 <津波宿命の地で>犠牲者数の真相に迫る 河北新報
6月19日 <適少社会>仲間集め地域課題解決 河北新報
6月19日 「おおさき食楽まつり」にぎわう きょうまで 河北新報

6月18日 【復興の道標・5年の歴史】第2原発、存廃棚上げ 黒字経営が至上命令 福島民友
6月18日 真相究明求める 県内各党抗議や対応協議 炉心溶融隠し 福島民報
6月18日 炉心溶融隠し 知事「県民感情を無視」 県、東電に防止策求める 福島民報
6月18日 <適少社会>発想を転換 変化に挑む 河北新報
6月18日 <津波宿命の地で>初の遺構で教訓伝える 河北新報

6月17日 津軽伝統の虫送り後世に 高校生ら継承活動 河北新報
6月17日 <適少社会>若者の主体性引き出す 河北新報

6月16日 【復興の道標・5年の歴史】顧客減少、風評だけか 福島県外し「東北5県」 福島民友
6月16日 本宮の浪江高サテライト校 18日 休校前最後の文化祭 福島民報
6月16日 <栗駒山>ニッコウキスゲにっこり 河北新報
6月16日 震災後初のプール うれしい水しぶき 河北新報

6月15日 <適少社会>一人多役で村を支える 河北新報
6月15日 <避難解除>川内村帰還ほとんど進まず 河北新報
6月15日 福島の思い伝え5年 情報誌最終号へ 河北新報
6月15日 <内陸地震8年>熊本に思い寄せ追悼の祈り 河北新報

6月14日 川内、避難全面解除 「被災地脱却」へ再生加速 福島民報
6月14日 <避難解除の先に>解体停滞 住民に焦り 河北新報
6月14日 <内陸地震8年>追悼の朝 祈り重なる 河北新報

6月13日 「自然守る心伝えて」 脚本家・倉本聰さん、自然壊す愚かさ説く 福島民友
6月13日 <にじいろノート>アラサーブルー 河北新報

6月12日 <被災地ボランティア縁 花嫁行列に笑顔と祝福 河北新報
6月12日 <あなたに伝えたい>志受け継ぎ地域のため奔走 河北新報
6月12日 岩手路、鈴の音「チャグチャグ馬コ」行進 河北新報
6月12日 <避難解除>山菜採りに帰りてぇなって思う 河北新報
6月12日 <避難解除>先祖の土地荒れ放題にできない 河北新報
6月12日 <避難解除>景色一変 消えぬ不安 河北新報
6月12日 <避難解除>福島・葛尾 居住制限区域で初 河北新報

6月11日 【復興の道標・5年の歴史】原発、言い訳にしない 地域課題と向き合う 福島民友
6月11日 初めて1万人下回る 子どもの県外避難者 9846人 福島民報
6月11日 <私の復興>心を癒やす聞き役に 河北新報
6月11日 <震災5年3カ月>災害公営住宅にも入れない 河北新報
6月11日 <震災5年3カ月>仮設入居者 行き場がない 河北新報

6月10日 秋田の住宅建設4社が共同HP開設 河北新報
6月10日 <防災キャンプ>避難所体験、教訓学んで 河北新報
6月10日 <あす震災5年3ヵ月>被災者 将来見通せず 河北新報

6月9日 「ポテトチップスいかにんじん味」再発売 消費者が熱望  福島民友
6月9日 7月から移住受け入れ 一人親世帯優遇の川内村  福島民報
6月9日 <全町避難>浪江町が一時宿泊所を設置 河北新報
6月9日 <三陸道>本吉−大谷間 18年度開通へ 河北新報

6月8日 世ケネディ駐日米大使が激励 福島県でJICA二本松の訓練生 福島民友
6月8日 世界の未来皆さんに ケネディ大使 初視察し訓練生激励 JICA二本松 福島民報
6月8日 全国V4の福島県産日本酒、ブランド化促進 PRイベント開催へ 福島民友
6月8日 <適少社会>支援員制度 定住に有効 河北新報
6月8日 石巻「きずな新聞」再び 10日に後継紙創刊 河北新報
6月8日 <原発事故>ため池除染 条件厳しく焦りの色 河北新報

6月7日 2巡目の子ども甲状腺検査 がん確定30人に 前回から14人増える 福島民報
6月7日 <適少社会>農家のありのまま共有 河北新報
6月7日 <カツオ>小名浜港やっと水揚げ 河北新報

6月6日 【復興の道標・名なしの土地】10アール農地「所有120人」 資産価値低いほど 福島民友
6月6日 秋田内陸線に新車両を 「夢列車」諦めず走る 河北新報
6月6日 <適少社会>教育旅行 ニーズが急増 河北新報
6月6日 被災乗り越え、金華山で14年ぶり結婚式 河北新報

6月5日 【復興の道標・名なしの土地】 増える「所有者不明」 福島民友
6月5日 移住促進ツアー始まる 田村で首都圏の15人田植え 福島民報
6月5日 被災地の現状学ぶ 東洋大生ら富岡を視察  福島民報
6月5日 秋田移住促進へ企画充実 河北新報
6月5日 <適少社会>外国人に活路 制度が壁 河北新報

6月4日 待ちわびた復活の船出 ホッキ貝試験操業 相馬の漁師末永輝男さん 福島民報
6月4日 自然生かし地域振興 田村に連絡協 グリーン・ツーリズム 福島民報
6月4日 <適少社会>出身国激変 透ける限界 河北新報
6月4日 <民泊>震災伝え農漁業も 修学旅行生受け入れ 河北新報

6月3日 森林認証推進協が発足 町内産木材活用目指す 南会津 福島民報
6月3日 <福島銀>窓口手続き「3分以内」 河北新報
6月3日 <仮設住宅>ぜんそく発症 主因はダニ 河北新報
6月3日 <適少社会>被災地の暮らし下支え 河北新報

◆6月2日 水産復興大きな一歩 南三陸の卸売市場完成 河北新報
◆6月2日 <道しるべ探して>公的生き方 豊かで幸せ 河北新報
◆6月2日 被災地同士思いは一つ 台湾の学生志津川訪問 河北新報
◆6月2日 <福島信金>起業支援独自ファンド設立 河北新報
◆6月2日 受動喫煙NO! 宮城の喫煙率全国3位 河北新報

◆6月1日 <Eパーソン>アニメで地域に活気 河北新報
◆6月1日 <道しるべ探して>芭蕉の旅に神秘と憧れ 河北新報
◆6月1日 過疎と高齢化…古民家レストランで活気を 河北新報
◆6月1日 <三鉄>女性運転士候補「復興に貢献したい」 河北新報

2016年【5月分】
◆5月31日 県外避難者441人減 前月比 福島民報
◆5月31日 <その先へ>農業で生きる道 開花 河北新報
◆5月31日 <雄勝に生きる>実家に庭園 仲間集う場 河北新報
◆5月31日 <西村雅彦>被災地で授業 口角上げて幸せに 河北新報

◆5月30日 <雄勝に生きる>若い力 伝統の神楽守る 河北新報
◆5月30日 秋田・クマの事故 ネマガリダケ高騰が背景? 河北新報
◆5月30日 <道しるべ探して>人生リセット 今が大切 河北新報
◆5月30日 地域係数は廃止すべきだ 河北新報
◆5月30日 構造計算の地震地域係数 見直し求める声 河北新報

◆5月29日 眼下の大パノラマ満喫 二本松、羽山の山開き 福島民友
◆5月29日 福島フードファンクラブ設立へ 県産品食べ応援 福島民報
◆5月29日 返礼品「コメ1俵」、福島県湯川村に電話殺到 ふるさと納税多様 福島民友
◆5月29日 新曲「ふたりのふくしま」 59市町村の宝 曲に乗せ発信 福島民報
◆5月29日 菊むすめ決まる 二本松で審査会 福島民報
◆5月29日 種差海岸でのびのび朝ヨガ 河北新報
◆5月29日 西和賀の食を売り込む「ユキノチカラ」本格始動 河北新報
◆5月29日 <熊本地震>車中泊解消へ 大型テント提供を 河北新報
◆5月29日 <適少社会>地方と一体感 築き直す 河北新報
◆5月29日 <道しるべ探して>山地で酪農 まっとうに 河北新報

◆5月28日 <熊本地震>震災がれき撤去の経験生かす 河北新報
◆5月28日 <子ども医療費>拡大幅 秋までに決定 河北新報
◆5月28日 <汚染牧草>農作物への影響検証へ 河北新報

◆5月27日 魅力ある東北観光とは 盛岡で外国人モニター報告 福島民報
◆5月27日 <敵少社会>近所の支えで孤立防ぐ 河北新報
◆5月27日 <日本海中部地震33年>子への思い変わらず 河北新報
◆5月27日 <防潮堤>高さ引き下げ 新基準どこまで反映 河北新報

◆5月26日 自宅被災の夫婦 半世紀ぶり米沢Uターン 河北新報
◆5月26日 <適少社会>保育環境改善 格闘続く 河北新報
◆5月26日 <南三陸防災庁舎>補修費8200万円計上 河北新報

◆5月25日 南会津の木材活用促進 「エコ森林」認証弾み、新組織設立へ 福島民友
◆5月25日 県産米7月に英輸出 原発事故後3カ国目EU加盟国初 全農県本部 福島民報
◆5月25日 <その先へ>被爆の痕跡 年輪から 河北新報
◆5月25日 <適少社会>上京の思い 若者に変化 河北新報

◆5月24日 福島県は3年連続上昇 15年の合計特殊出生率「1.60」 福島民友
◆5月24日 大願成就「起き上がり小法師の様」 エベレスト登頂のなすびさん 福島民友
◆5月24日 喜び共に精進誓う 蔵元集い祝賀会 全国新酒鑑評会4年連続金賞日本一 福島民報
◆5月24日 <避難解除>浪江町6月23日から住民懇 河北新報
◆5月24日 <自殺率>秋田が再びワーストに 河北新報

◆5月23日 <土湯温泉>被災修復の足湯 5年ぶりに復活 河北新報
◆5月23日 <津波時引き渡し>申し出断れるか 教師困惑 河北新報
◆5月23日 <津波時引き渡し>子ども守る 指針三県三様 河北新報

◆5月22日 <福島第1>民有林 空間線量率65%減 河北新報
◆5月22日 <G7仙台>復興アピール空振り 関心薄れる 河北新報

◆5月21日 福島県3蔵元が金賞 神戸で日本酒世界コンテスト 福島民友
◆5月21日 農業復興のシンボルに 浪江で「甘草」苗植え式 福島民報
◆5月21日 いわきにCLT製造拠点 県や県木連最終調整 福島民報
◆5月21日 <シドケ>秋田ブランド化へ生産組織 河北新報
◆5月21日 津波で工場流失…水産加工「鈴栄」再建 河北新報

◆5月20日 シャクナゲ、クリンソウ見ごろ 福島県郡山「四季の里 緑水苑」 福島民報
◆5月20日 <みこし渡卸>復興願い「ジョウサイ」 河北新報
◆5月20日 <避難解除>葛尾6月12日、川内14日 河北新報

◆5月19日 外国人誘客へ 石巻地方の魅力 英語で紹介 河北新報
◆5月19日 <熊本地震>失敗も伝えることが重要 河北新報
◆5月19日 津波被災…南三陸カキ養殖場に国際認証状 河北新報

◆5月18日 <想定外に備える>都市被害 対策議論を 河北新報
◆5月18日 <適少社会>豊かさ発見 長期戦略で 河北新報
◆5月18日 <16歳の語り部>熊本被災者を物心両面支援 河北新報

◆5月17日 熊本の被災者を宿泊支援 福島県、旅館やホテル提供へ 福島民友
◆5月17日 森林線量65%減 昨年度県内23年度比 継続調査地点 福島民報
◆5月17日 <適少社会>地道な交流 誘客の柱に 河北新報
◆5月17日 <想定外に備える>煩雑な手続き 足かせ 河北新報
◆5月17日 <熊本地震>震災経験 企業防災に生かす 河北新報

◆5月16日 絶景!安達太良山で山開き 心地良い風...大パノラマ満喫  福島民友
◆5月16日 廃校活用し企業誘致 県が若者雇用対策 アニメや音楽  福島民報
◆5月16日 サクランボ収穫手伝って 宿泊費等は農家負担 河北新報
◆5月16日 <焦点>蓄え底つき 修繕できず 河北新報
◆5月16日 <適少社会>市民の力で人材カバー 河北新報
◆5月16日 <熊本地震>滞る物資 対応後手に 河北新報
◆5月16日 <焦点>在宅被災世帯 住宅再建「困難」4割 河北新報

◆5月15日 <【復興の道標・復興バブル後】避難者の自立後押し 賠償金が「足かせ」に 福島民友
◆5月15日 <熊本地震>避難所に津波被災地からエール 河北新報
◆5月15日 <熊本地震>被災の東北3県から支援物資続々 河北新報
◆5月15日 座敷わらしの宿「緑風荘」が営業再開 河北新報
◆5月15日 <適少社会>地方のやる気 国が査定 河北新報

◆5月14日 新「信夫山ガイドセンター」来館者3000人突破 福島の新観光拠点 福島民友
◆5月14日 新装後来店者100万人 郡山の農産物直売所「愛情館」 福島民報
◆5月14日 住民に期待と不安 南相馬7月避難解除方針 福島民報
◆5月14日 <全町避難>夜の森の桜 3D再現へ 河北新報
◆5月14日 茶の湯ゆったり 観光客をおもてなし 河北新報
◆5月14日 津波被災のコウナゴ 5年ぶり全国へ 河北新報

◆5月13日 被災地の歴史後世に 古文書読み解き編さん 河北新報
◆5月13日 <熊本地震>復興の第一歩 罹災証明発行を支援 河北新報

◆5月12日 市町村枠39件採択 県の地域創生総合支援事業 「交流・定住」分野が最多 福島民報
◆5月12日 一部再開、憩いの場に 原発事故で休館 葛尾の「せせらぎ荘」 福島民報
◆5月12日 津波被災の人工海水浴場 復旧工事始まる 河北新報
◆5月12日 <熊本地震>日航機墜落、震災…経験生かす 河北新報
◆5月12日 <震災5年2カ月>東北へ 熊本から祈り共に 河北新報

◆5月11日 樹氷体験など採択 復興庁のモデル事業 外国人の誘客増へ 福島民報
◆5月11日 森林の放射性セシウム 低地移行抑制で新技術 福島民報
◆5月11日 未来の古里へ再生誓う 農業生産法人社長 平子佳広さん 63 いわき市 福島民報
◆5月11日 <適少社会>古里の意味 授業で探す 河北新報
◆5月11日 <私の復興>人が集う場 もう一度 河北新報
◆5月11日 <熊本地震>震災記録誌 貴重な道しるべに 河北新報
◆5月11日 体験型展示で伊豆沼・内沼の魚にタッチ 河北新報

◆5月10日 南三陸町新庁舎 地元産「FSC材」利用増へ 河北新報
◆5月10日 <適少社会>移住者の発想 閉塞破る 河北新報
◆5月10日 <お先に地方創生>東北古代史 発掘に情熱 河北新報
◆5月10日 <ホテル佐勘>温泉街に個人向け低価格ホテル 河北新報
◆5月10日 <その先へ>古里の良さ 歌に込め 河北新報

◆5月9日 平均値は毎時0.25マイクロシーベルト 福島市・線量マップ発表  福島民友
◆5月9日 園芸設備半額を補助 浜通りなど対象 県、再開後押し  福島民報
◆5月9日 さくら展閉幕 総入場者3万8073人 二本松  福島民報
◆5月9日 <お先に地方創生>わくわくする海を再び 河北新報
◆5月9日 <熊本地震>たった1人で募金活動 河北新報
◆5月9日 <適少社会>接点つくり共生へ歩む 河北新報

◆5月8日 復興の道標・復興バブル後】除染の仕事...先細り 転職の「受け皿」課題 福島民友
◆5月8日 5年の歩み...復興の現状・課題報告 相馬で「復興シンポジウム」 福島民友
◆5月8日 英会話環境整備へ ブリティッシュヒルズと連携 天栄村 福島民報
◆5月8日 <適少社会>被災者招き過疎化阻む 河北新報
◆5月8日 <お先に地方創生>温かい町 さらに面白く 河北新報
◆5月8日 シロウオ漁最盛期・南三陸 河北新報
◆5月8日 <あなたに伝えたい>温泉旅行約束していたのに 河北新報
◆5月8日 <浜を歩く>緑の恵みをもう一度 河北新報

◆5月7日 <熊本地震>被災生花店がカーネーション販売  河北新報
◆5月7日 郡山から酒文化発信 30年ぶりウイスキー蒸留へ 福島民報
◆5月7日 <適少社会>縁つなぎ留め浪江残す 河北新報
◆5月7日 <震災と憲法>災害が人権侵害に直結 河北新報
◆5月7日 <お先に地方創生>豊かな食 街にぎやかに 河北新報
◆5月7日 自然の力を正しくおそれて 防災絵本を出版 河北新報

◆5月6日 岩泉・安家の調査成果一冊に 仙台の大学教授が出版  岩手日報
◆5月6日 医師や職員の震災体験後世へ 高田病院、祈念誌発刊  岩手日報
◆5月6日 魅力再発見!「まちなみマップ」作成 南相馬市、8日にイベント 福島民友
◆5月6日 脚本家・倉本聰さんが講演 猪苗代で6月に「一日会津富良野塾」 福島民友
◆5月6日 相馬野馬追に「民泊」 南相馬市、観光誘客へ新作戦 福島民友

◆5月5日 福島県・子ども5000人減 23万5000人、少子化深刻 福島民友
◆5月5日 入場者3万人達成 大山忠作美術館「二本松さくら展」 福島民報
◆5月5日 くまモンに子ども大喜び 活動再開、被災地を訪問 河北新報
◆5月5日 被災地に牧場 開設1年祝う 河北新報
◆5月5日 <お先に地方創生>農業存続の道切り開く 河北新報
◆5月5日 <震災と憲法>国の権限集中に違和感 河北新報
◆5月5日 <熊本地震>子に居場所を NGOが遊び場 河北新報
◆5月5日 地域貢献活動義務付けに社会福祉法人苦慮 河北新報

◆5月4日 二本松の万人子守地蔵尊例大祭が開幕 参拝客でにぎわう 福島民友
◆5月4日 9月二本松でコンサート 15日までトランペット奏者募集 福島民報
◆5月4日 里山へいざなう古民家 ゲストハウスに改修 河北新報
◆5月4日 <お先に地方創生>中年新人 いま仕掛け人 河北新報
◆5月4日 同郷ネット存在感 被災高齢移住者の孤立防止 河北新報
◆5月4日 <震災と憲法>原発事故が奪った日常 河北新報

◆5月3日 色鮮やかツツジの競演 二本松・ムトーフラワーパーク 福島民友
◆5月3日 「渡利水辺の楽校」歓声戻る 福島で除染終了、再オープン 福島民友
◆5月3日 津波被災地で新乗り合いタクシー実証運行へ 河北新報
◆5月3日 古民家でホースセラピー 河北新報
◆5月3日 <お先に地方創生>子ども笑顔に 島元気に 河北新報
◆5月3日 <震災と憲法>現地再建 思い置き去り 河北新報
◆5月3日 <VMAT>震災教訓 必要性を再認識 河北新報

◆5月2日 移住者がイベント企画 川内再生へ...山あいに音楽響く 福島民友
◆5月2日 避難解除3市町村の森林 伐採可能地点57.6% 27年空間線量県木連分析 福島民報
◆5月2日 「くらし研究所」開設 移住希望者の指南役 河北新報
◆5月2日 「フラ女将」が福島の温泉盛り上げ 河北新報
◆5月2日 <お先に地方創生>町の魅力 のんびり満喫 河北新報
◆5月2日 <マラニック>被災地の菜の花畑 走って行楽 河北新報
◆5月2日 津波被災地のノリ養殖お助け 協力隊員を委嘱 河北新報
◆5月2日 <宮城指定廃>市町村から国、県に批判続出 河北新報
◆5月2日 津波の教訓伝える語り部タクシーにブレーキ 河北新報

◆5月1日 「本の森カフェ」オープン 被災地に寄せられた本の図書館 福島民友
◆5月1日 都路の吉田水産 川魚の出荷再開 「連休中ぜひ食べて」 福島民報
◆5月1日 <熊本地震>生活再建へ車届ける 河北新報
◆5月1日 <熊本地震>石巻の女性、ボランティアへ 河北新報
◆5月1日 <お先に地方創生>湯治と食 里山アピール 河北新報
◆5月1日 <熊本地震>二つの被災地つなぐ使命胸に 河北新報
◆5月1日 <震災と憲法>仮設暮らし豊かさ制約 河北新報
◆5月1日 <熊本地震>「想定外」宮城の教訓届かず 河北新報
2016年【4月分】
◆4月30日 観光再生へ『正念場』 アフターDC1カ月、誘客3年目...難しさ 福島民友
◆4月30日 相馬の災害公営住宅近く 高齢者体力増進へ器具設置 「骨太公園」誕生 福島民報
◆4月30日 川内を「合宿の里」に コース整備や施設拡充 福島民報
◆4月30日 <お先に地方創生>震災なんの 営農第2章 河北新報
◆4月30日 <熊本地震>障害者避難 東北が教訓 河北新報
◆4月30日 <熊本地震>押しつぶされた日常 河北新報

◆4月29日 入場者2万人 大山忠作美術館の「さくら展」 福島民報
◆4月29日 <熊本地震>片付け難航 ボランティア足踏み 河北新報
◆4月29日 <熊本地震>段ボール活用 設計図公開 河北新報
◆4月29日 <熊本地震>先読み対応 元自衛官が奮闘 河北新報

◆4月28日 「ポテトチップスいかにんじん味」 カルビーが5月9日発売  福島民友
◆4月28日 第一原発トリチウム 海洋放出認めず 県漁協組合長会議 福島民報
◆4月28日 相馬の魅力一目で 情報発信サイト運用開始 福島民報
◆4月28日 <原発事故>福島の魚 基準超ゼロ1年に 河北新報
◆4月28日 <適少社会>震災後の一体感生かす 河北新報
◆4月28日 <熊本地震>発生から2週間 支え合って前へ 河北新報
◆4月28日 <熊本地震>今度は私が寄り添う 河北新報
◆4月28日 <熊本地震>原発避難し被災…災害はどこでも 河北新報

◆4月27日 相熊本地震 県、市町村の被災者受け入れ 249戸一時避難先確保 福島民報
◆4月27日 相双沖コウナゴ再販売 相馬の磯部水産加工施設直売所 29日〜5月1日限定 福島民報
◆4月27日 <飯坂温泉>散策し今昔比べて 大学生が冊子 河北新報
◆4月27日 <適少社会>膨らむ市場 存在感増す 河北新報
◆4月27日 <その先へ>帰村しても集う場に 河北新報
◆4月27日 <熊本地震>「住民自治の大切さ伝える」 河北新報
◆4月27日 <熊本地震>仙台市長、みなし仮設導入の意向 河北新報
◆4月27日 <熊本地震>捜す 思い出も 河北新報
◆4月27日 <熊本地震>空き家を避難所に 移住被災者奔走 河北新報

◆4月26日 「漁業者を無視してる」 福島県漁連、海洋放出に反発相次ぐ 福島民友
◆4月26日 「会津の三十三観音めぐり」「安積開拓事業」 県内初の日本遺産 認定、誘客図る 福島民報
◆4月26日 廃炉研究拠点が起工 来年4月運用目指す JAEA 福島民報
◆4月26日 <適少社会>中央依存の経済脱却を 河北新報
◆4月26日 <適少社会>住まい求め周辺へ転出 河北新報
◆4月26日 <共同化事業>にぎわい復活へ裏方奮闘 河北新報

◆4月25日 水田に緑輝く 棚倉で一足早く田植え 河北新報
◆4月25日 津波災害研究者山口弥一郎の功績調査へ  河北新報
◆4月25日 <適少社会>人の循環こそ東北潤す  河北新報
◆4月25日 2人の門出を被災地が祝福  河北新報
◆4月25日 <熊本地震>長町−利府断層動けば震災以上 河北新報
◆4月25日 震災後創刊の大槌新聞継続へ 記者が孤軍奮闘 河北新報

◆4月24日 もぐらんぴあ復活、活気再び 久慈・観光復興に期待  岩手日報
◆4月24日 「ロープウェイ」運行開始 安達太良山の自然を満喫 福島民友
◆4月24日 二本松の魅力語る 「さくら展」トークショー  福島民報
◆4月24日 <東北再生>縮小社会の復興議論を 河北新報
◆4月24日 <もぐらんぴあ>善意の3000匹で再出発 河北新報
◆4月24日 <適少社会>転勤族・学生 街の活力に 河北新報

◆4月23日 <メガソーラー>飯舘に完成 売電収入復興に 河北新報
◆4月23日 <熊本地震>県内避難の被災者 宿泊費など負担へ 河北新報
◆4月23日 <熊本地震>南三陸から帰省中被災 支援奔走 河北新報
◆4月23日 <熊本地震>東北被災地からノウハウ携え 河北新報
◆4月23日 <熊本地震>週末のボランティア盛況 河北新報
◆4月23日 <九州新幹線>博多―熊本 9日ぶり再開 河北新報
◆4月23日 過疎地生き残りへ「キム宅号」快走 河北新報

◆4月22日 県心なごむ手作りの力作 二本松でハンドメイド展 福島民友
◆4月22日 県産食材提供へ 沖縄のカフェ「カイロス」 福島民報
◆4月22日 <熊本地震>仙台市 市営住宅を無償提供 河北新報
◆4月22日 <熊本地震>宮城 子どもも学生も街頭へ 河北新報
◆4月22日 <熊本地震>熊本出身者ら立ち上がる 河北新報

◆4月21日 <熊本地震>仙台市職員 現地から戻り報告 河北新報
◆4月21日 <熊本地震>南三陸町 保健師ら派遣 河北新報
◆4月21日 <熊本地震>気仙沼ゲストハウススタッフ出発 河北新報
◆4月21日 <熊本地震>ノウハウ提供 仙台市職員到着 河北新報

◆4月20日 「台湾」中心の誘客で成果 二本松市事業、花見ニーズに合致  福島民友
◆4月20日 遠野市の物資、菊池市に届く 飲料水など市民の手に  岩手日報
◆4月20日 台湾から二本松に第一陣 残雪と桜堪能 観光復興期待広がる 福島民報
◆4月20日 海洋放出など初試算 経産省が処分期間と費用 第一原発トリチウム 福島民報
◆4月20日 <熊本地震>九州新幹線、6日ぶり運行再開 河北新報
◆4月20日 <熊本地震>支援物流ハブ機能 遠野に学ぶ 河北新報
◆4月20日 <熊本地震>車中泊 震災教訓に医師ら声掛け 河北新報

◆4月19日 「激励の言葉」熊本へ 二本松の浪江町民 震災後有志と交流 福島民報
◆4月19日 県内蔵元新酒振る舞う 福島 福島民報
◆4月19日 <熊本地震>福島県 応援職員追加派遣へ 河北新報
◆4月19日 <熊本地震>内陸地震の行政ノウハウ提供 河北新報
◆4月19日 <熊本地震>やさしい日本語HPアクセス急増 河北新報
◆4月19日 <熊本地震>熊本空港に到着便、運航再開 河北新報
◆4月19日 <熊本地震>避難所 女性や高齢者の視点を 河北新報
◆4月19日 <熊本地震>支援物資 効率的配布へ助言必要 河北新報
◆4月19日 <熊本地震>避難所混乱 あふれる人募る不安 河北新報

◆4月18日 人馬一体迫力の走り 原町で相馬野馬追春季競馬  福島民報
◆4月18日 被災した神社再建 みこし渡御復活 河北新報
◆4月18日 <熊本地震>「今こそ恩返し」 支援の輪広がる 河北新報

◆4月17日 地響きとともに激震、「眠れぬ」恐怖再び...熊本地震・福島民友新聞ルポ 福島民友
◆4月17日 福島県職員が熊本県で避難者の安否確認 声を掛けて訪ね歩く 福島民友
◆4月17日 17日まで地元で上映会 記録映画「新地町の漁師たち」 福島民報
◆4月17日 津波被災のわが子に届け 菜の花の回廊満開 河北新報
◆4月17日 <蔵王エコーライン>雪の回廊歩き春実感 河北新報
◆4月17日 <三陸道>震災後初の延伸 登米東和−三滝堂開通 河北新報
◆4月17日 津波被災の中学校で同窓生ら最後の花見 河北新報

◆4月16日 郡山石筵ふれあい牧場再オープン  親子連れでにぎわう 福島民友
◆4月16日 二本松の大山忠作美術館 「さくら展」に5000人 木村さん(郡山)に記念品 福島民報
◆4月16日 常磐道の「セデッテかしま」開所1周年 花の名所へ植樹 福島民報
◆4月16日 <熊本地震>津波被災地から古里憂う 河北新報
◆4月16日 精米の放射性物質を全量検査 新工場完成 河北新報

◆4月15日 <高村光太郎>智恵子ゆかりの地巡って 河北新報
◆4月15日 あふれる「遠野愛」お届け ギフト発売へ 河北新報
◆4月15日 <人口展望>地域に合った政策必要 河北新報
◆4月15日 <人口展望>被災地、改善目標達成に高い壁 河北新報
◆4月15日 <人口展望>被災14市町村で20%超減 河北新報

◆4月14日 若旦那と名所を巡る 福島で初のツアー開催 福島民友
◆4月14日 幻の鳥...「ミゾゴイ」確認 福島で8年ぶり、絶滅危惧1類指定 福島民友
◆4月14日 <適少社会>郷土の誇り人をつなぐ 河北新報
◆4月14日 震災後の幸福感描く 岩井俊二監督が最新作 河北新報

◆4月13日 「隠れた桜の名所」見ごろ 鈴木さん「桜を楽しんで」 福島民友
◆4月13日 二本松出身の人形作家今福さん 故郷に創作人形贈呈 福島民友
◆4月13日 <6月4日ふくしま県北山車フェスタ 23団体盛り上げ 福島民報
◆4月13日 <適少社会>未来へ 学校存続を探る 河北新報
◆4月13日 <三春滝桜>青空に薄紅色滴る 河北新報
◆4月13日 <その先へ>空き家 若者集う場に 河北新報

◆4月12日 【二本松】菜の花と満開の共演 「合戦場のしだれ桜」美しく咲く 福島民友
◆4月12日 被災後最高の実入り 宮古特産「花見かき」水揚げ 河北新報
◆4月12日 <適少社会>元気な高齢者 担い手に 河北新報
◆4月12日 <私の復興>命の重みかみしめる 河北新報
◆4月12日 <震災5年1カ月>不明の長男探し続ける 河北新報

◆4月11日 高寺山で山開き 会津百名山のトップ切る 福島民友
◆4月11日 「中島の地蔵桜」ライトアップ 幻想的光景で魅了 福島民友

◆4月10日 【復興の道標・不信の連鎖】続く東電の隠蔽体質 「今は答えない方が」 福島民友
◆4月10日 <あなたに伝えたい>カキの養殖頑張っているよ 河北新報
◆4月10日 <むすび塾>船の「沖出し」見て避難決断 河北新報
◆4月10日 戸建て20年住めば贈呈 長く暮らして子育てを 河北新報
◆4月10日 <むすび塾>九死に一生 逃げ遅れ津波に 河北新報
◆4月10日 滝桜1000年の美 三春、ライトアップ始まる 福島民報
◆4月10日 「桜谷」整備し誘客 石川町 10年かけ植樹へ 福島民報
◆4月10日 車窓から花見 富岡町民バスで古里巡る 河北新報
◆4月10日 海の幸のカーテン コンブ天日干し最盛期 河北新報
◆4月10日 <適少社会>地元密着の店 希望の灯 河北新報

◆4月9日 【三春】流れ落ちる...薄紅色 「三春滝桜」間もなく満開、観光客魅了 福島民友
◆4月9日 スカイライン再開通 県、11月中旬まで無料開放 福島民報
◆4月9日 <東北電>猛暑でも安定供給 余力4〜7%台 河北新報
◆4月9日 <適少社会>地域の力で足の確保を 河北新報

◆4月8日 【会津若松】『鶴ケ城の桜』鮮やか照らす ライトアップ、週末から見ごろ 福島民友
◆4月8日 10日、イチゴ祭り来場を 相馬・和田観光苺組合 福島民報
◆4月8日 美術館に満開の桜 二本松さくら展9日開幕 福島民報
◆4月8日 旬のコウナゴ 格安限定販売 河北新報
◆4月8日 新国立デザイン隈氏 被災地の木材使用を検討 河北新報

◆4月7日 【二本松】見事な枝ぶり「万燈桜」 道の駅「安達」智恵子の里下り線 福島民友
◆4月7日 【復興の道標・不信の連鎖】役場が「遠くなった」 「データブック」作製 福島民友
◆4月7日 「特選宿泊プラン」スタート 土湯温泉女将会25周年企画で 福島民報
◆4月7日 <入学式>古里の将来を担う笑顔 河北新報
◆4月7日 脱原発川柳句集第3弾が完成 河北新報
◆4月7日 <避難区域>暮らし消えた街に桜のトンネル 河北新報

◆4月6日 【福島】華やか『福島桃源郷』 花見山とその周辺、観光客でにぎわう 福島民友
◆4月6日 【復興の道標・不信の連鎖】除染基準「1ミリ」の誤解 建設的な議論できず 福島民友
◆4月6日 東京に県産品応援店オープン 支援続ける宮川さん 福島民報
◆4月6日 <日産>ゴーン社長「福島と明るい未来築く」 河北新報
◆4月6日 <原発事故>ヒメマス漁 金山町9日解禁 河北新報

◆4月5日 来れ大野木工の担い手 洋野、研修2期生を募集  岩手日報
◆4月5日 キノコや山菜「山形産ブランド」日本一目指す 河北新報
◆4月5日 <あきたびじょん>FB「いいね!」5万件 河北新報

◆4月4日 県産食材の安全性PR 英、中国語対応県、動画サイトに配信 福島民報
◆4月4日 三春滝桜が開花、今週末から見ごろ 国指定天然記念物 福島民友
◆4月4日 オリジナルフレーム切手寄贈 二本松・桜の名所PR  福島民友
◆4月4日 地域おこし協力隊が急増 県内、任期後の定住課題に  河北新報
◆4月4日 JR矢幅駅東口に住民交流施設オープン 河北新報
◆4月4日 防災無線に背中押され 引きこもり脱する 河北新報

◆4月3日 土湯温泉の「足湯」、5年ぶり再開 川沿いの人気スポット 福島民友
◆4月3日 東京芸大美術学部デザイン科准教授に就任 箭内道彦さんに聞く 学生に県内実情伝えたい 福島民報
◆4月3日 観光再生期待膨らむ 開幕初の週末各地で催し アフターDC 福島民報
◆4月3日 古式ゆかしく再興願う 南相馬・鹿島の「お浜下り」 震災後初、申年だけの行事 福島民報
◆4月3日 <その先へ>日隠山の夕日 次代へ 河北新報
◆4月3日 特産品愛して まち元気に 東松島に新施設 河北新報
◆4月3日 丸森の産直施設、風評乗り越え売り上げ回復 河北新報
◆4月3日 防潮堤の高さ、地盤隆起分を差し引く 河北新報

◆4月2日 「【二本松】「鏡石寺のシダレザクラ」満開 二本松の市指定天然記念物 福島民友
◆4月2日 「花見山」多くの観光客 観光ふくしま、魅力発信! 福島民友
◆4月2日 <ハワイアンズ>ファイヤーダンサー 夢実現 河北新報
◆4月2日 <震災遺構>たろう観光ホテル 公開始まる 河北新報

◆4月1日 通訳増員など観光振興策提示 復興庁会議 福島民報
◆4月1日 <福島で生きる>夫と約束 田植踊り守る 河北新報
◆4月1日 福島の郷土野菜「信夫冬菜」が復活 河北新報
◆4月1日 <適少社会>多層的集中の流れ必然 河北新報
◆4月1日 <適少社会>地方分権国家へ転換を 河北新報
◆4月1日 女川で被災の若者2人、魚市場入社 河北新報

2016年【3月分】
◆3月31日 「福島を好きになってほしい」 アフターDC4月1日開幕 福島民友
◆3月31日 葛尾村に飲食店 原発事故後初の営業 福島民報
◆3月31日 <福島で生きる>不明の夫 子どもと待つ 河北新報
◆3月31日 カキ養殖場の国際認証取得 南三陸で国内初 河北新報
◆3月31日 <適少社会>7割肯定も注文相次ぐ 河北新報
◆3月31日 <医学部誕生>教員医師 二足のわらじ 河北新報

◆3月30日 1日から対象団体募集 県林業会館フォレスト助成事業 福島民報
◆3月30日 「食べる通信」活動紹介 編集の高校生、東邦銀頭取と懇談 福島民報
◆3月30日 「ふくしまは負けない」あす発刊 震災、原発事故 激動の5年収録 福島民報
◆3月30日 「ふるさと創造学」推進 双葉郡教育復興ビジョン推進協計画書を策定 福島民報
◆3月30日 <福島で生きる>復興と幸せ 2人で育む 河北新報
◆3月30日 <3.11と今>福島が好き 心一つに 河北新報
◆3月30日 <仮設住宅>特定延長 南三陸町165世帯 河北新報

◆3月29日 「三春PRアニメ」完成 福島ガイナックス、第1話・ネット視聴可 福島民友
◆3月29日 <震災5年>宗教・宗派超え被災地再生へ祈り 河北新報
◆3月29日 <適少社会>仙台も含め9割危機感 河北新報
◆3月29日 <3・11と今>被災女性支え続ける 河北新報
◆3月29日 <福島で生きる>古里の良さ伝えるだけ 河北新報

◆3月28日 大七酒造で「甑倒し」 酒造りの無事終了を祝う 福島民友
◆3月28日 復興歩いて実感 みちのく潮風トレイル 相馬区間ウオーキング 福島民報
◆3月28日 命守る鎮魂の森を 原町の津波被災地 2000人が植樹 福島民報
◆3月28日 <三陸道>多賀城IC利用開始 河北新報
◆3月28日 <3・11と今>つながり 復興の力に 河北新報
◆3月28日 <災害FM>被災地相次ぎ終了 資金確保が壁 河北新報

◆3月27日 自治会解散相次ぐ 避難市町村の仮設住宅 役員なり手不足 福島民報
◆3月27日 震災後の現状理解 熊本の高校生いわきなど訪問 福島民報
◆3月27日 <3・11と今>生きる力 歌声にのせ 河北新報
◆3月27日 <震災遺構>石巻市長 主なやりとり 河北新報
◆3月27日 <大川小保存>遺族や住民 思い複雑 河北新報

◆3月26日 「福島に生まれて、育って...」考案の学生が卒業式に臨む 福島民友
◆3月26日 安達太良山ハザードマップ14年ぶり改定 福島民報
◆3月26日 「あすびとトマト」初出荷 一足先に南相馬、相馬で販売 福島民報
◆3月26日 <中間貯蔵>3町村の搬出 16年度内完了 河北新報
◆3月26日 <3.11と今>頑張る人 全力後押し 河北新報
◆3月26日 <大川小と門脇小>震災遺構保存へ 河北新報

◆3月25日 岳温泉の名所「桜坂」手入れ 美しい風景の維持に汗 福島民友
◆3月25日 飯舘の入浴施設再開 憩いの場笑顔戻る 福島民報
◆3月25日 津波被害のいわき沿岸部区画整理 宅地引き渡し始まる 福島民報
◆3月25日 <歌声あすへ響け>この日常の大切さ切々と 河北新報
◆3月25日 <北海道新幹線間近>地方と地方結ぶ視点を 河北新報
◆3月25日 <野蒜小津波訴訟>命守る意識 徹底求める 河北新報

◆3月24日 土湯温泉の若旦那1冊に 漫画単行本全国で発売 第1巻4話収録 福島民報
◆3月24日 <全町避難>苦難乗り越え たった一人巣立つ 河北新報
◆3月24日 <帰村宣言>野菜工場3年で売上高1億円超 河北新報
◆3月24日 <震災5年>人口集約化基に住宅再建 河北新報

◆3月23日 風評払拭で包括連携 北塩原村と東京農大締結 福島民報
◆3月23日 福島の魅力伝える場に アクアマリンふくしま職員 岩田雅光さん 49 いわき 福島民報
◆3月23日 <その先へ>より長く伝えていく 河北新報
◆3月23日 <歌声あすへ響け>避難所で共感かき鳴らす 河北新報
◆3月23日 <最終処分場>知事と3候補地 認識にずれ 河北新報

◆3月22日 郡山五中、2年ぶり3度目の日本一 声楽アンサンブル 県勢上位独占 福島民報
◆3月22日 自然守る「5団体」受賞 みんゆう環境賞、多彩な活動評価 福島民友
◆3月22日 南三陸町で全国被災地語り部シンポ 河北新報
◆3月22日 <被災校舎の行方>伝承へ残す価値十分 河北新報
◆3月22日 5年ぶりカメ吉、お帰り!! 避難先から久慈に 河北新報
◆3月22日 「仮設きずな新聞」惜しまれ終刊 河北新報

◆3月21日 5期生飛躍誓う 震災遺児就学支援「みちのく未来基金」 福島民報
◆3月21日 生態学から見た東日本大震災 専門家が解説 河北新報
◆3月21日 <震災5年>原発賠償・奪われた古里 住民問う 河北新報
◆3月21日 <被災校舎の行方>記憶風化させぬ「壁」 河北新報

◆3月20日 「ユキノチカラ」都内で発表 西和賀の新・食ブランド  岩手新報
◆3月20日 双葉郡復興へ意見交換 住民ら「未来会議」 福島民報
◆3月20日 栽培ワラビ出荷拡大 県、セシウム抑制法確立 福島民報
◆3月20日 <震災5年>節目の日 古里に別れ 河北新報
◆3月20日 <原発事故>双葉郡の未来 避難解除後を探る 河北新報
◆3月20日 <被災校舎の行方>痕跡伝えるシンボル 河北新報

◆3月19日 試験操業対象海域拡大 7月に再度協議へ 相馬双葉漁協 河北新報
◆3月19日 <震災5年>両陛下被災地訪問終え、帰京 河北新報
◆3月19日 <被災校舎の行方>命考える場保存訴え 河北新報
◆3月19日 <卒業式>1年生で被災 新校舎から巣立ち 河北新報

◆3月18日 仮設商店街、集客に正念場 県内「減少」68%実感  岩手日報
◆3月18日 生業訴訟 地裁が浪江、双葉、富岡被害の実態把握 福島民報
◆3月18日 震災5年>両陛下 再生の地に励まし温か 河北新報
◆3月18日 <震災5年>両陛下の心遣い 復興の励みに 河北新報
◆3月18日 <被災校舎の行方>議論尽くせる場 必要 河北新報
◆3月18日 <気仙沼線>市、鉄路復旧を断念 BRT継続 河北新報

◆3月17日 【震災5年インタビュー】クリエイティブディレクター・箭内道彦氏 福島に感謝し生きる 福島民友
◆3月17日 東京新聞フォーラム・飲んで福島を元気に 県内の酒 魅力発信 福島民報
◆3月17日 両陛下ご来県 帰還目指す村民励ます 福島民報
◆3月17日 週刊新聞「たいまつ」タブレットで閲覧OK 河北新報
◆3月17日 <全村避難>飯舘村 放射線監視装置を増設 河北新報
◆3月17日 <被災校舎の行方>新居で姿見たくない 河北新報

◆3月16日 制度に揺れる(2) 転居、改築できず 仮設住宅の劣化に苦悩 福島民報
◆3月16日 感謝の桜全国へ 富岡・夜の森の苗木 支援団体などに寄贈 福島民報
◆3月16日 <震災5年>脱「被災者」意識 住まいで差 河北新報
◆3月16日 <震災5年>震災前水準 まだ戻らず 河北新報
◆3月16日 <アーカイブ大震災>園児の命 脚立が救う 河北新報

◆3月15日 【震災5年インタビュー】コピーライター・糸井重里氏 平等な地域間競争に 福島民友
◆3月15日 震災前後の北上川の姿伝える 写真集制作 河北新報
◆3月15日 <被災校舎の行方>表に出せぬ声 尊重を 河北新報

◆3月14日 復興、新ステージへ 郡山で県民シンポジウム 福島民報
◆3月14日 鎮魂と復興、誓い共有 奈良薬師寺・大谷氏×米米CLUB・石井氏 福島民友
◆3月14日 水産業育成、滑り出し上々 石巻 河北新報
◆3月14日 連載「わが子はここにいる」 河北新報

◆3月13日 避難の浪江町民、再会を楽しむ 二本松で「復興のつどい」  福島民友
◆3月13日 古里浪江思い新た 避難先の二本松で「つどい」  福島民報
◆3月13日 「後方支援」教訓未来へ 震災5年、遠野市民ら連携誓う  岩手日報
◆3月13日 <震災5年>巡る時 祈りの輪 河北新報
◆3月13日 <アーカイブ大震災>待ってる人いる 再起へ 河北新報
◆3月13日 <あなたに伝えたい>私も子ども好きになれたよ 河北新報

◆3月12日 <震災5年>ドキュメント3.11被災地の一日 河北新報
◆3月12日 <震災5年>南三陸防災庁舎 5年を思い合掌 河北新報
◆3月12日 <震災5年>保健室から小中学生を見守る 河北新報
◆3月12日 <震災5年>祈り継ぎ 伝え継ぐ 河北新報

◆3月11日 震災後いわきでインタビュー 映画「いわきノート」無料配信  福島民友
◆3月11日 震災後に福島県外から不快な思い「ある」27%  福島民友
◆3月11日 【震災から5年】 迎える 節目の時―  福島民報
◆3月11日 「心の復興」に格差、多角的支援を 震災5年アンケート  岩手日報
◆3月11日 <震災5年>絶望と希望 1827日間 河北新報
◆3月11日 <震災5年>「忘れてはならない日々」 河北新報
◆3月11日 <震災5年>あすへ歩む あの日胸に 河北新報

◆3月10日 原発依存脱却訴え 小泉元首相福島で講演 福島民報
◆3月10日 古里再生のため前へ 派遣社員 玉川知史さん 22 南相馬・原町区出身 福島民報
◆3月10日 里山範囲 要望を重視 森林除染方針公表 3省庁 福島民報
◆3月10日 福島の森林除染 範囲拡大 河北新報
◆3月10日 <震災5年>福島/避難区域の産業・雇用創出 河北新報
◆3月10日 <震災5年>亡母の和歌 鎮魂の曲に 河北新報
◆3月10日 <震災5年>被災3県知事「復興 道半ば」 河北新報
◆3月10日 <震災5年>避難誘導 後悔は今も消えず 河北新報

◆3月9日 吉永小百合さん笑顔の交流 人生観語り避難の住民が共感 福島民友
◆3月9日 魅力と歴史 伝えたい ツーリズムガイド白河顧問 渡部武さん 80 白河 福島民報
◆3月9日 森林の除染範囲、「里山」に拡大へ…政府方針 読売新聞
◆3月9日 <再生の針路>山元/新市街地整備 着々と 河北新報
◆3月9日 <震災5年>被災地の思い 名取からネット中継 河北新報
◆3月9日 <3.11と今>不明の夫 いつも隣に 河北新報

◆3月8日 イノシシに線量計とGPS 被ばく調査、汚染マップと比較へ 福島民友
◆3月8日 一人親世帯の移住支援 川内村が引っ越し費用、家賃補助 福島民報
◆3月8日 笑顔の花咲かせる フラガール47期生 鈴木晴奈さん いわき 福島民報
◆3月8日 <適少社会>生き残りへ造船業再編 河北新報
◆3月8日 <再生の針路>亘理/エコタウン推進に力 河北新報
◆3月8日 <検証変貌するまち>資金難 悩むテナント事業者 河北新報
◆3月8日 <3・11と今>女川のため成長誓う 河北新報

◆3月7日 【復興の道標・賠償の不条理】商工業者と意識に溝 自立への方策が必要 福島民友
◆3月7日 本社県民世論調査 復興「実感」2割 停滞感浮き彫りに 福島民報
◆3月7日 特別な命未来照らす 橋本栞ちゃん 4 福島 福島民報
◆3月7日 福島に国内外アーティスト集結 『音楽の力』福島県民に勇気 福島民友
◆3月7日 <適少社会>本音語り外とつながる 河北新報
◆3月7日 <3・11と今>遠くで独り逝った母 河北新報
◆3月7日 <検証変貌するまち>安心感と不便さ同居 河北新報

◆3月6日 【震災5年インタビュー】ベテランママの会代表・番場さち子さん 正しい情報しっかり 福島民友
◆3月6日 【震災5年インタビュー】ぴあ社長・矢内廣氏 『心の穴』埋める何かを 福島民友
◆3月6日 初心忘れず夢へ進む 福島成蹊高1年 広野あみさん 16、飯野中2年 諒君 14 福島・飯野 福島民報
◆3月6日 <再生の針路>利府/土地の規制緩和 必要 河北新報
◆3月6日 <検証変貌するまち>理想と現実にギャップ 河北新報
◆3月6日 <3.11と今>ぬくもりを伝えたい 河北新報
◆3月6日 <適少社会>感謝の心 紡いで届ける 河北新報
◆3月6日 <検証変貌するまち>読めぬ集客 出店迷う 河北新報

◆3月5日 震災5年インタビュー】劇作家・演出家・平田オリザ氏 大震災体験の子は宝 福島民友
◆3月5日 震災5年インタビュー】福島大学長・中井勝己氏 農業人材育成したい 福島民友
◆3月5日 【復興の道標・賠償の不条理】「再開」「廃業」どう決断 自立のための支援 福島民友
◆3月5日 東京マラソン8位高宮選手(二本松出身) 市長に成績報告 福島民報
◆3月5日 「帰町済み・希望」半数超 避難指示解除きょうで半年世帯調査で回答 楢葉 福島民報
◆3月5日 若者に魅力どう伝える 漁業 北郷輝夫さん 65 いわき 福島民報
◆3月5日 <外国人誘客のヒント>連泊と周辺観光が定着 河北新報
◆3月5日 <適少社会>新たな林業へ人材育成 河北新報
◆3月5日 <再生の針路>松島/観光復興 早さが勝負 河北新報
◆3月5日 子ども医療費18歳まで 宮城・利府助成拡大 河北新報
◆3月5日 <3.11と今>妻が育てた花 新居に 河北新報
◆3月5日 <震災5年>住宅再建支援 移転先で格差 河北新報

◆3月4日 台湾セブンで「二本松の魅力」紹介 観光誘客へ店頭で映像流れる 福島民友
◆3月4日 【震災5年インタビュー】詩人・和合亮一氏 心の問題は変わらず 福島民友
◆3月4日 【震災5年インタビュー】脚本家・倉本聰氏 今こそ「自立」が必要 福島民友
◆3月4日 【復興の道標・賠償の不条理】避難者に向かう視線 「働く意欲」失う人も 福島民友
◆3月4日 経験伝え命救いたい 新地駅列車脱線・転覆(下)郡山署斎藤圭さん 31 郡山 福島民報
◆3月4日 <震災5年>カキ小屋で復興貢献 河北新報
◆3月4日 <再生の針路>女川/「活動人口」増目指す 河北新報
◆3月4日 <適少社会>内と外の視点 資源に光 河北新報
◆3月4日 <3.11と今>互い気遣い 2人歩む 河北新報

◆3月3日 両陛下、16日福島県ご訪問を発表 葛尾村民激励 福島民友
◆3月3日 中通りの食や文化紹介 冊子5000部作成 福島大未来支援センターの学生 福島民報
◆3月3日 今も変わらぬ使命感 新地駅列車脱線・転覆(上) 田村消防署 吉村邦仁さん 28 郡山 福島民報
◆3月3日 <全村避難>飯舘で来春にも放牧再開 河北新報
◆3月3日 <アーカイブ大震災>児童半減 存続の危機 河北新報
◆3月3日 <再生の針路>南三陸/命守る町 世界に発信 河北新報
◆3月3日 <震災5年>被災地彩る「竹あかり」に協力を 河北新報

◆3月2日 【震災5年インタビュー】漫画「いちえふ」作者・竜田一人氏 ありのままの姿認識 福島民友
◆3月2日 知事インタビュー 県産農産物の安全PR 東京五輪へ供給体制整備 福島民報
◆3月2日 <ふくしま復興>楢葉の避難者 布草履販売 河北新報
◆3月2日 <再生の針路>岩沼/「仮設退去後」支援へ 河北新報
◆3月2日 <巣立ち>震災乗り越え 世界へこぎだす 河北新報
◆3月2日 <巣立ち>災害救助 次は自分が 河北新報

◆3月1日 玄侑宗久さん講演 岳温泉あだたら万遊博最終日 福島民報
◆3月1日 津波犠牲町民の「生きた証」事業継続へ 河北新報
◆3月1日 <全町避難>双葉町民 避難先で自宅再建46% 河北新報
◆3月1日 <再生の針路>名取/閖上に新たな活気を 河北新報

2016年【2月分】
◆2月29日 詩人・和合さん講演 岳温泉「あだたら万遊博」 福島民報
◆2月29日 7割強解体されず 避難区域の被災家屋 福島民報
◆2月29日 <再生の針路>多賀城/生活不安解消へ 支援 河北新報
◆2月29日 <3.11と今>日常の大切さ 伝える 河北新報
◆2月29日 <浜を歩く>鎮魂の地 新しい街に 河北新報

◆2月28日 二本松の岳温泉、あだたら万遊博開幕 講座や利き酒会 芥川賞作家柳美里さん講演 福島民報
◆2月28日 地域おこし協力隊員急増 県内20市町村で52人、活動の成果浸透 福島民報
◆2月28日 野菜栽培の拠点着工 農業再生へ被災者ら運営 南相馬鹿島南海老地区 福島民報
◆2月28日 【陸前高田】潮風トレイルルート案決定 市民がWS 岩手日報
◆2月28日 中山間地にアグリ企業 最先端技術で再生、福島県が新年度 福島民友
◆2月28日 <検証福島の海>風評・漁業停滞も響く 河北新報
◆2月28日 <3.11と今>命守る防災教育訴え 河北新報
◆2月28日 <再生の針路>塩釜/水産業 販路広がらず 河北新報
◆2月28日 <その先へ>育苗続けイチゴ復活 河北新報

◆2月27日 必ず帰還し農業再開 農業 西内幸雄さん 75 富岡 福島民報
◆2月27日 <3.11と今>次代へつなぐ神職に 河北新報
◆2月27日 <再生の針路>東松島/野蒜の観光復興課題 河北新報
◆2月27日 <国勢調査>東北に再生のヒント 河北新報
◆2月27日 <南三陸防災庁舎>4月から立ち入り制限 河北新報
◆2月27日 <検証福島の海>厳格検査も食卓遠く 河北新報

◆2月26日 <震災5年へ>鎮魂と再生祈り カンバン展示 河北新報
◆2月26日 <再生の針路>気仙沼/被災宅地の活用が鍵 河北新報
◆2月26日 <3.11と今>激励 伝承 変わる役目 河北新報
◆2月26日 <検証福島の海>船離れ加速の懸念も 河北新報

◆2月25日 東電 炉心溶融基準気付かず 第一原発事故危機管理甘さ露呈 福島民報
◆2月25日 JICA二本松で復興学ぶ ふたば未来学園高の1年生 福島民報
◆2月25日 <プレハブ仮設>宮城入居率 依然5割超 河北新報
◆2月25日 <再生の針路>石巻/自立支援 早急に対応 河北新報
◆2月25日 <全町避難>伝統文化学び 古里思う心を育む 河北新報
◆2月25日 <検証水産業>人材確保へ対策次々 河北新報
◆2月25日 <3.11と今>歴史途切れさせまい 河北新報
◆2月25日 農作物採って食べて「ワンダーファーム」開業 河北新報
◆2月25日 <原発事故>炉心溶融 過小に判断 河北新報

◆2月24日 <3.11と今>夢でもいい。私の前に 河北新報
◆2月24日 <アーカイブ大震災>自治体超え異例の同居 河北新報
◆2月24日 福島県民の健康『見える化』 データ分析、課題を色分け 福島民友
◆2月24日 <点検復興創生>創造的事業と両立挑む 河北新報
◆2月24日 <検証水産業>活路求めて漁場改革 河北新報
◆2月24日 <3.11と今>夢でもいい。私の前に 河北新報

◆2月23日 <その先へ>地図手に被災の古里伝える 河北新報
◆2月23日 <検証地域医療>被災し看護師退職の施設4割 河北新報
◆2月23日 <検証地域医療>看護師実働世代 帰還進まず 河北新報
◆2月23日 <被災し消えた学びや 紙芝居で後世に 河北新報
◆2月23日 <集団移転>空き区画 被災者以外にも分譲 河北新報

◆2月22日 開沼博氏「情報伝える努力大切」 韓国・復興PRイベント中止 福島民友
◆2月22日 古里愛野菜に込めて 元岩瀬農高校長 菅野元一さん 65 飯舘 福島民報
◆2月22日 【大船渡】歩き楽しむ碁石海岸 潮風トレイル巡るツアー 岩手日報
◆2月22日 <上山産ワイン>ブランド力をもっと醸せ 河北新報
◆2月22日 飯舘「までい牛」 大学祭で焼き肉を販売 河北新報
◆2月22日 捕鯨の町「鮎川」明治の姿 米国博物館で発見 河北新報
◆2月22日 <原発事故5年>浪江の商店主は今 河北新報
◆2月22日 <検証地域医療>患者情報 福祉と共有 河北新報
◆2月22日 <浪江商店街>店主、帰還か決別か 河北新報
◆2月22日 <検証地域医療>繁忙でも経営苦しく 河北新報

◆2月21日 台湾の高校生 若松など視察 福島民報
◆2月21日 ふくしまファンクラブ交流会で県内紹介の動画を披露 首都圏大学生が魅力発掘 福島民報
◆2月21日 【震災から5年】「福島第一原発 変わる現場」 作業環境 大幅改善 福島民報
◆2月21日 岩手の魅力、都内でPR 交流活性化目指しフェス 岩手日報
◆2月21日 「放射線の影響研究」最前線紹介 いわきで放医研記念講演会 福島民友 放射線医学総合研究所
◆2月21日 南相馬市長「4月中の解除難しい」 原発避難の住民説明会 福島民友
◆2月21日 「3・11」から5年―復興を問う 消極姿勢の復興 福島民報
◆2月21日 <検証学びや>学校と地域 連携が鍵 河北新報
◆2月21日 <検証学びや>心の傷 生き抜く力に 河北新報
◆2月21日 <3.11と今>正解なき苦しさ直視 河北新報
◆2月21日 <適少社会>暮らしやすさ 自ら描く 河北新報
◆2月21日 <むすび塾>要援護者ら雨中の避難訓練 河北新報
◆2月21日 <むすび塾>高台避難の課題探る 河北新報

◆2月20日 南『震災後の南相馬』舞台の作品受賞 ベルリン国際映画祭 福島民友
◆2月20日 <適少社会>融和模索する「新住民」 河北新報
◆2月20日 <3.11と今>帰還信じ農業続ける 河北新報
◆2月20日 <防潮堤>石巻・雄勝 震災前と同じ高さ完成 河北新報
◆2月20日 <検証学びや>寄付減少支援断念も 河北新報
◆2月20日 <検証学びや>国の都合で現場混乱 河北新報

◆2月19日 シイタケ原木のセシウム低減 県林業研究センターが装置を開発 福島民報
◆2月19日 宮城産カキ存分に 東京に期間限定店 河北新報
◆2月19日 <適少社会>労働力確保へ人脈築く 河北新報
◆2月19日 <石巻長面浦叙景>大切にする姿 次世代へ 河北新報
◆2月19日 復興への願い込めた人形 仙台駅で展示 河北新報
◆2月19日 <3.11と今>帰郷願い料理の道に 河北新報

◆2月18日 変わる...廃炉の現場 震災・原発事故から5年、第1原発の今 福島民友
◆2月18日 復興加速、風評払拭を 衆院予算委 郡山で地方公聴会 福島民報
◆2月18日 浪江のいま「いいね!」 帰還促進へFB活用 河北新報
◆2月18日 <適少社会>再考重ね最高のまちへ 河北新報
◆2月18日 <3.11と今>浜を描いた油絵飾る 河北新報
◆2月18日 <石巻長面浦叙景>新たな町に希望託して 河北新報

◆2月17日 【復興の道標・ゆがみの構図】識者の意見  富田愛さん「どんな選択も尊重を」 福島民友
◆2月17日 【復興の道標・ゆがみの構図】識者の意見  今野順夫氏「県民の努力の発信必要」 福島民友
◆2月17日 「霞が関」の都合(6) 試される3省庁の力量 主導権は財務省に 福島民報
◆2月17日 牧場再開できるのか 農業 遠藤幸男さん 66 川内 福島民報
◆2月17日 <適少社会>疑念持ち町去る住民も 河北新報
◆2月17日 被災地の魚屋さん里に開業 新たな一歩 河北新報
◆2月17日 <アーカイブ大震災>「避難」言葉の壁厚く 河北新報
◆2月17日 被災地支援に感謝の花束 NPOが活動終了 河北新報
◆2月17日 <石巻長面浦叙景>集う住民 つながる伝統 河北新報

◆2月16日 「甲状腺がん」累計16人に 福島県民健康調査・2巡目検査 福島民友
◆2月16日 <ガイナックス>原発事故後を短編アニメに 河北新報
◆2月16日 <食で復興応援>福島産あんぽ柿でスイーツ 河北新報
◆2月16日 <検証地域農業>稲作再興を阻む風評 河北新報
◆2月16日 <3.11と今>悩み抜き妻子の元へ 河北新報

◆2月15日 葛巻式エコ事例発信 東京で16、17日に「低炭素杯」  岩手日報
◆2月15日 【復興の道標・ゆがみの構図】識者の意見  鈴木典夫氏「客観的データ尊重を」 福島民友
◆2月15日 復興の道標・ゆがみの構図】識者の意見  和合亮一氏「求められる言葉の力」 福島民友
◆2月15日 江戸から現代までひな壇飾り華やか 道の駅東和で展示 福島民友

◆2月14日 伝統芸能継承、課題探る 「地域のたから」事例説明会 福島民報
◆2月14日 被災地発 日本を元気に 会社社長 鈴木賢治さん 33 いわき出身 福島民報
◆2月14日 <あなたに伝えたい>私も坂元おけさに打ち込む 河北新報
◆2月14日 <アーカイブ大震災>訓練通り 迅速に誘導  河北新報
◆2月14日 <震災遺構>悲しみの母校 向き合う卒業生  河北新報
◆2月14日 「相馬野馬追」16年も通常開催 7月23日から3日間  福島民友
◆2月14日 棚倉で五穀豊穣願い「御田植祭」 軽妙な掛け合い、笑い誘う  福島民友
◆2月14日 <検証地域農業>地力回復へ試行錯誤  河北新報
◆2月14日 <防潮堤>海の眺望遮り、住民対応求める  河北新報
◆2月14日 <いのちの伝言>被災地思い絆強める  河北新報

◆2月13日 「福島県を訪れたい」東北トップ アジア8カ国・地域の調査  福島民友
◆2月13日 『ふとん山』登ったり!滑ったり! 南相馬で「アートイベント」  福島民友
◆2月13日 鉱物 風化黒雲母 セシウムを強く吸着 除染活用へ 東大大学院と原子力機構発表  福島民報
◆2月13日 2つの古里守って結ぶ 農業 遠藤祝穂さん 71 富岡  福島民報
◆2月13日 4月から一般公開、教訓発信へ 宮古、たろう観光ホテル  岩手日報
◆2月13日 <検証地域農業>自立へ安定収益必要 河北新報
◆2月13日 <いのちの伝言>感謝、代わりに届ける 河北新報

◆2月12日 県内の現状学ぶ 東京の東久留米市福島県人会講演会  福島民報
◆2月12日 自慢の味古里で再び 双葉食堂店主 豊田英子さん 66 南相馬小高区  福島民報
◆2月12日 【山田】「食と人」魅力のツアー 岩手大と共同企画  岩手日報
◆2月12日 <検証地域経済>付加価値生む人に厚く 河北新報
◆2月12日 <検証地域経済>課題増加 解決に意義 河北新報
◆2月12日 <震災4年11カ月>廃棄物 課題 山積み 河北新報
◆2月12日 震災や空襲など苦難乗り越え100歳 河北新報
◆2月12日 <震災4年11カ月>変わる街 変わらぬ思い 河北新報

◆2月11日 再生エネへ転換を 小泉元首相、いわきで講演 福島民報
◆2月11日 患者に寄り添い続ける 看護師 吉村菜央さん 23 相馬 福島民報
◆2月11日 <検証地域経済>収益・資本域外が主体 河北新報
◆2月11日 <検証地域経済>企画や発電地元主導で 河北新報

◆2月10日 県観光キャラバン開始 JR上野駅 福島民報
◆2月10日 県内就職率10%向上へ 福島でキックオフシンポ 福島民報
◆2月10日 <検証地域経済>後継者育成 専門家派遣を 河北新報
◆2月10日 <検証地域経済>事業拡大へ 支援期待 河北新報

◆2月9日 被ばく線量調査の福島高生が外国特派員協で会見 学術誌に掲載 福島民友
◆2月9日 森林の放射性物質対策要望 復興庁に県森連 福島民報
◆2月9日 <バイオコークス>環境に優しい新燃料増産へ 河北新報
◆2月9日 福島の菜種油 英企業がせっけん原料に 河北新報
◆2月9日 <岩手県予算>「復興後」と「脱人口減」視野 河北新報

◆2月8日 福島の「自然」「文化」表現 福島写真美術館プロジェクト 福島民友
◆2月8日 女性活躍へ心一つに 仙台南東北3県の交流会 意見交換や昼食会 福島民報
◆2月8日 想像膨らむ雫石移住 大都市圏から体験ツアー  岩手日報
◆2月8日 <飯舘村比曽から問う>異郷で学び貢献を 河北新報
◆2月8日 <福幸商店街>移転、仮設で再出発 南三陸 河北新報

◆2月7日 「アート力」で地域活性化 芸術家の定住促す 河北新報
◆2月7日 <飯舘村比曽から問う>花栽培に希望託す 河北新報
◆2月7日 <原発事故>福島、地元産の食材選択増 河北新報
◆2月7日 死生観題材に震災考える「霊性の震災学」刊行 河北新報

◆2月6日 中田英寿さん「今、福島の酒が特に面白い」 厳選10蔵を発信  福島民友
◆2月6日 【復興の道標・ゆがみの構図】福島をおとしめるな 努力続ける福島県民  福島民友
◆2月6日 里山再生を確認 復興、環境農水相  福島民報
◆2月6日 復興目指し情報発信 都内でふくしまサミット  福島民報
◆2月6日 東京五輪会場に県産材を 盛岡で森林認証研修会  岩手日報
◆2月6日 <福島第1>森林再生 除染以外も検討 河北新報
◆2月6日 <飯舘村比曽から問う>共助 どう取り戻す 河北新報
◆2月6日 <アーカイブ大震災>指定避難所 無念の大破 河北新報
◆2月6日 仮設から仮設へ商店街丸ごと移転 7日開店 河北新報

◆2月5日 「アフターDC」酒蔵巡り広域観光 福島県産酒の強み生かす 福島民友
◆2月5日 55企画で誘客 「観光立県」確立へ集大成 アフターDC 福島民報
◆2月5日 <原発事故>フジツボや巻き貝 大幅に減少 河北新報
◆2月5日 <東北観光>ストーリー性重視 周遊構築急ぐ 河北新報
◆2月5日 <飯舘村比曽から問う>水田も牛も消えて 河北新報
◆2月5日 <アーカイブ大震災>頼みの綱 命運分ける 河北新報
◆2月5日 <震災5年へ>天に届け鎮魂の花火 河北新報
◆2月5日 <三陸沿岸道>港湾と一体 水産業振興 河北新報

◆2月4日 人口減対策を重点 福島県当初予算案1兆8819億円 福島民友
◆2月4日 食育アニメで風評はね返せ ガイナックス、世界に発信 福島民友
◆2月4日 <アーカイブ大震災>襲来の瞬間 悔恨の数こま 河北新報
◆2月4日 <集団移転>跡地利活用のアイデア募集 河北新報

◆2月3日 【復興の道標・ゆがみの構図】漁協に一方的な中傷 現状を伝え続ける 福島民友
◆2月3日 震災5年、復興へ結束 帝国ホテルで在京福島県経済人の集い 福島民友
◆2月3日 <検証福島の学校>つなぎ留めいつまで 河北新報
◆2月3日 <三陸ワカメ>1月の大しけで出荷量減少 河北新報

◆2月2日 復興の道標・ゆがみの構図】乱暴な「福島県集約論」 見えない国の関与 福島民友
◆2月2日 「里山」も除染 政府が来月にも発表 住民、自治体と範囲協議 福島民報
◆2月2日 <南海トラフ>東北の教訓生かす 高知県議奮闘 河北新報
◆2月2日 <検証福島の学校>地域挙げて試行錯誤 河北新報
◆2月2日 <避難解除へ>開業医2人 再開準備本格化 河北新報

◆2月1日 【復興の道標・ゆがみの構図】悩ます「意識高い系」 「押し付け」に困惑 福島民友
◆2月1日 楢葉のふたば復興診療所開所 1日診療開始 福島民報
◆2月1日 【陸前高田】音楽療法でストレスケアを 関係者らがセミナー 岩手日報
◆2月1日 田んぼリンク 歓声再び 河北新報
◆2月1日 <いわて酒造り>味の調和生む指揮者 河北新報
◆2月1日 <検証 学校>重い決断 悩む保護者 河北新報
◆2月1日 <検証 学校>反発噴出 転校模索も 河北新報

2016年【1月分】
◆1月31日 復興拠点にメガソーラー 大熊の合同会社 福島民報
◆1月31日 歓声待つ「田んぼリンク」 川俣スケートクラブ、復活宣言 福島民友
◆1月31日 「メタボ県」返上します 河北新報
◆1月31日 <東北再生>覚悟曖昧な再稼働危険 河北新報
◆1月31日 <その先へ>作り手の思い 届ける/被災地の名産品販売 河北新報

◆1月30日 森林再生チーム新設正式発表 政府、来月上旬に初会合 福島民報
◆1月30日 転入2万8209人 原発事故以降で最多 27年県の人口移動 福島民報
◆1月30日 <いわて酒造り>杜氏の経験を自動化 河北新報
◆1月30日 <雪菜>少雪でもけなげに 収穫進む 河北新報
◆1月30日 <福島よしもと>お笑いの力で復興応援 河北新報

◆1月29日 「安心してください、オープン...」 福島に吉本芸人ら駆けつける  福島民友
◆1月29日 福大で地域創生語る 芳見福島民報社編集局長が講義  福島民報
◆1月29日 おいしいあんぽ柿食べて 全農県本部が東京でフェア  福島民報
◆1月29日 もぐらんぴあ4月23日再開 久慈、募金目標も達成  岩手日報
◆1月29日 <福島第1>1・2号機ロボ投入延期 河北新報
◆1月29日 <いわて酒造り>全国に脈々と息づく 河北新報

◆1月28日 県漁連、試験操業海域拡大へ 原発半径10〜20キロ 来月、魚種や漁法決定 福島民報
◆1月28日 試験操業10〜20キロ圏追加 汚染水低減で拡大案、福島県漁連 福島民友
◆1月28日 <いわて酒造り>基本守り「ぶれない」 河北新報
◆1月28日 <3・11と今>再起の象徴 伝統守る 河北新報
◆1月28日 <むすび塾>南海トラフ避難 課題探る 河北新報
◆1月28日 <むすび塾>震災5年へ教訓伝承に期待感 河北新報

◆1月27日 高野山の水で仕込み 二本松 大七酒造が注水の儀 福島民報
◆1月27日 「若旦那」力で復興を 飯坂 旅館後継者集いサミット 活性化探り交流 福島民報
◆1月27日 町民帰還「来春5割」 楢葉町長が目標示す 河北新報
◆1月27日 <3・11と今>焦り 不安 心情率直に 河北新報

◆1月26日 <外国人照準>マレーシアブロガーに物産PR 河北新報
◆1月26日 <3.11と今>友への祈りひと針に 河北新報
◆1月26日 <浜を歩く>亡き仲間と約束 実現 河北新報

◆1月25日 復興の現状発信強化 被災地体験型 アプリ、ルートづくり  福島民報
◆1月25日 林業の担い手、決意の巣立ち 釜石、スクール1期生  岩手日報
◆1月25日 寒ダラでおもてなし 南三陸で福興市 河北新報
◆1月25日 <3・11あの日と今>指先 亡き人に触れる 河北新報
◆1月25日 <適少社会>乳幼児増 町の将来託す 河北新報

◆1月24日 「とみおか新聞」完成 郡山の仮設で「体験授業」 福島民報
◆1月24日 「世界に誇れる日本人」 外国人誘客元年アピール 二本松 福島民報
◆1月24日 <適少社会>人呼び活力 創生の好機 河北新報
◆1月24日 <あなたに伝えたい>取り戻した「らしさ」喜んで 河北新報
◆1月24日 <3・11あの日と今>針が語る被災の瞬間 河北新報

◆1月23日 「森林除染」柔軟に対応 環境副大臣が浪江町議会要望で方針 福島民友
◆1月23日 <適少社会>産業創出 問われる学都 河北新報
◆1月23日 <復興市街地>笑顔で再出発 復興の旗頭に 河北新報
◆1月23日 <復興市街地>かさ上げ地に光 初のコンビニ 河北新報

◆1月22日 福島県10蔵元、世界で愛される酒に ダボス会議レセプション 福島民友
◆1月22日 <川内マラソン>福島再生へ川内選手も走る 河北新報
◆1月22日 <適少社会>「住民」増やし記憶残す 河北新報

◆1月21日 あすびとトマト工場完成 南相馬復興アグリ 原町の農業再生へ 福島民報
◆1月21日 「東北のバイク乗り」被災地巡り 復興後押し 河北新報
◆1月21日 <適少社会>少数精鋭 楽しみと志と 河北新報

◆1月20日 「ふくしまの民俗芸能」監修・民俗芸能学会福島調査団長・懸田弘訓さんに聞く 福島民友
◆1月20日 商店街の免税化検討 二本松市台湾など誘客目指す 福島民報
◆1月20日 県と3大学就職支援協定 首都圏学生のU・Iターン促進 福島民報
◆1月20日 被災地に女性が作ったカフェ 地域元気に 河北新報
◆1月20日 <適少社会>古里で働く幸せ 気付く 河北新報

◆1月19日 県内移住対策を強化 拠点整備に補助、就農支援 福島民報
◆1月19日 <ガイナックス>貴族気分で婚活 福島で企画 河北新報
◆1月19日 <JTB>3・11誘客商品 復興後押し 河北新報
◆1月19日 <南三陸病院>震災後待望の透析治療スタート 河北新報
◆1月18日 イチゴ狩り、甘さ広がる 相馬・和田観光いちご園が開園 福島民友
◆1月18日 女川「創業本気プログラム」 プラン発表会 河北新報
◆1月18日 福島民有林の9割伐採可能 線量、基準下回る 河北新報
◆1月18日 <検証 阪神から>復興法 被災者向かず 河北新報

◆1月17日 避難の若者ら描く映画「LIVE!LOVE!SING!」主演・石井さんあいさつ 福島民報
◆1月17日 浪江町が区長に説明 ゲート、バリケード撤去 二本松 福島民報
◆1月17日 子どもの権利と福島復興 医師ら意見 郡山でシンポ 福島民報
◆1月17日 <阪神大震災21年>娘がやり残したこと完結させたい 河北新報
◆1月17日 <検証 阪神から>子どもの影響 進行形  河北新報

◆1月16日 紅梅】早すぎた...真っ赤な紅梅に"雪" 福島県内で本格的な積雪  福島民友
◆1月16日 3月 響け復興太鼓 長野の団体 二本松の龍泉寺訪問 旧長沼藩4代藩主慰霊も  福島民報
◆1月16日 【宮古】観光振興へ若手が研究会 広いテーマで課題共有  河北新報
◆1月16日 <スネカ>泣いて…怖い面にびっくり  河北新報
◆1月16日 津波被災の明治の旧旅館、カフェに再生  河北新報

◆1月15日「復興・創生」福島県重点 政府方針、後半5年「総仕上げ」 福島民友
◆1月15日 第1部 地域を支える(13) 住民同士の絆育む 福島民報
◆1月15日 <全町避難>原発事故前の町の記憶残したい 河北新報
◆1月15日 <うそかえ祭>1年の不幸を「うそ」に 河北新報
◆1月15日 学生が企画 塩釜・桂島復興支援ツアー  河北新報
◆1月15日 仮設暮らしの人の支援探る 学生が市長と懇談  河北新報
◆1月15日 早採りワカメなど気仙の特産発信 東京でフェア  岩手日報

◆1月14日 飯舘村の4年半冊子に 各世帯に配り結束目指す 福島民報
◆1月14日 土湯、飯坂、高湯、岳 4温泉の魅力発信 「若旦那図鑑」18日発行 福島民報
◆1月14日 寒冷地で多収の菜種「きらきら銀河」開発 河北新報
◆1月14日 <最終処分場>宮城入り拒む環境相を批判 河北新報

◆1月13日 将来へ意見交わす 福島で知事と県内農家 福島民報
◆1月13日 再生願い今年初の試験操業 相馬双葉漁協 福島民報
◆1月13日 福島産米の放射性物質 基準超ゼロ 河北新報
◆1月13日 <その先へ>営農再開 帰村の光に/野菜作り大学と連携 河北新報

◆1月12日 建設業、若手を育成 産学官連携、共同研修で技能習得へ 福島民友
◆1月12日 震災記録、共有が大切 東北大でシンポジウム 河北新報
◆1月12日 <復興印宮城流>若者の地元愛の拠点に 河北新報
◆1月12日 <私の復興>野蒜思い音色さえる 河北新報

◆1月11日 「健康増進」で誘客 ルネサンス棚倉、2月から新事業 福島民報
◆1月11日 第1部 地域を支える(9) 貴重なパートナー 福島民報
◆1月11日 復興この手で...ハタチの決意 福島県の新成人、恩返し誓う 福島民友
◆1月11日 <成人式>亡き教え子の写真持参 元教師参列 河北新報
◆1月11日 <復興印宮城流>スマホ手に若者ら続々 河北新報
◆1月11日 亡き友に鎮魂の太鼓 5年越し約束実現 河北新報

◆1月10日 第1部 地域を支える(8) 新たな古里産品に 福島民報
◆1月10日 <あなたに伝えたい>子も孫も元気、見守っていて 河北新報
◆1月10日 <ダルマ市>巨大ダルマ 全ての福呼ぶ 河北新報
◆1月10日 大俵て引いて引いて豊作祈願 会津美里 河北新報
◆1月10日 <国勢調査>津波被災地の人口減深刻 河北新報

◆1月9日 アニメで本県の今発信 県と福島ガイナックス 福島民報
◆1月9日 「ふくしま自然エネルギー基金」設立を正式発表 福島民報
◆1月9日 「あきた舞妓」に会いに来て 今春施設整備 河北新報
◆1月9日 <東北を興せ>移住者の受け皿組織を 河北新報
◆1月9日 <ガイナックス>「福島の今」アニメで報告 河北新報
◆1月9日 <避難区域>時が止まった町の象徴 撤去開始 河北新報

◆1月8日 福求めよじ登る、勇壮な男衆 柳津の「七日堂裸まいり」 福島民友
◆1月8日 【避難区域中心】県、自腹で除去へ 原発事故影響河川に土砂堆積 国に負担要望実現厳しく 福島民報
◆1月8日 <東北を興せ>民泊サイトで世界一に 河北新報
◆1月8日 <防災庁舎>2031年まで管理へ現地調査 河北新報
◆1月8日 被災地観光回復切り札 無線LAN整備道険し 河北新報
◆1月8日 <津波避難タワー>備蓄も万全 石巻に安心 河北新報
◆1月8日 <なまはげ>人口減・高齢化…継承心もとなく 河北新報
◆1月8日 <アユの寒風干し>寒暖差でうま味増す 河北新報

◆1月7日 「炭酸温泉」誘客切り札 金山町が源泉調査へ、森林セラピーも 福島民友
◆1月7日 復興へレール再び JR常磐線 浪江−小高駅間 福島民報
◆1月7日 <東北を興せ>夢は農業のディズニー 河北新報
◆1月7日 TVゲームは脳の発達に悪影響 東北大が警告 河北新報
◆1月7日 <三陸道>仙台港北−利府中 4車線化完了へ 河北新報
◆1月7日 石巻が母港に 商船三井の木材チップ船 河北新報
◆1月7日 復興伝えるミニコミ誌「西原新聞」2月で幕 河北新報

◆1月6日 紅花でもっと活性化 山形・白鷹の挑戦 河北新報
◆1月6日 <3.11と今>必要とされる大人に 河北新報
◆1月6日 <東北を興せ>地域主導で庄内変える 河北新報
◆1月6日 <避難区域>3市町村、帰還実現へ課題山積 河北新報

◆1月5日 富岡の震災遺産を疑似体験 3月に一般公開 福島民報
◆1月5日 仮設住民、運動支援事業で元気に 河北新報
◆1月5日 <復興印宮城流>地域が先生 古里を学ぶ 河北新報
◆1月5日 <3.11と今>私が輝き希望の光に 河北新報
◆1月5日 <東北を興せ>「秋田美人」観光資源に 河北新報

◆1月4日 民有林9割伐採可能 県の線量基準を下回る 福島民報
◆1月4日 33市町村基準超ゼロ 県内民有林会津や県南など 福島民報
◆1月4日 気仙沼の魚問屋 被災の蔵を私設資料館に 河北新報
◆1月4日 <復興印宮城流>農家らを取材 魅力発信 河北新報
◆1月4日 <3.11と今>悲劇 繰り返させない 河北新報
◆1月4日 <成人式>中3で被災時の手紙 二十歳の私へ 河北新報

◆1月3日 葛尾再生20歳の誓い 県内トップ切り三春で成人式 福島民報
◆1月3日 <北海道新幹線>ヒバ林でトレイル企画 河北新報
◆1月3日 <3.11と今>離れても故郷忘れず 河北新報
◆1月3日 被災地で5度目の新年 初日の出に願い託す 河北新報
◆1月3日 防波堤の建設着々 住民同意至らないケースも 河北新報

◆1月2日 三春で葛尾村成人式 16人が若い力で村の復興を誓う  福島民友
◆1月2日 冬の龍泉洞、1〜3月もお楽しみ 夜間探検や口笛演奏  岩手日報
◆1月2日 盛岡手づくり村に免税店機能 2月までに販売態勢整備  岩手日報

◆1月1日 復興・創生期間へ 震災5年節目の年 福島民報
◆1月1日 【"W小泉氏"新春対談】 「おいしい福島」発信 福島民友
◆1月1日 【"W小泉氏"新春対談(2)】 誇れ"福島県ブランド" 福島民友
◆1月1日 【"W小泉氏"新春対談(3)】 「農業改革」欠かせぬ 福島民友
◆1月1日 若い力生かし挑戦 世界に誇れるふくしまに 新春特別座談会 福島民報
◆1月1日 <復興印宮城流>訪れて味わう新名物に 河北新報
◆1月1日 <3.11あの日と今>成長と復興 合わせ鏡 河北新報
◆1月1日 <3.11あの日と今>混乱の夜 温かな奇跡 河北新報
◆1月1日 三陸の水産加工品 統一ブランドへ 河北新報

2015年【12月分】
◆12月31日 【大槌】「がんばっぺ」前を向く 仮設で生活86歳の女性 岩手日報
◆12月31日 <田んぼリンク>来月復活 5年ぶりに水張り 河北新報
◆12月31日 <2015廃炉作業>汚染水対策が前進 河北新報
◆12月31日 <住まいの再建この1年>首長の言葉で振り返る 河北新報
◆12月31日 <5度目の年の瀬>孫に囲まれ腕まくり 河北新報

◆12月30日 町に「恩返し」 双葉町題材の絵完成急ぐ 山形市在住の鴻崎正武さん 福島民報
◆12月30日 <ミニトマト>通年栽培「恋ベリー」好評 河北新報
◆12月30日 <福島廃炉への道>12月1〜29日 河北新報
◆12月30日 <椅子張り職人>事業譲渡で技つなぐ 河北新報
◆12月30日 <5度目の年の瀬>きれいな部屋で迎春 河北新報

◆12月29日 待ちに待った!白銀にシュプール 延期の7スキー場オープン 福島民友
◆12月29日 工芸や農業体験共有 県内、関西の大学生ら 二本松 福島民報
◆12月29日 <5度目の年の瀬>心落ち着ける温もり 河北新報
◆12月29日 福島復興祈願 神楽30年ぶり復活 河北新報

◆12月28日 書き入れ時「間に合った」 福島県内スキー場、待望の降雪 福島民友
◆12月28日 電飾で"光の海" 来月15〜24日いわき・21世紀の森公園 福島民報
◆12月28日 <5度目の年の瀬>津波の爪痕 祈りの場 河北新報
◆12月28日 粋なデザイン 被災地発サルのマスコット人気 河北新報
◆12月28日 <原発事故>町の盛衰見つめ40年の思い語る 河北新報

◆12月27日 住民帰還わずか 追加除染求める声 南相馬「特定避難勧奨」あす解除1年 福島民報
◆12月27日 来年度初の改定へ 福島復興再生基本方針 福島民報
◆12月27日 【大船渡】漁師と消費者、交流着々 「浜の学び舎」開催 岩手日報
◆12月27日 コーヒーで被災地を元気に 河北新報
◆12月27日 <5度目の年の瀬>変わらぬ味覚 食卓へ 河北新報
◆12月27日 <検証 制度>改善の恩恵なし 募る疎外感 河北新報

◆12月26日 岳温泉など「国民保養温泉地」売り込め 外国人客へPR強化 福島民友
◆12月26日 県版総合戦略決定 7事業重点 福島民報
◆12月26日 <福島・古里喪失訴訟>14人が追加提訴 河北新報
◆12月26日 <国勢調査>人口減 南会津中心に深刻化 河北新報
◆12月26日 <目指せ外国人誘致>地方「ならでは」を体験 河北新報
◆12月26日 <5度目の年の瀬>新たな暮らし照らす 河北新報
◆12月26日 <BRT復旧>仙台へのアクセスで差 河北新報
◆12月26日 <国勢調査>福島・全域避難4町でゼロ 河北新報

◆12月25日 楢葉の魅力に触れる 滋賀の高校生 町内散策、意見交換  福島民報
◆12月25日 中高生に届ける広報紙 久慈市、定住促進へ古里発信  岩手日報
◆12月25日 ICT活用、新鮮野菜お届け! 天栄村・地産地消システム 福島民友
◆12月25日 <高浜原発容認>経済に効果、事故忘却…賛否交錯 河北新報
◆12月25日 <5度目の年の瀬>川の景色 変わっても 河北新報
◆12月25日 <目指せ外国人誘致>会話対応・免税店に活路 河北新報
◆12月25日 <避難区域>焦りや不安抱え 年の瀬交流 河北新報
◆12月25日 <閖上中>悲しさ悔しさ…感謝 校舎と惜別 河北新報

◆12月24日 仮設住宅浪江町民と二本松市岳下住民「絆まつり」で親睦 福島民報
◆12月24日 "元気な福島県"沖縄から発信 国際映画祭に「CM」出展へ 福島民友
◆12月24日 <5度目の年の瀬>にぎわいの灯に笑顔 河北新報
◆12月24日 <検証 制度>生活再建の要 6割分からず 河北新報
◆12月24日 <女川まちびらき>商業エリアでにぎわい第2幕 河北新報

◆12月23日 心癒やして53回 仮設で最後の「傾聴茶話会」 河北新報
◆12月23日 <防災庁舎>南三陸町から宮城県に引き渡し 河北新報
◆12月23日 <防災庁舎>保存の是非 2031年までに結論 河北新報
◆12月23日 <新国立>復興手助け隈氏案採用 被災地祝福 河北新報

◆12月22日 台湾向けプロモーション映像を二本松で1月に撮影 福島民友
◆12月22日 生活圏以外除染せず 環境省、土砂流出を懸念 県内森林 福島民報
◆12月22日 大半の森林、除染せず 環境省方針、生活圏から20メートル外 福島民友
◆12月22日 大川小の教訓を未来へ 遺族が都内で講演 河北新報
◆12月22日 <港町を拓く>幸せ感じる音楽の街に 河北新報
◆12月22日 浜の担い手はネットで 若手漁師ら求人サイト 河北新報
◆12月22日 <5度目の年の瀬>「最後まで見守りを」願う 河北新報
◆12月22日 <原子力PR看板>撤去作業始まる 河北新報

◆12月21日 ふくしまの今正しく理解 大阪で県と立命館がシンポ 福島民報
◆12月21日 <この人 このまち>移住手ほどき 地域結ぶ 河北新報
◆12月21日 復興祈念公園 追悼と協働がコンセプト 河北新報
◆12月21日 <5度目の年の瀬>すくすく五歳の浜娘 河北新報
◆12月21日 <焦点>高台移転 跡地利用進まず 河北新報

◆12月20日 福島で"放射線嫌悪の心理"報告 風評対応へ成果生かす 福島民友
◆12月20日 放射線リスクへの心理メカニズム 研究結果を報告 大学教授ら福島で意見交わす 福島民報
◆12月20日 <港町を拓く>憩いの場へ気持ち新た 河北新報
◆12月20日 観光戦略に留学生の目 SNSで魅力発信も 河北新報
◆12月20日 <焦点>福島産 敬遠固定化と闘う 河北新報
◆12月20日 幻のセリ収穫盛ん 登米市迫町 河北新報
◆12月20日 <私の復興>再出発 通過点の一つ 河北新報
◆12月20日 <焦点>風評被害「基準値が助長」 河北新報

◆12月19日 【大槌】若者のU・Iターンに力 就業や進学支援制度 岩手日報
◆12月19日 「まちなか居住促進」が柱 いわき平の市街地活性化素案 福島民友
◆12月19日 単独再開に補助 避難区域設定の中小企業に経産省 福島民報
◆12月19日 <全町避難>「希望の花」東京に開花 河北新報
◆12月19日 <もう一度会いたい>一家だんらん夢の中 河北新報
◆12月19日 <回顧みやぎ>生活の基盤 住民手作り 河北新報
◆12月19日 <子どもの村東北>「家族へ」一歩ずつ 河北新報
◆12月19日 <話そう原発>自主性を引き出す 河北新報

◆12月18日 企業のチラシに学生の視点 県立大と地元事業者  岩手日報
◆12月18日 避難情報入手2割未満 原発事故直後の大規模実態調査 福島民友
◆12月18日 <話そう原発>民主主義が機能せず 河北新報
◆12月18日 <もう一度会いたい>「物見遊山」でもいい 河北新報
◆12月18日 <話そう原発>「なぜ」生徒ら問う 河北新報

◆12月17日 <伝承神楽の里>地域ぐるみ 児童支える 河北新報
◆12月17日 <もう一度会いたい>他人任せにできない 河北新報

◆12月16日 浪江町の今、3次元記録 ドローンでデータ収集 福島民友
◆12月16日 生乳を本格出荷 福島の復興牧場「フェリスラテ」 福島民報
◆12月16日 <もう一度会いたい>知りたかった その先 河北新報
◆12月16日 <伝承神楽の里>親たち団結「誇り」守る 河北新報
◆12月16日 <大槌旧庁舎>年度内解体断念に歓迎と戸惑い 河北新報
◆12月16日 <大槌旧庁舎>町長、年度内解体を断念 河北新報
◆12月16日 <女川さいがいFM>16年3月で放送終了 河北新報

◆12月15日 「今後も復興に貢献」 ICRP12回の対話集会総括 福島民報
◆12月15日 テレワーク拠点が始動 大船渡、IT技術者らが移住  岩手日報
◆12月15日 政策提案 岳陽中(福島)日本一 政府の地方創生アイデア審査会 福島民報
◆12月15日 <南三陸病院>医師不足 課題山積の再出発 河北新報
◆12月15日 <被災地の教師たち>子どもと一緒に成長 河北新報
◆12月15日 <もう一度会いたい>なぜ川に向かったか 河北新報
◆12月15日 タラ、サバ、ヒラメ…生け締め 浜再生に一役 河北新報
◆12月15日 <最終処分場>国への不信感あらわ 河北新報
◆12月15日 <最終処分場>集約論に福島反発「心外」 河北新報
◆12月15日 <南三陸病院>医療と福祉の拠点誕生、開業 河北新報

◆12月14日 須賀川で「あんぽ柿」出荷始まる ピークは1月ごろ  福島民友
◆12月14日 記者が歩く福島の今 県民の不安解消へ分析始動 県環境創造センター  福島民報
◆12月14日 高校生「被災地の今」に焦点 東京・16日まで写真展  岩手日報

◆12月13日 【久慈】潮風トレイル開通前に整備 市民ら作業に汗 岩手日報
◆12月13日 <指定廃棄物>宮城3候補地「返上」表明 河北新報
◆12月13日 若者視点で「地方創生」 13日・アイデア審査、復興へ魅力発信 福島民友
◆12月13日 <被災地の教師たち>アートで町を元気に 河北新報
◆12月13日 南三陸病院あす開院 透析患者心待ち 河北新報

◆12月12日 子どもの避難者838人減の2万2660人 福島民報
◆12月12日 <被災地の教師たち>記憶つなぐ語り部に 河北新報
◆12月12日 <もう一度会いたい>この人の子 産みたい 河北新報
◆12月12日 <震災>被災商店街に「街の家具」 河北新報
◆12月12日 <帰還困難>避難先で月命日に黙とう 河北新報
◆12月12日 <震災>精神科、災害医療の盲点 河北新報
◆12月12日 <震災>精神科病院 3日間闇に孤立 河北新報

◆12月11日 発福島の「復興牧場」15日初出荷 生乳1日15トン生産へ 福島民友
◆12月11日 発酵食品で健康に 新ブランドに8商品、福島で審査会 福島民友
◆12月11日 支援団体、資金や人材確保苦慮 震災4年9カ月  岩手日報
◆12月11日 <難航 核のごみ>国民合意へ論議必要 河北新報
◆12月11日 <人口激減の足音>高齢者ニーズに対応 河北新報
◆12月11日 <もう一度会いたい>喪失感 夫婦に溝生む 河北新報
◆12月11日 被災者に在宅の仕事 石巻市がテレワーク導入 河北新報
◆12月11日 津波被災2島に滞在施設 農漁業の担い手育成 河北新報
◆12月11日 <私の復興>子どもの成長を実感 河北新報
◆12月11日 <大槌旧庁舎>解体予算案 町議会先送り要請 河北新報

◆12月10日 福島に何が必要か考え行動 ミラノの「食の安全シンポ」報告会 東京  福島民報
◆12月10日 健康テーマに地方創生取り組む 矢巾町が企業と協定  岩手日報
◆12月10日 町議会は提案持ち越し要望へ 大槌の旧庁舎解体予算  岩手日報
◆12月10日 <中間貯蔵>福島2町の交付金 生活支援費に  河北新報
◆12月10日 <被災地の教師たち>大川小から命伝える 河北新報
◆12月10日 <難航 核のごみ>地層処分なお慎重論 河北新報

◆12月9日 復興促進へ研究成果紹介 線量測定効率化やイチゴ栽培 福島民友
◆12月9日 <もう一度会いたい>お笑い係 学校で家で 河北新報
◆12月9日 <難航 核のごみ>国が主導 漂う不透明感 河北新報
◆12月9日 <被災地の教師たち>引きこもり 悩み共有 河北新報

◆12月8日 猪苗代の活性化へ活動 「いなラボ」設立 福島民報
◆12月8日 【連載】復興の道標 自立7 再開事業者、募る焦り 福島民友
◆12月8日 <もう一度会いたい>恋や部活 次女おうか 河北新報
◆12月8日 カキつながり 宮城と広島共同で移住フェア 河北新報
◆12月8日 <人口激減の足音>相続契機に首都圏へ 河北新報
◆12月8日 <東通原発10年>再稼働 道筋見えず 河北新報

◆12月7日 小高川沿いに千本桜を 復興願い植樹開始 釣り仲間SFC、4年かけ実現 福島民報
◆12月7日 福島を彩るニット服 川俣の女性、地元で起業 河北新報
◆12月7日 <防潮堤>7.5メートルで住民同意 河北新報
◆12月7日 <仙台東西線>活用に不可欠、官民の知恵 河北新報
◆12月7日 <仙台東西線>海路から鉄路へ 女性駅務員 河北新報

◆12月6日 連載】復興の道標 自立5 民間病院「見殺しか」 福島民友
◆12月6日 避難計画不安消えず 川内原発(鹿児島)再稼働ルポ 福島民報
◆12月6日 藤原紀香さん福島の力紹介 東京・青山 県委託の「防災学習芋煮会」 福島民報
◆12月6日 双葉郡の現状理解 いわきで未来会議広野・川内・楢葉編 福島民報
◆12月6日 <フルーティア>走るカフェ出発進行! 河北新報
◆12月6日 被災地・南三陸に新たな宿泊施設 河北新報
◆12月6日 <全村避難>ふるさと納税 復興の力に 河北新報
◆12月6日 川俣住民「戻りたい」44% 前年と変わらず 河北新報
◆12月6日 <あなたに伝えたい>農業を再開したよ見守って 河北新報

◆12月5日 鋭い着想は? 福島県知事と若者がまちづくりフォーラム 福島民友
◆12月5日 都路住民62%が帰還 山木屋「戻りたい」44% 復興庁調査 福島民報
◆12月5日 <避難解除>楢葉帰町は388人 河北新報
◆12月5日 <もう一度会いたい>愛して愛された長女 河北新報
◆12月5日 <大槌旧庁舎>高校生「解体是非 議論させて」 河北新報
◆12月5日 <最終処分場>福島受け入れ 風評被害を憂慮 河北新報

◆12月4日 【連載】復興の道標 自立3 生活再建めぐり「溝」 福島民友
◆12月4日 渋谷から福島復興 箭内道彦さん地域FM開局 全国発信へ 福島民報
◆12月4日 <もう一度会いたい>罪悪感深まるばかり 河北新報
◆12月4日 <津波訴訟和解1年>わが子の命思い語る 河北新報
◆12月4日 賃貸住宅をみなし災害公営住宅に 石巻市新制度 河北新報
◆12月4日 <災害公営住宅>「鉄の扉」交流閉ざす 河北新報
◆12月4日 <大槌旧庁舎>解体に高校生が「待った」 河北新報

◆12月3日 【連載】復興の道標 自立2 将来見えず生活困窮 福島民友
◆12月3日 会津の産業観光推進 工場見学ガイドブック作る 若松商議所 福島民報
◆12月3日 【久慈】海女PRから地域おこし協力隊へ 藤織さん辞令交付 岩手日報
◆12月3日 <<もう一度会いたい>娘2人と無念の対面 河北新報
◆12月3日 <最終処分場>福島県と2町受け入れ決定 河北新報
◆12月3日 <津波訴訟和解1年>「心から」思い見えず 河北新報

◆12月2日 連載】復興の道標 自立1 「お願い、当然の権利」 再起阻む「支援慣れ」 福島民友
◆12月2日 福島−台湾 チャーター便 3月18〜21日に4便 福島民報
◆12月2日 【岩泉】漁業者確保へ町挙げて 育成協議会が発足 岩手日報
◆12月2日 <もう一度会いたい>長男の遺体の涙拭く 河北新報
◆12月2日 <最終処分場>加美町長、3候補地撤回訴えへ 河北新報
◆12月2日 放射性セシウム未検出 県内学校給食検査 福島民報
◆12月2日 20年目「酒づくり講座」募集開始 「酒のまち喜多方」発信 福島民友
◆12月2日 飯舘村の現状、全国に発信! 「きぼうチャンネル」開局 福島民友

◆12月1日 <木材発酵でエネルギー抽出 福島県、実証事業へ 福島民友
◆12月1日 <もう一度会いたい>生きていて 名前叫ぶ 河北新報
◆12月1日 震災後の人口減 18年度に17億円不足 河北新報
◆12月1日 <甲状腺検査>1、2巡目ともがんの確定数増 河北新報
◆12月1日 <自主避難>行政はもっと心を寄せて 河北新報
◆12月1日 台湾で本県の魅力PR 東北6県、観光売り込む 福島民報
◆12月1日 26、27年度甲状腺検査 市町村別結果を公表  福島民報
2015年【11月分】
◆11月30日 根強い不安、申請進まず 川内・準備宿泊開始から1カ月 福島民友
◆11月30日 復興の形考える 南相馬市博物館フォーラム 福島民報
◆11月30日 雫神楽30年ぶり復活 原町・雫青年団員 福島民報
◆11月30日 避難先で営農、進む除染…復興の歩み動画配信 河北新報
◆11月30日 自身の語り直し 対話から糸口を 河北新報
◆11月30日 薬用カンゾウの試験栽培開始 加美町 河北新報

◆11月29日 災害に強い海岸を いわき・夏井 県が緑の防潮堤植樹祭 復興願い住民苗植え 福島民報
◆11月29日 仮設商店撤去へ懸念 助成要件「完成後5年」迫る 岩手日報
◆11月29日 古民家改修し交流拠点に 移住者をサポート 河北新報
◆11月29日 <原発避難双葉撮る>記録じゃない 生の一部 河北新報
◆11月29日 <X JAPAN>復興支援 約束のライブ 河北新報

◆11月28日 甘さ格別、ブランドリンゴ「冬恋」 二戸市で収穫体験 岩手日報
◆11月28日 <原発避難双葉を撮る>帰還困難実情を伝える 河北新報
◆11月28日 <農林業センサス>東北65歳以上6割超 河北新報
◆11月28日 福島県の農業人口29%減 高齢化、原発事故など影響 福島民友
◆11月28日 あなたにおすすめ!"いわき旅"作成 市が観光情報サイト 福島民友

◆11月27日 里山の温かさに舌鼓 東京で葛巻の食とワインの夕べ  岩手日報
◆11月27日 <再生に挑む>地元食材使い新商品 河北新報
◆11月27日 <常磐線>相馬−浜吉田 来年末に運転再開 河北新報
◆11月27日 <その先へ>菜種から農業再生へ/風評乗り越え特産化 河北新報
◆11月27日 <原発避難双葉撮る>「古里とは」問い続ける 河北新報

◆11月26日 台湾で二本松PR PV放映、誘客促進 福島民報
◆11月26日 「認証森林」取得後押し 県方針CLT生産増、流通促進 「東京五輪で活用」政府に働き掛けへ 福島民報
◆11月26日 来年末までに運転再開 常磐線相馬−浜吉田(宮城) JR東日本26日に発表 福島民報
◆11月26日 <旧野蒜駅舎>伝承館に 隣接地に記念公園 河北新報
◆11月26日 厄介者のスギ樹皮を商品化へ 舗装材に活用 河北新報
◆11月26日 医療と福祉の拠点に 南三陸に病院完成 河北新報

◆11月25日 文化祭で「福島県に魔法」 福島ガイナックス、16年7市町で 福島民友
◆11月25日 県産食材利用PR 生産者、宿泊関係者ら商談  福島民報
◆11月25日 きょうから試験運転 第一原発構内廃棄物焼却施設  福島民報
◆11月25日 若者、女性の定住促進を 釜石で県政懇談会  岩手日報
◆11月25日 <核燃サイクル>専門家「政策時代遅れ」 河北新報
◆11月25日 <最終処分場>富岡町は受け入れの方向 河北新報
◆11月25日 <最終処分場>福島2町に交付金100億円 河北新報
◆11月25日 <仮設商店街>石巻市が延長を正式決定 河北新報
◆11月25日 被災地の息遣い伝える 横浜のショップ奮闘 河北新報

◆11月24日 「二本松の菊人形」入場者数8万1269人、14年を下回る 福島民友
◆11月24日 誇り胸に前進誓う ふくしままけねぇ魂!祭り 福島民報
◆11月24日 <宮城知事 10年>地域産業育成に力を 河北新報
◆11月24日 <宮城知事 10年>観光戦略 鍵は農漁業 河北新報
◆11月24日 大槌の旧庁舎 解体方針変えず 河北新報
◆11月24日 <東日本大震災>2人の遺骨 家族待つ 河北新報

◆11月23日 里山の空き家を交流施設に 遠野で古民家改修計画  岩手日報
◆11月23日 災害公営住宅の入居低調 県内、建設遅れ意向変化  岩手日報
◆11月23日 母子避難の家族、童謡コンクールで銀賞 河北新報
◆11月23日 Uターン見据え、高校生向け企業説明会増加 河北新報
◆11月23日 <飯舘村>神戸で被災の会社員 復興業務に奮闘 河北新報
◆11月23日 <災害公営住宅>被災者以外も入居容認 河北新報

◆11月22日 二本松の菊人形、外国の観光客を増やすアイデアは? 福島民友
◆11月22日 <富岡町災害対策本部>来月13日初公開 河北新報
◆11月22日 <大槌旧役場庁舎>解体か保存か 議論大詰め 河北新報
◆11月22日 求む、新人漁師 石巻市が養成センター開設へ 河北新報

◆11月21日 震災後避難の沿岸帰還希望 岩手で2割切る 河北新報
◆11月21日 <汚染牧草>行政へ抗議込め、提供へ積み込み 河北新報
◆11月21日 <汚染牧草>希望の牧場代表は提供呼び掛け 河北新報
◆11月21日 <汚染牧草>浪江町長、搬出で白石市に抗議 河北新報

◆11月20日 住線量不安の声多く 飯舘村説明会、学校再開で保護者 福島民友
◆11月20日 住民集う千本桜に 小高川沿いなど10・9キロ 福島民報
◆11月20日 岩手暮らしの素晴らしさ 首都圏から移住体験 河北新報
◆11月20日 <最終処分場>年内調査を断念 知事怒り心頭 河北新報
◆11月20日 <水産特区2年>年産好調でも追随の動きなく 河北新報

◆11月19日 福島県、出生率2.16目標 2040年に162万人を確保へ 福島民友
◆11月19日 2040年147万人に減少 県人口ビジョン 福島民報
◆11月19日 <その先へ>しらす干し もう一度/新天地で再起目指す 河北新報
◆11月19日 <集団移転>快適な街に 被災住民が自治組織 河北新報
◆11月19日 変わりゆく被災地の姿描く 仮設集会所で個展 河北新報
◆11月19日 ラーメンで復興の力に「かもめ食堂」舞い戻る 河北新報

◆11月18日 皇室献上の会津みしらず柿箱詰め 風評払拭の思い込め 福島民友
◆11月18日 通販サイトで地方創生 被災地特産品を紹介 河北新報
◆11月18日 震災前後の風景写真「北上川河口物語」制作中 河北新報
◆11月18日 アルプホルンで鎮魂曲 福島・新地で音楽祭 河北新報
◆11月18日 カツオ水揚げ 気仙沼が19年連続日本一 河北新報
◆11月18日 <防潮堤>震災後初 住民ら工事現場視察 河北新報
◆11月18日 <一時帰還>広がる闇 孤立の不安 河北新報

◆11月17日 福島県の15年産米、750万点が基準値下回る 野菜なども 福島民友
◆11月17日 郡山で「あさか野焼」完成 浪江の大堀相馬焼窯元 志賀喜宏さん 福島民報
◆11月17日 津波で全壊…料理店「あら浜」現地再開へ 河北新報
◆11月17日 生活困窮者 仙台へ流入 福祉団体「行政の怠慢」 河北新報

◆11月16日 福島県の震災・原発事故の避難者が10万5000人を切る 福島民友
◆11月16日 <その先へ>店の灯が生きる希望/20周年 出会いに感謝 河北新報
◆11月16日 被災地の消防団「増員に限界、質向上を」 河北新報

◆11月15日 避難者集い浪江「十日市」 二本松で伝統芸能や踊り  福島民友
◆11月15日 復興、地域おこしの現状は 支援員と協力隊員福島で活動報告会  福島民報
◆11月15日 定住自立圏の連携スタート 県南4市町共生ビジョン  岩手日報
◆11月15日 北東北の森、精油に凝縮 ラピアス電機八幡平工場  岩手日報
◆11月15日 檜枝岐歌舞伎を上演 只見ユネスコエコパーク登録1周年で 福島民報
◆11月15日 復興の実り 新そば堪能 河北新報
◆11月15日 「諦めない心」牛に学ぶ 河北新報
◆11月15日 <指定廃処分場>岩の一部「風化で弱く」 河北新報

◆11月14日 <女川原発>再稼働 町民の是非揺れる 河北新報
◆11月14日 <最終処分場>候補地への道 20日通行止め 河北新報
◆11月14日 <カキ養殖>漁場再生へ弾み 国際認証取得へ 河北新報

◆11月13日 <末廣酒造博士蔵(美里)最優秀 本県最多26蔵元「優等賞」 東北清酒鑑評会 福島民報
◆11月13日 <全町避難5年目>交渉手詰まり 遠い決着 河北新報
◆11月13日 大震災と中越地震 減災へ中学生が教訓共有 河北新報
◆11月13日 <内陸地震>栗駒山麓ジオパーク 見学急増 河北新報
◆11月13日 津波被災地の養殖ノリ収穫 今年も「上々」 河北新報

◆11月12日 <全町避難5年目>「17年3月解除」厳しく 河北新報
◆11月12日 被災地支援に感謝 復興ポスター第5弾 河北新報
◆11月12日 間伐・間伐材利用 吉里吉里国が最高賞 河北新報
◆11月12日 <指定廃>調査不発「努力の事実つくる」 河北新報
◆11月12日 <福島の断面>廃炉拠点施設 期待と疑問交錯 河北新報
◆11月12日 <震災4年8カ月>手掛かり一つでも 河北新報

◆11月11日 二本松でJICAシニア海外ボランティアの修了式 福島民友
◆11月11日 写真と動画で三陸紹介「復興カレンダー」発売 河北新報
◆11月11日 <福島知事1年>復興・創生へ財源確保図る 河北新報
◆11月11日 <私の復興>家族の日常選び取る 河北新報
◆11月11日 生活保護率 震災直後低下し翌年再び上昇 河北新報

◆11月10日 全国測定値と同程度 福島県内農作物のストロンチウム  福島民友
◆11月10日 都内で福大、福医大合同シンポ 糸井氏研究の中心地に 小泉氏人生懸け取り組む  福島民報
◆11月10日 気仙の特産、東京で販売 11日まで有楽町駅前広場で  岩手日報
◆11月10日 <福島の断面>自立支援チームに業者冷ややか 河北新報
◆11月10日 大船渡、気仙沼両線 鉄路復旧へ市民一丸 河北新報
◆11月10日 <三陸道>登米東和−志津川 開通ずれ込みか 河北新報

◆11月9日 サケ採卵ふ化5年ぶり再開 木戸川漁協  福島民報
◆11月9日 リンゴもぎ取りや皮むき、催し多彩 二戸で収穫祭  岩手日報

◆11月8日 福島をつくる(66) 第5部 酒づくり 多品種製造 多彩な味わい表現  福島民報
◆11月8日 宿泊施設で国際交流一層 県立大がゲストハウス開所  岩手日報
◆11月8日 「原発周辺自ら将来像を」大西康夫氏に聞くー廃棄物除去の経験持つ米研究者 福島民友
◆11月8日 福島第1原発事故 離散した「大堀相馬焼」復活の力に 河北新報
◆11月8日 <福島県議選>災害公営住宅 減る希望者 河北新報
◆11月8日 東北学院大公開シンポで復興ツーリズム豊作議論 河北新報

◆11月7日 復興へ意見交わす 内堀知事と中井福大学長 福島民報
◆11月7日 <再生に挑む>無垢材製造 技は健在 河北新報
◆11月7日 復興現状を町民に調査 七ケ浜・向洋中生徒 河北新報
◆11月7日 <最終処分場>打開策なく1カ月 降雪期迫る 河北新報
◆11月7日 遺族の霊体験受け止めて 素直に話せる社会に 河北新報
◆11月7日 仮設入居期限迫る 家賃負担懸念で転居進まず 河北新報

◆11月6日 田舎暮らし「お試し移住」事業スタート 河北新報
◆11月6日 木の香り楽しんで 残材から精油 河北新報
◆11月6日 <仮設商店街>石巻市長「1年延長は可能」 河北新報
◆11月6日 津波流失、仮設営業…海産物直売所が復活 河北新報
◆11月6日 外国人宿泊者 東北、震災前水準まで回復 河北新報

◆11月5日 「空中栽培法」サツマイモできたよ! 川俣の小学生が収穫 福島民友
◆11月5日 福島リンゴ旬の味 試食会で7品種食べ比べ 福島民報
◆11月5日 被災地の光景と肖像 仏写真家が母国で紹介 河北新報
◆11月5日 農民文学同人誌 土に根差し 脈々と50号 河北新報
◆11月5日 <花巻温泉>地元野菜の朝食を提供 河北新報
◆11月5日 <集団移転>志津川に「福祉モール」構想 河北新報
◆11月5日 復興懇談会 打ち切り宣言反発受け 撤回 河北新報

◆11月4日 おいしい!福島県のりんご 試食会で味の良さ再確認 福島民友
◆11月4日 ふたば未来学園高 初の学習発表会 「応援団授業」の成果披露 福島民報
◆11月4日 福島県民として今を伝えたい 生徒の思い 河北新報
◆11月4日 <決意の新顔>「古里に人を」奔走 河北新報
◆11月4日 <まちびらき>5地区、再建へ感謝の一歩 河北新報
◆11月4日 <福島県議選>双葉町 語れぬ将来 河北新報
◆11月4日 <福島県議選>「有権者見えぬ」候補者困惑 河北新報
◆11月4日 <蔵王山>登山規制めぐる議論平行線 河北新報

◆11月3日 交通過疎地、待望の「足」 久慈・デマンドバス実証実験  岩手日報
◆11月3日 293人減り4万4094人 10月8日現在県外避難者 福島民報
◆11月3日 営林活動当面見送り 県方針 表土流出対策など優先 帰還困難区域 福島民報
◆11月3日 <集団移転>安全・生活 不安隠さず 河北新報
◆11月3日 全村避難の飯館を支援 NPOが6日報告会 河北新報
◆11月3日 「震災から4年」啄木の歌碑 復興見守る 河北新報
◆11月3日 <楽都の行方>まちの復興 劇場が力に 河北新報

◆11月2日 夜空に大輪、再生誓う 二本松で福幸祭慰霊の花火2000発 福島民報
◆11月2日 <福島県議選>脱原発の訴え一部にとどまる 河北新報
◆11月2日 人口減少、高齢化…漫画で地域活性化考える 河北新報
◆11月2日 津波「漂流犬」死ぬ 心の支えに飼い主感謝 河北新報
◆11月2日 <石巻まちびらき>孤立懸念 支援の輪必要 河北新報

◆11月1日 待望の五年祭復活 大船渡熊野神社、伝統の虎舞披露  岩手日報
◆11月1日 色づく会津、SL疾走 「只見線紅葉号」が運行 福島民友
◆11月1日 支払い依然1割 財政運営に影響 自治体賠償 福島民報
◆11月1日 来年は古里で会おう 1日まで飯坂で「いいたて村文化祭」 福島民報
◆11月1日 生活資金・健康に強い不安 避難者調査 河北新報
◆11月1日 <あなたに伝えたい>大好きなイチゴ復活したよ」 河北新報
◆11月1日 被災地拠点で気軽に指圧「にぎわい再生に」 河北新報
◆11月1日 田んぼリンク復活へ 川俣・山木屋地区 河北新報

2015年【10月分】
◆10月31日 <大熊町長選>行政の積極支援 不可欠 河北新報
◆10月31日 新規就農者 東北で過去最多 河北新報
◆10月31日 相続進まず被災宅地買い取り11%が未完了 河北新報
◆10月31日 津波被災のジャズ喫茶 かさ上げ工事で閉店 河北新報
◆10月31日 「鯨の町」盛衰や復興撮り続け60年 河北新報

◆10月30日 「氷結」に「福島産梨」 11月4日、キリンが全国発売へ 福島民友
◆10月30日 トリチウム事故前と同水準 県内の海水、南相馬の河川 福島民報
◆10月30日 鶴ケ城や観光案内所に無線LAN 外国人観光客増図る 福島民報
◆10月30日 <大間原発>2元首相と函館市長が意見交換 河北新報
◆10月30日 震災をリアルに感じて 文化祭で「遺産」展示 河北新報
◆10月30日 石巻の復興NPOが連絡会議設立へ 河北新報
◆10月30日 <最終処分場>加美町と環境省、議論は平行線 河北新報
◆10月30日 <汚染牧草>「希望の牧場」に送る事業始める 河北新報

◆10月29日 地域おこし協力隊 棚倉で現地実習 活動のヒント探る 福島民報
◆10月29日 「福島の復興支援」 安倍首相が二本松の「菊むすめ」激励 福島民友
◆10月29日 美里に東北最大コメ倉庫 長期間品質維持ブランド力向上期待 福島民報
◆10月29日 <浪江町長選>進まぬ復興 いら立ち見え隠れ 河北新報
◆10月29日 震災伝える紙芝居を動画化 河北新報
◆10月29日 <相馬港>LNGで環境都市推進 河北新報

◆10月28日 本県に4億7912万円 県、市町分合わせ19事業 地方創生交付金 福島民報
◆10月28日 災害公営住宅「希望しない」富岡62.4%、大熊68.4% 帰還意向「戻りたい」富岡13.9%、大熊11.4% 復興庁住民調査 福島民報
◆10月28日 放射線対策の拠点始動 県環境創造センター本館 三春で式典 福島民報
◆10月28日 <原発事故>楢葉の仮役場 役割終える 河北新報
◆10月28日 水産業復興また一歩 造船工場が完成 河北新報
◆10月28日 <原発事故>「町に戻らない」大熊63%に増加 河北新報
◆10月28日 <集団移転>分譲申し込み97区画中7区画 河北新報

◆10月27日 海側遮水壁が完成 港湾内流出大幅減へ 第一原発 福島民報
◆10月27日 南相馬 仮設から近隣に移転新築 絆診療所2日、開所 福島民報
◆10月27日 震災で離れ離れ…内陸で再会、笑顔の花咲く 河北新報
◆10月27日 <グループ化補助金>被災企業 回復二極化 河北新報
◆10月27日 <準備宿泊>川内村、来月1日に開始 河北新報

◆10月26日 風、水、地熱視察ツアー 県内外の大学生再生エネ施設巡る 福島民報
◆10月26日 上映開始記念しシンポ 被災状況の朗読活動ドキュメンタリー映画「種まきうさぎ」 福島民報
◆10月26日 <福島第1>浪江の記憶 語り継いで 河北新報

◆10月25日 秋色の高原を楽しむ うつくしま・みずウオーク西郷大会 福島民友
◆10月25日 復興大使国内派遣始まる 青森で若者の地域づくり学ぶ 福島民報
◆10月25日 歩いて探る相馬 観光業界向けツアー 河北新報
◆10月25日 和太鼓が復興後押し 福島で音楽祭 河北新報
◆10月25日 <焦点>かさむ出費、経営者苦悩 河北新報

◆10月24日 仮置き場「他の方法も」検討を 保管長期化で規制委員長 福島民報
◆10月24日 <検証避難>仕組みづくり重要 河北新報
◆10月24日 <検証避難>渋滞時ビルやタワーへ 河北新報
◆10月24日 <検証避難>選択肢の一つに 模索続ける 河北新報
◆10月24日 津波被災…新校舎 壁画をシンボルに 河北新報

◆10月23日 <鳴子温泉>綾錦まとった秋の峡谷 河北新報
◆10月23日 <野蒜小津波訴訟>校長「津波到達予想できず」 河北新報
◆10月23日 <検証避難>自治体「安全な場所」再考 河北新報
◆10月23日 <検証避難>訓練通りの場所 津波が襲う 河北新報

◆10月22日 楢葉町、帰還者321人 避難指示解除1カ月、町人口の4% 福島民友
◆10月22日 住居や帰還意向調査 自主避難者へ年明けに県 福島民報
◆10月22日 <遠野>空き古民家をゲストハウスに改造 河北新報
◆10月22日 <検証避難>多様な状況想定を 河北新報

◆10月21日 カボチャに"思い思いの絵" 二本松・岳温泉、温泉街楽しんで 福島民友
◆10月21日 岳温泉にカボチャずらり 地元の児童が絵など描く 福島民報
◆10月21日 第一原発3号機水位6.5メートル 格納容器にカメラ初投入 福島民報
◆10月21日 原発事故後「被ばく」で労災 白血病の元作業員初認定 福島民友
◆10月21日 復旧農地で収穫のそば提供 河北新報
◆10月21日 被災者の生活再建プラン作成を支援 河北新報
◆10月21日 <福島第1>3号機格納容器内 初調査 河北新報

◆10月20日 第5部 財物(35) 伐採、搬出もできず 県指針で新たな損害  福島民報
◆10月20日 滝と紅葉の絶景、登山者魅了 西和賀の女神山麓  岩手日報
◆10月20日 吉永小百合さん 福島で詩の朗読会開催 河北新報
◆10月20日 バイオガスで生ごみを資源に 南三陸工場稼働 河北新報
◆10月20日 <検証避難>判断負う親 自責に悩む 河北新報
◆10月20日 <検証避難>被ばくリスク 重い選択迫る 河北新報
◆10月20日 原発風評にあらがい 有機米再生の道探る 河北新報

◆10月19日 JAたむら直売所「ふぁせるたむら」 21日オープン 福島民友
◆10月19日 【大船渡】三鉄利用促進へ高校生が提言 アイデア議論 岩手日報
◆10月19日 町民主体で健康増進計画策定 南三陸 河北新報
◆10月19日 <検証避難>終わり見えず。いつ戻れるか 河北新報

◆10月18日 「福島の今の姿を知って」 東京・丸の内で大交流フェア 福島民友
◆10月18日 人材づくりの重要性を提言 村長サミット閉幕 福島民報
◆10月18日 【大船渡】芸術・文化通じ復興支援を フォーラムで意見交換 岩手日報
◆10月18日 仮設のアイドルが町議に 女川移住の伊藤さん 河北新報
◆10月18日 <その先へ>帰村の形 独自に模索/縁生かし 共に生きる 河北新報
◆10月18日 <焦点>仮置き場 長期化の懸念 河北新報

◆10月17日 常磐道全線開通、浪江−富岡IC間・通行量1日平均8700台 福島民友
◆10月17日 地域創生在り方探る 天栄で全国村長サミット 福島民報
◆10月17日 富岡町産米今年も安全 楢葉で全袋検査 福島民報
◆10月17日 黄金色に輝くシラカバ・ブナ林 久慈・葛巻の平庭高原 岩手日報
◆10月17日 <宮城県議選>原発/地域を見据え主張展開 河北新報

◆10月16日 人口減対策で「重点戦略」 福島県、即効性優先し7項目 福島民友
◆10月16日 奨学金返還を支援 県版総合戦略 福島民報
◆10月16日 仮設店舗7棟を常設店舗に 野田、村内7カ所に移転 岩手日報
◆10月16日 <北海道新幹線>開業へ女性の取り組み活発化 河北新報
◆10月16日 職員派遣が縁 愛知のせんべい会社が塩釜進出 河北新報
◆10月16日 定置網の漁獲確認 新システム実験始まる 河北新報
◆10月16日 <浜を歩く>波乗りの「聖地」再び/北泉海岸(南相馬・原町区) 河北新報

◆10月15日 県、土地収用法適用へ 地権者の把握困難地区 海岸堤防の復旧工事  福島民報
◆10月15日 3旅館の朝ごはんプロジェクト好調 花巻、農観連携へ  岩手日報
◆10月15日 「野田村大学」、教授は村民 NPO法人が来春設立へ  岩手日報
◆10月15日 <さんまなたい焼き>キッチンカー快走営業 河北新報
◆10月15日 <その先へ>人生懸け復興支える/単身移住 村民の輪へ 河北新報
◆10月15日 三陸のイケメン漁師活写 カレンダーデビュー 河北新報

◆10月14日 新米ウオーク"笑顔広がる" 黄金色の田園地帯を歩く  福島民友
◆10月14日 本県情報世界に発信 県と伊・ミラノ大 論文やSNS活用 風評払拭へ協力  福島民報
◆10月14日 「神楽の日」入場1万人突破 花巻・大迫、8年目  河北新報
◆10月14日 <全町避難>浪江で稲刈り 備蓄米向けに販売 河北新報
◆10月14日 <最終処分場>田代岳の調査 13日も見送り 河北新報
◆10月14日 <最終処分場>環境省 大崎でフォーラム 河北新報

◆10月13日 大南相馬で5年ぶり「サーフィン大会」 北泉海岸、205人が出場  福島民友
◆10月13日 大槌の被災役場、年度内に解体方針 議論求める声も  岩手日報
◆10月13日 震災遺構めぐる判断難しく 県内、管理費など課題に  岩手日報

◆10月12日 激突「七福神」、迫力に歓声 二本松・針道のあばれ山車 福島民友
◆10月12日 あんぽ柿の里再興 発祥の梁川・五十沢活動開始へ 魅力発信広く 福島民報
◆10月12日 <焦点>仮設商店街閉鎖、決まらぬ移転先 河北新報
◆10月12日 天へ響け 名取・閖上ジャズフェス 河北新報
◆10月12日 お待たせ「寂聴節」 二戸・天台寺で法話 岩手日報
◆10月12日 <希望の光>竹駒神社で「灯のみち」 河北新報
◆10月12日 <焦点>諦めかけた夢、与えてくれた 河北新報
◆10月12日 <私の復興>ロックフェスへ汗と涙 河北新報
◆10月12日 <焦点>仮設商店街閉鎖、決まらぬ移転先 河北新報

◆10月11日 食や文化魅力発信 東京・六本木で福島フェス 料理や酒、観光...多彩に  福島民報
◆10月11日 再建、他市町村が2割 震災4年7カ月、内陸移住多く  岩手日報
◆10月11日 <震災4年7カ月>復興客観解析、再生の一助に 河北新報
◆10月11日 <その先へ>動き始めた水田放牧/営農再開の先駆けに 河北新報
◆10月11日 <震災4年7カ月>「暮らしの今」沿岸15市町調査 河北新報

◆10月10日 帰還して再開53% 避難12市町村の事業所調査 福島民友
◆10月10日 教育旅行の昨年度来県宿泊者 3万8878人増の25万1850人 福島民報
◆10月10日 「文明開化」花開く 二本松菊人形10日開幕 福島民報
◆10月10日 <最終処分場>連日の現地入りに住民、怒り増幅 河北新報
◆10月10日 <TPP合意>東北の生産地「悲観」「楽観」 河北新報

◆10月9日 居住温かなお言葉、ふたば未来の生徒感激 皇太子ご夫妻が来県 福島民友
◆10月9日 居住地によって差 内部被ばく検査保護者アンケート 県産農産物、水道水利用率  福島民報
◆10月9日 皇太子ご夫妻ご来県 いわきなどで復興状況視察  福島民報
◆10月9日 「会いたいよ」今も届く手紙 陸前高田・漂流ポスト  岩手日報
◆10月9日 <原発事故>福島の11歳以下セシウム不検出 河北新報
◆10月9日 <漂流ポスト>震災遺族の手紙、今年も供養 河北新報

◆10月8日 "市場に活気" いわき・小名浜港で「サンマ初水揚げ」 福島民友
◆10月8日 応援団4人、"発想"育む ふたば未来学園高で「創造ゼミ」 福島民友
◆10月8日 ふたば未来学園高授業開始 箭内道彦さんら先生 福島民報
◆10月8日 栗駒耕英の食堂 試練越え岩魚の館再建 河北新報
◆10月8日 <内閣改造>被災者は復興相交代に冷淡 河北新報
◆10月8日 <宮城ふるさと割>被災企業、通販で収益拡大 河北新報
◆10月8日 <秋サケ>水揚げスタート はらこめし復活 河北新報

◆10月7日 「秋の味覚」サンマ初水揚げ いわきの小名浜漁港 福島民友
◆10月7日 <宮城産カキ>生食用出荷スタート 河北新報
◆10月7日 <最終処分場>再調査 猛反発で再び見送り 河北新報

◆10月6日 風評払拭へ高校生結集 来月、東京で農産物販売 福島民報
◆10月6日 【外国人観光客対応学ぶ 若松復興庁が初のセミナー 福島民報
◆10月6日 【釜石】釜援隊に神奈川の井筒さん 同隊の調整役担う 岩手日報
◆10月6日 <避難区域>販売用コメ 原発事故後初収穫 河北新報
◆10月6日 <楢葉帰還1カ月>進まぬ帰町 環境変化も 河北新報
◆10月6日 <楢葉帰還1カ月>サケ漁に向け簗場設置 河北新報
◆10月6日 <TPP大筋合意>東北「生産意欲そがれる」 河北新報

◆10月5日 "豪華"講師陣に共感 会津エンジン10、参加者に復興へ笑顔  福島民友
◆10月5日 太鼓台、秋の城下町を彩る 「二本松の提灯祭り」開幕  福島民友
◆10月5日 「二本松城跡」日本の城13位 丹羽家当主「大事に後世へ」  福島民友
◆10月5日 食べ物付き情報誌、全国に発送 大船渡の綾里漁協  岩手日報
◆10月5日 楢葉のユズ 生産再開に向け実証栽培 河北新報
◆10月5日 富岡町震災記録誌 大移動の混乱など記録 河北新報
◆10月5日 富岡町が「原子力災害の記憶と記録」発刊 河北新報
◆10月5日 <三陸道>石巻女川IC開通 河北新報

◆10月4日 「知の交流」会津エンジン10年振り返る 女優の倍賞千恵子氏ら 福島民友
◆10月4日 楢葉町、5日避難区域解除1カ月 帰還の動き活発化 福島民報
◆10月4日 <あなたに伝えたい>今だって一緒よありがとう 河北新報
◆10月4日 PTAが防災教育議論 津波被災地で初大会 河北新報
◆10月4日 <むすび塾>南海トラフへ啓発期待 河北新報
◆10月4日 サンマ漁不漁 小振りで宅配中止も 河北新報

◆10月3日 <復興牧場>牛搬入 11月にも牛乳出荷 河北新報
◆10月3日 宮城の酒で恋に酔う 仙台でイベント 河北新報
◆10月3日 <爆弾低気圧>台風並み果樹や建物被害相次ぐ 河北新報

◆10月2日 地元に戻り復興業務 4年7カ月ぶり一部再開 富岡町 福島民報
◆10月2日 <避難解除>富岡の役場機能 町内に一部戻る 河北新報
◆10月2日 <<避難解除>富岡の役場機能 町内に一部戻る 河北新報
◆10月2日 <避難解除>楢葉の「無医状態」が解消 河北新報
◆10月2日 <ハワイアンズ半世紀>ひたむきさ共感呼ぶ 河北新報

◆10月1日 若者定着へ複合的対策 福島で「地方創生」シンポジウム 福島民友
◆10月1日 母子のストレス減少下げ止まり 原発事故受け福大心理研5回目の調査 福島民報
◆10月1日 復興の歩み着実に 富岡町 福島民報
◆10月1日 【住田】「四国食べる通信」代表が講演 地域活性化考える 岩手日報
◆10月1日 <ハワイアンズ半世紀>赤字 フラも廃止覚悟 河北新報
◆10月1日 <ささ結>人間の知恵と自然の環境 ロゴ発表 河北新報
◆10月1日 <内陸地震>駒の湯温泉 きょう再開 河北新報

2015年【9月分】
◆9月30日 新しい古里実現へ具体策提言 福島で地方創生シンポ  福島民友
◆9月30日 「地方創生事業」に選定 福島大の人材育成  福島民報
◆9月30日 サーフィン“聖地”復活 震災後初12日全国大会 原町の北泉海岸  福島民報
◆9月30日 岩手大、陸前高田に拠点構想 県立大は単位化  岩手日報
◆9月30日 震災に負けない 不屈の東北人魂音と形に 河北新報
◆9月30日 <南三陸さんさん商店街>後継施設、開業延期 河北新報
◆9月30日 南三陸・戸倉小 新校舎移転前に感謝の集い 河北新報
◆9月30日 <校庭の仮設>住民 行き場定まらず 河北新報

◆9月29日 南相馬・小高区に仮設店舗「東町エンガワ商店」オープン  福島民友
◆9月29日 福島県内就職支援へ事業 10月から福島大など4校  福島民友
◆9月29日 小高で避難区域内に仮設店舗開店 食料や日用品販売  福島民報
◆9月29日 定住自立圏へ連携 奥州、北上、金ケ崎、西和賀の4市町  岩手日報
◆9月29日 <むすび塾>職場の備えしっかり 気仙沼・阿部長商店 河北新報
◆9月29日 いわきの水産物「常磐もの」売り込みへ 河北新報
◆9月29日 震災、原発事故…福島の記憶生々しく 河北新報
◆9月29日 <南三陸米>出来上々 新米の出発式 河北新報

◆9月28日 秋色に染まる湖畔 うつくしま・みずウオーク三春大会 福島民友
◆9月28日 新装置で溶融燃料の成分計測へ 取り出し手法の確立目指す 福島民報
◆9月28日 <法印神楽>月光照らす勇壮な舞 石巻 河北新報
◆9月28日 <復興市>感謝 地元産タコでおもてなし 河北新報

◆9月27日 地域密着、実効性も必要 福島県地域創生会議座長・岡崎氏 福島民友
◆9月27日 「震災遺産とふくしまの記憶」福島で始まる 初日は記念シンポで保全訴え 福島民報
◆9月27日 「ふくしま本の森」坂下に本格オープン 復興支援で4万冊 小さな図書館の拠点に 福島民報
◆9月27日 IWC関係者が訪問 日本酒部門【最優秀賞】ほまれ酒造【普通酒の部最高賞】夢心酒造 福島の酒造りに理解 福島民報
◆9月27日 着物で被災者に笑顔を 河北新報
◆9月27日 <災害公営住宅>閖上、応募半数止まり 河北新報
◆9月27日 「水産都市」復活誓う 石巻魚市場完成式典 河北新報
◆9月27日 <その先へ>独自移転を実現/被災8戸、内陸に団地 河北新報

◆9月26日 【田野畑】地域づくり大学が開校 村の振興学生目線で 岩手日報
◆9月26日 映画「種まきうさぎ」が完成 福島県伝える若者、復興思い強く 福島民友
◆9月26日 サクラ古木の花弁から酵母採取 純米大吟醸原酒「一と口」お披露目 三春の佐藤酒造 福島民報
◆9月26日 風とロック芋煮会、ギター弾き語り MANAMIさん優勝 福島民報
◆9月26日 <原発事故>畜産の命運託され奮起 河北新報
◆9月26日 <祈りと震災>巡礼地 新たに9ヵ所 河北新報
◆9月26日 <八戸前沖さば>冷凍で刺身を身近に 河北新報
◆9月26日 はらこめし復活 被災の温泉施設 河北新報
◆9月26日 <空き家>秋田銀と秋田・五城目町が連携協定 河北新報
◆9月26日 <原発事故>復興牧場が完成 東北最大規模 河北新報

◆9月25日 記憶紡ぎ広がる輪 復興の歩み届ける ふくしま未来応援団 福島民報
◆9月25日 被災家屋解体始まる 飯舘 村民から3000棟申請 8市町村目 福島民報
◆9月25日 ビールに合う野菜「パドロン」遠野で生産拡大 河北新報
◆9月25日 <その先へ>サケの古里復活間近/にぎわい創出目指す 河北新報

◆9月24日 連福島産"桃スイーツ"PR 都内でコンテスト最高賞作披露  福島民友
◆9月24日 連載漫画「若旦那図鑑」告知特集発売 月刊誌シルフ  福島民報
◆9月24日 子どもたちが31種の仕事体験 北上で「鬼っジョブ」  岩手日報
◆9月24日 藩公行列に綾瀬さん出陣・会津まつり 河北新報
◆9月24日 仮設施設、貸与期限まで残り1年 河北新報

◆9月23日 予算規模不十分71% 「地方創生」福島県首長アンケート 福島民友
◆9月23日 「新分野」21社採択 県グループ補助金 福島民報
◆9月23日 <その先へ>マグロ解体 元気の源/「今」、古里への恩返し 河北新報
◆9月23日 <被災農地で稲刈り最盛期 河北新報
◆9月23日 <鉄道防風林>広葉樹へ植え替え増加 河北新報
◆9月23日 <空き家活用>趣味生かし、住民と広がる交流 河北新報
◆9月23日 <コメ作り>農地集積 累計で前年度の4倍 河北新報
◆9月23日 国内初の嚢頭類化石発掘 南三陸・歌津 河北新報

◆9月22日 浜通り127団体連絡取れず 民俗芸能存続危機  福島民報
◆9月22日 妖怪パワー、地域に活気 遠野でフォーラム  岩手日報
◆9月22日 福島市出身の二瓶さん、短編グランプリ 国際アニメフェス 福島民友
◆9月22日 高校生がそば打ちで熱戦 腕前競う 河北新報
◆9月22日 蔵王のお釜 秋をまといおもてなし 河北新報
◆9月22日 テレホン法話 28年続けて1000回 河北新報

◆9月21日 県産果物で復興後押し 銀座のバーテンダー 福島で交流  福島民報
◆9月21日 福島県、65歳以上「54万人」 避難市町村・高齢化率31%  福島民友
◆9月21日 民俗芸能後継者 小学校で育成事業・秋田県  河北新報
◆9月21日 しし踊りや神楽 懐かしさを誘う 遠野まつり 河北新報
◆9月21日 <深夜の豪雨>情報不足 避難促せず 河北新報

◆9月20日 楢葉の2観光施設再開 町民憩いの場に 町長、復興相らテープカット 福島民報
◆9月20日 宿泊施設と温泉が営業再開・楢葉 河北新報
◆9月20日 <検証命の現場>「72時間の自立」へ備え 河北新報
◆9月20日 <検証命の現場>孤立の民間病院、支援届かず 河北新報

◆9月19日 <復興めし>いつか、松葉ガニずくめで。 河北新報
◆9月19日 ヒガンバナ丘を染める 15万株が見頃 河北新報
◆9月19日 <蔵王山>ハイライン無料化 10月1日から 河北新報
◆9月19日 <チリ地震津波>注意報発令中に魚市場開場 河北新報

◆9月18日 県産青果使用の給食用食品開発 県学校給食会 福島民報
◆9月18日 深紅に染めるヒガンバナ12万本見頃 河北新報
◆9月18日 漁業史学んで明日へ 大島漁協文庫シンポ開催 河北新報
◆9月18日 津波犠牲者状況検証へ 気仙沼市と東大 河北新報

◆9月17日 医療再生へ起工式 ふたば復興診療所 来年2月に開所 福島民報
◆9月17日 <基準地価>岩手、宮城の上昇落ち着く 河北新報
◆9月17日 医療で帰還後押し 楢葉で復興診療所起工式 河北新報

◆9月16日 「地域特性伸ばす」 福島県創生へ石破茂地方創生担当相 福島民友
◆9月16日 伝統の流鏑馬、華麗に 盛岡八幡宮例大祭  岩手日報
◆9月16日 恵みに感謝赤子に祈り 南三陸で秋祭り 河北新報
◆9月16日 <検証命の現場>マニュアル 前提崩れる 河北新報
◆9月16日 <検証命の現場>訪問体制壊滅 介護者も犠牲 河北新報
◆9月16日 <東通原発>避難法現実性に欠けると異論噴出 河北新報
◆9月16日 「希望のかけ橋」土砂運搬が完了 河北新報

◆9月15日 復興の鼓動、浜に響く 宮古で三陸鎮魂祭  岩手日報
◆9月15日 復興へ応援職員募集 南相馬など5市町村あすから受け付け 福島民報
◆9月15日 遠野の温浴施設 チップボイラーで燃料費削減へ 河北新報
◆9月15日 <検証命の現場>福祉避難所の指定急増 河北新報
◆9月15日 <検証命の現場>劣悪環境教訓 ニーズ把握へ 河北新報
◆9月15日 <災害公営住宅>カビ発生10市町77戸 河北新報
◆9月15日 <サブドレン>「放出への協力、最後」 河北新報

◆9月14日 元祖養殖イワナPR 19日栗駒山麓でまつり 河北新報
◆9月14日 <ツール・ド・東北>「亡き弟と2人で」完走 河北新報

◆9月13日 原発事故後を振り返る 13日まで伊達で国際対話集会 福島民報
◆9月13日 ワカメ王子、三陸産PR 三鉄でイベント列車 岩手日報
◆9月13日 <検証命の現場>要介護者避難 今も自問自答 河北新報
◆9月13日 旬のブドウで秋味わう 気仙沼で収穫祭 河北新報
◆9月13日 マップで地域に溶け込んで 南三陸・入谷 河北新報

◆9月12日 <震災4年半>友の遺志継ぎ畑再生 河北新報
◆9月12日 <震災4年半>行方不明なお2568人 河北新報

◆9月11日 「二本松の菊人形」10月10日開幕 幕末維新伝がテーマ  福島民友
◆9月11日 原発事故からの復興考察 青森でマスコミ倫懇東北大会  福島民報
◆9月11日 震災から4年半 県民10万人超避難続く  福島民報
◆9月11日 被災直後の写真28枚見つかる 大槌町旧役場で撮影  岩手日報
◆9月11日 <震災4年半>今も仮住まい19万8500人 河北新報
◆9月11日 <私の復興>再生へ仲間をつなぐ 河北新報
◆9月11日 <検証命の現場>何が緊急か。必要なのは情報 河北新報

◆9月10日 「1ミリシーベルトの壁」疑問視 原子力学会「秋の大会」 福島民友
◆9月10日 物理的半減期を下回る JAEA学会で発表 第一原発5キロ圏内空間線量低減率 福島民報
◆9月10日 <その先へ>故郷の味 新天地でも/エゴマ 初の収穫間近 河北新報
◆9月10日 望ましい介護 上野千鶴子氏語る 河北新報
◆9月10日 <東北産ホップ>ビール仕込み 10月発売 河北新報
◆9月10日 <復興めし>具材にも四季があるのだ。 河北新報

◆9月9日 被災者向け農園開設 生活再建のステップに 河北新報
◆9月9日 <語り始めた子ども>仲間と共に 古里に立つ 河北新報
◆9月9日 <原発事故>廃炉作業「本丸」への道依然遠く 河北新報

◆9月8日 県内で原発事故関連の自殺、後絶たず 支援員確保が課題 福島民報
◆9月8日 【陸前高田】日米学生が復興課題考える 現地研修スタート 岩手日報
◆9月8日 <原発事故>風評対策 部局連携しPR事業 河北新報
◆9月8日 <語り始めた子ども>「死無駄にしない」誓う 河北新報
◆9月8日 <被災地模索 新しい力>街再生へ若者ら挑戦 河北新報
◆9月8日 <地図は語る>街並みの記憶を再現 復興誓う 河北新報

◆9月7日 “千年続く集落”に学べ 石川のNPO、防災などに生かす 福島民友
◆9月7日 長清水の食文化や記憶後世に 東北大が調査 河北新報
◆9月7日 <語り始めた子どもたち>「未災地の人」救うため/(上)つなぐ 河北新報
◆9月7日 <被災地模索 新しい力>任期後の就職描けず 河北新報

◆9月6日 福島県内“九つの祭り”集結 二本松で福島絆祭、元気発信 福島民友
◆9月6日 きぼうの木、未来に育て 避難指示解除の楢葉で復興式典 福島民報
◆9月6日 <避難解除>避難区域なお9市町村 河北新報
◆9月6日 <避難解除>4年半 重み胸に墓前に報告 河北新報
◆9月6日 <避難解除>美しい楢葉取り戻す 復興祈り式典 河北新報
◆9月6日 <被災地模索 新しい力>滞在型活動に資金の壁 河北新報

◆9月5日 楢葉の「避難指示」解除 全町規模で初、復興加速化へ 福島民友
◆9月5日 川内に触れて学んで 福島大「むらの大学」開講 企業調査や伝統芸能参加 福島民報
◆9月5日 【大船渡】被災地の今、感じる旅 秋田の中学生が訪問 岩手日報
◆9月5日 津波被災の南三陸シーサイドパレス解体始まる 河北新報
◆9月5日 志津川湾に白いアナゴ 水族館で展示検討 河北新報
◆9月5日 <ジオパーク>栗駒山麓などを認定 河北新報

◆9月4日 油漏れで冷却一時停止 第一原発3号機 クレーンのホース接触  福島民報
◆9月4日 遠野産ホップで新ビール キリンと連携、10月披露  岩手日報
◆9月4日 <風評と闘う福島>戻らぬ価格 逆風今も 河北新報
◆9月4日 被災自宅を修復、開放 ボランティア支える 河北新報
◆9月4日 <避難解除>楢葉あす帰還開始 全町対象は初 河北新報
◆9月4日 幹回り10.3m 日本一のブナ確認 河北新報

◆9月3日 青森の魅力 アロマで発信 河北新報
◆9月3日 <楢葉4年半の重み>実らぬ秋 消える家 河北新報
◆9月3日 30秒CMで石巻発信 若者ら撮影編集 河北新報
◆9月3日 被災者の手仕事 欧州で注目 河北新報

◆9月2日 来秋に「全国街道交流会議」全国大会 福島市で開催 福島民友
◆9月2日 <楢葉4年半の重み>地域の輪 再生遠く 河北新報
◆9月2日 <これから>古里再生誓い漁師に 河北新報
◆9月2日 <防災庁舎県有化>31年まで保存 協定締結 河北新報
◆9月2日 <石巻魚市場>水産復興へ競り力強く 全面運用開始 河北新報
◆9月2日 <最終処分場>政治日程、選挙も絡み再び越年も 河北新報
◆9月2日 秋漁の主役サンマ 女川に初水揚げ 河北新報

◆9月1日 南相馬、川俣、葛尾で準備宿泊始まる 福島民報
◆9月1日 空き家を有効活用 楢葉町がバンク事業 河北新報
◆9月1日 <これから>三陸の恵み 人つなぐ 河北新報
◆9月1日 <楢葉4年半の重み>若い世代 帰郷迷う 河北新報

2015年【8月分】
◆8月31日 福島で「福島からの声」出版記念集い、発言者ら意見交換  福島民友
◆8月31日 若旦那と観光考える 土湯温泉で女子農力向上委  福島民報
◆8月31日 震災犠牲者安らかに 相馬で鎮魂の灯籠流し 歌、太鼓演奏でしのぶ  福島民報
◆8月31日 遠野市民舞台、40年目の勲章 「まちづくり賞」受賞  岩手日報
◆8月31日 <原発再稼働>「無責任」日本学術会議が異議 河北新報
◆8月31日 <これから>父を思い曳家を決断/第24部・意志を継ぐ(2) 河北新報

◆8月30日 震災後の福島県現状を訴え 郡山で和合、開沼さんが対談 福島民友
◆8月30日 震災後初、県外から合宿 スカイパレスときわ 福島民報
◆8月30日 <準備宿泊>医療・商業の早期復旧が鍵 河北新報
◆8月30日 <準備宿泊>あす開始 避難解除時期探る 河北新報
◆8月30日 <これから>病院存続 覚悟の転身/第24部・意志を継ぐ(1) 河北新報
◆8月30日 <準備宿泊>津波被災地、遠い帰還 住民に焦り 河北新報

◆8月29日 料理ボランティアの会が福島のモモのスイーツ提供 福島民友
◆8月29日 震災直後の2.6倍に回復 教育旅行で県内に宿泊した子ども 福島民報
◆8月29日 風化防止 人形に願う 原町・牛越仮設住民が手作り 福島民報
◆8月29日 震災「ファイト新聞」翻訳しネパールにお届け 河北新報
◆8月29日 <最終処分場>「反対貫く」住民絶叫 河北新報
◆8月29日 <最終処分場>宮城3市町の住民猛抗議 河北新報

◆8月28日 観光資源の活用を学ぶ 二本松で人材育成公開講座 福島民友
◆8月28日 本県支援展開へ 神奈川県川崎市と相模原市 教育旅行促進や情報発信など 福島民報
◆8月28日 国、復興10事業継続 農地の除染や再生エネ研究 概算要求に盛り込む 福島民報
◆8月28日 <育てトマトの夢>産地の発信力高める 河北新報

◆8月27日 自主避難者の家賃補助、2年で段階的に廃止へ  福島民友
◆8月27日 カボチャ畑に太陽光パネル 白河・営農型発電所  福島民報
◆8月27日 「荒海カキ」野田の特産に 期待込め試験養殖  岩手日報
◆8月27日 企業の被災地支援を後押し 東京で意見交換会  岩手日報
◆8月27日 <サブドレン>福島県廃炉協が安全性点検 河北新報
◆8月27日 <BRTで本格復旧>沿線5首長どうみる 河北新報
◆8月27日 <災害公営住宅>カビ大量発生 健康被害も 河北新報

◆8月26日 さらに磨こう“会津の酒造り” 後継者育成で講習会  福島民友
◆8月26日 大学生ら村づくりのヒント探る 野田でプロジェクト  河北新報
◆8月26日 <福島第1>サブドレン、県漁連が容認決定 河北新報
◆8月26日 <ツール・ド・東北>救護員 協力の輪広がる 河北新報
◆8月26日 <その先へ>かっこいい水産業に/新3K掲げ東奔西走 河北新報

◆8月25日 事業再建へ「地方創生」活用 相双復興官民チームが発足 福島民友
◆8月25日 県人口192万6762人 8月1日現在 福島民報
◆8月25日 <再生に挑む>高品質 手業で支える 河北新報
◆8月25日 <ツール・ド・東北>被災地の今 海外に発信 河北新報

◆8月24日 東北お遍路プロジェクト 相馬沿岸部の現状理解 バスツアー県内外から22人 福島民報
◆8月24日 看護師不足解消せず 入院患者受け入れに影響 相双の医療 福島民報
◆8月24日 本県就職や移住、東京で情報提供 U・Iターンフェア 岩手日報
◆8月24日 <トリコローレ音楽祭>バンドの音色 石巻に活気 河北新報
◆8月24日 花卉栽培に挑む 福島・双葉の避難区域 河北新報

◆8月23日 にぎやか“笑顔の輪” 岳温泉観光仮装盆踊り大会 福島民友
◆8月23日 現場保管10万カ所超 除染廃棄物 輸送開始時期見えず 中間貯蔵工程表作成遅れ 福島民報
◆8月23日 「本の森図書館」23日仮開所 坂下・旧八幡幼稚園拠点 復興支援の4万冊活用 福島民報
◆8月23日 笑顔の舞 フラ甲子園いわきで開幕 河北新報
◆8月23日 被災農地再生 若い力で挑戦・山元 河北新報
◆8月23日 消えゆく学びや 思い出胸に刻む 名取・閖上 河北新報
◆8月23日 被災地支え5年 こども☆ひかりプロジェクト 河北新報

◆8月22日 被災地に元気届けゴール みちのくマラソン 間さんがいわき到着 福島民報
◆8月22日 福島移住促進図る 東邦銀が仙台の2社と連携 河北新報
◆8月22日 震災がれきでモニュメント「記憶を後世に」 河北新報
◆8月22日 <ツール・ド・東北>気仙沼「復興の出発地」 河北新報

◆8月21日 次世代ラーメン決定戦で二本松の「若武者」が首位争い 福島民友
◆8月21日 27年県産米 二本松をトップに全量全袋検査開始 福島民報
◆8月21日 復興へ生まれる絆 双葉郡の中高生が初の交流会 福島民報
◆8月21日 福島のモモ絵本で応援 名古屋の作家が制作中 河北新報
◆8月21日 集団移転へ新市街地整備 山元町全て着工 河北新報

◆8月20日 事福島銀行が「福活ファンド」設立 福島県の復興を加速へ 福島民友
◆8月20日 事業主体定まらず アーカイブ拠点施設 国と県の協議難航 福島民報
◆8月20日 福島の味アピール 東京でアグリエキスポ 福島民報
◆8月20日 <避難解除問う>先見えず募る不安 河北新報
◆8月20日 移住・定住促進へ宮城が官民組織 31日発足 河北新報
◆8月20日 <三陸道>石巻女川IC 10月4日開通 河北新報

◆8月19日 田部井淳子さんと大自然体感 震災避難者ら雄国山登山 福島民友
◆8月19日 県内トップ切り二本松で稲刈り 新銘柄のわせ種「五百川」 福島民報
◆8月19日 常磐線全線開通へ試験除染 あすから夜ノ森−双葉駅間 初の高線量地区 福島民報
◆8月19日 一家5人、神楽継承ぐんぐん上達 二戸の槻木さん 岩手日報
◆8月19日 <原発事故>秋田避難者「定住したい」最多に 河北新報
◆8月19日 震災で流出 和船のプレートがハワイから帰還 河北新報
◆8月19日 <避難解除問う>築いた縁 消失危機 河北新報
◆8月19日 <甲子園>被災地を元気に 苦難越え伝令に奮闘 河北新報

◆8月18日 県産農産物の現状紹介 東京で風評払拭イベント 福島民報
◆8月18日 小名浜になびく大漁旗 サンマ船一斉出港 福島民報
◆8月18日 秋田杉の葉の精油でアロマオイル開発、発売 河北新報
◆8月18日 <避難解除>家屋の裏は別世界 河北新報
◆8月18日 <原発事故>汚染の栃木県北 支援に不満今も 河北新報

◆8月16日 青空の下ビールがうまい!若者有志でフェス 河北新報
◆8月16日 被災寺で無料カフェ 「住民のよりどころに」 河北新報
◆8月16日 踊りの輪熱く 福島で「納涼!盆踊り」  福島民報
◆8月16日 浜の避難区域、カメラ撮影 ネパール出身のシュナールさん  福島民報
◆8月16日 灯篭七夕、43年ぶり復活 陸前高田・下矢作地区  岩手日報
◆8月16日 復興商店街で盆踊り 帰省中の若者ら参加 河北新報
◆8月16日 帰る場所照らす灯 七十七銀女川遺族ら灯籠 河北新報
◆8月16日 <震災ミュージアム構想>被災民家を移設保存 河北新報

◆8月15日 原発事故と健康 女性たちが議論 会津若松 河北新報
◆8月15日 津波で消失 藩制期の面影残る街並み後世に 河北新報
◆8月15日 <戦後70年>土門拳が見た日本の姿 追体験 河北新報
◆8月15日 津波被災のタイムカプセル 工事中発見開封ヘ 河北新報

◆8月14日 地下水位低下で冷却1時停止 第一原発凍土遮水壁の一部 福島民報
◆8月14日 台湾の学生が横手PRのHP制作 河北新報
◆8月14日 宮城いいとこ 首都圏からの移住者開拓 河北新報
◆8月14日 <防災庁舎県有化>未来の命守りたい 河北新報
◆8月14日 <原発事故>営農 広域組織の設立準備 河北新報
◆8月14日 <原発事故>青田ぽつんと/試験栽培 汚染に向き合う 河北新報

◆8月13日 5年目の「盆」、墓前に中間貯蔵報告 大熊・同行ルポ 福島民友
◆8月13日 浅見川(広野)再生に情熱 福島高専の青木さん 水質調査し美しさ証明へ 福島民報
◆8月13日 墓地の復旧道半ば 仮の場所で5度目のお盆 河北新報
◆8月13日 <蔵王山>教育旅行 キャンセル撤回ゼロ 河北新報

◆8月12日 震災月命日「配慮ない」 川内原発1号機再稼働、思い複雑 福島民友
◆8月12日 県漁連が要望書 浄化地下水海洋放出 第三者監視など条件 福島民報
◆8月12日 サケ釣り待望の復活へ 木戸川で今秋5年ぶり 「にぎわい取り戻す」 福島民報
◆8月12日 【大船渡】紙芝居で学ぶ津波の教訓 学校などに配布へ 岩手日報
◆8月12日 <川内再稼働>避難者ら訴える 福島の教訓 河北新報
◆8月12日 <川内再稼働>「被災地の心情逆なで」岩手でも抗議 河北新報
◆8月12日 <川内再稼働>福島でデモ 事故未収束に反発 河北新報
◆8月12日 絶縁の父親、津波で死亡…憎しみ乗り越え供養 河北新報
◆8月12日 ランドセル、遺影…持ち主待つ津波流失物 河北新報

◆8月11日 震災テーマに意見交換 本県インターアクトクラブ 11日まで福島で大会 福島民報
◆8月11日 未来照らす夜明けの光 天神岬 公園改修進む 復興臨時支局楢葉 福島民報
◆8月11日 <大間原発>追加地質調査始まる 河北新報
◆8月11日 <準備宿泊>川俣・山木屋、31日から 河北新報

◆8月10日 仙震災後初めて楢葉町産のトルコギキョウ出荷 福島民友
◆8月10日 仙台市民、福島でモモ狩りツアー  福島民報
◆8月10日 秋田県民、福島でモモ狩り楽しむ  福島民報
◆8月10日 潮風トレイル一足早く 大船渡・今秋開通ルート散策  岩手日報
◆8月10日 震災後の地域づくりに 10年ぶり海上運動会 河北新報
◆8月10日 <川内再稼働>福島から避難者やりきれぬ思い 河北新報
◆8月10日 <防潮堤>地盤一転隆起 計画に反映されず 河北新報

◆8月9日 フォーラムで「夢」発信 高校生世界サミット閉幕 福島民報
◆8月9日 仏の高校生ら県内現状理解 国見では桃の選別作業視察 福島民報
◆8月9日 原爆・原発 不安なき世に 福島市・中野さん 河北新報
◆8月9日 <あなたに伝えたい>避難場所で犠牲 余計悔しい 河北新報
◆8月9日 <南三陸町>ウジエと立地協定 17年開店へ 河北新報

◆8月8日 大規模掘削認めない 国立公園地熱発電で 磐梯・吾妻・安達太良対策委 福島民報
◆8月8日 喜多方のマチを自転車の聖地 駐輪スタンド設置 市、サイクリング地図発行 福島民報
◆8月8日 学生提案の観光コース ホテルが宿泊プランに 河北新報
◆8月8日 「うごく」「けんか」かさ上げ地で七夕勇壮に 河北新報
◆8月8日 <サブドレン>いらだつ浜 苦渋の決断 河北新報
◆8月8日 <サブドレン>福島県漁連が海洋放出容認 河北新報

◆8月7日 県内児童生徒数 全学年3年連続増 県外からの帰還定着 福島民報
◆8月7日 若い感性で再生議論 いわきでハイスクールサミット開幕 福島民報
◆8月7日 小牛田農林高生が地元のオリジナル食品開発中 河北新報
◆8月7日 <平七夕まつり>避難住民が協力の竹飾り登場 河北新報

◆8月6日 福島県避難者、11万人を切る 県内避難者の減少続く 福島民友
◆8月6日 郡山うねめまつり6日に開幕 前夜祭で太鼓披露 福島民報
◆8月6日 福島の今、胸に刻む ふくしま未来応援団 福島民報
◆8月6日 応援職員まだ56人不足 7月時点の沿岸9市町村 岩手日報
◆8月6日 地方創生施策で74万人の人口減抑制効果? 河北新報
◆8月6日 被災地に祈りの場を 巡礼ルート構築へ 河北新報
◆8月6日 嗜好合わず?あきたタニタ食堂 客足伸びず 河北新報

◆8月5日 ふくしま未来応援団 若い力で「伝える」決意 復興大使と心通わす 福島民報
◆8月5日 自然エネに理解深める 水力利用のぼり車製作 南相馬でサマースクール 福島民報
◆8月5日 <日航機墜落と大震災>命つなぐためフル回転 河北新報
◆8月5日 藻塩製造「顔晴れ塩釜」廃業へ 原発風評影響 河北新報
◆8月5日 <立佞武多>津軽の夜空豪快に照らす・五所川原 河北新報

◆8月4日 タイで売れ行き順調 福島県がモモの販売促進活動 福島民友
◆8月4日 県の宿泊クーポン第2期販売 新割引制度を導入 福島民報
◆8月4日 重点項目再要望へ 政府予算編成で県が5視点 福島民報
◆8月4日 新品種モモ福島の顔に 「夏の陽」出荷開始 福島民報
◆8月4日 ハワイアンズに続け!おかみらフラのまち宣言 河北新報
◆8月4日 <日航機墜落と大震災>無数の遺体懸命に搬送 河北新報

◆8月3日 誘福島病院が福島県初「赤ちゃんにやさしい病院」認定 福島民友
◆8月3日 誘客へ周遊ルート活用 東北観光復興目指し仙台で会議 福島民報
◆8月3日 <福島第1>燃料交換機を撤去 河北新報
◆8月3日 気仙沼線 BRT専用道は9割に 河北新報
◆8月3日 能代で日本一高い灯籠「天空の不夜城」巡行 河北新報
◆8月3日 熱狂包んでいざ出陣 青森ねぶた祭開幕 河北新報

◆8月2日 福島、世界の水準以下 専門家が年間被ばく量を解説  福島民友
◆8月2日 二本松、熱気に沸く 風とロックCARAVAN  福島民報
◆8月2日 福島と愛媛の絆さらに強く 「笑顔の写真」契機 鬼北町商工会女性部員来県 津波被災地を視察  福島民報
◆8月2日 瀬戸内寂聴さんが特別法話 10月11日、二戸・天台寺で  岩手日報
◆8月2日 双葉町の子どもたち、年に一度の再会  河北新報
◆8月2日 <祈りと震災>社会的使命を模索  河北新報
◆8月2日 <復興の風景>津波の猛威後世に/震災語り部(宮古市)  河北新報
◆8月2日 <ねぶた>前夜祭に「スター・ウォーズ」運行  河北新報
◆8月2日 復興願う大輪夜空に/石巻川開き祭り  河北新報

◆8月1日 2兆4621億円未執行 震災復興予算  福島民報
◆8月1日 住民の笑顔あふれる 原町「田舎食堂」開店1カ月  福島民報
◆8月1日 <復興の風景>「町の力に」と奮闘/応援職員  河北新報
◆8月1日 <福島わらじまつり>大わらじ威勢良く練り歩き  河北新報
◆8月1日 <ねぶた>芸術家の卵・制作作業を密着体験  河北新報
◆8月1日 <石巻川開き祭り>震災犠牲者を悼み灯籠流し  河北新報
◆8月1日 <防災庁舎県有化>一時保存調査に1850万円  河北新報

2015年【7月分】
◆7月31日 子どもの未来を考える会ベラルーシ派遣団、世界的ゲーム会社訪問  福島民報
◆7月31日 「あまちゃんサミット」熱気再び 久慈で1、2日  岩手日報
◆7月31日 被災地に盛夏告げるスカシユリ見頃  河北新報
◆7月31日 ウニ、いわきで5年ぶり水揚げ 原発事故後初  河北新報
◆7月31日 <震災遺構>仙石線旧野蒜駅を保存へ  河北新報
◆7月31日 <シェアハウス>若手漁師ら担い手確保へ  河北新報

◆7月30日 今を生きる 魅力発信 会津に恩返し 坂下の観光大使に就任   福島民報
◆7月30日 住田町庁舎、木材優良施設2位 全国表彰続く   岩手日報
◆7月30日 <復興の風景>運転士に夢膨らませ/三陸鉄道(久慈市)  岩手日報
◆7月30日 <仮埋葬地>無念 あの日の記憶荒れ地に残る  河北新報
◆7月30日 震災時犠牲者の「仮埋葬地」形跡とどめず  河北新報

◆7月29日 「ふくしまの桃開き」 高橋真麻さん招き東京でPR  福島民友
◆7月29日 酒どころ福島”酔ってみて” 来年のアフターDCで蔵元巡り実施   福島民報
◆7月29日 富岡の友情忘れない 郡山で集い、小中高生再会 古里の街並み模型で   福島民報
◆7月29日 シーカヤック楽しいね 宮古で青森の児童が体験   岩手日報
◆7月29日 復興願い“初舞台” 阿部さんら新人フラガール4人  福島民友
◆7月29日 県が買い取り型導入へ 山田の災害公営住宅37戸  岩手日報
◆7月29日 <販路を取り戻せ>評価弾みに風評に挑む  河北新報
◆7月29日 <その先へ>日本一安全な納豆を/避難区域で復活誓う  河北新報
◆7月29日 <回顧地元負担>実利優先 大人の対応  河北新報

◆7月28日 復興の姿 正確に発信 県内視察のミラノ大生 県庁訪問で「福島は大丈夫」  福島民報
◆7月28日 浄化地下水の海洋放出 相馬双葉漁協が受け入れ 風評対策など要望へ  福島民報
◆7月28日 <販路を取り戻せ>自らの足でニーズ把握  河北新報
◆7月28日 <原発再稼働>海外メディア 報道過熱  河北新報
◆7月28日 <むすび塾>木造密集域火災 共助が大切  河北新報
◆7月28日 被災地支援団体 資金繰り四苦八苦  河北新報

◆7月27日 浜の民俗芸能支援 NPO初会合事業計画決める  福島民報
◆7月27日 釜石・橋野鹿踊り復活の舞 4年ぶり、住民に喜び   岩手日報
◆7月27日 <相馬野馬追>砂煙上げ人馬疾走  河北新報
◆7月27日 次代担う150人が伝統芸能を熱演  河北新報
◆7月27日 漁船員に若者続々・気仙沼  河北新報
◆7月27日 <出征兵の遺書>(中)「敵国憎むな」子に訴え  河北新報
◆7月27日 夏空全開 東北南部が梅雨明け  河北新報

◆7月26日 夏の味覚を“丸かぶり” 県産モモ収穫体験会  福島民報
◆7月26日 田んぼに“滝桜”出現 三春に恒例アート、稲の色で表現  福島民友
◆7月26日 大「相馬野馬追」開幕 “威風堂々”450騎、勇壮な戦国絵巻  福島民友
◆7月26日 大酒飲みで糖尿病に 短命県の課題浮き彫り  河北新報
◆7月26日 原発への怒り石に刻む 川内に復興祈念の石碑  河北新報
◆7月26日 <女川原発>30キロ圏5市町避難計画固まる  河北新報

◆7月25日 今を生きる 心の復興に寄り添う 四半世紀ぶり 猪苗代に定住牧師  福島民報
◆7月25日 避難12市町村30〜40年後の将来像 復興庁最終案が判明  福島民報
◆7月25日 <相馬野馬追>武者絵巻 動画を端末で観覧  河北新報
◆7月25日 <相馬野馬追>きょう開幕 杯に武勲誓う  河北新報
◆7月25日 災害住宅と店舗の一体化 着工相次ぐ・気仙沼  河北新報
◆7月25日 <鉄路復旧断念>復興まちづくり影響を懸念  河北新報
◆7月25日 <鉄路復旧断念>JR東、BRTでの復旧提案  河北新報

◆7月24日 第一原発廃炉へ建屋内除染急務 福島のシンポで指摘相次ぐ  福島民報
◆7月24日 あでやかに七行器行列 福島・南会津で祇園祭  河北新報
◆7月24日 再生への自治模索 南相馬・小高  河北新報
◆7月24日 空き家 負の遺産から地域の財産へ  河北新報

◆7月23日 野菜など基準以下 14年度・福島県産の放射性物質検査  福島民友
◆7月23日 ジャーナリストスクール開校 児童生徒復興伝える  福島民報
◆7月23日 15校のメンバーが抱負 福島の魅力発掘 若松で結団式  福島民報
◆7月23日 蔵王温泉産「湯の花パウダー」で洗顔ツルル  河北新報
◆7月23日 南三陸産木材をブランド化へ FSC審査開始  河北新報
◆7月23日 <旧中浜小>遺構保存50年超 整備最小限に  河北新報
◆7月23日 <石巻再開発>まちづくり手法「優建」に注目  河北新報
◆7月23日 <石巻再開発>事業相次ぎ白紙 市街地再生遠く  河北新報

◆7月22日 浜通りの減少幅が最大 福島県内国有林・空間放射線量  福島民友
◆7月22日 情報発信へ“民間の力” 福島県の風評・風化対策  福島民友
◆7月22日 <震災遺構のいま>折れた橋桁が語り部  河北新報
◆7月22日 <ツール・ド・東北>宿泊代伴う民泊OKに  河北新報

◆7月21日 三重で支援のイベント 県内から60人、心の交流 福島復興 思い重ね  福島民報
◆7月21日 “人と自然の調和” アクアマリンに「縄文の里」がオープン  福島民友
◆7月21日 復興や風評に意見交わす 坪倉医師と福大の開沼研究員 南相馬  福島民報
◆7月21日 <祈りと震災>(62)輝く生 その先へ  河北新報
◆7月21日 <避難解除>生活環境整わず…学校再開に不安  河北新報
◆7月21日 <震災遺構のいま>古里喪失 教訓未来に  河北新報

◆7月20日 本県の課題解決策探る 二本松 ふくしま復興塾が開講  福島民報
◆7月20日 <祈りと震災>(61)信心超えて人つなぐ  河北新報
◆7月20日 <震災遺構のいま>学びや保存か解体か  河北新報
◆7月20日 岩沼・玉浦西「まち開き」 生活復興へ一歩  河北新報

◆7月19日 帰還促進へモニター制度 福島県内の現状、避難者が発信  福島民友
◆7月19日 福島駅乗降客にモモ贈る ミスピーチら  福島民報
◆7月19日 一戸・摺糠地区で子ども増加 12歳以下、4年で20%  岩手日報
◆7月19日 二本松の上野さん最優秀 JA全農福島の肉牛枝肉共励会  福島民報
◆7月19日 いわきの2海水浴場 海開き  河北新報
◆7月19日 石巻の魅力、多彩に体感 まちづくりイベント  河北新報
◆7月19日 <祈りと震災>(60)あなたのままでいい  河北新報
◆7月19日 新たな歴史 玉浦西地区、きょう「まち開き」  河北新報
◆7月19日 福島県と復興庁 支援策転換 戸惑う山形の避難者  河北新報
◆7月19日 <震災遺構のいま>解体の葛藤経て前へ  河北新報

◆7月18日 飯舘の復興、農業が鍵 避難区域再編から3年  福島民友
◆7月18日 磨き合い頂点 英国「IWC」世界一 喜多方のほまれ、夢心酒造 ライバル手携え  福島民報
◆7月18日 <原発事故>復興庁、首都圏避難者の支援縮小  河北新報
◆7月18日 <祈りと震災>(59)前向く力 取り戻す場  河北新報
◆7月18日 被災3県海水浴場、復活足踏み 復旧工事も影響  河北新報
◆7月18日 <震災遺構のいま>怖さ継承 犠牲ゼロへ  河北新報

◆7月17日 福島の酒「チャンピオン」 ロンドンの日本酒品評会  福島民友
◆7月17日 温かい言葉、次々と 両陛下が福島訪問、被災者励ます  福島民友
◆7月17日 相馬野馬追に向け標葉郷大熊町騎馬会が若松で出陣式  福島民報
◆7月17日 両陛下ご来県 桑折のモモ農家視察  福島民報
◆7月17日 ヒメボタル、夏夜に瞬く 折爪岳、幻想的な空間広がる  岩手日報
◆7月17日 日米の架け橋に 津波犠牲ALTの足跡しのぶ  河北新報

◆7月16日 トリチウム2000ベクレル検出 第一原発井戸、過去最高値  福島民報
◆7月16日 復興の動き活発化 飯舘 避難区域再編3年  福島民報
◆7月16日 <由紀さおり姉妹>復興支援25曲熱唱  河北新報
◆7月16日 <福島城下町に未来>観光振興地域資源の活用狙う  河北新報

◆7月15日 復興の現状 世界に発信 スイスで内堀知事   福島民報
◆7月15日 【陸前高田】まちの将来像を議論 市民が悩みや課題共有  岩手日報
◆7月15日 亘理町が仮設住宅集約を見送り  河北新報
◆7月15日 双葉病院謝罪訴訟、福島県と和解へ  河北新報
◆7月15日 <戦災と震災>不屈胸に歩き続ける  河北新報

◆7月14日 震古里復興胸に気勢 標葉、小高郷騎馬会が野馬追控え出陣式  福島民報
◆7月14日 塗り職人ら二戸で漆掻き 「一滴」の価値を実感   岩手日報
◆7月14日 内堀知事、脱原発社会を探る スイスで水力発電視察  福島民友
◆7月14日 地方創生モデルを会津若松で 復興相、支援を表明  福島民友
◆7月14日 震災、原発事故 後世に 常設発表施設、郡山に開設 記念式典 決意新た  福島民報
◆7月14日 復興のシンボル「あまころ牡蠣」お披露目  河北新報
◆7月14日 <蔵王山>山頂来訪者 前年同期6割止まり  河北新報
◆7月14日 <戦災と震災>2度の棄民 気力奪う  河北新報
◆7月14日 日本貿易保険と「輸出保険」締結 大七酒造  河北新報

◆7月13日 ブルーベリー摘み取り体験始まる 岩手町の8農園   岩手日報

◆7月12日 楢葉復興へ「なにかし隊」 初会合でアイデア出し合う  福島民友
◆7月12日 ミラノ万博で本県5団体、復興発信 伝統行事や踊り熱演  福島民報
◆7月12日 【避難12市町村将来像提言案】実効性、財源の担保を 首長らから指摘相次ぐ  福島民報
◆7月12日 <戦災と震災>反戦、津波 警鐘届かず  河北新報
◆7月12日 <あなたに伝えたい>家族みんなを見守ってくれ  河北新報
◆7月12日 <女川原発>村井知事インタビュー  河北新報
◆7月12日 <南三陸防災庁舎>敷地は県に無償貸与  河北新報
◆7月12日 仙台で「山形で農園ランチ」をPR  河北新報

◆7月11日 東北復興へ参加者交流 二本松でトレイル前夜祭  福島民友
◆7月11日 33市町村支援を当面維持 「子ども・被災者」基本方針改定案  福島民報
◆7月11日 福島県、ルワンダ復興考えよう 19、20日にイベント  福島民報
◆7月11日 <戦災と震災>不敗 安全 偽りの神話  河北新報
◆7月11日 <福島商圏喪失>帰郷困難、自立懸ける  河北新報

◆7月10日 浪江の新名物を全国に発信 3社がみそラーメン「親父の小言」を合作  福島民報
◆7月10日 第4部 精神的損害(30) 実態即した対応を 拙速幕引き 反発必至  福島民報
◆7月10日 防災をテーマに交流授業 気仙沼・階上中と高知・城西中  河北新報
◆7月10日 <戦災と震災>戦争は駄目だ。人の災いだ/(1)仙台空襲と津波  河北新報
◆7月10日 <戦災と震災>死のふち重なる記憶/(1)仙台空襲と津波  河北新報

◆7月9日 福島のNPO「シャローム」 公園の線量測定公表  福島民報
◆7月9日 第4部 精神的損害(29) 都路、地域差が拡大 住民融和へ模索続く  福島民報
◆7月9日 南三陸の味発信へ 新商品で販路開拓  河北新報
◆7月9日 地元農産物「愛す」 被災企業がジェラート店  河北新報
◆7月9日 震災遺構保存断念 豊間中の旧校舎解体始まる  河北新報

◆7月8日 復興の取り組み魅力PR 福島市長がスピーチ アジア太平洋都市サミット  福島民報
◆7月8日 <防災庁舎県有化>涙浮かべ「職員が守る」  河北新報
◆7月8日 東松島・野蒜の津波被害農地で大豆試験作付け  河北新報
◆7月8日 <川崎・青根温泉>ホタル舞い宿泊客魅了  河北新報

◆7月7日 格安宿泊券、はがき抽選販売に変更 福島県  河北新報
◆7月7日 復興を願い鯨の食文化を発信 石巻・十八浜  河北新報
◆7月7日 <避難解除>楢葉町民に賛否 過程に不信感も  河北新報

◆7月6日 両陛下16日来県を発表、宮内庁 モモ農家や被災者激励 福島民友
◆7月6日 第4部 精神的損害(26) 楢葉「延長」を評価 避難解除に疑問の声も   福島民報
◆7月6日 移住促進へ北東北連携 東京で3県合同の相談会   岩手日報
◆7月6日 神楽の魅力、一関から発信 8月から劇場で上演   岩手日報
◆7月6日 ワインと街歩き 上山を堪能  河北新報
◆7月6日 地域懐かし、賞品は「笑顔と絆」 気仙沼・浦島地区  河北新報
◆7月6日 <復興の風景>仮設と災害住宅/移りゆく人・まち  河北新報

◆7月5日 ドローンで線量調査 環境省など測定短縮へ実証実験   福島民友
◆7月5日 命守る森の防波堤 相馬「平成の杜」植樹祭   福島民報
◆7月5日 第4部 精神的損害(25) 与党「憎まれ役」に 期間明示、苦渋の決断   福島民報
◆7月5日 【速報】「橋野」が世界遺産登録決   岩手日報
◆7月5日 <復興の風景>高さ37メートル「命の道」/沿岸道路  河北新報
◆7月5日 <むすび塾>消防車入れず危険大 東京・大塚  河北新報
◆7月5日 <むすび塾>東京で木造密集地域の火災考える  河北新報
◆7月5日 <女川原発>事故時30キロ圏7市町高線量か  河北新報

◆7月4日 従業員向け保育園開設へ ホテル華の湯   福島民報
◆7月4日 「自然エネ100%」施策を 東北弁連が決議   福島民報
◆7月4日 「学ぶ防災」で有料公開へ 宮古、震災遺構のホテル   岩手日報
◆7月4日 <大熊じじいの夢>除染後の町を次世代へ  河北新報
◆7月4日 <女川原発>「安全避難可能か」住民懸念  河北新報
◆7月4日 地層学び地震に理解 仙台・荒浜小で防災授業  河北新報

◆7月3日 避難者励ます福島のバンド「∞Z」世界へ挑む  河北新報
◆7月3日 <蛯原英里>乳児マッサージ 被災地で指導  河北新報
◆7月3日 <大熊じじいの夢>施設建設、苦渋の容認  河北新報
◆7月3日 <復興の風景>海へ3キロ更地巡る/ベルトコンベヤー