【優秀賞受賞】 アイスクリーム  

奥能登の牧場の生乳と、能登の素材でアイスを

マルガージェラート

 お店は1999年6月末にオープンした。
 「マルガー」はイタリア語で「牧場」の意味。穴水・宇出津の中間・瑞穂に小さな店がある。


 アイスの製造を担当している柴野大造さんは1998年春に、東京農大を卒業後、家業の牧場に就農。農産物輸入自由化に備え、乳製品加工を考え、とりわけ付加価値が高いアイスクリームに取り組んできた。
 アイスクリーム類は、乳脂肪分の割合により、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、シャーベットに分類される。ジェラートはイタリア語でそれらの総称で、一般的にアイスミルク、ラクトアイスを指している。だから、乳脂肪分が低く、無脂乳固形分が高いので、ヘルシーでコクがある。


 店頭には常に、季節の素材を活かしたアイスがいっぱい。いちご、ブルーベリー、すもも、くり、かぼちゃ、柚子は直接農家に出向いて、完熟したものだけを収穫し、貯蔵して使う。主なメニューとして、早春のふきのとう、よもぎ、初夏のたまねぎ、にんじん、枝豆、とうもろこし、トマトなどの野菜、夏は地ビール、スイカ、メロン、巨峰、秋になると新米、梨、いちじく、りんご、冬は柿、キウイ、地酒が人気だ。
 かき貝、いしり、いか、岩のり、わかめ、めかぶ、いか墨など、能登の潮の香りのアイスもある。また、桜やラベンダー、バラなど、花の香りのするアイスも風雅だ。


 能登の塩田の天然塩を使ったソルトアイスは、その中でも際立ったアイスだ。焼肉屋やレストランのデザートとして利用していただいている。バター飴か塩飴の様な、昔懐かしい味に仕上がった。いろんな塩をブレンドしてみたが、奥能登、珠洲の揚げ浜塩田の塩が最上だった。


 金沢の郊外、野々市にも出店しているおかげでお店にお越しいただけるお客さんも増えている。注文に応じてオリジナルのアイスも作っている。例えば金沢のホテルには、五郎島金時、わさびなどの加賀野菜ジェラート、炭屋さんの竹酢液アイス、特産中島菜アイス、能登の深層水シャーベット、金箔最中アイスなどの製造もしている。



【マルガージェラート】
 125mlカップ ‥‥1個315

[地元産材料]
地元の食材を使ったアイスはメニューのバラエティ豊か


マルガー

〒927-0311 石川県鳳珠郡能登町瑞穂163-1 TEL.0768-67-1003 FAX.0768-67-1003
http://www.malgagelato.com/ e-mail:malgagelato@hotmail.com
(野々市店:石川県石川郡野々市町野代1-20-101 TEL.076-246-5580)