◎ 陶磁器 

能登の美しい自然を焼き付ける



【真葉手(しんようで)湯呑】 1客‥‥1,160

[地元産材料]近隣で採取した植物を直に焼き付け
真葉手湯呑み

大社焼は、昭和23年に先代の礒見忠司さんが羽咋の地で開いた窯。植物の生の葉を直接焼き付ける"真葉手(しんようで)"という独特の技法を用いています。
陶器の素朴な肌合いに、近隣の野山で採取された葉の美しい葉脈が浮かび上がり、能登の自然を感じさせる器です。


能登大社焼窯元

〒925-0003 石川県羽咋市寺家町テ41-1 TEL.0767-22-0622 FAX.0767-22-0999
http://www.taishayaki.com  e-mail:taishayaki@p2282.nsk.ne.jp