【優秀賞受賞】 繊維製品(和装着物・帯)◎ 

手織りだから、丸1日織って20センチ

能登上布「着物・帯」

 能登上布は、地域の女性たちの活動により、今も守り伝えられている麻織物。昔懐かしい織り機を使い、ガッチャンコットンすべて手作業で織り上げている。


能登に脈々と続く手織物  
 伝説によれば能登上布の歴史は約二千年前に遡り、崇神天皇の皇女が当地に麻の機織りを伝えたのがはじまりという。 戦後昭和30年代まで、この一帯で織り機を持たない家はない程だったそうだが、昭和52〜53年にはほとんどが辞めてしまった。現在はその伝統的な技を伝え継ぐため、能登上布会館を拠点に生産と人材育成の活動が行われている。

 さわやかな麻の肌触り
 能登上布の持ち味は、何と言っても手織り独特の上品さ。素朴な絣目は気品を醸す。肌触りも良く、身に付けると麻独特の通気性の良さと軽さで、夏の暑さを和らげてくれる。汗がつきにくいのも特徴で、楽な手入れで扱いやすい。「夏になると、みんな麻の上布を着てお寺に行ったもんや」。
 館内の機織り機は、どれも年季が入っている。昔からやってた家々に「あるかいね?」と尋ね、「家を建て替えする時に燃やいてしもた」という声を聞きながら寄せ集めた。
 各家で1年かけて織り貯めた反物を持ち寄ってずらりと並べ、京都から来た仕入れ問屋が検分した光景も今はない。子どもたちが学校でかわす「今日はこれだけクダ巻をさせられた」といった会話も今は昔。

手織りならではの味わい
 しかし、準備から仕上げまで手作業の工程は変わらない。絣模様を出すため、方眼紙に柄の絵を書き、経糸の染め方を計算する。機巻きは何十年やっても一本一本が一年生という。
 例えば白い糸に黒を押して染め、十の字を出す逆押し。コンピュータで作ったみたいにキチンと「じゅのじ(十の字)」が出ない。しかしそれが手織りの証でもある。「習いながら習いながら、スローライフそのものの織物」。
一般希望者の体験台もある。「時間に余裕が出来たら、ぜひ寄ってください。来られる時は、事前に連絡をしてください」。



【能登上布 「着物」】
 1反 ‥‥60,000

【能登上布 「帯」】※写真左
 1本 ‥‥30,000

その他にのれん、小物などもあります。


能登上布振興協議会

〒929-1604 石川県鹿島郡中能登町能登部下134部1番地 TEL.0767-72-2233 FAX.0767-72-2385
e-mail:notozyoufu@dance.ocn.ne.jp