ふくべ鍛冶 干場金物店
Tel. 0768-62-0785(店舗)
Tel. 0768-62-3707(工場)


 店舗所在地 ・・・ 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新23
 店舗〒 ・・・ 927-0432
 店舗営業時間 ・・・
7:00〜20:00
 店舗定休日 ・・・
年中無休
 
お話しくださった方 ・・・干場 勝治さん


昔ながらの鍛冶屋です
■農鍛冶・刃物に船のもの
 いわゆる農鍛冶です。クワ・ナタ・カマの製造・修理を明治41年から代々やってきました。農鍛冶と言えど、この辺りだから漁師の「間切り」だとか錨を作ったり、鈎、シバリ、タモとか何もかんもです。
 昔は「入れ鍛冶」といって、カナトコ担いで材料担いで、各集落歩いて仕事しに行きました。

■漁師の「間切り包丁」
 「間切り」
というのは、漁師が使う万能包丁です。漁師町にしかないものかもしれません。網仕事をする時にロープを切ったり、魚の腹開け、刺身を作る、陸仕事の網繕いでも使います。漁師はそれ1本でまかなえるものです。刃渡り4寸5分だから135ミリくらい。刺身包丁の小さいのみたいな感じ。普通の家庭でも刺身用に使っていたりします。
 漁師は、サヤを自分で愉しみながら作るみたいです。桐の木などを使われます。

■四角いクワと丸いクワ
 クワだけでも、10種類ほどあります。大きく言う「畑用」の中にも、粗打ち用など。
 土地によっても刃先の格好が違います。海岸線でいうと、波並地区までが丸いクワ。矢波地区から穴水の方へ行くと、四角い歯先になる。でもおんなじ作業に使っている。
 昔からそう決まっていて、それぞれの地区で不思議にそれしか使わないんです。

■クワは角度も土地で違う
 金沢・加賀・羽咋・能登では、使うクワの角度や勾配が微妙に違います。加賀の方は勾配が強いです。鍛冶屋のクセもあるかも知らんけど、土質の関係でしょう。
 羽咋は砂地だから、「打つ」よりも「引っ張る」感じで勾配が強いとか、こっちは粘土質で深く掘るため傾きが少ないとか。

山手にある工場では、
アイディアを元に試作も行っている。

■うちで本刃付け
 うちの特徴としては、既製品でも「刃付け」して出してることです。包丁でも一緒。全部本刃づけをしています。
 仕入れた品物は、6〜7割の刃しか付いていない。簡単に言うと「粗研ぎ」から「中研ぎ」ぐらいしかしてないんですね。それを「中仕上げ」と「仕上げ」をして出す。そうすると、よく切れます。
 よく、1本の砥石で包丁を仕上げていることがあるようだけれど、「粗」と「中」と「仕上げ」と、3本かけないと、良く切れるようにはなりません。


店頭には漁師町らしい商品も多い。

■今の売れ筋
 クワは耕耘機のおかげで少なくなってきてるけども、近辺の鍛冶屋さんが少なくなって、遠くからでも来ていただける。
 最近よく出るのは、林業の枝打ちナタ。植林クワも作ります。
 昔からの道具から、少しずつ売れるものが変わってきていますね。


前のものがたり  お店一覧にもどる  次のものがたり