藤本英二

藤本英二さん(ふじもと えいじ)

和歌山県出身で、大学、社会人と神奈川で過ごす。田舎暮らしを希望し、いろいろ調べ、IT関係の仕事から農業を目指す。平成24年7月~12月に実施された農業インターンシップ(都市生活者の能登地域での就農・定住に向けたきっかけづくりを目的に、能登で約6カ月間の長期にわたる農業インターンシップを実施)をすえひろで体験。そのまま、就職し、現在に至る。

有限会社すえひろ
〒927-1233 石川県珠洲市若山町出田ほ部26番地
TEL.0768-82-6788
http://www.suzu-suehiro.com/

ITの仕事から農業に転身

01和歌山県和歌山市の出身ですが、神奈川県(茅ヶ崎、川崎、横浜)で大学を出て、IT関係の仕事を6年ほどしていた。
田舎に住んでみたかったので、調べていたら農業研修の情報を見つけ、1年程準備して、能登にやってきました。準備のために、1泊2日程度の農業体験に参加したり、あちこち見学に行ったりもしていました。準備段階では、能登に来たことは無かった。福島県の昭和村や福井の勝山にも行ったことがあります。勝山では酪農を体験するために牧場でお世話になった。
右も左も分からないので、とりあえずやってみようと、半年の農業インターンシップを受け入れていたすえひろにお世話になることにした。平成26年7月で2年が経過。

農業は変化に富む

02農業は忙しいですね。仕事は8時から5時までですが、米づくりだけでなく、いろいろすることがあります。米は2年間経験しても、まだまだです。冬場は豆のことを主に行っています。豆で大切なのは選別。色や形の悪いものや傷がついているものを選び出す作業は根気がいりますね。それでも、農業の仕事は変化に富んでいて、面白い。自然や生き物が相手ですから、毎年、毎回同じということがない。経験の蓄積による知恵の集積もベースに必要ですが、常に変化することを前提に取り組まないといけません。

一軒家に一人住まい

0339歳で独身、結婚はまだあきらめていません(笑)。一軒家を借りて、一人で住んでいます。住む所を見つけるために、いろいろ探しました。空き家はたくさんあるのでしょうが、なかなかこれはという家に巡り合えませんでした。地域の皆さんのご協力あり、やっと見つけることができました。人間関係が大切ですね。家賃は月35,000円。

求人情報 農業スタッフを募集中

農業研修も毎年のように受け入れています。農場見学歓迎。

有限会社すえひろ 会社概要

03業務内容:
米、能登大納言、大豆、かぼちゃ、すいか、花きの生産・販売、加工品の製造・販売、耕作受託
代表:末政博司
所在地:〒927-1233 石川県珠洲市若山町出田ほ部26番地
TEL:0768-82-6788
FAX:0768-82-6477
資本金:300万円
設立:平成7年2月
従業員:10名
作付面積:稲作75.6ha、大豆12.5ha、小豆4.2ha
受賞歴:平成17年 天皇杯受賞/平成25年 OKOME BANZUKE 2013 上位8種類に推薦
URL:http://www.suzu-suehiro.com/

ページの先頭へ

(C) 2013-2014 能登定住・交流機構