和倉温泉 多田屋

七尾市

募集人財:CSM(顧客サービス管理)、客室スタッフ、施設管理

専務取締役
多田 健太郎さん

個人客を対象に上質なサービスを心掛けている和倉温泉のお宿。海に面したロビーからの眺めは絶景。能登全体の魅力の発掘と発信にも取り組んでいる。(2014年12月12日更新)

お客さんに見てもらいたい能登の魅力はなんでしょうか?

能登の文化は、五感を研ぎ澄ましてこそ分かると思っています。例えば、輪島の千枚田や間垣はなぜここに作ったのだろうか、そこにどういった喜びがあったのかと背景を色々想像してみると、より楽しめると思います。旅館は旅の楽しみ方を提案できるところです。多田屋のホームページにある「のとつづり」では、能登の魅力を細かく発信しています。能登いいでしょ、だから来てよって。その時の宿に多田屋を選んでほしいですね。

これからの事業について教えてください。

今あるものをきちんと伝えられるような仕組みを作っていくことに重点を置いています。多田屋としてのおもてなしの共通認識、教育、採用などの基準や、スタッフの喜びはどういうところなのかをきちんと把握しながら経営していきたいと思っています。お客さんは喜んでくださったけれどスタッフが疲弊していたのでは違います。

多田屋の魅力について教えてください。

まずは地元食材にこだわったお料理です。そして、良いスタッフがいます。泊まっていただくと伝わると思いますが、スタッフはうちの宝です。働く上での魅力は、風通しが良いところです。良いアイディアはすぐに採用します。新しい方でも早くから才能を発揮できる土壌があります。

どのような能力を持った人を求めていますか?

「強調性、笑顔、多田屋のことがどれくらい好きか」を重視しています。一番は協調性です。お客さんの満足度は、フロントや客室だけで作ることはできません。全部を通って生まれてくるものです。その思いを一緒に助長してくれる人かどうかを大事にしています。採用の際に笑顔チェックがあるんですよ(笑)。

最後に一言お願いします。

旅館のおもてなしは、生活様式とともに少しずつ変わってきています。昔からのよさを守っていく部分と、変化させる部分も必要です。今は守ることよりも、つくっていく段階だと思っています。それを一緒に楽しめるスタッフに来ていただきたいです。企画を提案できる人が嬉しいです。宿泊業には実はいろんな仕事内容があります。採用前に1、2週間のインターンを勧めています。その上で希望があればもう一度面接をする流れです。中の様子を見ながら働いてもらうことで、お互いのマッチングができればと思っています。

事業データ

企業名:和倉温泉 多田屋
所在地:〒926-0174 七尾市奥原町3-29
連絡先:TEL 0767-62-3434/E-mail info@tadaya.net
従業員数:65名
業種:宿泊業
事業内容:温泉旅館
URL:http://tadaya.net/



聞き手/桑名 真人(金沢大3年) (2014年11月に取材しました)

まずは、上記連絡先または能登定住・交流機構事務局までお問い合わせください。

ページの先頭へ

(C) 2013-2014 能登定住・交流機構