民宿ふらっと

能登町

募集人財:宿泊飲食業の担い手

ベンジャミン・フラットさん
船下 智香子さん

オーストラリア出身のシェフが作る能登の食材や調味料を活かしたイタリアンが自慢の民宿。高台にある宿からは世界一美しい湾に選ばれた富山湾を一望できる。(2014年12月12日更新)

どのようなお客さんが来られますか?

船下:メディアに取り上げてもらったことで反響はありました。新しいお客さんはメディアを見られた方が多いですね。一方で常連さんも多くいらしています。
ベン:お客さんはお料理を目当てに何回もリピートしてくれます。
船下:常連さんは「ただいま」って言ってくださいます。だから、お帰りって迎えます(笑)。このお仕事は人ですから。全力で喜んでもらえるように努力しています。

お客様に喜んでいただくためにどのような工夫をされていますか?

船下:当たり前のことですが、心づくしの美味しいお料理です。毎日、手打ちパスタを作ることや、朝採れの魚で仕込むこと。能登の伝承料理「こんかいわし(糠いわし)」や魚醤「いしり」を作り続けることもです。能登の食材と真摯に向き合うことが一番大切だと思っています。 主人は地元の人でさえ作らなくなっている魚醤「いしり」を率先して守っています。調味料を食材から作るシェフは世の中には少ないんじゃないかな。伝承料理は昔ながらの作り方を守って、主人の場合はイタリアンにアレンジする。そこがうちの特徴です。

世界の醗酵食?

ベン:能登は発酵食の文化がユニークです。これはシェフとしてとても楽しいこと。日本の味を作ることは難しいですが、いつもChallengeなんです。
船下:世界のトップレベルのシェフは発酵食にすごく興味があるんですよ。この間、スペインのライターさんが1週間も滞在していったんです。彼曰く、「能登は世界の中心かもしれない」って(笑)。これほど多様な醗酵食がまとまってある場所は珍しいようです。

能登の魅力を教えてください!

ベン:everything(笑)
船下:能登は絶景ですよね。食べ物が豊富で美味しくてユニーク。その上、文化や伝統もしっかりある。そんなところは他にないですよね。
ベン:ここには全部あるんです。だから能登に行くことは、本物のJapanに行くってこと。ありのままの能登が一番いい。
船下:当たり前のものが当たり前にあるんですよ。だから豊かなんだと思います。人も豊かですよね。「世界で最も美しい湾クラブ」(本部フランス・バンヌ市)が選ぶ世界一美しい湾に富山湾が選ばれたそうですよ。23か国の中で一番美しいって。
ベン:超ホットな田舎です(笑)。

これからのふらっとについて教えてください。

ベン:能登の伝承料理を受け継ぐ人が減っています。これから大切なのは、私たちがもっと上手に作れるようになって、次の世代につないでいくことです。
船下:旧ふらっと(現在はゲストハウス)の建物で誰かに宿をやってほしいんですよ。醗酵に関するお店でもいい。やる気のある方がいらっしゃったらサポートもしたいと思っています。

事業データ

企業名:民宿ふらっと
所在地:〒927-0443 石川県鳳珠郡能登町矢波27字26番地3
TEL:0768-62-1900
従業員数:2名
業種:飲食業・宿泊業
事業内容:民宿
URL:http://flatt.jp/


聞き手/桑名 真人(金沢大3年) (2014年11月に取材しました)

まずは、上記連絡先または能登定住・交流機構事務局までお問い合わせください。

ページの先頭へ

(C) 2013-2014 能登定住・交流機構