◆東日本大震災関連情報◆

<最新情報>
◆放射線量等分布マップ 文部科学省
◆福島県及びその近隣県における航空機モニタリングの測定結果 原子力規制委員会
2月19日 <JTB交流文化賞>農業復興支援の学生ボランティアが最優秀賞 河北新報
2月19日 福島大、双葉郡住民実態調査「うつ病に近い傾向」半数超 原発事故の負担色濃く 河北新報
2月19日 <被災水門保存>気仙沼市の姿勢に波紋「オープンな場で論議を」 河北新報
2月19日 <飯舘村自殺訴訟>あす判決 原発事故との因果関係が争点 河北新報
2月19日 <平昌五輪>羽生選手 逆境で学び力に 河北新報
2月18日 復興へ歩む姿語る 東京でフォーラム 被災地の事業者登壇 福島民報
2月18日 「日本酒王子」に平地さん 二本松でまつり、美酒に酔いしれる 福島民友
2月18日 <平昌五輪>66年ぶりの五輪連覇 羽生万感、王者の意地漂う風格 河北新報
2月18日 鎌先温泉に憩いの場を CFで資金募る 目標は100万円 河北新報
2月18日 閖上さいかい市場6年 心一つ最後の感謝祭 「かわまちてらす閖上」などに移転 河北新報
2月18日 <平昌五輪>宮城の誇り感動、感謝 羽生選手連覇、喜び広がる 河北新報
2月17日 震災後の福島に理解 首都圏学生、スタディツアー 福島民報
2月17日 再生エネ導入28% 県内エネルギー需要、補助充実で太陽光大幅増 福島民友
2月17日 <常磐線>全線再開へ着々 富岡−浪江間の除染、7割終了 河北新報
2月17日 震災時決死の救助 消防署員らが体験発表 仙台 河北新報
2月17日 <蔵王山>観光事業者を県が支援 噴火警戒の売り上げ減で制度融資 河北新報

詳しくは東日本大震災関連情報

【岳温泉・二本松市関係】
岳温泉観光協会FB岳温泉観光協会あだたら高原リゾートあだたらブログ(最新情報)岳クラブ安達太良マウンテンガイドネットワーク二本松市二本松観光協会ふくしま観光圏夕日ケ丘森花倶楽部FB夕日ケ丘森花倶楽部HP鏡が池碧山亭 Live Cameraあだたら山ライブカメラ二本松市岳温泉の天気

 
◆地域の祭・イベント情報◆

能登おたのしみガイド  夏の能登ふるさと博の一環で制作、祭、体験、お食事、直売所を紹介。祭りや体験交流プログラムを楽しみ、地域性のある食を味わい、直売所でお土産を。情報としては古いですが参考になります。
能登人と過ごす能登時間  能登の人と一緒に、ゆったりとした時間を、大人が楽しめるプログラム集、癒しプログラムが充実。

石川県の天気 / みちナビ / JR西日本 / のと里山空港 / 小松空港 / NEXCO中日本 / 交通取締 / 火災情報
  金沢便り

2018年2月18日(日) 金沢駅
今日の午前は金沢事務所に行き、雪かき。駐車スペースの雪をどかし、車を止めやすくしました。駐車場にも様子を見に行きましたが、相当な雪が車の前に残っており、作業を断念。もう少し雪が減ってから作業を行うことにしたい。午後は金沢駅まで出かけた。百番街で買い物をするのが目的。大勢のお客様でごったがえしていました。さすが休日です。2階のスーパーには、観光客と思われるお客様も沢山入っておられました。地域産の付加価値の高い商品も並んでいますから、土産を買う場所の一つになっているのかもしれませんね。駅前の駐車場も満車状態で入口でしばし並ぶことになっていました。それでも、数台でしたので、数分で中に入れましたが。それ以外は、昨日取材させていただいた企業のインタビューを文字化する作業を行う。おかげでめどが見えてきました。


2018年2月17日(土) 旅館経営
今日の午前は片山津温泉の湖畔の宿森本にお邪魔し、森本社長にお話をうかがう。年間休日105日で求人票を出されており、加賀の温泉旅館の中では最も多い旅館の一つです。社長になられてまだ数年ですが、新たな手をいろいろと打たれています。部屋食をほとんど無くし、レストランでの食事に転換、いわゆる接待さんを無くし、仕事を分割、それぞれを担う人材を集めておられます。お部屋のリノベーションも少しづつ行い、5年サイクルで展開することを考えておられます。宿泊単価も3000円ほどあげられたとのことですが、食材費と人件費に割り当てておられるようです。宿泊プランもいろいろ用意し、女性客をメインターゲットにしておられます。若い経営者が親世代の理解も得て展開されているようで、楽しみです。このような旅館にこそ、創造的な人財に入っていただきたいものです。夕方には金沢に戻る。


森本のバーコーナー/FONT>

2018年2月16日(金) 新しい漁業
午前は橋立港に行き、金城水産の窪川さんにお話をうかがう。東京から移住してきてすでに5,6年とのこと。定置網の漁のために漁船に乗り、乗組員としての仕事をしつつ、販売先や輸送のためのトラックの手配などもこなす。魚の鮮度をよくするために最初から漁船に氷水を積んでおき、水揚げした魚を速やかに氷漬けにします。量が多い時は福井や金沢、氷見などの港に魚を送ります。評価を高めつつ、価値を高める販売を追求されています。スタッフも若返り、20代、30代がそれぞれ複数いて、平均年齢は40歳ほどとのこと。新たな定置網も入れる計画で、希望者がいれば受け入れていただけるようです。定置網は3,4キロ沖合に設置されていますので、船でその間を往復するだけなので、船に乗っている時間も短く安全です。船酔いはするようですが。明るく元気なスタッフが集まっていて、将来がますます楽しみです。労働時間も短く、休日も年末年始には20日以上の長期休暇を設定しています。船の上での作業も重機が行ってくれるので、重労働ではなくなっています。橋立で仕事をされていますが、お住まいは大聖寺で、お子様が高校に通う都合も考えておられます。昼は橋立の舟重でいただき、Iパスのお願いに回る。夜は神明町の住民の方のお通夜に参列、暮らし体験の家に泊まる。


金城水産のスタッフ

2018年2月15日(木) お花見久兵衛
午後は山中温泉のお花見久兵衛で吉本社長にインタビュー。37歳の若きトップです。着実に経営革新の取り組みをされています。経営方針を小さな印刷物にされて社員が共有されています。使命・存在意義として『旅館業の地位向上」を掲げ、ビジョンとして、2020年5月1日までに、山中温泉で一番行ってみたい旅館、一番働きたい旅館になる」ことを明示。2030年には石川県で一番働きたい旅館になることを目指されています。会社の理念は「人の成長、第一主義」。旅館業は人により成立する部分が大きいが故の発想です。素晴らしいです。今後も関わらせていただければと思う。素晴らしい経営者はまだまだいるのだと感じさせられました。集中的に旅館経営者のお話をうかがってまわりたいものです。朝は白山市役所にお邪魔し、叔母の米寿のお祝いを受け取り、叔母の家の様子を見に行く。その後、加賀に移動し、暮らし体験の家へ。お花見久兵衛での取材の後、ゆーゆー館に行き、水中運動モニター終了後の皆さんと顔を合わせる。楽しみながら体験していただいているようで何よりです。


お花見久兵衛の内部・お風呂が近い

2018年2月14日(水) 加賀・金沢・能登
加賀は快晴の朝でした。移住予定者を伴い、昼前に金沢に着くように移動。8号線、加賀産業道路を通るがスムーズでした。渋滞していたのは金沢市内で、2車線の歩道側の車線に雪が残り、1車線での走行になっている場所があちこちに。ガソリンを補給し、金沢事務所に立ち寄って、駅前のホテルへ。ANAホテルの花梨でランチ。途中、ホテル金沢にプロジェクターを届ける。当方は早々にお暇し、市内の会社にお邪魔して取材を受ける。終了後、能登に向かう。のと里山海道は雪もなく走り易かったです。門前に行き、手仕事屋で星野さんと話を。夜は手仕事屋で商店街の勉強会がある。輪島市内からもお越しいただき、10数名での会合に。共食の実験イベントを行うことに話がまとまる。20時半で終了させていただき、当方は金沢に戻るが、眠くて途中で休憩。なんとか戻ってきました。


手仕事屋での料理

以前の金沢便りはこちらをご覧ください。

MENU◆ 最初のページ/ 能登のエコツアー/ 鉢伏山に行こう!/ 能登でココロもどる旅!/ 石川のエコツーリズム/ 能登人と過ごす能登時間/ おすすめの珠洲/ 能登杜氏物語/ 能登お店の物語/ いしり/ 能登手仕事屋/ ほうだつ山麓米/ 能登の案内人(携帯用]/ 和倉温泉商店連盟/ 「美味しい石川」/ 八尾風便り/ 地方ことばのページ/ 金沢便り/ ご意見箱/
■テーマ別リンク集 ◆ツーリズム関連/ ◆首都圏で出会う北陸/ ◆UIターン/ ◆ライブカメラ/ ◆環境・自然体験/ ◆農家のページ/ ◆観光情報/ ◆観光施設/ ◆飲食店/ ◆宿泊施設/富山/石川/福井/ ◆博物館・美術館/ ◆交通・天気/ ◆自治体/ ◆地域づくり/ ◆マスコミ/ ◆検索エンジン/ ◆緊急情報・調べもの/ ◆岐阜県情報
(株)ぶなの森 担当:高峰博保 金沢事務所:金沢市泉1丁目3番12号プランドールT101 〒921-8041 TEL 076-287-5530 FAX 076-287-5531
能登事務所:鳳珠郡能登町字当目60字41番地2 〒928-0334 地図 TEL 0768-76-0600
takamine@bunanomori.com
since 2012.3.25