◆東日本大震災関連情報◆

<最新情報>
◆放射線量等分布マップ 文部科学省
◆福島県及びその近隣県における航空機モニタリングの測定結果 原子力規制委員会

10月20日 <南部鉄器>3D技術で変身 鉄プレッソ、ドクロ鉄瓶…若者にアピール  河北新報
10月20日 <志津川湾ラムサール登録>南三陸町役場にお祝いの横断幕  河北新報
10月20日 秋空彩る熱気球 一関・バルーンフェス開幕  河北新報
10月19日 宝の山黄葉色めく 磐梯山ゴールドライン  福島民報
10月19日 <志津川湾ラムサール登録>海藻藻場で国内初 宮城・南三陸  河北新報
10月19日 <志津川湾ラムサール登録>自然保護へ決意新た 地元、観光振興も期待  河北新報
10月19日 <石巻かき丼>国際認証受けた自慢のカキ、味わって!21日から6店で提供  河北新報
10月19日 新そば召し上がれ 山形各地でまつり開催  河北新報
10月19日 車いすダンス 華麗に 機敏に 21日に仙台でフェス  河北新報
10月18日 伝統「合わせ網漁」公開 楢葉・木戸川のサケ漁が本格化  福島民報
10月18日 「竹パウダー農法」実感 塙で体験ツアー、東京から参加者  福島民友
10月18日 <東日本大震災>石巻・半島部復興に弾み 雄勝と鮎川浜に拠点施設着工  河北新報
10月18日 <仙台市>ゴミ出しルール見て覚えて 外国人向けDVD配布  河北新報

詳しくは東日本大震災関連情報

【西日本豪雨関連情報】
倉敷市総社市広島市呉市東広島市坂町三原市大洲市宇和島市西予市松山市倉敷市災害ボランティアセンター総社市災害ボランティアセンター広島市災害ボランティア本部くれ災害ボランティアセンター東広島市災害ボランティアセンター三原市災害ボランティアセンター山陽新聞中国新聞愛媛新聞時事ドットコム47NEWS

 
◆地域の祭・イベント情報◆

能登おたのしみガイド  夏の能登ふるさと博の一環で制作、祭、体験、お食事、直売所を紹介。祭りや体験交流プログラムを楽しみ、地域性のある食を味わい、直売所でお土産を。情報としては古いですが参考になります。
能登人と過ごす能登時間  能登の人と一緒に、ゆったりとした時間を、大人が楽しめるプログラム集、癒しプログラムが充実。

石川県の天気 / みちナビ / JR西日本 / のと里山空港 / 小松空港 / NEXCO中日本 / 交通取締 / 火災情報
  金沢便り

2018年10月21日(日) 戸隠神社
 今日も北陸新幹線で出かける。全国的に天気が良いということで、家族で長野まで出かける。メインの目的地は戸隠神社、長野駅前からバスに乗り、1時間ほどで戸隠神社奥社に到着。長い参道を歩いて奥社にたどり着く。途中から階段になり、徐々にそれもきつくなっていったので、途中で何度も休憩し、無事着けました。お参りの後、随神門まで戻り、脇道に入って鏡池まで歩く。木道が設置されており、歩きやすい。鏡池で紅葉した風景を撮影し、シャトルバスで中社まで戻る。昼食には戸隠そばをいただくが、戸隠堂というそば屋で順番待ちをして、食すことができました。中社からバスで善光寺まで戻り、拝観。暗闇の中を歩く体験もさせていただく。門前からバスで長野駅まで戻り、駅の商業施設で買い物をして、無事帰ることができました。17000歩以上歩き、疲れました。


戸隠神社奥社

2018年10月20日(土) 4県合同移住フェア
 北陸新幹線沿線4県合同移住フェアに参加するために新幹線で東京へ。有楽町駅前の東京交通会館3階グリーンルームが会場。北陸新幹線沿線の石川県、富山県、新潟県、長野県から自治体が出展。石川県からは金沢市、輪島市、羽咋市、志賀町、穴水町、能登定住・交流機構、加賀白山定住機構、いしかわ農業総合支援機構、石川県が出展。11時〜17時まで相談対応。何人かの人とお話することができました。事前に電話で相談に乗っていた方も来てくれたので良かったです。


移住フェアの様子

2018年10月19日(金) 移住予定者サポート
 朝4時半には家を出て山中温泉へ。空が明るくなり始めたころに到着。途中は雷が光っていましたが、山中温泉は星が見えて天気は大丈夫そうでした。総湯の横で森歩きの準備。定刻の6時前には参加者が揃い、血圧測定、準備体操の後、歩き始める。今日は先日見つけた森の土の道を歩くルートを歩いてみました。おおむね好評でしたね。終了後は暮らし体験の家に移動し、朝食を作り、移住予定者を交えて会食。今後の予定等もうかがう。その後、市内を案内する。まずは奥谷の梨園を見学。次に住む予定の家も外から拝見する。そこから分校に移動し、まずは平松牧場へ。生き物が好きとのことでしたので、ソフトクリームをいただいた後、動物を見学。お母さんともお話いただきました。次に平岡さんのココットにお邪魔し、鳥たちを見学した後、お店に入り、平岡夫妻と話をしていただく。山中温泉にも足を伸ばし、鶴仙渓を案内、ゆげ街道の姑娘でラーメンと餃子をいただく。車に戻り、大杉茶屋に向かうが、雨がひどくなり、あられも交じっていました。しばし、大杉茶屋で草だんごをいただきながら、お話をしてもらう。加賀温泉駅に送り、一旦暮らし体験の家に戻り洗濯、洗濯ものを干した後、金沢に戻る。金沢駅で明日のチケットを買い、観光案内所で地図を集めて戻る。


森歩きの集合場所・総湯

2018年10月18日(木) のと里山空港移住案内窓口
 昼を目がけて門前に行く。手仕事屋は外人のサイクリストで賑わっていました。毎年のようにお越しのツアーのようです。何度か見かけています。お客様が落ち着いた段階でそばをいただき、今後のことについてお話をうかがう。午後3時からは能登空港ターミナルビルで「のと里山空港内への移住案内窓口設置にかかる打ち合わせ」に出席させていただく。奥能登の4市町の移住定住促進施策について、それぞれから説明いただいたので、共有するにはよい機会でした。終了後、ターミナルビルで相談、帰りは遅くなりましたが、状況を説明し共有できたことは良かったです。


手仕事屋のそば

2018年10月17日(水) 鶴仙渓
 朝4時過ぎに家を出て山中温泉へ。血圧測定の後、6時から鶴仙渓を歩く。歩き始め。の時間には明るくなっていましたので、安心でした。あやとり橋の下のさくら公園の歩いていなかったエリアも歩いてみました。暮らし体験の家で朝食をたべた後、再度山中温泉へ。かよう亭で上口さんから鶴仙渓についてお話をうかがう。早速教えていただいたルートを探すべく、鶴仙渓を歩いてみました。気になっていた道を2つ歩いてみました。一つは次回に歩いてみたい。バイパスとして変化をつけるには程よい道です。もう一つは、さくら公園から東山神社に上がるルートです。途中に倒木と崩落した場所があるので、倒木の片付けと迂回ルートづくりが必要ですが、程よい歩く道になりそうです。午後は金沢商工会議所にある石川県商店街振興組合連合会にお邪魔して、打合せ。


鶴仙渓からのバイパスルート

2018年10月16日(火) 大聖寺
 朝はご飯を炊いて、昨日の残りで朝食。昼まで事務作業を行い、昼食も暮らし体験の家でいただく。午後は、加賀まれびと交流協議会のメンバーがお越しになって意見交換。学生インターンの受入の今後について議論するが、団体の性格上難しい面もあるようだ。終了後、金沢に移動し、見積書や契約書、請求書をまとめて作成し、新金沢郵便局へ出しにいく。今年度も前半が過ぎ、新たな展開を考えないといけませんね。


2018年10月15日(月) 福ふく庵
 朝4時過ぎに金沢を出て大聖寺へ。暮らし体験の家に立ち寄り、血圧計を持って山中温泉に行く。6時前には明るくなり、森歩きモニター参加のメンバーも徐々に集まってきて、順番に血圧を測定。簡単に準備運動をしてスタート。いつものコースを歩き、6時半過ぎには総湯のそばに戻ってくる。再度血圧を測定し、記録。大聖寺に戻り、朝食を。昼は福ふく庵でそばをいただく。越前そばのお店ですが、ぶっかけそばをご馳走に。住宅を利用している感じのお店です。洋風のご自宅の裏にお店の建物があります。夕方からはぶなの森のミーティングを行う。今後の活動について意見交換。6時過ぎからは懇親会。どこにも出かけず、11時過ぎには床につく。


福ふく庵のそば

2018年10月14日(日) 休養日
 午前は野々市まで買い物に出かけましたが、午後は、このホームページの記録を作成し更新。その後は夕方まで寝ている。おかげで、疲れはとれた感じですかね。先週は歩くことも多く、足腰が疲労している印象が強かったです。たまには何もせずおとなしくしていることも必要かもしれません。夜も、明日6時からの加賀でのウォーキングに備えて早めに寝る。


2018年10月13日(土) 上高地
 朝6時に金沢を出て、上高地に向かう。金沢大学の横を抜けて、福光に抜け、福光インターチェンジから東海北陸道に上がり、飛騨清見から中部縦貫道を高山へ。高山からは一般道を平湯温泉へ。平湯のあかんだな駐車場に車をとめて、上高地行きのバスで終点のバスターミナルへ。河童橋を渡り、梓川沿いの穂高連峰の山裾側の道を歩き、明神橋まで。穂高神社奥宮の参道脇にある嘉門次小屋でそばや岩魚の塩焼きをいただき、吊り橋の明神橋を渡った上で、来たルートを戻る。午後には雲ってきたので、朝早く来て正解でした。上高地バスターミナルから午後1時のバスで平湯に戻り、足湯にしばらく入る。長く入っていられる程よい温度でした。レストランで軽く昼をいただき、土産を買って、来た道を金沢に戻る。途中、城端のパーキングに入り休憩。金沢には夕方5時頃には戻る。


河童橋近くからの穂高連峰

2018年10月12日(金) 第5回日本クアオルト協議会大会2日目
 朝8時過ぎから、体験会の見付海岸のコースを歩いてみる。砂浜が広くなっており、砂浜と森をいったりきたりできそうです。8時45分から地元の参加者の受付を見附茶屋前で行い、健康チェックシートを記入いただき、血圧測定。血圧が高い人が何人もおられたので、上腕式血圧計でも測っていただくが、いずれでも高く、歩くのを断念していただく方もいらっしゃいました。安全第一の活動ですので、仕方ありません。9時半から準備運動を行うが、その指導は理学療法士の方に行っていただく。クアオルト大会参加の方々が先に出て弊社の今井が案内し、続いて地元の方々を案内する。1時間程で終了。のとじ荘で意見交換。終了後は見附茶屋で昼食をいただく。午後は、ラポルトすずでの基礎研修会に付き合うが、さすがに眠い。参加者を見送り全て終了。参加いただいた方々、スタッフの皆さんお疲れ様でした。


見付海岸での活動の様子

2018年10月11日(木) 第5回日本クアオルト協議会大会
 能登事務所を早めに出て、珠洲へ。午前はラポルトすずで第5回日本クアオルト協議会大会in珠洲の準備を手伝う。その前に、商工会議所に立ち寄り、「能登の美味しい海藻」を預かり、ラポルトすずの珠洲市のコーナーに積み上げて、お持ち帰りいただけるようにする。昼前には、全国からの参加者もお見えになり、会場内で「すず弁」を食べていただく。午後1時から開会式、続いて基調講演を3名の先生方にしていただく。金沢大学の中村裕之教授、金沢学院大の藤原勝夫教授、石川県立大学の榎本俊樹教授にこれまでの珠洲や能登での研究成果を発表いただきました。休憩の後、3つの分科会をラポルトすずの中で行っていただく。夜は、隣の「さいはてのキャバレー準備中」で交流会。お宿のバスでのとじ荘に送っていただき、部屋に荷物を入れた後、ラウンジで二次会。11時近くまで楽しませていただく。


日本クアオルト協議会大会in珠洲で講演する藤原勝夫教授

2018年10月10日(水) 加賀から珠洲へ
 朝6時から山中温泉で「森歩きモニター」に参加。曇り空ながら、明るくなったところを30分強で歩く。少しずつ健康につながる話をしながら歩くことで、楽しみを提供できればと思う。終了後、珠洲に向かう。柳田から珠洲に抜ける農道を通るが、宝立山のブナは黄葉し始めているようです。近いうちに一度様子を見にゆきたいものです。珠洲ではまず木ノ浦でのガイド最終チェックにつきあい、クアの道を歩く。途中、大きな落ち枝がありますが、歩行に支障はなさそうなので、日本クアオルト協議会大会の後に片付けることになりそう。 昼はつばき茶屋で刺身定食をいただく。随分久しぶりですが、経営者母娘はお元気そうで何よりです。午後は鉢ケ崎と見付海岸でのガイド研修を行う。終了後は大会のメイン会場であるラポルト珠洲に行き、会場確認と打ち合わせ。やなぎだ荘で温泉に入り、スーパーしんやで買い物をして能登事務所に戻る。水上さんと簡単に打ち合わせをして、12日の東京でのセミナーに持参いただく資料をお渡しする。能登事務所泊。


つばき茶屋でいただいた刺身定食1500円

以前の金沢便りはこちらをご覧ください。

MENU◆ 最初のページ/ 能登のエコツアー/ 鉢伏山に行こう!/ 能登でココロもどる旅!/ 石川のエコツーリズム/ 能登人と過ごす能登時間/ おすすめの珠洲/ 能登杜氏物語/ 能登お店の物語/ いしり/ 能登手仕事屋/ ほうだつ山麓米/ 能登の案内人(携帯用]/ 和倉温泉商店連盟/ 「美味しい石川」/ 八尾風便り/ 地方ことばのページ/ 金沢便り/ ご意見箱/
■テーマ別リンク集 ◆ツーリズム関連/ ◆首都圏で出会う北陸/ ◆UIターン/ ◆ライブカメラ/ ◆環境・自然体験/ ◆農家のページ/ ◆観光情報/ ◆観光施設/ ◆飲食店/ ◆宿泊施設/富山/石川/福井/ ◆博物館・美術館/ ◆交通・天気/ ◆自治体/ ◆地域づくり/ ◆マスコミ/ ◆検索エンジン/ ◆緊急情報・調べもの/ ◆岐阜県情報
(株)ぶなの森 担当:高峰博保 金沢事務所:金沢市泉1丁目3番12号プランドールT101 〒921-8041 TEL 076-287-5530 FAX 076-287-5531
能登事務所:鳳珠郡能登町字当目60字41番地2 〒928-0334 地図 TEL 0768-76-0600
takamine@bunanomori.com
since 2012.3.25