◆東日本大震災関連情報◆

<最新情報>
◆放射線量等分布マップ 文部科学省
◆福島県及びその近隣県における航空機モニタリングの測定結果 原子力規制委員会
11月17日 丸森町議会と伊具高が懇談 住みたい町へ提案続々 河北新報
11月17日 酒田のカキ小屋オープン 殻は土壌改良に利用 河北新報
11月17日 <広島市商高、三陸の海産物をネット販売 河北新報
11月16日 【健康長寿・糖尿病(1)】被災地で高血糖増 避難中に食生活乱れ 福島民友
11月16日 地方創生実現へ連携 経営支援態勢を強化 福島民報
11月16日 原発事故で出荷制限 宮城県産シイタケ復活を 加美の農家が試験栽培に挑戦 河北新報
11月16日 松林再生へ児童ら協力 東松島東根の小学生と植樹 河北新報
11月16日 <いちおし土産>大豆と米栄養手軽に 河北新報
11月15日 <さいとう製菓>震災乗り越え大船渡に本店再建「かもめテラス」オープン 河北新報
11月15日 志津川小で持久走 震災後設けた初の校外コースを力走、沿道で住民ら声援 河北新報
11月15日 <大川小訴訟>元校長証言「(震災2日前の)地震で津波の堤防越え考えた」 河北新報

詳しくは東日本大震災関連情報

【岳温泉・二本松市関係】
岳温泉観光協会FB岳温泉観光協会あだたら高原リゾートあだたらブログ(最新情報)岳クラブ安達太良マウンテンガイドネットワーク二本松市二本松観光協会ふくしま観光圏夕日ケ丘森花倶楽部FB夕日ケ丘森花倶楽部HP鏡が池碧山亭 Live Cameraあだたら山ライブカメラ二本松市岳温泉の天気

 
◆地域の祭・イベント情報◆

能登おたのしみガイド  夏の能登ふるさと博の一環で制作、祭、体験、お食事、直売所を紹介。祭りや体験交流プログラムを楽しみ、地域性のある食を味わい、直売所でお土産を。情報としては古いですが参考になります。
能登人と過ごす能登時間  能登の人と一緒に、ゆったりとした時間を、大人が楽しめるプログラム集、癒しプログラムが充実。

石川県の天気 / みちナビ / JR西日本 / のと里山空港 / 小松空港 / NEXCO中日本 / 交通取締 / 火災情報
  金沢便り

2017年11月17日(木) 標柱づくり
朝から加賀の暮らし体験の家で仕事。まずは午後の打ち合わせのための資料を準備。早めに昼をいただき、午後は暮らし体験の家の裏で、標柱づくりを行う。先日切っておいた竹を割り、標柱を作成。200本ぐらいにはなったでしょうか。鉢伏山の頂上エリアに移植したブナの幼木の目印とするため。市役所で打ち合わせの後、紐で縛り、車に乗せて金沢に戻る。


2017年11月16日(水) 移住希望者サポート
朝から、移住希望者からヒアリングの上、市内を案内する。空き家を見て回りつつ、竹の浦館、鴨池観察館なども見学。鴨池観察館では、珍しいという昼間の落雁を拝見。多くの雁が群れて鴨池に下りてくる様子を拝見できました。旋回しながら、ゆるやかに着水してゆきます。いくつかのグループが福井方面から続けて戻ってきました。橋立の舟重で昼食をいただく。香箱カニがメインのランチは贅沢でした。午後は、橋立のまるや水産をのぞいたり、片山津の不動産会社にも顔を出して、空き家を紹介してもらい、複数の家を見学に行く。一旦、大聖寺に戻った後、今度は山中温泉、山代温泉を回る。ぞれぞれ空き家を紹介する。最後は元気村で買い物をしていただく。


舟重でいただいた香箱カニ

2017年11月15日(水) 新たな移住希望者
朝から加賀へ。新たな移住希望者の受入のために、かりぐらしの家で準備。シーツを洗濯し、コインランドリーで乾燥させ、布団の用意をする。一方、暮らし体験の家の裏の斜面で竹を切り、短くカット。いくらかは竪に割る。途中雨が降ったので、休憩しながら続ける。鉢伏山の中将エリアに移植したブナの目印として使う予定。暗くなって、移住希望者が北海道から到着。少しだけ打ち合わせを行い、夕食場所をアドバイスし、当方は金沢に戻る。先日から暮らし体験の家に滞在中の移住希望者は、住むところが決まり、12月中旬に移住してこられるとのこと。取りあえず、一歩前進ですね。


2017年11月14日(火) クアの道・木ノ浦歩き
朝は6時半ぐらいに能登事務所を出て鉢伏山へ。小雨が降る中、頂上エリアの整備を行う。10本ほど移植も行う。三角点近くの茂った場所を切り開く。一番最初に整備したところを再度開く。頂上エリアを所有されていた坂下さんや地域の方々と一緒に一帯を開いたのは2008年のことであろうか。2009年11月9日、最初にブナを5本移植していますが、そのうちの一本が成長してきています。そのまわりも少しきれいにしました。9時には能登事務所に戻り、能登半島先端の木ノ浦へ。クアの道・木ノ浦を歩く。雨もあがったので、歩きやすかったです。森の中の小道には落ち葉が堆積し、足にやさしい感じでした。設定されたコースを一通り歩くことができました。珠洲の方も歩いたことがないとのことで、よい機会になりました。地物を活かした美味しい昼食をいただき、打ち合わせを行い能登事務所に戻る。再度、鉢伏山にあがり、ネマガリタケを刈る。途中激しく雨が降ってきたので、大きな杉の木の下で雨宿り。小康状態になったので、作業を続け、暗くなって来たので作業を終えて下山。何本も移植したブナを発見できました。


木ノ浦のクアの道を歩く

2017年11月13日(月) 鉢伏山のブナ林再生
朝6時半には金沢を出て能登へ。午後の準備をした上で、鉢伏山に登る。今日も、移植したブナのまわりを明るくする作業を行う。頂上エリアの能登町側のへりに設けたルート上に移植したブナを探して、そのまわりのネマガリタケなどを除伐する。いろんなサイズの稚樹を移植したので、大きさはさまざまですが、確実に成長してくれている印象です。5年もすれば、人間の背丈を越えてくれそうな木が何本もあります。すでに背丈を越えた木もあれば、背丈ほどに伸びた木もあります。三角点の東南の下側に植えた木は背丈ほどになっていますし、枝もブナらしく四方に伸びてきています。そのまわりもきれいにしました。可能な限り見届けたい。昼過ぎには下山、セミナーハウス山びこで昼食をいただいた後は、追加で資料を出力し、宝達志水町議会の議員さんたちの視察を受入、説明をさせていただく。


鉢伏山頂上エリアへの入口付近

2017年11月12日(日) 回転寿司
昼食のために近くの回転寿司屋へ出かける。12時半ぐらいであったが、3組ほどで順番が回ってきた。天気も良くて、遠方に出かけている方が多いのか、普段に比べてお客が少ないような印象。秋が深まる中、紅葉見物には絶好の日和だったかもしれない。そうは言っても、当方はどこにも出かけず、家でごろごろしていた一日でした。


2017年11月11日(土) NCL
夕方に加賀の暮らし体験の家にNCLの新たなメンバ―2名が泊まりに来るとのことで、その受入のために加賀に行く。2部屋にそれぞれ布団を用意し、暖房をかけておく。寒いおそれがあったので、毛布を一枚洗濯をして、コインランドリーで乾燥させてくる。午後早々に、暮らし体験の家に滞在中のご夫妻が戻られたので、しばし話をさせていただく。夕方には、NCLのメンバーが来られたので、鍵をお渡しし、少しだけお話をうかがう。彼らが温泉と夕食に出かけたので、早々に金沢に戻る。暮らし体験の家は昨年6月に用意しましたが、十分機能してくれていますね。空き家を確保して、移住体験の拠点として活用できるとよいですね。学生諸君の利用も想定すれば、もっとあってもよいのではないかと思う。


以前の金沢便りはこちらをご覧ください。

MENU◆ 最初のページ/ 能登のエコツアー/ 鉢伏山に行こう!/ 能登でココロもどる旅!/ 石川のエコツーリズム/ 能登人と過ごす能登時間/ おすすめの珠洲/ 能登杜氏物語/ 能登お店の物語/ いしり/ 能登手仕事屋/ ほうだつ山麓米/ 能登の案内人(携帯用]/ 和倉温泉商店連盟/ 「美味しい石川」/ 八尾風便り/ 地方ことばのページ/ 金沢便り/ ご意見箱/
■テーマ別リンク集 ◆ツーリズム関連/ ◆首都圏で出会う北陸/ ◆UIターン/ ◆ライブカメラ/ ◆環境・自然体験/ ◆農家のページ/ ◆観光情報/ ◆観光施設/ ◆飲食店/ ◆宿泊施設/富山/石川/福井/ ◆博物館・美術館/ ◆交通・天気/ ◆自治体/ ◆地域づくり/ ◆マスコミ/ ◆検索エンジン/ ◆緊急情報・調べもの/ ◆岐阜県情報
(株)ぶなの森 担当:高峰博保 金沢事務所:金沢市泉1丁目3番12号プランドールT101 〒921-8041 TEL 076-287-5530 FAX 076-287-5531
能登事務所:鳳珠郡能登町字当目60字41番地2 〒928-0334 地図 TEL 0768-76-0600
takamine@bunanomori.com
since 2012.3.25